この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

眞鍋政義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
眞鍋 政義
Masayoshi Manabe
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1963-08-21) 1963年8月21日(53歳)
出身地 兵庫県姫路市
ラテン文字 Masayoshi Manabe
身長 188cm
体重 87kg
選手情報
所属 日本の旗 バレーボール全日本女子
役職 監督
ポジション S
利き手
スパイク 328cm
ブロック 325cm
テンプレートを表示

眞鍋 政義(まなべ まさよし、1963年8月21日 - )は、兵庫県姫路市出身の日本の元男子バレーボール選手(元全日本代表選手)、元全日本女子代表監督。NPO法人日本バレーボール・オリンピアンの会理事[1]。出身地のバレーボールクラブチーム「ヴィクトリーナ姫路」のジェネラルマネージャー[2][3]。身長188cm。体重87kg。

来歴

現役時代

姫路市立城南小学校に通っていた少年時代は野球選手に憧れ、姫路市立白鷺中学校入学時には野球部に入ろうと考えたが、担任教師の勧めでバレーボールを始める[4]。中学校時代はエーススパイカーとして活躍。大阪商大高校に進学後セッターに転向。1年生からレギュラーセッターとして活躍し、インターハイ優勝に貢献した。

大阪商大進学後は、西日本インカレ・関西リーグ完全優勝(1回生から4回生まですべて優勝)を経験。1985年神戸ユニバーシアードに出場し、同年全日本代表に初選出され、1985年ワールドカップに出場した。

1986年新日本製鐵に入社。1年目からレギュラーで活躍し新人王を獲得。その後も日本リーグ3連覇・黒鷲旗3連覇など、新日鐵黄金時代に中心選手として貢献。全日本代表としても、1988年ソウル五輪など数多くの国際大会に出場。日本を代表するセッターとして活躍した。

1993年からは新日鐵の選手兼任監督に就任。第3・4回Vリーグでのリーグ連覇に導いた。

1999年、新日鐵を退社。イタリア・セリエA・パレルモに移籍。2000年に帰国し、旭化成に入団。2002年松下電器へ移籍したのち、2004年、旭化成に復帰した。

2004年、選手を続けながら、社会人特別選抜で大阪体育大学大学院スポーツ科学研究科に入学[5]し、翌2005年、論文「バレーボールのセッターのトス回しについてのゲーム分析的研究」[6]で、修士号取得[7]

指導者に転身

2005年、現役引退。同年、女子の久光製薬スプリングス監督に就任。1シーズン目からVリーグ準優勝となり、黒鷲旗では初優勝をもたらした。

2007年、2006-07プレミアリーグで久光を5シーズンぶりの優勝に導き、自身は高校及び新日鐵の先輩でもある柳本晶一(男子:新日鐵、女子:東洋紡)に次いで2人目の男女チーム優勝監督となった[注 1]

日本女子代表監督

世界バレーとロンドン五輪で銅メダル獲得

2008年12月、全日本女子代表チームの監督に内定(18人の応募者の中から、達川実との2人に絞られ[8]、プレミアリーグ監督会の推薦を受けた眞鍋が選ばれた)[5]。体制発足当初から、指導担当の分野を細分化し、川北元ら4人のコーチに任せる方式を採用し[9]、継続した[10]。また、前監督時代から受け継いで渡辺啓太をアナリストに起用した。

2010年11月の世界選手権(世界バレー)では、試合中iPadを手にしながら選手に指示[11][12][13][14] し、自らが掲げる「IDバレー」でチームを采配。日本は 3位銅メダルを獲得した(同大会で32年ぶりとなるメダル獲得)。

チーム方針として、スパイクの「決定率」よりもミスや被ブロックの少ない「効果率」を重視し[15]、まず「サーブ」「サーブレシーブ」「ディグ(レシーブ)」「失点を少なくする」の4点だけは世界一になろうと選手にずっと言い続けていった[16][17]

