バレーボールネーションズリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バレーボールネーションズリーグ
競技 バレーボール
開始年 2018年
主催 FIVB
参加チーム 男女とも16
前回優勝 男子: ロシア
女子: アメリカ合衆国
最多優勝 男子: ロシア(2回)
女子: アメリカ合衆国(2回)
公式サイト
www.volleyball.world/vnl/
テンプレートを表示

FIVBバレーボールネーションズリーグ(Volleyball Nations League)は、FIVB(国際バレーボール連盟)が2018年から開催しているバレーボール国際大会である。男子のバレーボール・ワールドリーグと女子のバレーボール・ワールドグランプリを発展的に統合した大会となる。

歴史[編集]

2017年10月12日パリで開催されたFIVB70周年記念式典で、男子のバレーボール・ワールドリーグと女子のバレーボール・ワールドグランプリに取って代わる大会として、アリ・グラサ会長が発表した[1][2]IMGなど22の組織と提携して、オリンピックのスポーツプレゼンテーションに基づいてこれまでにないスタイルでバレーボール大会を開催すると発表。リーグ構成についても、男女とも、コアチーム12チームとチャレンジャーチーム4チームの計16チーム構成となり、該当16チームについてもそれぞれ発表された。

2018年5月15日第1回女子大会が開幕し、第1回男子大会も同25日に開幕。決勝ラウンドは、男子はフランスリールで、女子は中国南京市でそれぞれ開催され、男子は ロシア、女子は アメリカ合衆国がそれぞれ初代チャンピオンとなった。また、男子はアメリカ合衆国が2019年からの3大会で決勝ラウンドを開催することとなり[3]、女子は2018年度に引き続き中国が2019、2000年度も決勝ラウンドを開催することとなった。

2019年は、男子は ロシア、女子は アメリカ合衆国がともに連覇を果たした。同年10月14日、次年度とその次年度も男子決勝ラウンド開催となっていたアメリカ合衆国が独立記念日を懸念して開催を辞退したことがFIVBより発表された[4]。後の12月20日に、翌年度の決勝ラウンドはアメリカ合衆国に代わりイタリアトリノで開催されることが発表された[5]

2020年、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、男女大会とも中止となった[6]。また、2021年度の決勝ラウンド開催国は男女とも2020年度と同じ(男子がイタリア、女子が中国)となる。

大会方式[編集]

男女とも共通の大会形式で、ラウンドロビンラウンドと決勝ラウンドの二段階方式[7]

予選ラウンド

出場16チームによる1回戦総当たり(ラウンドロビン方式)で行う。5週に渡って行い、各週4チームずつ4プールに分かれ、それぞれのプールで1回戦総当たりを行う。また、それぞれのプールにおいて所属チームのいずれかが開催国となる。5週合わせて16チームの1回戦総当たりとなる形式で行う方式である。決勝ラウンド開催国とそれ以外の上位5チームが決勝ラウンドに進出する。

チャレンジャーチーム(後述)4チームのうち最下位のチームは同年度チャレンジャーカップ優勝者と入れ替えとなり次年度大会には出場できなくなる[2][8]

決勝ラウンド

出場6チームが3チームずつの2グループに分かれて1回戦総当たりを行い、各グループ上位2チームが準決勝に進出しメダルを争う。

参加チーム[編集]

男女とも、コアチーム12チームとチャレンジャーチーム4チームの計16チームである。

コアチームは、リーグから陥落することがないリーグ常連チームの位置づけ。チャレンジャーチームは、4チームの中で最も成績の低いチームがリーグ陥落となり、同年度チャレンジャーカップ優勝チームと入れ替えとなる。

2017年10月12日のFIVB70周年記念式典で、コアチーム12チームとチャレンジャーチーム4チームが発表された[1][2]

発表されたコアチームは以下の通りである。

2020年現在、コアチームの変更は起こっていない。

チャレンジャーチームは、上述の通り年ごとに1チームの入れ替えが起こる。

FIVB70周年記念式典で発表された2018年大会のチャレンジャーチームは以下の通りである。

歴代成績[編集]

男子[編集]

ファイナルラウンド
開催地
優勝決定戦 3位決定戦 参加チーム
優勝 スコア 準優勝 3位 スコア 4位 予選R 決勝R
1 2018 フランスの旗
リール

ロシア
3–0
フランス

アメリカ合衆国
3–0
ブラジル
16 6
2 2019 アメリカ合衆国の旗
シカゴ

ロシア
3–1
アメリカ合衆国

ポーランド
3–0
ブラジル
16 6
2020 イタリアの旗
トリノ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により中止
3 2021 イタリアの旗
未定
16 6

女子[編集]

