この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

田中瑞稀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中 瑞稀
Mizuki Tanaka
JTマーヴェラス  No.11
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-01-28) 1996年1月28日(21歳)
出身地 長崎県佐世保市
ラテン文字 Mizuki Tanaka
身長 170cm
体重 66kg
選手情報
所属 JTマーヴェラス
愛称 ミズキ
ポジション WS
指高 223cm
利き手
スパイク 298cm
ブロック 286cm
テンプレートを表示

田中 瑞稀(たなか みずき、女性、1996年1月28日 - )は、日本のバレーボール選手。VプレミアリーグJTマーヴェラス所属。

来歴

長崎県佐世保市出身。両親の影響で小学2年次よりバレーボールを始める[1]聖和女子学院中学校3年次には第24回全国都道府県対抗中学バレーボール大会において長崎県選抜のメンバーとして優勝に貢献し、自らも優秀選手賞に輝いた[2]

高校は地元強豪校の九州文化学園高校に進学する。レセプションを担うウィングスパイカーとして、1年次よりレギュラーとして活躍。2012年の国体で優勝に貢献した。2013年3月に怪我によりチームを離脱したが[1]、復帰後の2013年国体ではレフトエースとして準優勝に貢献。

2014年1月の春高バレー決勝では、東九州龍谷高校とフルセットでデュースにもつれ込む大熱戦を繰り広げた。この試合で田中は一人で115本ものスパイクを打ち込み、最後も田中のバックアタックでファイナルセットを25-23で制し[3]、最優秀選手・優秀選手賞に選出された。同月、VプレミアリーグJTマーヴェラスは田中の内定を発表した[4]。九州文化学園高校監督の井上博明は、同じ守備的WSの新鍋理沙(2012年ロンドンオリンピック銅メダリスト)と比較し「(田中のほうが)上ではないか」と語った[1]

2014年2月9日の対トヨタ車体戦に出場、11得点(アタック10点、ブロック1点)をあげプレミアデビューを飾った[5]

2017年3月、全日本メンバーに登録された[6]

球歴

  • 全日本代表 - 2017年

所属チーム

受賞歴

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[8]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2013/14 JT 12 42 319 96 30.1% % 2 0.05 157 5 3.18% 11.4% 223 57.8% 103 内定選手
2014/15 チャレンジリーグの為、記録を記載せず
2015/16
2016/17 21 77 814 287 35.3% % 13 0.17 265 10 % 11.3% 255 56.9% 310

脚注

  1. ^ a b c sanspo.com. “大逆転でV王手!九州文化学園・田中瑞稀25得点/春高バレー(3/3ページ)”. 2014年2月9日閲覧。
  2. ^ 姫路 & 兵庫のスポーツ. “第24回全国都道府県対抗中学バレーボール大会 特別表彰選手”. 2014年2月16日閲覧。
  3. ^ 月刊バレーボール 2014年2月号 12ページ
  4. ^ JTマーヴェラス. “小川杏奈選手・金杉由香選手・田中瑞稀選手の入部が決定しました!”. 2014年2月11日閲覧。
  5. ^ Vリーグ機構. “試合結果補速報”. 2014年2月9日閲覧。
  6. ^ 2017年度全日本女子チーム 選手・監督・スタッフ”. 日本バレーボール協会. 2017年3月24日閲覧。
  7. ^ 月刊バレーボール2014年2月号 29ページ
  8. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2015年2月17日閲覧。

外部リンク