小幡真子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小幡真子
Mako Kobata
JTマーヴェラス  No.15
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-08-15) 1992年8月15日(26歳)
出身地 熊本県上天草市
ラテン文字 Mako Kobata
身長 164cm
体重 55kg
選手情報
所属 JTマーヴェラス
愛称 マコ
ポジション L
指高 200cm
利き手
スパイク 284cm
テンプレートを表示

小幡 真子(こばた まこ、女性、1992年8月15日 - )は、日本バレーボール選手。V.LEAGUE Division1のJTマーヴェラスに所属している[1]

来歴[編集]

熊本県上天草市出身[1]。バレーボールをしていた実母の影響で、小学4年次からバレーボールを始めた[2]上天草市立大矢野中学校を卒業後、バレーボールの強豪校である九州文化学園高校に進学し、春高バレーインターハイなどで活躍した。日本体育大学に進学し、4年次に主将を務めた。全日本インカレでは21年ぶりの優勝に大きく貢献し、自身もMVPとベストリベロ賞を受賞した[3][4]2015年1月にJTマーヴェラスの内定選手となり、同年11月のVチャレンジリーグ対フォレストリーヴズ熊本戦でVリーグデビューした[5]2016年5月の黒鷲旗大会で2連覇に貢献し、ベストリベロ賞を受賞した[6]

2017年3月、初めて全日本メンバーに登録され[7]、同年のワールドグランプリでシニア国際大会デビューを果たす。同年8月に開催されたアジア選手権ではチーム10年ぶり優勝に大きく貢献し、自らもベストリベロに耀いた[8]

2017/18シーズンのVプレミアリーグでははほぼ一人でリベロを務め、チームの準優勝に貢献しベストリベロ賞を獲得した[9]

2018/19シーズンからチーム主将を務める[10]

人物[編集]

目標とする選手はブラジル男子代表リベロのセルジオ・ドゥトラ・サントスである[1]

球歴[編集]

  • 全日本代表 - 2017年

受賞歴[編集]

所属チーム[編集]

個人成績[編集]

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[11]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2015/16 JT チャレンジリーグの為、記録を記載せず
2016/17 15 35 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 % 0.0% 234 72.2% 0
2017/18 21 84 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 % 0.0% 482 62.2% 0
2018/19 % % % % %

脚注[編集]

  1. ^ a b c 小幡真子選手のプロフィール”. JTマーヴェラス. 2018年8月17日閲覧。
  2. ^ 「月刊バレーボール」2017年12月号臨時増刊 77ページ
  3. ^ [1]
  4. ^ [2]
  5. ^ [3]
  6. ^ [4]
  7. ^ 2017年度全日本女子チーム 選手・監督・スタッフ”. 日本バレーボール協会. 2017年3月24日閲覧。
  8. ^ BULLETIN #9”. AVC. 2017年8月18日閲覧。
  9. ^ 2017/18 V・プレミアリーグ女子大会 最終結果”. Vリーグ機構 (2018年3月17日). 2018年8月17日閲覧。
  10. ^ 2018/19シーズンより、小幡真子選手が主将になりました!”. JTマーヴェラス (2018年6月22日). 2018年8月15日閲覧。
  11. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2018年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]