廣紀江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
廣 紀江
Norie Hiro
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1965-07-26) 1965年7月26日(53歳)
出身地 愛知県名古屋市
ラテン文字 Norie Hiro
身長 183cm
体重 70kg
血液型 O型
選手情報
愛称 ポッキー、りつ
ポジション センター
指高 234cm
利き手
スパイク 305cm
 
獲得メダル
バレーボール
オリンピック
1984 ロサンゼルス 女子
テンプレートを表示

廣 紀江(ひろ のりえ、1965年7月26日 - )は、日本の女子の元バレーボール選手。現在は学習院大学スポーツ・科学健康センター教授。1984年ロサンゼルスオリンピックバレーボール女子銅メダリスト。

来歴[編集]

愛知県名古屋市出身。愛知淑徳高等学校3年のときに母校を全国大会に導き、実姉の廣美里とともに全日本入りを果たし、日ソ対抗最終戦でデビューを飾った[1]。実業団の熱心な誘いを断り、教職を志望し筑波大学に進学した。

筑波大学在学中に、1984年ロサンゼルス五輪、1988年ソウル五輪にセンターとして出場した。また1988年に日立の嘱託社員となり、日本リーグでも活躍した。1990年に現役引退。

1985年11月7日に『一枚の写真』(フジテレビ)に出演。

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
名古屋市立神丘中学校 → 愛知淑徳高等学校筑波大学(1984-1988年)→ 日立(1988-1990年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 月刊バレーボール 1983年6月号臨時増刊 「全日本女子のヒロインたち」

外部リンク[編集]