2017年ワールドグランドチャンピオンズカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2017年ワールドグランドチャンピオンズカップ
開催国  日本の旗 日本
チーム数  女子 6 / 男子 6
女子期間  9月5日 - 10日
女子優勝  Flag of the People's Republic of China.svg 中国 (4大会ぶり2回目)
女子MVP  朱婷
男子期間  9月12日 - 17日
男子優勝   ブラジル (4大会連続5回目)
男子MVP  リカルド・ルカレッリ・ソウザ
前回
次回

2017年ワールドグランドチャンピオンズカップ英語: FIVB World Grand Champions Cup 2017)は、国際バレーボール連盟主催のバレーボールの国際大会である。男女共に日本で開催。通称グラチャン2017

会場一覧[編集]

9月5日、9月6日(女子前半2日間)
9月8日、9月9日、9月10日(女子後半3日間)
9月12日、9月13日(男子前半2日間)
9月15日、9月16日、9月17日(男子後半3日間)

試合形式[編集]

女子競技[編集]

出場国(女子)[編集]

Mean of qualification Qualifier
開催国  日本
アジアオセアニア代表  中国
欧州代表  ロシア
北中米カリブ海代表  アメリカ合衆国
南米代表  ブラジル
ワイルドカード  韓国

試合結果(女子)[編集]

試合 Pts セット 得点
順位 チーム セット率 得点 失点 得点率
1  中国 5 0 14 15 4 3.750 454 343 1.324
2  ブラジル 3 2 11 13 7 1.857 438 405 1.081
3  アメリカ合衆国 3 2 7 10 10 1.000 431 434 0.993
4  ロシア 2 3 7 9 10 0.900 411 427 0.963
5  日本 2 3 6 10 11 0.909 462 471 0.981
6  韓国 0 5 0 0 15 0.000 260 376 0.691
日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 出典
5 Sep 12:40 ロシア  1–3  ブラジル 17–25 25–23 23–25 12–25     P2 P3
5 Sep 15:40 アメリカ合衆国  1–3  中国 25–18 18–25 14–25 17–25     P2 P3
5 Sep 19:15 日本  3–0  韓国 25–23 25–21 26–24       P2 P3
6 Sep 12:40 ブラジル  2–3  中国 20–25 12–25 25–20 25–23 17–19   P2 P3
6 Sep 15:40 韓国  0–3  アメリカ合衆国 22–25 20–25 16–25       P2 P3
6 Sep 19:15 ロシア  3–1  日本 22–25 25–18 25–22 28–26     P2 P3
8 Sep 12:40 アメリカ合衆国  3–2  ロシア 23–25 25–21 19–25 25–21 15–9   P2 P3
8 Sep 15:40 中国  3–0  韓国 25–14 25–4 25–12       P2 P3
8 Sep 19:15 日本  3–2  ブラジル 25–18 25–27 25–15 16–25 15–6   P2 P3
9 Sep 12:40 ロシア  0–3  中国 20–25 18–25 20–25       P2 P3
9 Sep 15:40 ブラジル  3–0  韓国 25–15 25–10 25–23       P2 P3
9 Sep 19:15 日本  2–3  アメリカ合衆国 25–22 21–25 28–26 21–25 12–15   P2 P3
10 Sep 11:30 韓国  0–3  ロシア 19–25 16–25 21–25       P2 P3
10 Sep 14:40 アメリカ合衆国  0–3  ブラジル 20–25 23–25 19–25       P2 P3
10 Sep 18:15 中国  3–1  日本 25–22 24–26 25–18 25–16     P2 P3

最終結果(女子)[編集]

順位
1位  中国
2位  ブラジル
3位  アメリカ合衆国
4  ロシア
5  日本
6  韓国

個人賞(女子)[編集]

選手 所属国
MVP 朱婷  中国
ベストアウトサイドスパイカー 朱婷  中国
ジョーダン・ラーソン  アメリカ合衆国
ベストミドルブロッカー アナ・ダシウバ  ブラジル
袁心玥  中国
ベストオポジット タンダラ・カイシェタ  ブラジル
ベストセッター 冨永こよみ  日本
ベストリベロ 井上琴絵  日本

男子競技[編集]

出場国(男子)[編集]

Mean of qualification Qualifier
開催国  日本
南米代表  ブラジル
欧州代表  フランス
北中米カリブ海代表  アメリカ合衆国
アジアオセアニア代表  イラン
ワイルドカード  イタリア

