多治見麻子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
多治見 麻子
Asako Tajimi
トヨタ車体クインシーズ
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Asako Tajimi, 2007-11-06.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1972-06-26) 1972年6月26日(45歳)
出身地 東京都三鷹市
ラテン文字 Asako Tajimi
身長 180cm
体重 68kg
血液型 O型
選手情報
所属 トヨタ車体クインシーズ
愛称 アサコ
役職 監督
ポジション MB
指高 230cm
利き手
スパイク 309cm
ブロック 290cm
テンプレートを表示

多治見 麻子(たじみ あさこ、1972年6月26日 - )は、日本の女子バレーボール選手。東京都三鷹市出身。 ニックネームはアサコ

来歴[編集]

小学校6年生からバレーを始め、八王子実践高校時代は春高バレー優勝等を経験した。1991年日立に入社。

1990年全日本代表初選出。1992年バルセロナオリンピック、1996年アトランタオリンピックと五輪に2度出場。1997年より葛和伸元監督率いる全日本のキャプテンに抜擢され、1998年世界選手権主将を務めた。1999年1月に左ひざの手術を受けた影響で同年のワールドカップには出場したが満足なプレーが出来なかった。2000年シドニー五輪予選に間に合わず、Vリーグでも99、00年シーズンと本来の活躍ができなかった。

2001年、日立ベルフィーユ廃部に伴い、パイオニアへ移籍。2003-04年第10回Vリーグで吉原知子佐々木みき斎藤真由美内田役子らとチーム創部25年目、Vリーグ昇格4年目にしてリーグ初優勝に導く。2005-06年に、二度目のVリーグ制覇。

2007年4月、Vリーグ出場試合が佐々木、内田と共に女子選手歴代4位の232試合(当時)となり、リーグ40回大会を記念し創設された『Vリーグ特別表彰制度』で長期活躍選手として特別表彰された。

2007年4月、8年ぶりに全日本代表復帰。アジア選手権では24年ぶりの優勝を果たす。同年開催のワールドカップ韓国戦に途中出場し、ブラジル戦ではスタメン出場した。

2008年8月、アトランタオリンピック以来、12年ぶり三度目のオリンピック、北京オリンピック出場を果たした。

2009年7月より、パイオニアのコーチを兼任。2010/11シーズンは、チーム事情により監督として登録された。

2011年6月6日、パイオニアからの退団が発表され、同年10月に日立リヴァーレに移籍。2011/12Vチャレンジリーグのチーム優勝に貢献し、2012年5月に退社[1]と同時に21年間続けてきた現役を引退した。

2013年5月1日より、出身地である三鷹市の市政嘱託員[2]。2014年4月25日、VチャレンジリーグGSSサンビームズは多治見をコーチとして招聘すると発表した[3]

2016年6月、Vプレミアリーグのトヨタ車体クインシーズは多治見を監督に招聘した[4]

人物・エピソード[編集]

  • ワールドカップ期間中の、1995年11月13日に実母が急逝し、11月15日のアメリカ戦では選手全員が左腕に喪章をつけて試合に臨んだ。

球歴・受賞歴[編集]

  • 所属チーム履歴
三鷹七小(大沢スポーツクラブ) → 三鷹二中 → 八王子実践高等学校日立ベルフィーユ(1991-2001年)→ パイオニアレッドウィングス(2001-2011年)→ 日立リヴァーレ(2011-2012年)
  • 受賞歴
    • 1991年 - 第25回日本リーグ 新人賞
    • 1992年 - 第26回日本リーグ ブロック賞、ベスト6
    • 1993年 - 第27回日本リーグ ブロック賞、ベスト6
    • 1993年 - 第42回黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会 ベスト6賞
    • 1993年 - ワールドグランドチャンピオンズカップ ブロック賞
    • 1994年 - 第43回黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会 ベスト6賞
    • 2007年 - プレミアリーグ Vリーグ栄誉賞

脚注[編集]

  1. ^ 日立リヴァーレ. “退部者挨拶”. 2012年6月1日閲覧。
  2. ^ バレー元日本代表 三鷹市の職員に 2013年5月30日 読売新聞 東京23区アーカイブ)}
  3. ^ GSSサンビームズ. “ニュース&トピック”. 2014年4月27日閲覧。
  4. ^ トヨタ車体クインシーズ. “新監督就任のお知らせ”. 2016年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]