世界最終予選をギリギリ通過し計2選手を入れ替えて(岩坂と平井が脱落)臨んだ2012年ロンドン五輪には、相手のデータ分析をかく乱するため、選手12人中10人の背番号を変更した[18]。日本は 3位銅メダルを獲得した(五輪で28年ぶりとなるメダル獲得)。

JVAは五輪後改めて次の全日本監督を公募で決める予定だったが、女子は撤回。眞鍋への続投要請決定が9月29日に判明[19]、10月3日に代表監督再任が正式決定した[20]。眞鍋は「リオデジャネイロオリンピックで金メダルを目指す」と意気込みを語った[20]

新戦術「MB1」から「Hybrid 6(ハイブリッド6)」

2013年1月、トルコを訪れた際、現地リーグでプレーする木村沙織に、全日本の次期キャプテンを打診し何度も訴えた(木村は決意していた今年度での引退を撤回し[21]3月に受諾)[22][23]

同年11月のグラチャンバレー開催直前には、2年前(W杯[24])から温存していたという従来にはない新戦術「MB1[25]」(MBを1人に減らしてWSを4人体制にするもの)を試す考えを示した[26]アジア選手権後の[27]9月下旬からチームで練習してきたという[28]。初戦のロシア戦では、そのMB(大竹里歩)の対角にWSの迫田さおりを起用した[29]。なお、今後のMB起用の展望としては「MB0」も含め、大会後に検証することを示した[30]

2014年8月19日、ワールドグランプリのファイナル東京大会前日の会見にて、今大会で初披露した新戦術名を「Hybrid 6(ハイブリッド6)」と発表。「MB1」をさらに進化させ、コート上の6人が複数の役割を担うのを期待して命名したことを解説した[31]。(リベロは別として)セッター以外の5人のスパイカーに関して、従来のWS3人とMB2人という枠組みを撤廃。レセプションなどパスも担当するレフトの「パスヒッター」2人、それ以外の「ポイントゲッター」3人に区分して、攻撃力を分散させつつ全体の向上を目指した[32][33][34][35]。同大会では初のメダル( 2位銀メダル)を獲得した。9月-10月の世界選手権は7位タイに終わった。セッター対角には長岡迫田江畑らを起用してレセプション(サーブレシーブ)を免除し、攻撃力を重視した(従来の山口はMBで新鍋はレフトWSで起用[36][37]

2015年には、世界で「男子化の波が速いスピードできている」とし、ディフェンス強化を課題の一つに挙げた[38]ワールドカップではリベロ座安琴希(サーブを受ける時=レセプションとディグ)と佐藤澪(サーブ権のある時=ディグ)で、分担起用した[39][40][41]。なお、レセプション(新戦術導入前はセッター対角の山口[42]や新鍋[43]も一部を担当していた)は、2016年時点では、守備範囲が明確ではない中で[44]基本的にリベロと片方のレフトWSの2人体制で対応してきたという[45]

リオ五輪出場決定

2016年5月のリオデジャネイロ五輪世界最終予選では従来と同様に[46]、最後の最後で落選したメンバーをチームに帯同させた[47][48]。全勝通過を口にしてプレッシャーで苦戦した4年前を教訓に、今回はとにかく出場権獲得を目標として大会に臨んだ[49]。韓国に敗れた[45]翌4日目のタイ戦では第2セットで[50][51]、先発だった荒木を含めてロンドン五輪の生き残り4人[注 2]を全員まとめてスタートから投入[52][53][54][55]。結果は、フルセットで逆転勝利となった。6日目終了時点でセット率によって(最終的にはアジア最上位で通過)、ロンドンから続けて五輪出場を決めた[56]

このメンバーを含め19人から五輪本戦に臨む12人を選ぶと明言し[41]、6月のワールドグランプリでは当落線上の選手も試した。結果的には、全員が最終予選に出た選手(引き続き「ディフェンス力」重視で[57]座安が当選し丸山・古賀は落選)となった。スタッフとも何十回も議論を重ねた[58]選考で、最も重視したポイントは目に見えない力も踏まえて「チームワーク」とも眞鍋は語った[17]。8月の本戦では「前回よりもいい色のメダル獲得」を目指したが、準々決勝でアメリカに敗れた[59]

