今村優香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今村 優香
Yūka Imamura
久光製薬スプリングス  No.12
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-09-02) 1993年9月2日(25歳)
ラテン文字 Yūka Imamura
身長 175cm
体重 70kg
血液型 AB型
選手情報
所属 久光製薬スプリングス
愛称 ユウカ
ポジション WS
利き手
スパイク 295cm
ブロック 290cm
テンプレートを表示

今村 優香(いまむら ゆうか、女性、1993年9月2日 - )は、日本のバレーボール選手。V.LEAGUE Division1の久光製薬スプリングスに所属している[1]

来歴[編集]

東京都荒川区出身。友人に誘われてバレーボールを始める。駿台学園中学校・高等学校を経て、青山学院大学に入学。関東大学バレーボール1部リーグでは、2012年秋季・2013年春季・2013年秋季の連続優勝に大きく貢献。2013年春季リーグでは、ベストスコアラー賞・スパイク賞を獲得し、2013年秋季リーグではベストスコアラー賞に輝いた[2][3]

2013年4月、全日本女子メンバーに初選出され[4]、翌月のモントルーバレーマスターズで全日本代表デビューを果たした[5]。 同年6月、ユニバーシアード代表に選出[6]、2009年以来の日本参戦[7]となったエリツィン杯2013[8](エカテリンブルク)にも出場したが、大会直前まで東日本インカレに出場していた[9]。10月の第6回東アジア競技大会[10]ではチーム最多得点で銀メダル獲得に貢献した[11]

同年12月の全日本インカレでは、チームのエースとして準優勝に大きく貢献し、自らもベストスコアラー賞に輝いた[12]

2014年5月に受けたドーピング検査でカンレノンが検出され、6月16日に日本アンチ・ドーピング機構(JADA)より3ヶ月の資格停止と検査後の関東大学リーグ2試合分の個人成績を無効とする処分を科した[13]。原因は肌荒れ用の塗り薬の可能性が高いと報道されている[14]

2015年7月に光州市で行われた第28回ユニバーシアードに出場し、銅メダル獲得に貢献した[15]。同年12月17日、V・プレミアリーグ久光製薬スプリングスは今村ら3選手の入団を発表した[16]

2016年12月10日の対PFU戦にリリーフサーバーとして途中出場し、プレミアデビューを果たした[17]

2017年もユニバシアード代表候補となり、7月にベトナムで開催されたVTVカップに出場[18]。優勝に大きく貢献しMVP及びベストスコアラーに選出された[19]。二大会連続出場となるユニバーシアード(2017/台北)では主力として活躍し、11大会ぶりの銀メダル獲得に大きく貢献した[20]

球歴[編集]

所属チーム[編集]

受賞歴[編集]

  • 2017年 - VTVカップ MVP、ベストスコアラー

個人成績[編集]

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[21]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2016/17 久光製薬 14 1 0 0 0.0% % 0 0.00 1 0 % 0.0% 0 0.0% 0
2017/18 21 33 346 142 41.0% % 6 0.18 113 5 % 11.1% 55 40.0% 153
2018/19 % % % % %

脚注[編集]

  1. ^ Vリーグ機構. “選手詳細”. 2016年8月6日閲覧。
  2. ^ 関東大学バレーボール連盟. “2013年度 春季関東大学女子1部バレーボールリーグ戦 - 最終結果”. 2013年5月20日閲覧。
  3. ^ 関東大学バレーボール連盟. “秋季リーグ戦 最終結果”. 2013年12月9日閲覧。
  4. ^ 日本バレーボール協会. “2013年全日本女子”. 2013年4月16日閲覧。
  5. ^ 国際バレーボール連盟. “Pool B Match # 1”. 2013年5月29日閲覧。
  6. ^ 日本バレーボール協会. “第27回ユニバーシアード競技大会”. 2013年6月25日閲覧。
  7. ^ yeltsincup.ru. “YELTSIN CUP 2009”. 2013年12月9日閲覧。
  8. ^ 日本バレーボール協会. “エリツィン杯2013”. 2013年7月1日閲覧。
  9. ^ 青山学院大学女子バレーボール部. “スケジュール・試合結果”. 2013年12月9日閲覧。
  10. ^ 日本バレーボール協会. “第6回東アジア競技大会(2013/天津) 女子バレーボール競技”. 2013年10月14日閲覧。
  11. ^ アジアバレーボール連盟(Asian Volleyball Confederation). “金牌赛 第22场”. 2013年10月12日閲覧。
  12. ^ 全日本大学バレーボール連盟. “女子最終結果 - 個人賞”. 2013年12月7日閲覧。
  13. ^ “青学大今村が薬物違反 3カ月の資格停止”. 日刊スポーツ. (2014年8月7日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp6-20140807-1347236.html 
  14. ^ 月刊バレーボール 2014年9月号 141ページ
  15. ^ 日本バレーボール協会. “第28回ユニバーシアード競技大会(2015/光州)女子バレーボール競技 - 試合結果”. 2015年7月13日閲覧。
  16. ^ 久光製薬スプリングス. “2016年度新入部選手/スタッフ内定のお知らせ”. 2015年12月17日閲覧。
  17. ^ 試合結果速報”. Vリーグ機構. 2017年1月30日閲覧。
  18. ^ 全日本メンバー”. 日本バレーボール協会. 2017年7月25日閲覧。
  19. ^ 試合結果”. 日本バレーボール協会. 2017年7月25日閲覧。
  20. ^ 全日本ユニバ女子チーム、11大会ぶりの銀メダル獲得! 第29回ユニバーシアード競技大会(2017/台北) 女子バレーボール競技”. 日本バレーボール協会. 2017年8月29日閲覧。
  21. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2018年8月13日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]