2008年北京オリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2008年北京オリンピック
第29回オリンピック競技大会
Games of the XXIX Olympiad
National museum of china02.jpg
開催都市 中華人民共和国の旗 中国 北京
参加国・地域数 204
参加人数 11,193人
競技種目数 28競技302種目
開会式 2008年8月8日詳細
閉会式 2008年8月24日詳細
開会宣言 胡錦濤国家主席
選手宣誓 張怡寧
審判宣誓 黄力平
最終聖火ランナー 李寧聖火リレー詳細
主競技場 北京国家体育場
夏季
2004年アテネ 2012年ロンドン  >
冬季
2006年トリノ 2010年バンクーバー  >
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示
中国国家博物館前にあるカウントダウン時計台

第29回オリンピック競技大会(だい29かいオリンピックきょうぎたいかい、: Jeux de la XXIXe olympiade: Games of the XXIX Olympiad: 第二十九届夏季奥林匹克运动会)は、2008年8月8日[1]から8月24日までの17日間、中華人民共和国北京を主な会場として開催されたオリンピック競技大会。世界の204の国と地域から約11,000人のアスリートが参加し、全28競技302種目が行われた。一般的に北京オリンピックと呼称され、北京五輪と略称される。

アジアで夏季オリンピックが開催されるのは、1988年韓国で開催されたソウル大会以来20年ぶり(5大会ぶり)3回目で、中国では初開催となった。ただし、一部の競技は近郊および沿岸部の都市(青島など)で開催され、また馬術競技香港で開催された。

大会開催までの経緯[編集]

2008年夏季オリンピック開催地投票
都市 1回目 2回目
北京 中華人民共和国の旗 中国 44 56
トロント カナダの旗 カナダ 20 22
パリ フランスの旗 フランス 15 18
イスタンブール トルコの旗 トルコ 17 9
大阪 日本の旗 日本 6 -

2001年7月13日モスクワで開かれた第112次IOC総会で開催地を決める投票が行われ、立候補していたイスタンブール大阪パリトロントの4都市を破り、開催地に決定した。当初、大会開催地には他に5都市(バンコクカイロハバナクアラルンプールセビリア)も立候補していたが、いずれも1次選考で落選し、最終候補には残れなかった。

1回目の投票ではどの都市も過半数に届かなかったため、最も票の少なかった大阪市が落選、続いて行われた2回目の投票で圧倒的過半数を得た北京が開催権を勝ち取った。北京は2000年夏季オリンピックにも立候補し、1993年に行われた投票で3回連続首位を得て最有力とされるも、決選投票でオーストラリアシドニーにわずか2票差で敗れていた。

聖火リレー[編集]

開会式[編集]

開会式は2008年8月8日午後8時(中国標準時)から開始された。これは、中国において数字の8が「お金持ち」を意味する「发财發財)」の「)」と発音が同じであり、縁起の良い数とされているからである。

閉会式[編集]

開会式や2004年アテネオリンピックでの引き継ぎ式[2][3][4]と同じく張芸謀監督の演出で始まった[5]

  • 8月24日午後7時59分31秒(CST)、閉会式開始へのカウントダウンは29から始まり、10から1まではアラビア数字の花火が上がった。
  • 円形の太鼓の音で始まり、頭と手に鈴を付けた踊り子2008人が取り囲み、中国の少数民族に伝わる打楽器をモチーフとした打楽器8台や雲南民族舞踊をモチーフとした男性の足をくくりつけた長い棒が登場した。踊り子たちが道になると円形の自転車が登場し、踊り子たちの間道を駆け抜けた。
  • 中国国旗の掲揚。
  • 各国の旗手が入場し、204の国や地域が漢字で書いたときの画数が少ない順に4方向から入場した。閉会式の日本の旗手は競泳の北島康介が務めた。
  • 男子マラソン表彰式。
  • ギリシャ国旗の掲揚。
  • ジャック・ロゲIOC会長による閉会宣言「北京オリンピックは本当に比類なきオリンピックであります。」
  • IOC選手委員の文大成(韓国)、アレクサンドル・ポポフ(ロシア)、クラウディア・ボーケル(ドイツ)の3人(キューバのユミルカ・ルイスルアセス選手は欠席)からボランティアへ、感謝の花束贈呈。
  • イギリス国旗の掲揚。
  • オリンピック旗返還。中国の少年少女合唱団によるオリンピック賛歌斉唱と共に旗を降納。
  • 北京の郭金龍市長からIOCのロゲ会長経由で、ロンドンボリス・ジョンソン市長へオリンピック旗が手渡された。この模様はロンドンのトラファルガー広場でも生中継された。
  • ロンドンをPRする映像にも会場にも、LEDで「London 2012」と行き先表示された2階建バスのルートマスター(2階部分のボディペイントは白文字でLondon-Beijing-London)が登場した。
  • メインモニターに飛行機の時刻表が映し出されると、飛行場のタラップに紙の巻物を持った黒人男性選手と帰国の途に着く白人男女選手が乗り、タラップの先には全身灰色の男性2人が乗った鉄塔『記憶の塔』がせり上がり、黒人男性選手が巻物を広げると、会場壁面スクリーンに16日間の大会ハイライトが1日ずつ映し出された。楊沛宜歌唱祖国のBGMを聞いた黒人男性選手が巻物を閉じていくと、巻物が完全に閉じると同時に聖火は消火された。