2016年10月、バレーボール全日本女子の次期監督の候補の一人として推薦されたが辞退し[60][61][62][63]、退任した(後任は中田久美[64]

球歴・受賞歴

  • 所属チーム履歴
1986年-1998年 新日鐵ブレイザーズ(現・堺ブレイザーズ)
1999年 イベコ パレルモ(イタリア・セリエA)
2000年-2001年 旭化成スパーキッズ
2002年-2003年 松下電器パナソニックパンサーズ
2004年-2005年 旭化成スパーキッズ

著書

  • 『「精密力」〜日本再生のヒント〜』 (2011年5月、主婦の友社[65]
  • 『チームのスイッチを入れる。 カリスマじゃなくてもできる組織を変える55の戦略』 (2011年10月、朝日新聞出版
  • 『逆転発想の勝利学』 (2012年5月、実業之日本社
  • 『バレーボールは眞鍋に学べ!』 (2012年5月、日本文化出版ムック)
  • 『女性マネジメント 最大限に女性の能力を引き出す技術』 (2012年12月、扶桑社

出演

テレビアニメ

その他の特記事項

監督をする際はカシオ腕時計G-SHOCK」を愛用してきた。2012年のロンドン五輪では、お揃いの「日の丸カラー」(ベルトが白、文字盤が赤[注 3])のものを、選手(背番号とコートネーム入り)・スタッフ(ネーム入り)も携行した[67]

2013年には、眞鍋が理事を務める「財団法人マナベバレーボール振興会」(姫路市)と市の小学生バレーボール連盟などが連携して、市内の小学生を対象とした「真鍋杯 しろまるひめバレーボール大会[68]」が創設された[69]。2月17日に第1回大会が姫路市立中央体育館で開催された。眞鍋は2011年に[70]「ひめじ観光大使」にも就任している[71]

