2020年東京オリンピックのバレーボール競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2020年東京オリンピック
バレーボール競技
Tokyo Ariake Arena.jpg
有明アリーナ
会場有明アリーナ (インドア)
潮風公園 (ビーチ)
開催日2021年7月24日-8月8日
参加選手数 男女144人ずつ(未出場者1人を含む)(インドア)
男女48人ずつ(未出場者2人を含む)(ビーチ)人
参加チーム数男女12カ国(インドア)
男女24組(棄権1組を含む)(ビーチ)
« 20162024 »
Volleyball at the 2020 Summer Olympics – Men's Iran vs Venezuela (1).jpg
インドア、男女参加国(緑)、男子参加国(青)、女子参加国(赤)

2020年東京オリンピックのバレーボール競技[1][2](2020ねんとうきょうオリンピックのバレーボールきょうぎ)は、国際バレーボール連盟(FIVB)が管轄し、2020年東京オリンピックで実施されたバレーボール競技

概要[編集]

インドアは新設の有明アリーナで開催[3]。出場国は前回同様12チーム。出場枠は2017年5月のFIVB理事会で決定された[4]

ビーチは潮風公園で開催。出場チームは前回同様24組。

出場枠[編集]

これまでの男女インドアは開催前年のバレーボールワールドカップ上位国→大陸予選→世界最終予選と3段階の予選だったが、今回からは世界ランキング上位24か国(開催国の日本を除く)で行われる大陸間予選と大陸予選の2段階となる[5]。開催国として出場する男子日本代表は3大会ぶり、女子日本代表は5大会連続のオリンピック出場となる。

男子インドア[編集]

対象 年月日 会場 枠数 出場権獲得
開催国 2013年9月7日 アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス 1 日本 日本
大陸間予選 Pool A 2019年8月9日-11日 ブルガリアの旗 ヴァルナ 1  ブラジル
Pool B オランダの旗 ロッテルダム 1  アメリカ合衆国
Pool C イタリアの旗 バーリ 1  イタリア
Pool D ポーランドの旗 グダニスクソポト 1  ポーランド
Pool E ロシアの旗 サンクトペテルブルク 1 ROC
Pool F 中華人民共和国の旗 寧波市 1  アルゼンチン
ヨーロッパ予選 2020年1月5日-10日 ドイツの旗 ベルリン 1  フランス
アジア予選 2020年1月7日-12日 中華人民共和国の旗 江門市 1  イラン
アフリカ予選 2020年1月7日-11日 エジプトの旗 カイロ 1  チュニジア
南米予選 2020年1月10日-12日 チリの旗 モスタサル英語版 1  ベネズエラ
北中米カリブ海予選 2020年1月10日-12日 カナダの旗 バンクーバー 1  カナダ
Total 12

大陸間予選(男子)[編集]

2018年10月1日時点のFIVBランキング[6]の上位24か国(11位: 日本を除く)が出場する。ランキングを基に4チームずつ6組に分けて、総当たり戦を行い1位のチームがオリンピック出場権を獲得した[7][8]

ヨーロッパ予選(男子)[編集]

2019年9月30日時点のCEVヨーロッパランキング[9]の上位8か国(2位: ロシア、3位: ポーランド、5位: イタリアを除く)が出場する。ランキングを基に4チームずつ2組に分けて、総当たり戦を行う。1位と2位の計4チームがトーナメント形式で争い、 フランスが出場権を獲得した[10]

準決勝 決勝
           
     
  スロベニア 2
  フランス 3  
   
  フランス 3
    ドイツ 0
   
  ブルガリア 1
  ドイツ 3  

アジア予選(男子)[編集]

2019年バレーボール男子アジア選手権の上位8か国(3位: 日本を除く)が出場する[11]。7位 パキスタンが辞退したため、代わりに10位 カザフスタンが出場する[12]。アジア選手権の成績を基に4チームずつ2組に分けて、総当たり戦を行う。1位と2位の計4チームがトーナメント形式で争い、 イランが出場権を獲得した[13]