聖火消火後[編集]

実施競技[編集]

競技スケジュール[編集]

2008年8月6日 - 24日, 数字は金メダル確定数, Rは予備, Gはエキシビション

日 付 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
開会式・閉会式
陸上競技 2 4 6 6 5 3 6 7 7 1 47
ボート R 7 7 14
バドミントン 1 2 2 5
野球 R R 1 1
バスケットボール 1 1 2
ボクシング 5 6 11
カヌーフラットウォーターレーシング 6 6 12
カヌー (スラローム 2 2 4
自転車競技トラックレース 1 3 1 2 3 10
自転車競技 (ロードレース 1 1 2 4
自転車競技 (マウンテンバイク 1 1 2
自転車競技 (BMX 2 2
日付 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
馬術障害飛越競技 1 R 1 R R R 2
馬術 (馬場馬術 1 R 1 R 2
馬術 (総合馬術 2 2
フェンシング 1 1 1 1 2 1 1 1 1 10
サッカー 1 1 2
体操 (体操) 1 1 1 1 4 3 3 G 14
体操 (トランポリン 1 1 2
体操 (新体操 1 1 2
ウエイトリフティング 1 2 2 2 2 2 1 1 1 1 15
ハンドボール 1 1 2
ホッケー 1 1 2
柔道 2 2 2 2 2 2 2 14
レスリング (グレコローマン) 2 2 3 7
レスリング (フリースタイル) 2 2 2 2 3 11
日付 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
水泳 (競泳) 4 4 4 4 4 4 4 4 1 1 34
水泳 (シンクロナイズドスイミング) 1 1 2
水泳 (飛込み) 1 1 1 1 1 1 1 1 8
水泳 (水球) 1 1 2
近代五種 1 1 2
ソフトボール R 1 1
テコンドー 2 2 2 2 8
テニス 2 2 4
卓球 1 1 1 1 4
射撃 2 2 2 2 1 2 1 2 1 15
アーチェリー 1 1 1 1 4
トライアスロン 1 1 2
セーリング 2 1 2 2 2 2 R R R 11
バレーボール 1 1 2
ビーチバレー 1 1 2
7 14 13 19 17 17 16 30 34 18 20 11 23 20 31 12 302

※スケジュールは公式サイトから。競技名の日本語表記は JOC 発表スケジュール表より。

午前に行われる決勝[編集]

本来のオリンピックなどの大きな国際大会ならば、決勝は午後に行われ、選手達もそれに備えて午前に準備をする。しかし、北京オリンピックでは、競泳の全種目、体操の団体総合・個人総合の決勝が、午前中に行われた。

  • その背景には、アメリカテレビ局の強い要求がある。アメリカ国内における北京オリンピックの放映権NBCが獲得し、同局が支払うテレビ放送権料は北京オリンピック運営費全体の半分近くを占めているため、同局がその費用を支払わなければ、大会の開催は不可能とも言われた。アメリカでは競泳・体操の人気が高く、高い視聴率を見込めるため、NBC側は国際オリンピック委員会 (IOC) に対し、アメリカで夜の時間帯に生中継できるように、決勝を北京時間の午前中に実施することを要求した。同じく東アジアで開催された20年前のソウルオリンピックでも、当時人気の高かった陸上競技で同様の措置が取られた。
  • IOC側は「(アメリカ国内の)多くの人に喜んでもらえるプランになった。」とコメントした。
  • しかし一方では、アメリカの傲慢な姿勢に対する批判も根強く、ヨーロッパにおける中継の窓口である欧州放送連合が決定に抗議したほか、各国の競技団体の中にも「選手の体調に悪影響を与えるおそれがある」とする意見があった[要出典]

