福田記代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
福田 記代子
Kiyoko Fukuda
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1970-08-04) 1970年8月4日(48歳)
出身地 埼玉県川口市
ラテン文字 Kiyoko Fukuda
身長 178cm
体重 68kg
血液型 B型
選手情報
ポジション WS
指高 227cm
利き手
スパイク 310cm
ブロック 297cm
テンプレートを表示

福田 記代子(ふくだ きよこ、現姓:小柳 1970年8月4日 - )は、日本バレーボール選手。埼玉県川口市出身。

来歴[編集]

八王子実践高校を卒業後、1989年日立に入社。高い跳躍力とパワフルなスパイクを武器に、1989年1991年ワールドカップ1990年世界選手権1992年バルセロナ五輪に出場し長年日本のエースとして活躍した。

2001年日立廃部に伴い現役引退。退社後、母校八王子実践高校でコーチを務めた。現在は結婚して、小学生からママさんバレーまで、様々な人を対象にバレーボール講師を務めている。

人物・エピソード[編集]

球歴・受賞歴[編集]

  • 所属チーム履歴
八王子実践高等学校日立ベルフィーユ(1989-2001年)
  • 受賞歴
    • 1990年 - 第23回日本リーグ 新人賞