脚注

註釈
  1. ^ 決勝の対戦相手だったJTマーヴェラス寺廻太監督も、NECブルーロケッツ監督時代に優勝を経験しており、JTが勝っても男女チーム優勝監督となっていた。
  2. ^ 12人のうち6人が引退。新鍋理沙は2016年は日本代表入りせず。江畑幸子は最後の18人に残ったが今回の14人入りは果たせずチームに帯同した[47]
  3. ^ 「GW-6900F-7JF」[1]に近いモデルという説がある。
出典
  1. ^ 会員情報一覧 NPO法人日本バレーボール・オリンピアンの会
  2. ^ バレー真鍋氏、姫路GMに就任「プロで日本一に」
  3. ^ 女子バレー「ヴィクトリーナ姫路」GM就任・真鍋氏が熱い意気込み 兵庫
  4. ^ バレーボールの道へ進んだきっかけ 覚悟の時間 眞鍋政義
  5. ^ a b OUHSジャーナル189号
  6. ^ CiNii 論文
  7. ^ OUHSジャーナル175号
  8. ^ バレー全日本女子監督に真鍋氏、男子は植田氏が続投 - 読売新聞、2008年11月30日
  9. ^ 指導担当を細分化…真鍋ジャパン支えたスタッフ分業制 - スポニチ 2012年8月12日
  10. ^ 女子バレーに兵庫の裏方力 日本代表真鍋監督支え - 神戸新聞、2016年7月31日
  11. ^ iPad駆使 データで攻略 日本女子バレー - asahi.com、2010年11月4日
  12. ^ 女子バレー世界選手権、日本情報戦に新兵器 リアルタイムでデータ反映 - ZAKZAK、2010年11月6日
  13. ^ 世界バレー:iPadで采配 リアルタイムで情報把握 - 毎日jp、2010年11月9日
  14. ^ 真鍋ニッポン“IDバレー”結実 - サンケイスポーツ、2010年11月15日
  15. ^ ネット際の駆け引きと効果率に注目バレーボールの観戦力を高めるポイント2 - スポーツナビ
  16. ^ 眞鍋監督「再度、世界一にチャレンジ」 2/3 - スポーツナビ、2015年4月15日
  17. ^ a b 眞鍋「日本オリジナルの戦術を準備する」女子バレー リオ五輪メンバー発表会見 1/2 - スポーツナビ、2016年6月27日
  18. ^ 日本女子“奇策”で圧勝 88年ソウル以来の白星スタート - スポニチ、2012年7月29日
  19. ^ バレー女子日本代表 真鍋監督への続投要請決定 - スポニチ、2012年9月30日
  20. ^ a b チーム真鍋”でリオの金目指す! 4コーチも続投へ - スポニチ、2012年10月4日
  21. ^ 日本女子3大会ぶりメダル!サオリン雪辱の14点 - スポーツ報知、2013年11月17日
  22. ^ 木村沙織が下した主将就任という決断 - スポーツナビ(田中夕子)、2013年5月14日
  23. ^ #522 眞鍋ジャパン 激闘の舞台裏 - TBS 『バース・デイ』 2016年5月21日放送
  24. ^ サオリン、笑顔の白星発進!新戦術MB1ズバリでロシア撃破 - スポーツ報知、2013年11月13日
  25. ^ 女子バレー日本が試す前代未聞「MB1」とは… - 読売新聞、2013年11月11日
  26. ^ 真鍋監督、秘策「ジャパン・オリジナル」身長差埋める新戦術 - スポーツ報知、2013年11月5日
  27. ^ 日本、欧州女王ロシア撃破!ベール脱いだ「MB1」戦法 - サンスポ、2013年11月13日
  28. ^ サオリン「びっくり」新戦術で表彰台だ! - サンスポ、2013年11月6日
  29. ^ 解密MB1新战术增强副攻得分率 多点攻补身高差 - 新民網、2013年11月12日
  30. ^ 15日からグラチャン後半戦 真鍋監督 江畑の復帰示唆 - スポニチ、2013年11月15日
  31. ^ ファイナル東京大会前日監督記者会見を開催 火の鳥NIPPONの新戦術名は「Hybrid 6」!! - JVA、2014年8月19日
  32. ^ 新戦術「ハイブリッド6」進化のキーマン 迫田さおり - バボChannet(米虫紀子)、2014年9月17日
  33. ^ 【女子バレー】眞鍋ジャパンの新戦術はポジションレス - Sportiva(中西美雁)、2014年8月20日
  34. ^ <女子バレー>既成概念捨て挑む非常識な新戦術「Hybrid6」とは──眞鍋監督に聞く - THE PAGE、2014年8月19日
  35. ^ 女子バレー新戦術新戦術「ハイブリッド6」眞鍋監督、木村沙織選手らに聞く鍵とは - THE PAGE、2014年9月22日
  36. ^ バレー女子W杯 急きょポジション変更 山口が活躍”. 共同通信 (2011年11月19日). 2011年11月24日閲覧。
