バレーボールアメリカ合衆国男子代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Volleyball (indoor) pictogram.svgバレーボールアメリカ合衆国男子代表
国または地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
大陸連盟 北中米バレーボール連盟
協会 合衆国バレーボール協会
監督 アメリカ合衆国の旗 ジョン・スパロー
国名コード USA (United States of America)
FIVBランキング 5位(2012年8月13日版)
オリンピック
出場回数 10回
初出場 1964 東京
最高成績 1位金メダル(1984、1988、2008)
世界選手権
出場回数 14回
初出場 1956 世界選手権
最高成績 1位金メダル(1986)
ワールドカップ
出場回数 9回
初出場 1977 ワールドカップ
最高成績 1位優勝(1985)
北中米選手権
出場回数 22回
最高成績 1位優勝(1973、1983、1985、1999、2003、2005、2007)
テンプレートを表示

バレーボールアメリカ合衆国男子代表(バレーボールアメリカがっしゅうこく だんしだいひょう、英語: United States men's national volleyball team)は、バレーボールの国際大会で編成されるアメリカ合衆国の男子バレーボールナショナルチームである。

概要[編集]

他国に先駆けて1980年代中盤に、二人制サーブレシーブシステム、スーパーエースシステム(セッター対角に一番攻撃力のあるエースを配置)、リードブロック、アナリストとPCを駆使したリアルタイムデータバレーなど、画期的な戦法を考案した。

なお、同国のバスケットボール代表は元より、女子代表と比較しても、アフリカ系選手の数は少ない。競技人口に占める割合自体が少ない可能性がある。

歴史[編集]

1947年国際バレーボール連盟へ加盟[1]。1980年代に入るまで中堅国に過ぎなかったが、1984年の自国で行われたロサンゼルスオリンピックで強豪を倒し、金メダルを獲得。このロサンゼルスオリンピックではソ連が参加をボイコットしたため、ソ連が出場していなかったおかげで優勝できたと言われたが、1988年のソウルオリンピックの決勝で宿敵のソ連を破り、2連覇を果たした。1980年代後半は世界選手権ワールドカップでも金メダルを獲得するなど輝かしい成績を残した。

2008年北京五輪では決勝で2002年以降の主要大会で全て優勝してきたブラジルを破り、金メダルを獲得。メダルの獲得は、1992年バルセロナ五輪以来16年ぶりだが、金メダルとしての獲得は1988年ソウル五輪以来20年ぶりである。

過去の成績[編集]

オリンピックの成績[編集]

世界選手権の成績[編集]

ワールドカップの成績[編集]

北中米選手権の成績[編集]

歴代監督[編集]

歴代コーチ[編集]

歴代代表選手[編集]

2007年アメリカ合衆国男子代表

脚注[編集]

  1. ^ Norceca Volleyball Confederation (NORCECA)”. FIVB. 2010年7月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]