準決勝 決勝
           
     
  カタール 1
  中国 3  
   
  中国 0
    イラン 3
   
  イラン 3
  韓国 2  

アフリカ予選(男子)[編集]

当初5か国が出場予定であったが[14] ガーナが辞退したため、4か国が出場した。総当たり戦を行い1位となった チュニジアが出場権を獲得した[10]

1位  チュニジア、2位  エジプト、3位  アルジェリア、4位  カメルーン

南米予選(男子)[編集]

2019年バレーボール男子南米選手権の上位4か国(優勝: ブラジル、2位: アルゼンチンを除く)が出場する[14]。総当たり戦を行い1位となった ベネズエラが出場権を獲得した[13]

1位  ベネズエラ(4)、2位  チリ(3)、3位  コロンビア(6)、4位  ペルー(5)

北米予選(男子)[編集]

2019年NORCECA Champions Cup(英語版)優勝の キューバ[15]2019年バレーボール男子北中米選手権の上位3か国(優勝: キューバ、2位: 米国を除く)が出場する[16]。総当たり戦を行い1位となった カナダが出場権を獲得した[13]

1位  カナダ(3)、2位  キューバ(Champions Cup優勝)、3位  プエルトリコ(5)、4位  メキシコ(4)

女子インドア[編集]

対象 年月日 会場 枠数 出場権獲得
開催国 2013年9月7日  アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス 1 日本 日本
大陸間予選 Pool A 2019年8月1日-4日 ポーランドの旗 ヴロツワフ 1  セルビア
Pool B 中華人民共和国の旗 寧波市 1  中国
Pool C アメリカ合衆国の旗 ボージャーシティ 1  アメリカ合衆国
Pool D ブラジルの旗 ウベルランジア 1  ブラジル
Pool E ロシアの旗 カリーニングラード 1 ROC
Pool F イタリアの旗 カターニア 1  イタリア
アフリカ予選 2020年1月5日-9日 カメルーンの旗 ヤウンデ 1  ケニア
南米予選 2020年1月7日-9日 コロンビアの旗 ボゴタ 1  アルゼンチン
アジア予選 2020年1月7日-12日  タイ王国の旗 ナコーンラーチャシーマー 1  韓国
ヨーロッパ予選 2020年1月7日-12日 オランダの旗 アペルドールン 1  トルコ
北中米カリブ海予選 2020年1月10日-12日 ドミニカ共和国の旗 サント・ドミンゴ 1  ドミニカ共和国
Total 12

大陸間予選(女子)[編集]

2019年1月1日時点のFIVBランキング[17]の上位24か国(6位: 日本と25位: キューバ(出場辞退)を除く)が出場する。ランキングを基に4チームずつ6組に分けて、総当たり戦を行い1位のチームがオリンピック出場権を獲得した[7][18]

アフリカ予選(女子)[編集]

5か国が出場した[14]。総当たり戦を行い1位となった ケニアが出場権を獲得した[19]

1位  ケニア、2位  カメルーン、3位  エジプト、4位  ナイジェリア、5位  ボツワナ

南米予選(女子)[編集]

2019年バレーボール女子南米選手権の上位4か国(優勝: ブラジルを除く)が出場する[14]。総当たり戦を行い1位となった アルゼンチンが出場権を獲得した[19]

1位  アルゼンチン(4)、2位  コロンビア(2)、3位  ベネズエラ(5)、4位  ペルー(3)

アジア予選(女子)[編集]

2019年バレーボール女子アジア選手権の上位7か国(優勝: 日本と4位: 中国を除く、10位: インドと11位: 香港は出場辞退した)が出場する[14][20]。アジア選手権の成績を基に4チームと3チームに分けて、総当たり戦を行う。1位と2位の計4チームがトーナメント形式で争い、 韓国が出場権を獲得した[21]

