参考文献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

参考文献(さんこうぶんけん、: reference, works cited, bibliography など)は、著述の際に参考にした図書や文献、新聞記事、または、その書誌事項を記したもの。また出典(しゅってん、: source, citation など)は、故事、引用語などの出所(でどころ)、ないしそれと考えられるなどのこと[1]

解説[編集]

巻末(尾注)や本文中(脚注)に書き記される。学術論文などにおいては一般に本文中で引用したもののみを列記する。一般図書などでは参考図書(参考にした図書)とともに、推薦図書や関連図書(参考になる図書、further reading)を挙げる場合もある。

参考文献の主な項目として、著者編者翻訳者名、標題出版社名、出版年月日、引用・参考ページ等がある。雑誌論文の引用時には雑誌名も記される。最近はインターネットの普及により、参考にしたサイトURLが記されることが増えている。

日本の科学技術関連の書誌情報の記述の指針として科学技術振興機構(JST)の科学技術情報流通技術基準(SIST)がある。

方式[編集]

英文[編集]

  • ハーバード方式(著者名・発行年方式) - 著者の姓と発行年に基づいて示す方式。
  • バンクーバー方式(引用順方式) - 参考文献と本文を引用順の文献番号で関連付け、参考文献の列挙を引用順に行う方式。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三省堂『新明解国語辞典』による。

外部リンク[編集]