ファイナルラウンド
開催地
優勝決定戦 3位決定戦 参加チーム
優勝 スコア 準優勝 3位 スコア 4位 予選R 決勝R
1 2018 中華人民共和国の旗
南京市

アメリカ合衆国
3–2
トルコ

中国
3–0
ブラジル
16 6
2 2019 中華人民共和国の旗
南京市

アメリカ合衆国
3–2
ブラジル

中国
3–1
トルコ
16 6
2020 中華人民共和国の旗
南京市
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により中止
3 2021 中華人民共和国の旗
未定
16 6

年度別成績[編集]

(凡例)
◎チャレンジャーカップで優勝し翌年度大会出場
○残留となったチャレンジャーチーム
▲陥落となったチャレンジャーチーム

男子[編集]

チーム種別 チーム 2018 2019 2021
コア  ロシア 優勝 優勝
 アメリカ合衆国 3位 準決勝
 ポーランド 5位 3位
 ブラジル 4位 4位
 イラン 10位 5位
 フランス 準優勝 6位
 アルゼンチン 14位 7位
 イタリア 8位 8位
 日本 12位 10位
 セルビア 6位 11位
 ドイツ 9位 14位
 中国 15位 16位
チャレンジャー  カナダ 7位○ 9位○
 ブルガリア 11位○ 12位○
 オーストラリア 13位○ 13位○
 スロベニア -
 ポルトガル 15位▲ -
 韓国 16位▲ - -

女子[編集]

チーム種別 チーム 2018 2019 2021
コア  アメリカ合衆国 優勝 優勝
 ブラジル 4位 準優勝
 中国 3位 3位
 トルコ 準優勝 4位
 イタリア 7位 6位
 日本 10位 9位
 ドイツ 11位 10位
 オランダ 6位 11位
 タイ 15位 12位
 セルビア 5位 13位
 ロシア 8位 14位
 韓国 12位 15位
チャレンジャー  ポーランド 9位○ 5位○
 ベルギー 13位○ 7位○
 ドミニカ共和国 14位○ 8位○
 カナダ -
 ブルガリア 16位▲ -
 アルゼンチン 16位▲ - -

脚注[編集]

  1. ^ a b “FIVB announces the Volleyball Nations League [FIVBが新大会バレーボールネーションズリーグについて発表]” (英語) (プレスリリース), FIVB, (2017年10月12日), オリジナルの2019年6月3日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190603180519if_/https://www.fivb.org/viewPressRelease.asp?No=73085&Language=en#.XPVhZij7SUk 2017年10月18日閲覧。 
  2. ^ a b c “世界21カ国が参加する「バレーボールネーションズリーグ」、2018年から始動” (プレスリリース), 日本バレーボール協会, (2017年10月14日), http://www.jva.or.jp/index.php/topics/20171014-1 2017年10月18日閲覧。 
  3. ^ “USA TO HOST NEXT THREE EDITIONS OF MEN’S FIVB VOLLEYBALL NATIONS LEAGUE FINALS” (プレスリリース), FIVB, (2018年7月8日), https://www.volleyball.world/en/vnl/2018/news/usa-to-host-next-three-editions-of?id=76401 2020年8月7日閲覧。 
  4. ^ “FIVB OPENS BIDDING PROCESS FOR 2020 VNL MEN’S FINALS [FIVBが2020年VNL男子決勝ラウンドの開催国募集を開始]” (英語) (プレスリリース), FIVB, (2019年10月14日), https://www.volleyball.world/en/news/fivb-opens-bidding-process-for-2020-vnl?id=89161 2020年8月7日閲覧。 
  5. ^ “TURIN CONFIRMED TO HOST THE 2020 MEN'S VNL FINALS [2020年VNL男子決勝ラウンドのトリノ開催を承認]” (英語) (プレスリリース), FIVB, (2019年12月20日), https://www.fivb.com/en/about/news/turin-confirmed-to-host-the-2020-mens?id=89909 2020年8月7日閲覧。 
  6. ^ “FIVB ANNOUNCES CANCELLATION OF VNL 2020 [FIVBがVNL 2020の中止を発表]” (英語) (プレスリリース), FIVB, (2020年5月8日), https://www.volleyball.world/en/vnl/2020/news/fivb-announces-cancellation-of-vnl-2020?id=90800 2020年8月7日閲覧。 
  7. ^ Formula” [大会方式] (英語). Volleyball Nations League 2020. FIVB. 2020年8月7日閲覧。
  8. ^ Formula” [大会方式] (英語). FIVB Volleyball Challenger Cup 2019 - Formula. FIVB. 2020年8月7日閲覧。
  9. ^ a b FIVB Senior World Ranking - Men”. FIVB (2017年7月7日). 2020年8月7日閲覧。
  10. ^ a b FIVB Senior World Ranking - Women”. FIVB (2017年8月7日). 2020年8月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]