バレーボールロシア男子代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Volleyball (indoor) pictogram.svgバレーボールロシア男子代表
国または地域 ロシアの旗 ロシア
大陸連盟 欧州バレーボール連盟
協会 ロシアバレーボール連盟
監督 ロシアの旗 アンドレイ・ヴォロンコフ
国名コード RUS (Russia)
FIVBランキング 4位(2017年7月版)[1]
オリンピック
出場回数 13回
初出場 1964 東京
最高成績 1位金メダル(1964、1968、1980、2012)
世界選手権
出場回数 18回
初出場 1949 世界選手権
最高成績 1位金メダル(1949、1952、1960、1962、1978、1982)
ワールドカップ
出場回数 10回
初出場 1965 ワールドカップ
最高成績 1位優勝(1965、1977、1981、1991、1999、2011)
欧州選手権
出場回数 26回
最高成績 1位優勝(1950、1951、1967、1971、1975、1977、1979、1981、1983、1985、1987、1991)
テンプレートを表示

バレーボールロシア男子代表(バレーボールロシア だんしだいひょう、ロシア語: Мужская сборная России по волейболу)は、バレーボールの国際大会で編成されるロシアの男子バレーボールナショナルチームである。

本項では1992年以前のソ連1992年EUN連合チームも一緒に扱う。

歴史[編集]

1948年にソビエト連邦として国際バレーボール連盟へ加盟[2]。バレーボールの主要国際大会であるオリンピック世界選手権ワールドカップの第1回大会を全て制覇し、1960年代から1980年代にかけて男子初の欧州選手権9連覇を達成したソビエト連邦時代は、主要国際大会で合計25個の金メダル(オリンピック3、世界選手権6、ワールドカップ4、欧州選手権12)[2]、5個の銀メダル、9個の銅メダルを獲得し、男子バレー界で圧倒的な強さを誇った。

ソビエト連邦崩壊後の1992年にロシアとして国際バレーボール連盟に加盟し[3]、同年バルセロナオリンピックEUN選手団の連合チームとして出場。翌年からロシアナショナルチームとして活動を開始し、1993年ワールドリーグで準優勝を飾った[2]

ロシアになってからは1999年ワールドカップと、2002年ワールドリーグの優勝2回に甘んじているものの、人材の宝庫である自国プロリーグのスーパーリーグから有能な選手を多数輩出し、シドニーオリンピックアテネオリンピック北京オリンピックで3大会連続メダルを獲得、また他の国際大会でも銀メダル、銅メダルをコンスタントに獲得して表彰台に上っており、強豪国の地位を保っている。そして2011年ワールドカップバレーボールで金メダルを獲得して、1999年ワールドカップバレーボール以来となる三大大会での金メダル獲得をした。2012年8月のオリンピックでは、ブラジルに2セットダウンから大逆転勝利をおさめ[4]、ソ連時代の1980年以来32年ぶりとなる金メダルに輝いた。

過去の成績[編集]

オリンピックの成績[編集]

世界選手権の成績[編集]

ワールドカップの成績[編集]

ワールドリーグの成績[編集]

欧州選手権の成績[編集]

歴代監督[編集]

歴代代表選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FIVB Senior World Ranking - Men”. FIVB. 2017年8月22日閲覧。
  2. ^ a b c FIVB Men's Volleyball World Championship Italia 2010 - Media Guide / Russia”. FIVB. 2010年9月29日閲覧。
  3. ^ Confédération Européenne de Volleyball (CEV)”. FIVB. 2010年8月2日閲覧。
  4. ^ london 2012.com. “Men's Volleyball - Gold Medal Match”. 2012年8月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]