準決勝 決勝
           
     
  韓国 3
  チャイニーズタイペイ 1  
   
  韓国 3
    タイ 0
   
  タイ 3
  カザフスタン 1  

ヨーロッパ予選(女子)[編集]

2019年9月9日時点のCEVヨーロッパランキングの上位8か国(1位: セルビア、2位: イタリア、5位: ロシアを除く)が出場する[22]。ランキングを基に4チームずつ2組に分けて、総当たり戦を行う。1位と2位の計4チームがトーナメント形式で争い、 トルコが出場権を獲得した[21]

準決勝 決勝
           
     
  ポーランド 2
  トルコ 3  
   
  トルコ 3
    ドイツ 0
   
  ドイツ 3
  オランダ 0  

北米予選(女子)[編集]

2019年NORCECA Champions Cup優勝の ドミニカ共和国2019年バレーボール女子北中米選手権の上位3か国(優勝: ドミニカ共和国[23]、2位: アメリカ合衆国を除く)が出場する[24][14]。総当たり戦を行い1位となった ドミニカ共和国が出場権を獲得した[21]

1位  ドミニカ共和国(Champions Cup優勝)、2位  プエルトリコ(4)、3位  カナダ(3)、4位  メキシコ(5)

ビーチバレー[編集]

出場枠は男女とも前回同様24組。1カ国からは2組まで出場できる[25]。開催国の日本には男女1組ずつの出場枠が与えられる。

対象 年月日 会場 枠数 出場権獲得
男子 女子
開催国 2013年9月7日 2 日本 日本 日本 日本
2019年ビーチバレーボール世界選手権英語版 2019年6月28日-7月7日 ドイツの旗 ハンブルク 2 ROC ROC カナダ カナダ
2019年FIVBオリンピック予選 2019年9月18日-22日 中華人民共和国の旗 海陽市 4 イタリア イタリア
ラトビア ラトビア[26]
ラトビア ラトビア
スペイン スペイン[27]
ビーチバレー五輪ランキング[28] 2021年6月13日[29] 30 ノルウェー ノルウェー アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
カタール カタール ブラジル ブラジル
ブラジル ブラジル ブラジル ブラジル
ポーランド ポーランド オーストラリア オーストラリア
オランダ オランダ アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
ブラジル ブラジル スイス スイス
ドイツ ドイツ ROC ROC
ROC ROC カナダ カナダ
チェコ チェコ スイス スイス
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 オランダ オランダ
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 中国 中国
スペイン スペイン チェコ チェコ
ポーランド ポーランド ドイツ ドイツ
イタリア イタリア ドイツ ドイツ
チリ チリ イタリア イタリア
2018-2020 CEVコンチネンタルカップ 2021年6月23日-26日 オランダの旗 デン・ハーグ 2 スイス スイス オランダ オランダ
2018-2020 AVCコンチネンタルカップ 2021年6月25日-27日 タイ王国の旗 ナコーンパトム 2 オーストラリア オーストラリア 中国 中国
2018-2020 CAVBコンチネンタルカップ モロッコの旗 アガディール 2 モロッコ モロッコ ケニア ケニア
2018-2020 NORCECAコンチネンタルカップ メキシコの旗 コリマ 2 メキシコ メキシコ キューバ キューバ
2018-2020 CSVコンチネンタルカップ チリの旗 サンティアゴ/パラグアイの旗 アスンシオン 2 アルゼンチン アルゼンチン アルゼンチン アルゼンチン
Total 48

男子インドア概要[編集]

予選ラウンド[編集]

プールA[編集]

