この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

林琴奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林 琴奈
Kotona Hayashi
JTマーヴェラス  No.2
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1999-11-13) 1999年11月13日(20歳)
出身地 日本の旗 京都府京都市[1]
ラテン文字 Kotona Hayashi
身長 173cm[1]
体重 60kg[1]
選手情報
所属 JTマーヴェラス
愛称 コトナ[1]
ポジション WS
指高 223cm[1]
利き手
スパイク 292cm[1]
テンプレートを表示

林 琴奈(はやし ことな、女性、1999年11月13日 - )は日本バレーボール選手である[2]V.LEAGUE Division1のJTマーヴェラスに所属している[1][3]

来歴

京都府京都市出身[1]。中学はバレーボール強豪校である大阪市の金蘭会中学校に進学。

2014年12月の全国都道府県対抗中学バレーボール大会では、大阪北代表主将としてチームを率い連覇はならなかったが優秀選手に選出された[4]

2015年から金蘭会高等学校に進む。同年の全日本ユース代表に推され、8月にペルーリマで開催された世界ユース選手権に出場した[2][5]。2016年の希望郷いわて国体に大阪府代表(金蘭会高等学校単独チーム)として出場し、東京都代表(下北沢成徳高等学校単独チーム)を破り優勝を果たす[6]

3年次にはチーム主将としてチームを率い、2017年の愛顔つなぐえひめ国体では、大分県(東九州龍谷高等学校の単独チーム)を破り二連覇を果たす[7]。続く2018年1月の第70回全日本バレーボール高等学校選手権大会の決勝でも東九州龍谷高等学校と相まみえ優勝を果たし、自らも最優秀選手に選出された[8]

2018年2月、VプレミアリーグJTマーヴェラスは林らの入団内定を発表した[9]。3月10日のV・プレミアリーグファイナル第一戦に途中出場しプレミアデビューを果たす[10]。続くファイナル第二戦では、スタートメンバーとして出場し、6得点(アタック5点、ブロック1点)をあげた[11]

夢は「東京オリンピック出場」と語る[4]

プレースタイル

切れのあるスパイクを持ち[9]、合わせて2015年の世界ユース選手権では、負傷選手にかわりリベロを務めた[12]ほど守備範囲が広い。

球歴

所属チーム履歴

受賞歴

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[13]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2018/19 JT % % % % %

脚注

  1. ^ a b c d e f g h 選手詳細”. Vリーグ機構. 2018年3月20日閲覧。
  2. ^ a b Player”. fivb. 2018年3月20日閲覧。
  3. ^ 林琴奈選手のプロフィール”. JT. 2018年3月20日閲覧。
  4. ^ a b 「月刊バレーボール」2015年2月号 63ページ
  5. ^ 全日本メンバー”. 日本バレーボール協会. 2018年3月20日閲覧。
  6. ^ バレーボール競技結果-【少年女子】”. 2018年3月20日閲覧。
  7. ^ 第72回国民体育大会バレーボール競技 少年女子-決勝トーナメント”. 日本バレーボール協会. 2018年3月20日閲覧。
  8. ^ 春の高校バレー-日程・結果”. フジテレビ. 2018年3月20日閲覧。
  9. ^ a b 林 琴奈選手、ヒックマン・ジャスティス選手の入部が決定しました!”. JTマーヴェラス (2018年2月5日). 2018年3月20日閲覧。
  10. ^ 試合結果速報”. Vリーグ機構 (2018年3月10日). 2018年3月20日閲覧。
  11. ^ 試合結果速報”. Vリーグ機構 (2018年3月17日). 2018年3月20日閲覧。
  12. ^ 第14回世界ユース女子選手権大会(U-18)-試合結果”. 日本バレーボール協会. 2018年3月20日閲覧。
  13. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2018年8月15日閲覧。

外部リンク