国・地域別メダル獲得数[編集]

参加国一覧
= 五輪初参加国 = 参加国
国・地域
1 中国 中国(開催国) 51 21 28 100
2 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 36 38 36 110
3 ロシア ロシア 23 21 28 72
4 イギリス イギリス 19 13 15 47
5 ドイツ ドイツ 16 10 15 41
6 オーストラリア オーストラリア 14 15 17 46
7 韓国 韓国 13 10 8 31
8 日本 日本 9 6 10 25
9 イタリア イタリア 8 10 10 28
10 フランス フランス 7 16 17 40

日本人メダリスト[編集]

メダル数:1位2位3位計25個(男子13個、女子12個)

11位 金メダル:男子4個、女子5個

22位 銀メダル:男子5個、女子2個

33位 銅メダル:男子4個、女子5個

  • 1位
    • 内柴正人(柔道男子66Kg級)
    • 北島康介(競泳男子100M平泳ぎ、200M平泳ぎ)
    • 谷本歩実(柔道女子63Kg級)
    • 上野雅恵(柔道女子70Kg級)
    • 石井慧(柔道男子100Kg級)
    • 吉田沙保里(レスリング女子フリースタイル55kg級)
    • 伊調馨(レスリング女子フリースタイル63kg級)
    • ソフトボール日本代表
  • 22位 銀メダル
    • 体操男子団体総合
    • 太田雄貴(フェンシング男子フルーレ個人)
    • 内村航平(体操男子個人総合)
    • 塚田真希(柔道女子78Kg級)
    • 伊調千春(レスリング女子フリースタイル48kg級)
    • 松永共広(レスリング男子フリースタイル55kg級)
    • 塚原直貴、末続慎吾、高平慎士、朝原宣治(陸上男子400mリレー)※2017年1月ジャマイカの「金」はく奪のため、銅メダルから格上げに。
  • 33位 銅メダル
    • 谷亮子(柔道女子48Kg級)
    • 中村美里(柔道女子52Kg級)
    • 松田丈志(競泳男子200mバタフライ)
    • 永井清史(自転車男子ケイリン)
    • 中村礼子(競泳女子200m背泳ぎ)
    • 浜口京子(レスリング女子フリースタイル72kg級)
    • 宮下純一、北島康介、藤井拓郎、佐藤久佳(競泳男子400mメドレーリレー)
    • 湯元健一(レスリング男子フリースタイル60Kg級)
    • 鈴木絵美子、原田早穂(シンクロナイズドスイミングデュエット)

施設[編集]

競技会場の地図

以下の会場で実施された。うち北京市内に37会場が設置され、そのうち新設は22会場である。全体の44%の施設が市北部に建設されるオリンピック公園に集中する。

馬術競技は香港で実施された。これは検疫が大陸本土よりはるかに容易であるためである。オリンピックの一部競技が異なる国内オリンピック委員会 (NOC) の領域で実施されたのは、1956年メルボルン大会以来、52年ぶり(13大会ぶり)で、このときも検疫の問題から馬術競技がストックホルムで実施された。

オリンピック公園(オリンピック・グリーン)[編集]

北京国家体育場(通称・「鳥巣」)
北京国家水泳センター(通称・「水立方」、左端に見えるのが通称「鳥の巣」である国家体育場)

西地区[編集]

北地区[編集]

大学地区[編集]

その他(データセンター)[編集]

数字北京大厦(通称・デジタル北京ビル)

その他(北京市内)[編集]

  • 北京工業大学体育館(7500人収容):バドミントン、体操(新体操)
  • 工人体育場(6万4000人収容):サッカー
  • 工人体育館(1万3000人収容):ボクシング
  • 朝陽公園ビーチバレーボール場(1万4000人収容):バレーボール(ビーチバレー)

その他(共同開催都市)[編集]