試合 Pts セット 得点
順位 チーム セット率 得点 失点 得点率
1 ポーランドの旗 ポーランド 4 1 13 14 4 3.500 435 365 1.192
2 イタリアの旗 イタリア 4 1 11 12 7 1.714 447 411 1.088
3 日本の旗 日本(開催国) 3 2 8 10 9 1.111 437 433 1.009
4 カナダの旗 カナダ 2 3 7 9 9 1.000 396 387 1.023
5 イランの旗 イラン 2 3 6 9 11 0.818 453 460 0.985
6 ベネズエラの旗 ベネズエラ 0 5 0 1 15 0.067 281 393 0.715

出典:TOKYO 2020 FIVB

プールB[編集]

試合 Pts セット 得点
順位 チーム セット率 得点 失点 得点率
1 ROC 4 1 12 13 5 2.600 427 397 1.076
2 ブラジルの旗 ブラジル 4 1 10 12 8 1.500 476 450 1.058
3 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 3 2 8 12 10 1.200 476 464 1.026
4 フランスの旗 フランス 2 3 8 10 10 1.000 449 442 1.016
5 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2 3 6 8 10 0.800 432 412 1.049
6 チュニジアの旗 チュニジア 0 5 1 3 15 0.200 339 434 0.781

出典:TOKYO 2020 FIVB

決勝トーナメント[編集]

準々決勝準決勝決勝
          
8月3日 21:30 A1×B4
ポーランドの旗 ポーランド2
8月5日 21:00
フランスの旗 フランス3
フランスの旗 フランス3
8月3日 17:00 A2×B3
アルゼンチンの旗 アルゼンチン0
イタリアの旗 イタリア2
8月7日 13:30
アルゼンチンの旗 アルゼンチン3
フランスの旗 フランス3
8月3日 13:00 A3×B2
ROC2
日本の旗 日本0
8月5日 13:00
ブラジルの旗 ブラジル3
ブラジルの旗 ブラジル1
8月3日 09:00 A4×B1
ROC3 3位決定戦
カナダの旗 カナダ0
8月7日 21:15
ROC3
アルゼンチンの旗 アルゼンチン3
ブラジルの旗 ブラジル2

女子インドア概要[編集]

予選ラウンド[編集]

プールA[編集]

試合 Pts セット 得点
順位 チーム セット率 得点 失点 得点率
1 ブラジルの旗 ブラジル 5 0 14 15 3 5.000 434 315 1.378
2 セルビアの旗 セルビア 4 1 12 13 3 4.333 381 313 1.217
3 大韓民国の旗 韓国 3 2 7 9 10 0.900 374 415 0.901
4 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 2 3 8 10 10 1.000 411 406 1.012
5 日本の旗 日本(開催国) 1 4 4 6 12 0.500 378 395 0.957
6 ケニアの旗 ケニア 0 5 0 0 15 0.000 242 376 0.644

出典:TOKYO 2020 FIVB

プールB[編集]

試合 Pts セット 得点
順位 チーム セット率 得点 失点 得点率
1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 4 1 10 12 7 1.714 418 401 1.042
2 イタリアの旗 イタリア 3 2 10 11 7 1.571 409 377 1.085
3 トルコの旗 トルコ 3 2 9 12 8 1.500 434 416 1.043
4 ROC 3 2 9 11 8 1.375 422 378 1.116
5 中華人民共和国の旗 中国 2 3 7 8 9 0.889 374 385 0.971
6 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 0 5 0 0 15 0.000 275 375 0.733

出典:TOKYO 2020 FIVB

決勝トーナメント[編集]

準々決勝準決勝決勝
          
8月4日 21:30 A1×B4
ブラジルの旗 ブラジル3
8月6日 21:00
ROC1
ブラジルの旗 ブラジル3
8月4日 09:00 A3×B3
大韓民国の旗 韓国0
大韓民国の旗 韓国3
8月8日 13:30
トルコの旗 トルコ2
ブラジルの旗 ブラジル0
8月4日 17:00 A2×B2
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国3
セルビアの旗 セルビア3
8月6日 13:00
イタリアの旗 イタリア0
セルビアの旗 セルビア0
8月4日 13:00 A4×B1
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国3 3位決定戦
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国0
8月8日 09:00
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国3
大韓民国の旗 韓国0
セルビアの旗 セルビア3

