バレーボールフランス男子代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Volleyball (indoor) pictogram.svgバレーボールフランス男子代表
国または地域 フランスの旗 フランス
大陸連盟 欧州バレーボール連盟
協会 フランスバレーボール連盟
国名コード FRA (France)
FIVBランキング 9位(2017年7月版)[1]
オリンピック
出場回数 4回
初出場 1988 ソウル
最高成績 8位(1988)
世界選手権
出場回数 15回
初出場 1949 世界選手権
最高成績 3位銅メダル(2002)
ワールドカップ
出場回数 2回
初出場 1965 ワールドカップ
最高成績 5位(2003)
欧州選手権
出場回数 27回
最高成績 1位優勝(2015)
テンプレートを表示
2014

バレーボールフランス男子代表(バレーボールフランス だんしだいひょう, : Équipe de France de volley-ball)は、バレーボールの国際大会で編成されるフランスの男子バレーボールナショナルチームである。

歴史[編集]

1936年フランスバレーボール連盟が設立。1947年国際バレーボール連盟へ加盟した[2]1940年代欧州選手権世界選手権の第1回大会に出場したフランスは、古くからバレーボールが盛んな国として知られる。リーグAと呼ばれるヨーロッパでも有数のプロリーグを擁し、代表選手の多くが所属しているが、ナショナルチームには突出した高い能力を持つ選手はおらず、ミスの少ないディフェンス型の機能的なバレーを展開している[3]

1980年代後半に欧州選手権で2度表彰台に立った後、1990年代後半から2000年代初頭にかけて、ジュニア世代から強化された有能な選手に恵まれ、それまでのチームにはなかった高い攻撃力と堅い守備力で、一躍、強豪国を脅かす存在となった。12年ぶりに出場した2002年世界選手権で銅メダルを獲得、2003年欧州選手権で準優勝し、世界最終予選を経て2004年アテネオリンピック出場を果たした。FIVBランキングは最高4位まで上昇した[3]

アテネオリンピック後の世代交代も順調に進み、2006年ワールドリーグで準優勝し再び表彰台に立ったものの、その後低迷。2007年11月から行われた北京オリンピック欧州予選のための予備予選の準決勝でチェコに敗れ、2008年1月開催の欧州予選の出場資格を逃し[4]、2大会連続オリンピック出場への道は断たれることとなった。

若手の新鋭とベテランの代表復帰によるチーム編成で臨んだ2009年欧州選手権では、3大会ぶりに準優勝を飾った。

過去の成績[編集]

オリンピックの成績[編集]

1964年から1984年まで出場なし

世界選手権の成績[編集]

ワールドカップの成績[編集]

欧州選手権の成績[編集]

ワールドリーグの成績[編集]

現在の代表[編集]

リオデジャネイロオリンピックバレーボール競技 男子世界最終予選兼アジア予選に登録された20名[5][6]

監督 フランスの旗 ロラン・ティリ
No. 選手名 シャツネーム 身長 所属 P 備考
1 ジョナス・アゲニエ Aguenier 202 AS Cannes MB
2 ジェニア・グルベニコフ Grebennikov 188 AS Volley Lube L
4 アントナン・ルジェ Rouzier 200 Arkas Spor WS
5 トレボール・クレブノ Clevenot 199 TOAC TUC WS
6 バンジャマン・トニウッティ Toniutti 183 Zaksa Kedzierzyn S キャプテン
7 ケバン・ティリ Tillie 200 Zaksa Kedzierzyn WS
8 アントワーヌ・ブリザール Brizard 194 TOAC-TUC S
9 イアルバン・ヌガペト Ngapeth 194 Modène WS
10 ケバン・ルルー Le Roux 209 Halbank Ankara MB
11 ジュリアン・リネール Lyneel 191 Resovia Rzeszow WS
12 ステファン・ボワイエ Boyer 196 Chaumont VB 52 OP
13 ピエール・ピュジョル Pujol 186 AS Cannes S
14 ニコラ・ルゴフ Le Goff 206 Berlin MB
15 オラシオ・ダルメイダ d'Almeida 202 Chaumont VB 52
16 ニコラ・マレシャル Marechal 198 Skra Belchatov WS
17 フランク・ラフィット Lafitte 203 Arago de Sète MB
18 チボー・ロザール Rossard 193 Arago de Sète WS
19 トアファ・タカニコ Takaniko 194 GFCA VB S
21 モリー・シディベ Sidibe 194 Palembang Bank SunselBabel WS
22 ユベール・エノ Henno 188 Tours VB L

歴代代表監督[編集]

歴代代表選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FIVB Senior World Ranking - Men”. FIVB. 2017年8月22日閲覧。
  2. ^ Confederations and Federations”. FIVB. 2014年10月9日閲覧。
  3. ^ a b アテネオリンピックバレーボール世界最終予選 - 対戦国紹介 フランス”. TBS. 2009年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月9日閲覧。
  4. ^ MEN'S Continental European Qualification Tournament for the Olympic Games 2008”. CEV. 2010年6月9日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ 『2016年リオデジャネイロオリンピックバレーボール世界最終予選』 公式プログラム 62-631ページ
  6. ^ fivb. “Team Roster”. 2016年5月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]