半保護されたページ

奥村麻依

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奥村 麻依
Mai Okumura
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-10-31) 1990年10月31日(31歳)
出身地 山口県長門市
ラテン文字 Mai Okumura
身長 177cm
体重 67kg
血液型 O型
選手情報
愛称 コウ
ポジション MB
指高 233cm
利き手
スパイク 302cm
ブロック 285cm
テンプレートを表示

奥村 麻依(おくむら まい、女性、1990年10月31日 - )は、日本の元バレーボール選手。山口県長門市出身。ニックネームはコウ

来歴

従姉妹の影響で小学3年次よりバレーボールを始める。誠英高校在学中の2008年10月、同級の大須賀咲香中村亜友美らとともに国体優勝に大きく貢献。春高バレー(ベスト4)やインターハイなどでも活躍した。

2009年、嘉悦大学に進学。2010年4月、全日本代表メンバーに登録された[1]。同年9月の第2回アジアカップに出場した。2011年7月、第26回ユニバーシアード代表に選出された[2]

2012年4月、全日本代表メンバーに選出された[3]。同年12月、JTマーヴェラスへの入部が内定した[4]

2013年6月にユニバーシアード代表に再び選出され[5]、前哨戦となったエリツィンカップ2013においてベストブロッカーに輝いた[6]。同年9月のV・サマーリーグにて敢闘賞を受賞した[7]

Vプレミアリーグ2013/14シーズンにおいて、新人賞・ブロック賞を獲得した[8][9]

2017年3月、再び全日本メンバーに登録された[10]

2018年4月、JTマーヴェラスは奥村らの退部を発表した[11]。2018/19シーズンはタイナコンラチャシマでプレー[12]。11月4日にタイリーグでデビューした[13]

2019年8月、デンソー・エアリービーズに入団した[14]

2021年6月30日、2020年東京オリンピックの出場メンバー12名に選出された(同時選出は荒木絵里香田代佳奈美籾井あき石井優希古賀紗理那黒後愛林琴奈石川真佑島村春世山田二千華小幡真子ら)[15][16]

自国開催のオリンピックに選出していただき、素直に嬉しい気持ちとともに、たくさんの方々の思いを背負って後悔のないように戦っていきたいと思います。私が選出された一番の意味はブロックだと思うので、そこでしっかりチームに貢献していきたいです。どんな時でもチームに良い流れを引き寄せられるようなプレーを出せるように頑張っていきたいです。 — 奥村麻依「日本バレーボール協会|第32回オリンピック競技大会(2020/東京)火の鳥NIPPON出場内定選手12人決定」より[15]

2021年8月25日、デンソー・エアリービーズからの退団並びに現役引退を表明した[17][18][19]

この度、デンソーエアリービーズを退団し、現役を引退する事を決断させていただきました。これまで、私を支えて下さった監督・部長・スタッフの皆様・チームメイト・ファンの皆様・地元の方々に深く感謝申し上げます。9歳からバレーをはじめ、21年間続ける事ができたのは、皆様の大きな声援と、サポートがあったからこそだと思います。振り返ると悔しかったことや辛かったこともあったはずですが、周りの方々の沢山の笑顔が浮かび楽しい想い出ばかり蘇ります。バレーボールを通じ、多くの事を学び、私自身も人として成長できたと思います。皆様に応援して頂いた事は私にとっては生涯忘れる事の出来ない大切な宝物です。心より感謝いたします。一先ず、区切りをつけて新しい人生を歩みたいと思いますので、これからの私にもご声援いただけますと幸いです。本当に長い間、沢山のご声援ありがとうございました。 — 奥村麻依「デンソーエアリービーズ|2020-2021シーズン 退団選手のごあいさつ」より[17]

所属チーム

球歴

受賞歴

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[20]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2013/14 JT 28 114 839 286 34.1% % 99 0.87 306 5 1.63% 9.0% 16 43.8% 390
2014/15 チャレンジリーグの為、記録を記載せず
2015/16
2016/17 21 78 429 188 43.8% % 47 0.60 195 4 % 9.9% 18 50.0% 239
太字 はタイトル獲得

脚注

  1. ^ 月刊バレーボール 2010年7月号 20ページ
  2. ^ 日本バレーボール協会「第26回ユニバーシアード競技大会全日本メンバー」
  3. ^ 日本バレーボール協会. “ワールドグランプリ全日本メンバー”. 2012年4月20日閲覧。
  4. ^ JTマーヴェラス. “高橋昌美選手・奥村麻依選手・中村亜友美選手の入部が内定しました!”. 2012年12月27日閲覧。
  5. ^ 月刊バレーボール 2013年7月号 113ページ
  6. ^ yeltsincup公式サイト(ロシア語). “yeltsincup”. 2013年7月3日閲覧。
  7. ^ Vリーグ機構. “2013V・サマーリーグ決勝リーグ最終日”. 2014年5月2日閲覧。
  8. ^ Vリーグ機構. “2013/14V・プレミアリーグ女子表彰選手”. 2014年4月14日閲覧。
  9. ^ Vリーグ機構. “2013/14V・プレミアリーグ女子レギュラーラウンド最終結果のお知らせ”. 2014年3月22日閲覧。
  10. ^ 2017年度全日本女子チーム 選手・監督・スタッフ”. 日本バレーボール協会. 2017年3月24日閲覧。
  11. ^ 奥村麻依選手、寺井有美選手、金杉由香選手、木村千春選手退部のお知らせ”. JTマーヴェラス (2018年4月25日). 2018年5月17日閲覧。
  12. ^ 全日本チーム”. 日本バレーボール協会. 2018年9月26日閲覧。
  13. ^ 3BB Nakornnont vs Nakhon Ratchasima The Mall (women) Youtube
  14. ^ デンソーエアリービーズ 新メンバー入団のお知らせ”. デンソー・エアリービーズ (2019年8月29日). 2020年2月21日閲覧。
  15. ^ a b 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)火の鳥NIPPON出場内定選手12人決定”. 日本バレーボール協会 (2021年6月30日). 2021年9月28日閲覧。
  16. ^ 女子代表、五輪12名発表。荒木絵里香主将、古賀紗理那、黒後愛、籾井あき、石川真佑ら”. バレーボールマガジン (2021年6月30日). 2021年9月28日閲覧。
  17. ^ a b 2020-2021シーズン 退団選手のごあいさつ”. デンソーエアリービーズ (2021年8月25日). 2021年8月26日閲覧。
  18. ^ デンソー 田代佳奈美、奥村麻依の退団を発表。田代はフランスリーグに移籍、奥村は現役を引退”. バレーボールマガジン (2021年8月25日). 2021年8月26日閲覧。
  19. ^ デンソー 田代佳奈美と奥村麻依の退団を発表”. 月バレ.com (2021年8月25日). 2021年8月26日閲覧。
  20. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2017年1月30日閲覧。

外部リンク