ビーチバレー概要[編集]

Alison e Álvaro em 2021.jpg

競技日程[編集]

P 予選ラウンド 1回戦 ¼ 準々決勝 ½ 準決勝 B 3位決定戦 F 決勝
日付
種目
7/24 7/25 7/26 7/27 7/28 7/29 7/30 7/31 8/1 8/2 8/3 8/4 8/5 8/6 8/7
男子 P P P P P P P P ¼ ½ B F
女子 P P P P P P P P ¼ ½ B F

大会形式[編集]

24組を4組ずつ6つのグループに分けて、総当り戦を行う。五輪ランキング[30][31]上位5組と開催国の1組はシードされ、各組に1組ずつ配置される[32]。各組上位2組と3位のチームのうち成績上位2組の計14組は決勝トーナメントに進出する。3位のチームのうち成績下位4組はラッキールーザーラウンド(プレーオフ)に出場し勝利した2組も決勝トーナメントに進出する[33]

女子種目に出場予定であったチェコのペアの選手1人が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことにより、予選ラウンド全試合を棄権した[34][35]ほか、男子種目に出場したチェコのペアの選手1人も新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことにより、予選ラウンド初戦を棄権した[36][37]

最終結果[編集]

インドア[編集]

種目
男子[38] フランス フランス (FRA)
バルテレミ・シネニエズ
ジェニア・グルベニコフ
ジャン・パトリ
ベンジャミン・トニウッティ
ケバン・ティリ
イアルバン・ヌガペト
アントワーヌ・ブリザール
ステファン・ボワイエ
ニコラ・ル・ゴフ
ダリル・ビュルトール
トレボール・クレブノ
ヤシヌ・ルアティ
ROC ROC (ROC)
ヤロスラフ・ポドレスニフ
アルチョム・ボルビッチ
ドミトリー・ボルコフ
イワン・ヤコフレフ
デニス・ボグダン
パベル・パンコフ
ビクトル・ポレタエフ
マクシム・ミハイロフ
イーゴリ・クリュカ
イリアス・クルカエフ
イーゴリ・コブザル
バレンティン・ゴルベフ
アルゼンチン アルゼンチン (ARG)
マティアス・サンチェス
フェデリコ・ペレイラ
クリスティアン・ポグラヘン
ファクンド・コンテ
アグスティン・ロセル
サンティアゴ・ダナニ
セバスティアン・ソレ
ブルーノ・リマ
エセキエル・パラシオス
ルシアノ・デ・セッコ
ニコラス・メンデス[注釈 1]
マルティン・ラモス
女子[39] アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA)
マイカ・ハンコック
ジョーディン・ポールター
ジャスティン・ウォン=オランテス
ジョーダン・ラーソン
アンドレア・ドルーズ
ジョーダン・トンプソン
ミシェル・バーチ=ハックリー
キンバリー・ヒル
フォルケ・アキンラデウォ
ヘイリー・ワシントン
ケルシー・ロビンソン
チアカ・オグボグ
ブラジル ブラジル (BRA)
カロリネ・デ・オリベイラ・サード・ガッタス
ロザマリア・モンチベレル
マクリス・フェルナンダ・シウバ・カルネイロ
ロベルタ・シウバ・ラツキ
ガブリエラ・ブラガ・ギマラエス
タンダラ・カイシェタ
ナタリア・ペレイラ
アナ・カロリナ・ダ・シウバ
フェルナンダ・ロドリゲス
アナ・クリスチナ・メネゼス・オリベイラ・デ・ソウザ
カミラ・ブライト
アナ・ベアトリス・コレーア
セルビア セルビア (SRB)
ビアンカ・ブシャ
ミナ・ポポビッチ
スラジャナ・ミルコビッチ
ブランキツァ・ミハイロビッチ
マーヤ・オグニェノビッチ
アナ・ビエリツァ
マーヤ・アレクシッチ
ミレーナ・ラシッチ
シルビヤ・ポポビッチ
ティヤナ・ボシュコビッチ
ボヤナ・ミレンコビッチ
エレーナ・ブラゴエビッチ
  1. ^ 試合には未出場