試合結果(男子)[編集]

試合 Pts セット 得点
順位 チーム セット率 得点 失点 得点率
1  ブラジル 4 1 12 14 5 2.800 446 393 1.135
2  イタリア 4 1 12 14 8 1.750 509 506 1.006
3  イラン 4 1 9 12 10 1.200 501 495 1.012
4  アメリカ合衆国 2 3 8 11 9 1.222 463 416 1.113
5  フランス 1 4 4 6 12 0.500 410 436 0.940
6  日本 0 5 0 2 15 0.133 335 418 0.801


日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 出典
12 Sep 12:40 フランス  0–3  ブラジル 25–27 25–27 22–25       P2 P3
12 Sep 15:40 イタリア  2–3  イラン 19–25 25–23 26–28 31–29 11–15   P2 P3
12 Sep 19:15 日本  0–3  アメリカ合衆国 21–25 18–25 13–25       P2 P3
13 Sep 12:40 ブラジル  2–3  イタリア 25–15 25–27 25–27 25–18 12–15   P2 P3
13 Sep 15:40 アメリカ合衆国  2–3  イラン 25–20 25–17 25–27 21–25 12–15   P2 P3
13 Sep 19:15 日本  0–3  フランス 15–25 23–25 23–25       P2 P3
15 Sep 12:40 イラン  0–3  ブラジル 22–25 19–25 15–25       P2 P3
15 Sep 15:40 フランス  0–3  アメリカ合衆国 20–25 17–25 16–25       P2 P3
15 Sep 19:15 イタリア  3–1  日本 25–23 22–25 25–20 25–22     P2 P3
16 Sep 12:40 アメリカ合衆国  2–3  ブラジル 26–28 25–15 20–25 25–22 13–15   P2 P3
16 Sep 15:50 フランス  1–3  イタリア 25–21 20–25 22–25 21–25     P2 P3
16 Sep 19:15 日本  1–3  イラン 25–21 19–25 20–25 14–25     P2 P3
17 Sep 11:40 イタリア  3–1  アメリカ合衆国 25–22 25–22 23–25 29–27     P2 P3
17 Sep 14:40 イラン  3–2  フランス 38–36 25–23 22–25 25–27 15–11   P2 P3
17 Sep 18:15 ブラジル  3–0  日本 25–17 25–15 25–22       P2 P3

最終結果(男子)[編集]

順位
1位  ブラジル
2位  イタリア
3位  イラン
4  アメリカ合衆国
5  フランス
6  日本

個人賞(男子)[編集]

選手 所属国
MVP リカルド・ルカレッリ・ソウザ  ブラジル
ベストアウトサイドスパイカー リカルド・ルカレッリ・ソウザ  ブラジル
ミラド・エバディプール  イラン
ベストミドルブロッカー マッテオ・ピアノ  イタリア
ルーカス・サートカンプ  ブラジル
ベストオポジット マット・アンダーソン  アメリカ合衆国
ベストセッター シモーネ・ジャネッリ  イタリア
ベストリベロ 井手智  日本

テレビ放送・インターネット配信[編集]

テレビ
日本テレビ系列[1]が従来どおり放送。Flag of Japan.svg 日本戦全10試合を生中継
放送時間は19:00 - 20:54(最大延長21:54・緊急延長オプション別途あり[2])で、男女とも最終日(日曜日)のみ18:00 - 19:55(最大延長20:55、緊急延長オプション別途あり[3][4]
大会のテーマソングはポルノグラフティの『キング&クイーン[5]
ネット配信
FIVB公式YouTubeチャンネルで全試合ライブ配信
hulu - ライブストリーミングサービスでなおかつFlag of Japan.svg 日本戦全10戦に限り、カメラアングルを選択することが出来る。

脚注[編集]

  1. ^ フジテレビ系列とのクロスネット局2局では各局別に特定曜日のみ放送(日曜に限り、各局別で19:00飛び乗りまたは翌日未明に全編遅れネット)。
  2. ^ 5日は21:09まで、6日は21:39まで、8日は21:49まで、9日は22:04まで、15日は21:44まで、16日は21:19まで、それぞれ延長。
  3. ^ 10日は20:25まで延長。
  4. ^ 放送スケジュール - 日本テレビ ワールドグランドチャンピオンズカップ2017 番組公式ホームページ
  5. ^ カップリング曲はテレビアニメ『パズドラクロス』(テレビ東京BSジャパン)のオープニングテーマとして使用。

外部リンク[編集]