佐々木みき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐々木 みき
Miki Sasaki
 No.0
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1976-12-15) 1976年12月15日(39歳)
出身地 北海道室蘭市
ラテン文字 Miki Sasaki
身長 182cm
体重 77kg
血液型 B型
選手情報
所属 株式会社エール
愛称 レオ
ポジション WS
指高 232cm
利き手
スパイク 317cm
ブロック 307cm
テンプレートを表示

佐々木 みき(ささき みき、1976年12月15日 - )は、北海道室蘭市出身の女子バレーボール選手。現北海道大谷室蘭高等学校 女子バレー部コーチ。株式会社エール所属。ニックネームはレオ

来歴[編集]

中学校1年生よりバレーボールを始め、1990年さわやか杯で全国強化選手、翌年の同大会でオリンピック有望選手に選ばれる。登別大谷高校では春高バレーインターハイに出場し、1993年世界ユース選手権準優勝、1994年アジアジュニア選手権準優勝を経験した。

1995年、ダイエー入部。1997年第4回Vリーグの優勝に貢献、その後オレンジアタッカーズを経て1999年、東洋紡に移籍。2000年第7回Vリーグ優勝・ベスト6に輝いた。2001年、パイオニアに移籍し、2003年第10回Vリーグでの初優勝に貢献し、最高殊勲選手賞・最多得点・ベスト6に輝き同年全日本代表に復帰。2004年アテネオリンピック出場も果たした。

2007年4月、Vリーグ出場試合が内田役子多治見麻子と共に女子選手歴代4位の232試合(当時)となり、リーグ40回大会を記念し創設された『Vリーグ特別表彰制度』で長期活躍選手として特別表彰された。

2011年6月にパイオニアを退部。9月6日にて、トルコ2部リーグのチェルケツコイへ移籍すると同選手のマネジメント会社が発表したが、翌10月に契約解除を受けたと発表された[1]。トルコへは単身で渡ったが、手違いからアパートを借りて貰えずホテル暮らしが続き、給料も出ないという状況で毎日泣いていたという。このままでは病気になると思っていた際に、外国人が一度に解雇され、結局2ヵ月半で退団。ドバイ経由で帰国した[2]。 その後現役を引退。バレーボール教室などを展開してきたが、2013年10月に故郷である室蘭市の「大谷室蘭高校」女子バレーボール部のコーチに就任した。北海道ベスト16まで行ったため、次はベスト8を目標としている[3]。 また、声がかかればコーチ業をまっとうしつつ、現役復帰の意思もあるとのことである[4]

プレースタイル[編集]

高さとパワーあるスパイクが武器のウイングスパイカー。特にバックアタックの破壊力は日本で1,2を争う威力である。強烈なスパイクをもちながらも、体調が崩れない限り安定したパフォーマンスを発揮し、サーブレシーブもこなせる面を持ち合わせている。

人物・エピソード[編集]

  • 現役時代は独特の中性的(あるいは男性的)なルックスから熱烈な女性ファンが非常に多かった。
  • ダイエー時代に背番号「00」をつけて以来、Vリーグでは一貫して背番号を0番台にしている(東洋紡・パイオニアでは0番)。

球歴・受賞歴[編集]

  • 所属チーム履歴
御前水中→登別大谷高等学校ダイエー(オレンジアタッカーズ)(1995-1999年)→東洋紡(1999-2001年)→パイオニア(2001-2011年)→ トルコの旗 チェルケツコイ(2011)
  • 受賞歴
    • 1996年 - 第3回Vリーグ 新人賞
    • 2000年 - 第7回Vリーグ ベスト6
    • 2003年 - 第10回Vリーグ 最高殊勲選手賞、最多得点、ベスト6
    • 2004年 - 第11回Vリーグ ベスト6
    • 2007年 - 2006-07プレミアリーグ Vリーグ栄誉賞

脚注[編集]

外部リンク[編集]