ビーチバレー[編集]

種目
男子[40] ノルウェー ノルウェー (NOR)
アンデシュ・ベルントセン・モル
クリスティアン・サンドリエ・セールム
ROC ROC (ROC)
ビャチェスラフ・クラシリニコフ
オレク・ストヤノフスキー
カタール カタール (QAT)
シェリフ・ユヌス
アフメド・ティジャン
女子[41] アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA)
エイプリル・ロス
アレクサンドラ・クラインマン
オーストラリア オーストラリア (AUS)
マリアフェ・アルタチョ・デル・ソラール
タリカ・クランシー
スイス スイス (SUI)
アヌーク・ヴェルジェ=デプレ
ヨアナ・ハイドリヒ

国・地域別のメダル獲得数[編集]

国・地域
1 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 2 0 0 2
2 フランス フランス (FRA) 1 0 0 1
ノルウェー ノルウェー (NOR) 1 0 0 1
4 ROC ROC (ROC) 0 2 0 2
5 オーストラリア オーストラリア (AUS) 0 1 0 1
ブラジル ブラジル (BRA) 0 1 0 1
7 アルゼンチン アルゼンチン (ARG) 0 0 1 1
カタール カタール (QAT) 0 0 1 1
セルビア セルビア (SRB) 0 0 1 1
スイス スイス (SUI) 0 0 1 1
合計 4 4 4 12

