この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

古藤千鶴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

古藤 千鶴
Chizuru Koto
久光製薬スプリングス  No.2
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-10-08) 1982年10月8日(35歳)
出身地 長崎県西彼杵郡長与町
ラテン文字 Chizuru Koto
身長 171cm
体重 64kg
血液型 O型
選手情報
所属 久光製薬スプリングス
愛称 アス
ポジション S
指高 212cm
利き手
スパイク 295cm
ブロック 282cm 
テンプレートを表示

古藤 千鶴(ことう ちづる、女性、1982年10月8日 - )は、日本バレーボール選手[1]。ニックネームはアスVプレミアリーグ久光製薬スプリングス所属[2]

来歴

長崎県西彼杵郡長与町出身。実姉の影響で小学2年でバレーボールを始める。

長崎女子高校卒業後、実姉が所属していたPFUブルーキャッツに入団した。

2006年よりチームの主将を務め、2008/09チャレンジリーグにおいて初優勝に貢献し、最優秀選手賞を獲得した。

2009年6月、Vプレミアリーグ久光製薬スプリングスに移籍。2011年8月に元所属のPFU社員と結婚[3]

プレミアリーグ2012/13シーズンでは、主将としてチームを6年ぶりの優勝に導き、自らもベスト6に輝いた[4]

2014年4月、久光製薬の二連覇に貢献し、同月日本代表に初選出された[5]

2017年3月、チャレンジリーグとプレミアリーグでの出場試合数が230をこえ、Vリーグ栄誉賞(長期活躍選手)を受賞した[6]

球歴

所属チーム

受賞歴

  • 2007年 2006/07 Vチャレンジリーグ 敢闘賞
  • 2009年 2008/09 Vチャレンジリーグ 最優秀選手賞
  • 2013年 2012/13 Vプレミアリーグ ベスト6
  • 2014年 2014AVCアジアクラブ選手権 ベストセッター[7]
  • 2017年 Vリーグ栄誉賞(長期活躍選手)

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[8]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2009/10 久光製薬 28 51 13 8 61.5% % 10 0.20 81 6 7.41% 15.4% 0 0.0% 24
2010/11 26 74 31 16 51.6% % 8 0.11 176 6 3.41% 11.3% 0 0.0% 30
2011/12 21 88 47 27 57.4% % 23 0.23 349 15 4.30% 14.1% 5 20.0% 65
2012/13 28 115 46 22 47.8% % 24 0.21 399 15 3.76% 12.0% 10 0.0% 61
2013/14 28 98 38 18 47.4% % 22 0.22 357 13 3.64% 13.0% 4 25.0% 53
2014/15 19 74 35 17 48.6% % 8 0.11 295 1 0.34% 9.5% 1 0.0% 26
2015/16 21 84 37 20 54.1% % 8 0.10 331 16 4.84% 13.9% 3 66.7% 44
2016/17 21 53 15 7 46.7% % 4 0.08 125 1 % 8.8% 0 0.0% 12
2017/18 21 47 10 5 50.0% % 3 0.06 139 7 % 12.8% 0 0.0% 15

※PFU在籍時のデータは、チャレンジリーグの為記載せず。

脚注

  1. ^ 選手詳細”. Vリーグ機構. 2018年1月31日閲覧。
  2. ^ 古藤千鶴”. 久光製薬スプリングス. 2018年1月31日閲覧。
  3. ^ 月刊バレーボール 2012年1月号臨時増刊 チームの顔2011/12 43ページ
  4. ^ Vリーグ機構. “2012/13V・プレミアリーグ女子 個人賞のお知らせ”. 2013年4月13日閲覧。
  5. ^ 日本バレーボール協会. “2014全日本女子”. 2014年4月17日閲覧。
  6. ^ 2016/17シーズン Vリーグ個人賞 受賞者一覧”. Vリーグ機構. 2018年1月31日閲覧。
  7. ^ AVC. “Hisamitsu Springs stun Tianjin, capturing Asian Women's Club Championship title and ticket to contest FIVB World Club Championship”. 2014年4月26日閲覧。
  8. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2018年1月31日閲覧。

外部リンク