  37. ^ 試合結果|2014女子世界選手権|国際大会 日本バレーボール協会
  38. ^ 木村沙織がリオ五輪にかける思い 「バレーボール人生の集大成」 - THE PAGE、2015年8月22日
  39. ^ 直前合宿の成果を見せたバレーW杯序盤戦 サーブとディフェンスの強化が実を結ぶ(1/2) - スポーツナビ、田中夕子 2015年8月30日
  40. ^ 【大林素子 もっとアタック】次戦・韓国戦はリベロ佐藤の読み大事 - サンケイスポーツ、2015年8月31日
  41. ^ a b セッター宮下、リベロ佐藤。2人がメダル獲りの軸になる - webスポルティーバ、2016年5月25日
  42. ^ フジテレビバボChannet. “山口舞、オールラウンダーの苦悩と成長”. 2012年4月26日閲覧。
  43. ^ 真鍋監督「ベストを尽くす」 五輪最終予選へ意気込み=バレー全日本女子 スポーツナビ
  44. ^ 「形」が曖昧だった全日本女子=バレー五輪まで限られた時間で求められる進化 1/2 - スポーツナビ(田中夕子) 古賀紗理那は明かす、2016年5月23日
  45. ^ a b そのとき、コート上で何があったのか 女子バレー 韓国に完敗した舞台裏 - Yahoo!ニュース(共同通信社運動部 柄谷雅紀)、2016年5月18日
  46. ^ 登録メンバー発表、五輪最終予選でカギを握る試合は? 3/3 スポルティーバ 公式サイト、2012年5月19日
  47. ^ a b 日本8連続得点で大逆転 LINE効果で五輪へ前進 - 日刊スポーツ、2016年5月19日
  48. ^ 2016年5月14日(土) 18人で切符を掴む - TBS 女子 バンキシャ日記
  49. ^ 「とにかく切符を取る」 最終予選に臨む全日本女子が会見/バレー - サンスポ、2016年5月9日
  50. ^ リオ五輪世界最終予選 タイ戦後のコメント - バボちゃんネットニュース、2016年5月19日
  51. ^ 日本女子、タイに奇跡的逆転勝ち あと3点で敗戦から巻き返した - 中日スポーツ、2016年5月19日
  52. ^ サオリン涙の大逆転劇…最終セット6―12から8連続得点でリオへ前進 - スポーツ報知、2016年5月19日
  53. ^ ロンドン組そろい激戦制す バレー女子、リオに望み - 朝日新聞社5月18日 23時51分(アーカイブ
  54. ^ サオリン&さおりが泣いた。タイ戦の大逆転劇を生んだメダリストの底力 2/4 - スポルティーバ 公式サイト、2016年5月19日(松瀬学
  55. ^ 迫田、途中出場でチーム最多24得点 - デイリースポーツ、2016年5月19日
  56. ^ バレーボール日本女子 リオ五輪出場決定 - NHKニュース、2016年5月21日
  57. ^ 座安、配置転換でリベロ3人…女子五輪最終予選 - スポーツ報知、2016年5月14日
  58. ^ 眞鍋「日本オリジナルの戦術を準備する」女子バレー リオ五輪メンバー発表会見 2/2 - スポーツナビ、2016年6月27日
  59. ^ 初戦は韓国!木村沙織「ガツガツした試合になる」 - フジすぽ フジテレビ
  60. ^ 中田久美氏が新監督 満場一致34年ぶり女性指揮官 - 日刊スポーツ、2016年10月26日
  61. ^ 男子は中垣内氏、女子に中田氏=東京五輪へ監督決定 - 時事通信、2015年10月26日
  62. ^ 東京へ!女子新監督に中田氏 五輪で指揮なら女性初/バレー - サンスポ、2016年10月26日
  63. ^ 中田久美新監督「日の丸のプライド」 - Yahoo!ニュース(松瀬学)、2016年10月27日
  64. ^ “中田久美氏が監督就任へ=元セッター、国内で実績-バレー女子”. 時事通信. http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101300152&g=spo 2016年10月24日閲覧。 
  65. ^ 主婦の友新書プレスリリース
  66. ^ 木村沙織選手『サザエさん』に本人役で出演 カツオと握手に感動”. ORICON (2015年8月10日). 2015年8月10日閲覧。
  67. ^ 日本女子、腕に“日の丸G-SHOCK” - SANSPO.COM(サンスポ)
  68. ^ バレー女子日本代表の真鍋監督が小学生指導 兵庫・姫路 - MSN産経west
  69. ^ バレーの真鍋監督 出身の姫路で名を冠した大会創設 - 神戸新聞NEXT
  70. ^ 全日本女子バレーボールチーム監督 眞鍋 政義さん ひめじ観光大使に - 姫路市
  71. ^ 姫路市フォトニュース(2013年2月) - 姫路市

外部リンク