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ バレーボール” (日本語). 東京2020. 2021年10月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年11月11日閲覧。
  2. ^ ビーチバレーボール” (日本語). 東京2020. 2021年10月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年11月12日閲覧。
  3. ^ Ariake Arena confirmed as volleyball venue for Tokyo 2020”. FIVB (2016年12月16日). 2020年1月13日閲覧。
  4. ^ News - Board discusses Olympic qualification process for Tokyo 2020”. web.archive.org (2019年3月27日). 2021年7月18日閲覧。
  5. ^ volleyballworld.com. “Qualification Process” (英語). volleyballworld.com. 2021年7月18日閲覧。
  6. ^ FIVB - Volleyball”. www.fivb.org. 2020年8月9日閲覧。
  7. ^ a b INTERCONTINENTAL OLYMPIC QUALIFICATION TOURNAMENT HOSTS ANNOUNCED”. 2020年5月24日閲覧。
  8. ^ TOKYO VOLLEYBALL QUALIFICATION – FINAL RESULTS AND STANDINGS - MEN”. 2020年11月12日閲覧。
  9. ^ CEV - Confédération Européenne de Volleyball”. web.archive.org (2019年10月16日). 2020年5月24日閲覧。
  10. ^ a b FRANCE, TUNISIA EARN RIGHT TO PLAY AT TOKYO 2020”. fivb.com. 2020年5月25日閲覧。
  11. ^ IRAN ON CLOUD NINE TO RECLAIM ASIAN CROWN ON HOME SOIL – Asian Volleyball Confederation” (英語). 2020年5月25日閲覧。
  12. ^ DRAWING OF LOTS CONFIRMED FOR AVC MEN’S TOKYO VOLLEYBALL QUALIFICATION 2020 – Asian Volleyball Confederation” (英語). 2020年5月25日閲覧。
  13. ^ a b c LAST DARUMA DOLLS GO TO CANADA, VENEZUELA AND IRAN”. fivb.com. 2020年5月25日閲覧。
  14. ^ a b c d e f LAST STOP ON ROAD TO TOKYO 2020 ALL SET UP”. fivb.com. 2020年5月25日閲覧。
  15. ^ International Volleyball for Free in Colorado Springs”. www.norceca.net. 2020年5月25日閲覧。
  16. ^ Winnipeg Welcomes NORCECA Men’s Continental Championship”. www.norceca.net. 2020年5月25日閲覧。
  17. ^ FIVB - Volleyball”. www.fivb.org. 2020年8月9日閲覧。
  18. ^ SERBIA, ITALY COMPLETE TOKYO 2020 PUZZLE”. 2020年11月12日閲覧。
  19. ^ a b ARGENTINA, KENYA TOKYO-BOUND WITH FIRST OF WEEK'S CONTINENTAL OLYMPIC TICKETS”. fivb.com. 2020年5月25日閲覧。
  20. ^ MATCH SCHEDULE CONFIRMED FOR AVC WOMEN’S TOKYO VOLLEYBALL QUALIFICATION – Asian Volleyball Confederation” (英語). 2020年6月6日閲覧。
  21. ^ a b c TURKEY, DOMINICAN REPUBLIC, KOREA COMPLETE WOMEN'S TOKYO 2020 LINEUP”. 2020年5月29日閲覧。
  22. ^ Rivals of Azerbaijan women’s national volleyball team at European Qualifying Tournament named” (英語). Report News Agency. 2020年5月29日閲覧。
  23. ^ Dominicans win NORCECA Title in five thrilling sets to USA”. www.norceca.net. 2020年5月30日閲覧。
  24. ^ NORCECA Women’s Championship Final arrangements”. www.norceca.net. 2020年5月30日閲覧。
  25. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2021年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月9日閲覧。
  26. ^ Final phase - Men”. beachvolleyball.ioqt.2019.fivb.com. 2020年6月6日閲覧。
  27. ^ Final phase - Women”. beachvolleyball.ioqt.2019.fivb.com. 2020年6月6日閲覧。
  28. ^ volleyballworld.com. “Qualification Process” (英語). volleyballworld.com. 2021年7月18日閲覧。
  29. ^ “FIVB announces adaptation of Beach Volleyball Olympic qualification”. FIVB. (2020年5月13日). https://www.fivb.com/en/about/news/fivb-announces-adaptation-of-beach-volleyball-olympic?id=90823 2020年5月17日閲覧。 
  30. ^ PROVISIONAL OLYMPIC RANKING”. 2021年7月25日閲覧。
  31. ^ PROVISIONAL OLYMPIC RANKING”. 2021年7月25日閲覧。
  32. ^ volleyballworld.com. “Specific Competition Regulations” (英語). volleyballworld.com. 2021年7月25日閲覧。
  33. ^ volleyballworld.com. “Formula” (英語). volleyballworld.com. 2021年7月25日閲覧。
  34. ^ ビーチバレー女子、チェコ代表が陽性・試合棄権…石井・村上組が不戦勝 : 東京オリンピック2020速報 : オリンピック・パラリンピック” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年7月24日). 2021年9月20日閲覧。
  35. ^ Official communication for DNS CZE women's teams”. 2021年9月20日閲覧。
  36. ^ チェコのビーチバレー男子代表コロナ陽性 26日初戦は間に合わない見通し - ビーチバレー - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年9月20日閲覧。
  37. ^ Official communication for DNS CZE men's team in their match at 17:00 JST on 26 July 2021”. 2021年9月20日閲覧。
  38. ^ Medallists”. olympics.com. 2021年8月7日閲覧。
  39. ^ Medallists”. olympics.com. 2021年8月8日閲覧。
  40. ^ オリンピックスケジュール&結果 - ビーチバレーボール - 8月7日” (日本語). olympics.com. 2021年8月7日閲覧。
  41. ^ オリンピックスケジュール&結果 - ビーチバレーボール - 8月6日” (日本語). olympics.com. 2021年8月6日閲覧。

外部リンク[編集]