石井優希

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石井 優希
Yuki Ishii
久光スプリングス  No.6
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-05-08) 1991年5月8日(31歳)
出身地 岡山県倉敷市
ラテン文字 Yuki Ishii
身長 180cm
体重 68kg
血液型 A型
選手情報
所属 久光スプリングス
愛称 ユキ
ポジション WS
指高 232cm
利き手
スパイク 306cm
ブロック 302cm
獲得メダル
グラチャン
2013 女子バレーボール
テンプレートを表示

石井 優希(いしい ゆき、1991年5月8日 - )は、日本の女子バレーボール選手。ニックネームはユキV.LEAGUE DIVISION1の久光スプリングスに所属している[1]制コレ22ヤンジャンTV賞受賞の石井優希とは同姓同名の別人。

来歴

岡山県倉敷市出身。母親がママさんバレーをしていた影響で、小学校2年生からバレーボールを始める。

就実高校では春高バレーインターハイなどに出場、3年次にはチーム主将を務めた。

2010年1月19日、久光製薬スプリングス(現・久光スプリングス)への入団内定が発表された。同期入団は長岡望悠野本梨佳[2]

石井選手は、ユース代表、高校選抜などで活躍した就実高のエースで、美しいフォームからのスパイクは切れ味鋭く、レシーブにも定評があるオールラウンドプレーヤーです。 — 久光製薬スプリングス「入団内定選手のお知らせ」より[2]

2010年11月、プレミアリーグ開幕2戦目のデンソー戦において、プレミアデビューを果たす。

2011年3月、全日本女子チームにメンバー登録され[3]、同年5月28日、モントルーバレーマスターズ予選リーグ Pool-Bの対オランダ戦に先発出場して国際試合デビューを飾った。

Vプレミアリーグ2013/14シーズンにおいて、サーブ賞を獲得した[4]。2016/17シーズンにはチーム準優勝に大いに貢献し、Vプレミアリーグ敢闘賞を受賞した[5]

2017/18シーズンは攻守の要として、久光製薬の王座奪還の原動力となり、最高殊勲選手賞、ベスト6及びレシーブ賞を獲得した[6]

2020年11月14日、KUROBEアクアフェアリーズ戦においてVリーグ通算230試合出場を達成[7]。シーズン終了後にVリーグ栄誉賞を受賞した[8]

2021年6月30日、2020年東京オリンピックの出場メンバー12名に選出された(同時選出は荒木絵里香田代佳奈美籾井あき古賀紗理那黒後愛林琴奈石川真佑奥村麻依島村春世山田二千華小幡真子ら)[9][10]

日本代表に選出されとても光栄です。たくさんの方の支えがありここまで頑張って来ることができました。オリンピックはそんな方々への一番の恩返しの場だと思っています。国を背負う覚悟と自覚と責任を持ち、自分の人生にとって最高の舞台にしたいです。2016年のリオデジャネイロオリンピックの時とは立場や役割などが違う中で、メダル獲得に向けて自分がどう行動できるか、大事なポジションだと思っています。チームの流れが良くない時には、流れを変えるためにどんな役割でも任せられた仕事を果たし、オールラウンダーとして積み上げてきたことを出したいです。プレー以外の所でのサポートも重要な立ち位置だと思っています。 — 石井優希「日本バレーボール協会|第32回オリンピック競技大会(2020/東京)火の鳥NIPPON出場内定選手12人決定」より[9]

エピソード

  • 誕生日の5月8日は、黒鷲旗大会が終了して毎年家族で祝っていたという。2014年の誕生日は、世界クラブ選手権出場のため、チューリッヒに滞在していた。ディナモ・カザン戦の試合会場に向かうバスの中で、チームメイトにハッピーバースデートゥーユーを歌ってもらった。さらに会場では花束をプレゼントされるサプライズがあった。試合は1-3で逆転負け。試合後石井は「サプライズプレゼントには驚きました。でも一番の希望は試合に勝つことだったので、残念です」と語った[11]

所属チーム

球歴

日本代表(2011-2021年)

受賞歴

個人成績

V.LEAGUEの個人成績は下記の通り(ファイナルステージ含む)[18]

