日本バレーボール協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本バレーボール協会
Japan volleyball Association
創立者 三橋成雄
多田徳雄
団体種類 公益財団法人
設立 1973年8月27日
所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-30-8
ダヴィンチ千駄ヶ谷内
起源 大日本排球協會
活動地域 日本の旗 日本
活動内容 バレーボールに関する活動の統括
子団体 日本バレーボールリーグ機構
日本ビーチバレーボール連盟
ウェブサイト www.jva.or.jp
1927年7月31日に大日本排球協會として設立
テンプレートを表示

公益財団法人日本バレーボール協会(こうえきざいだんほうじんにほんバレーボールきょうかい、: Japan Volleyball Association, 略称 : JVA)は、日本国内におけるすべてのバレーボールに関する活動を統括する公益法人である。1927年に関東・関西両排球協会の創立者であった三橋成雄、多田徳雄らが中心となり、神戸市に設立された。

沿革[編集]

役職員[編集]

現在の役員[編集]

理事 19名(任期:2017年6月まで)[1][2] ※は

監事 3名 (非常勤、任期:2020年6月まで)

評議員 (非常勤、2015年6月現在)

  • 西川友之
  • 福田順一
  • 不老浩二
  • 三屋裕子
  • 柳橋武
  • 山岸英一
  • 山田道人
  • 山本章雄


強化事業本部[編集]

2016年12月13日の理事会にて決定した新体制[1]

過去の会長[編集]

主な大会[編集]

6人制[編集]

9人制[編集]

ビーチ[編集]

加盟団体[編集]

全国連盟
都道府県協会
外部団体

Project CORE[編集]

Project COREは、日本バレーボール協会によって立ち上げられた、バレーボールの活性化を担うプロジェクトの名称である[5]

概要[編集]

日本バレーにふさわしい「指導方法策定」、バレーボール教室の拡充「普及事業」、長身選手などのリクルーティング「有望選手発掘」、まずは2020年東京オリンピックを目指す「選手強化」の4つの柱から成り立つ。

4つの柱[編集]

下記の頭文字を取って『CORE』と名付けられた。

  • Coaching[指導方法策定]   (+Creativity[創造性]、Cooperation[協力])
  • Opportunity[体験機会=普及事業] (+Overcome[克服する、打ち勝つ])
  • Recruit[有望選手発掘] (+Responsibility[責任]、Reliability[信頼性])
  • Enhancement[選手強化] (+Enjoy[楽しむ]、Encourage[勇気づける]、Exciting[わくわくする])

コンセプト[編集]

「2020年、そしてその先の未来に向けて、バレーボールを活性化し、国民の皆様へ勇気と感動をお届けすることを目指す」

Team CORE[編集]

2020年東京オリンピックに向けて、強化選手として男子10名、女子8名の選手が選出された[5]

アンバサダー[編集]

スポンサー[編集]

公式サイトトップページより(2016年6月現在)

その他[編集]

近年は、全国中学生「長身選手発掘育成合宿」(日本中体連バレーボール競技部)にも協力している[6]

2015年度の決算まで5期連続の赤字の見込みとなった。2016年に従来の倫理委員会に代わりコンプライアンス委員会を設置した[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本バレーボール協会. “バレーボール強化事業本部本部長、男女強化委員会委員長の選任について”. 2016年12月14日閲覧。
  2. ^ 日本バレーボール協会. “理事・監事一覧”. 2016年12月14日閲覧。
  3. ^ 日本バレーボール協会. “公益財団法人日本バレーボール協会 副会長の就任について”. 2015年7月30日閲覧。
  4. ^ JVA新会長に立木正夫氏が就任
  5. ^ a b 日本バレーボール協会. “指導方法策定、普及事業、有望選手発掘、選手強化の4つを柱とする『Project CORE』発表記者会見を開催!”. 2014年6月26日閲覧。
  6. ^ 平成25年度 全国中学生「長身選手発掘育成合宿」を実施! - 日本バレーボール協会、2014年2月17日
  7. ^ 日本バレー協会、2016年度は黒字予算 - サンスポ、2016年3月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]