バレーボールスペイン男子代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Volleyball (indoor) pictogram.svgバレーボールスペイン男子代表
国または地域 スペインの旗 スペイン
大陸連盟 欧州バレーボール連盟
協会 スペインバレーボール連盟
国名コード ESP (Spain)
FIVBランキング 36位(2014年9月版)
オリンピック
出場回数 2回
初出場 1992 バルセロナ
最高成績 8位(1992)
世界選手権
出場回数 3回
初出場 1998 世界選手権
最高成績 8位(1998)
ワールドカップ
出場回数 2回
初出場 1999 ワールドカップ
最高成績 5位(2007)
欧州選手権
出場回数 8回
最高成績 1位優勝(2007)
テンプレートを表示

バレーボールスペイン男子代表(バレーボールスペイン だんしだいひょう)は、バレーボールの国際大会で編成されるスペインの男子バレーボールナショナルチームである。

歴史[編集]

1953年国際バレーボール連盟へ加盟[1]。主要国際大会の出場は1980年代に入ってからと遅く、大陸選手権は初出場の1981年欧州選手権から3大会とも出場国中最下位に終わっている。その後、自国開催の1992年バルセロナオリンピックに合わせて強化が進められ、初出場で8位入賞[2]。1990年代後半からワールドリーグ参戦など国際舞台での経験を重ねると、著しい急成長を遂げて欧州の強豪国の一角となり、1998年世界選手権1999年ワールドカップに初出場、翌年には2度目となる2000年シドニーオリンピック出場を果たした。

アテネオリンピック世界最終予選で出場権を逃した翌2005年からはイタリア人監督の指揮の下でチーム再建が図られ、当時FIVBランキング24位でありながら2007年欧州選手権で初優勝し、ヨーロッパチャンピオンとして同年ワールドカップに出場。FIVBランキングを6位まで急上昇させ、シドニー以来2大会ぶりのオリンピック出場権獲得を目指したが、北京オリンピック欧州予選でセルビアに敗れ[3]、さらに北京オリンピック世界最終予選デュッセルドルフ・ラウンドも3位に終わり[4]、出場権獲得はならなかった。2011年欧州選手権予選も3次ラウンド・プレーオフでベルギーに敗れ、2007年大会優勝国がわずか2大会後に欧州選手権の出場権を逃すという波乱を招いた[5]

過去の成績[編集]

オリンピックの成績[編集]

1964年から1988年まで出場なし

世界選手権の成績[編集]

1949年から1994年まで出場なし

ワールドカップの成績[編集]

欧州選手権の成績[編集]

ワールドリーグの成績[編集]

歴代監督[編集]

歴代代表選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Confédération Européenne de Volleyball (CEV)”. FIVB. 2010年3月12日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ 1998年バレーボール世界選手権 - 男子出場チーム スペイン”. TBS. 2010年9月15日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ Serbia wins the Olympic ticket!”. CEV (2008年1月14日). 2010年9月15日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ 2008 Men's World Olympic Qualification / Standings”. FIVB. 2010年9月15日閲覧。
  5. ^ Belgium books ticket for final round, 2007 champion Spain is out”. CEV (2010年9月12日). 2010年9月15日閲覧。 [リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]