大会 チーム 出場 アタック バックアタック アタック
決定本数
ブロック サーブ サーブレシーブ 総得点























































V1 2010-11 久光 25 38 244 84 18 34.4 18 6 3 33.3 2.21 2 0.05 86 3 2 3 25 12.6 164 105 0 64 84 2 5 91
V1 2011-12 23 12 92 40 9 43.5 5 0 2 0 3.33 1 0.08 26 1 0 3 13 16.3 71 42 0 59.2 40 1 1 42
V1 2012-13 29 94 966 336 55 34.8 71 19 7 26.8 3.57 22 0.23 324 4 9 34 115 12.3 662 439 0 66.3 336 22 13 371
V1 2013-14 31 97 852 293 66 34.4 54 13 8 24.1 3.02 35 0.36 322 4 13 26 142 15.5 637 372 0 58.4 293 35 17 345
V1 2014-15 27 99 1022 356 52 34.8 82 23 5 28 3.6 37 0.37 349 3 5 23 100 9.2 791 528 0 66.8 356 37 8 401
V1 2015-16 28 105 1163 394 53 33.9 55 19 4 34.5 3.75 38 0.36 386 3 11 19 161 13.5 1203 767 0 63.8 394 38 14 446
V1 2016-17 30 117 1144 377 50 33 63 14 9 22.2 3.22 23 0.2 490 4 7 36 174 10.8 1109 734 0 66.2 377 23 11 411
V1 2017-18 30 102 1129 402 51 35.6 56 17 5 30.4 3.94 29 0.28 426 8 10 18 117 10 752 368 164 59.8 402 29 18 449
V1 2018-19 30 103 1265 453 59 35.8 92 30 9 32.6 4.4 18 0.17 435 8 11 23 151 11.7 671 337 143 60.9 453 18 19 490
V1 2019-20 28 77 870 274 45 31.5 75 18 5 24 3.56 23 0.3 267 4 5 14 87 10.2 439 232 92 63.3 274 23 9 306
V1 2020-21 27 66 687 230 40 33.5 70 17 7 24.3 3.48 11 0.17 233 4 6 16 62 9.2 517 252 115 59.9 230 11 10 251
V1 2021-22 34 116 957 315 63 32.9 56 21 9 37.5 2.72 22 0.19 346 6 11 32 104 10.1 670 320 155 59.3 315 22 17 354
通算:12シーズン 339 1026 10391 3554 561 34.2 697 197 73 28.3 3.46 261 0.25 3690 52 90 247 1251 10.7 7686 4496 669 62.8 3554 261 142 3957
太字 はタイトル獲得

参考文献

脚注

  1. ^ 石井優希”. 久光製薬スプリングス. 2021年9月28日閲覧。
  2. ^ a b 入団内定選手のお知らせ”. 久光製薬スプリングス (2010年1月19日). 2021年9月28日閲覧。
  3. ^ 2013年全日本女子チーム 日本バレーボール協会オフィシャルサイト
  4. ^ Vリーグ機構. “2013/14V・プレミアリーグ女子レギュラーラウンド最終結果のお知らせ”. 2014年3月22日閲覧。
  5. ^ 2016/17シーズン Vリーグ個人賞 受賞者一覧”. Vリーグ機構. 2017年3月24日閲覧。
  6. ^ 2017/18 V・プレミアリーグ女子大会 最終結果”. Vリーグ機構. 2018年3月25日閲覧。
  7. ^ {{cite web|url=https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21788 |title= 久光スプリングス・石井優希選手 Vリーグ出場通算230試合出場達成のお知らせ |author=|publisher=Vリーグ機構|date=|accessdate=2022-10-30}}
  8. ^ {{cite web|url= https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21913 |title= 2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V・ファイナルステージ ファイナル 試合結果のお知らせ |author=|publisher=Vリーグ機構|date=|accessdate=2022-10-30}}
  9. ^ a b 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)火の鳥NIPPON出場内定選手12人決定”. 日本バレーボール協会 (2021年6月30日). 2021年9月28日閲覧。
  10. ^ 女子代表、五輪12名発表。荒木絵里香主将、古賀紗理那、黒後愛、籾井あき、石川真佑ら”. バレーボールマガジン (2021年6月30日). 2021年9月28日閲覧。
  11. ^ FIVB. “A special birthday for Hisamistu star Yuki Ishii”. 2014年5月10日閲覧。
  12. ^ 目指せ、世界に通じるオールラウンダー 石井優希の可能性”. バボちゃんネット (2014年8月15日). 2021年9月28日閲覧。
  13. ^ Vリーグ機構. “2013日韓V.LEAGUE TOP MATCH  試合結果のお知らせ”. 2021年9月28日閲覧。
  14. ^ AVC. “Hisamitsu Springs stun Tianjin, capturing Asian Women's Club Championshiptitle and ticket to contest FIVB World Club Championship”. 2021年9月28日閲覧。
  15. ^ 上月財団. “2014年度「上月スポーツ賞」表彰式”. 2021年9月28日閲覧。
  16. ^ MONTREUX VOLLEY MASTERS. “TURKEY CLAIM GOLD AT 30TH EDITION OF MONTREUX VOLLEY MASTERS”. 2015年6月1日閲覧。
  17. ^ 山陽新聞デジタル. “山口、宮下らに岡山県が特別顕彰 リオ五輪5位のバレー女子代表”. 2016年8月26日閲覧。
  18. ^ 石井 優希|選手別成績|Vリーグ オフィシャルサイト”. Vリーグ機構. 2021年8月9日閲覧。

外部リンク