レシーバー (バレーボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

レシーバー: Reciever)は、バレーボールにおけるポジション名の一つ。その頭文字から R と略表記されることがある[1][注 1]。これは、日本での呼び名である(#ディフェンシブ・スペシャリストを参考)。

その試合においてリベロ登録ではない[2][3]レシーブ(サーブレシーブとスパイクレシーブの守備)要員のことである。

概要[編集]

古くはピンチレシーバー、現在ではリリーフレシーバー[4]とも呼ばれ、主にセットの途中で起用されてコートに入る。

攻撃を得意としないレシーバーは、自分のローテーションが前衛にまわって来た時点で元の選手と交代し、その役目を終える。

後衛でのレシーブ専門選手を認める「リベロ制」が導入されていることもあり、他のポジションと違って、リベロ以外のレシーブ要員はあえて用意しないチームも多い。

一方で、オリンピックなど、国際大会におけるナショナルチームでも置かれる場合がある[5]

その他の呼称[編集]

ローテーション

(明らかに他の選手よりも身長・最高到達点が低かったりなど)その選手の実際の役割がレシーバーであっても、分類上・表記上はWS(ウイングスパイカー)とすることもある[6][7][8]

それに関しては、リベロはローテーションが後衛となったMBの替わりにコートに入るのが一般的なのに対し、レシーバーはWS(ワンセッターのチームの場合WSは計3人)の誰かと交代することが多いことが、理由の一つとして考えられる。

ディフェンシブ・スペシャリスト[編集]

アメリカ合衆国内では、ルール上、選手交代回数が無制限のバレーボールリーグも多くあり、リベロ以外のレシーブ要員の出場機会が見られる。この選手(のポジション)は、ディフェンシブ・スペシャリスト (Defensive Specialist) と呼ばれることがある[9]

一方、国際バレーボール連盟(FIVB)主催の大会では、1セットあたりの選手交代回数が制限されている。そのためか、例えばFIVB発行のロンドンオリンピックメディアガイドの「ポジション紹介ページ」には、ディフェンシブ・スペシャリストの記載は無い[10]

脚注[編集]

出典
  1. ^ フジテレビなどの中継番組の選手紹介テロップでは Re と表示されることもある。