北京オリンピックでは、下記の北京以外の都市で一部の競技が開催された。

オリンピック終了後の施設[編集]

2022年北京オリンピックの開催が決定した時点で北京国家体育場、北京国家水泳センター、北京国家体育館は開会式会場や競技施設として利用することが決定している。なお、他のオリンピック開催都市同様、2018年現在、一部施設は使用されないまま放置同然となったものもある[7]

大会マスコット[編集]

福娃

今大会のマスコットとして「福娃」がいる。この福娃は、“幸福をもたらす5人の童子”という設定。

大会スローガン[編集]

北京五輪大会組織委員会は大会のスローガンとして、「One World, One Dream同一个世界 同一个梦想)(ひとつの世界、ひとつの夢)」を選んだ。

なお、中国国内向けスローガンとして「迎接奥运会、公创文明城(オリンピックを迎え、文明的社会を創ろう)」がある。しかし、国や自治体が推進したキャンペーンであり、五輪大会スローガンではない。

大会エンブレム[編集]

2003年8月3日夜、北京の天壇祈年殿で正式発表された。劉淇主席は「中国の書道、印章などの芸術とスポーツを結び付けたもので、勝利に向かって走る選手をデザインした。」と説明した。赤を背景に白いラインのフォルムは、開催地・北京の「京」という字を思わせ、ゴールに向かう選手のようでもあり、歌いながら踊る人のようにも見えるともいわれた[8]

テレビ放送[編集]

  • 映像は北京オリンピック放送 (IOCの下部機関と北京大会組織委員会の合弁による放送機関) が担当する。
  • 今大会より国際映像は全競技・全種目が画角16:9のHDTVハイビジョン)で制作された。テロップはアナログテレビ放送を行なっている国・地域の事情を考慮して、4:3画面にあわせた位置となっていた。
  • 中国の国営放送局であるCCTVが、スポーツチャンネルを2008年1月から、北京オリンピック閉幕までの期間限定で奥运频道(オリンピックチャンネル)と名前を変え、競技の模様や、過去のオリンピックの映像などオリンピック関連の特別番組を中心とした番組編成になった。
  • 日本ではアナログテレビ放送での夏季五輪中継は本大会が最後となった。
  • 全世界の視聴者は地球の3人に2人の割合である47億人だったことから、史上最も視聴率を稼いだオリンピックとしてギネス世界記録に登録された[9][10]

開催費用[編集]

北京オリンピックの開催費用は、400億ドルという、当時としては近代オリンピック史上最高額だった[11]

インターネットによる配信[編集]

開催決定後の動向[編集]

開催決定後はこれを批判し、参加ボイコットを主張する動きもあった。ハリウッドでは、アメリカの俳優のリチャード・ギアは新作映画の記者会見で北京五輪のボイコットを訴え[12]ダルフール紛争での中国政府の対応に不満を持ったスティーヴン・スピルバーグクインシー・ジョーンズらは北京五輪の芸術顧問を辞任した[13]ナチス・ドイツ1936年ベルリンオリンピックなどで有名な世界首都ゲルマニアを設計したアルベルト・シュペーアの長男で有名な建築家のアルベルト・シュペーア・ジュニア英語版が北京五輪のマスタープラン設計者に選定された際にゲルマニアの都市計画との類似性から中国政府とシュペーアはドイツ国内外で批判を浴びた[14][15]

IOCのジャック・ロゲ会長は大会最終日の記者会見で、大会運営そのものについては中国に謝意を示したものの、大会期間中取材を行った各国メディアに対する報道規制の解除が不十分であったこと、中国政府が場所を指定してデモ活動を許可するとしていながら、デモが1件も許可されなかったことを挙げ、疑問を呈した[16]

約10億の黒字となり、少なくとも数字上では成功を収めた大会となった[17][18]

環境問題[編集]

大気汚染食品の安全性[19]への懸念からか、合宿地として、主に欧米勢を中心に約25ヵ国が日本での最終調整を決定した[20]

大気汚染については、国際オリンピック委員会 (IOC) の医事委員長が「選手や北京を訪れる人たちの健康に深刻な問題を引き起こすことはない」と報告している。IOCは1時間ごとに大気のデータを測定していたが、「現時点ではすべての項目でWHOの基準値を下回っている」と説明した[21]。また、中国の『人民網』は「一部の出場選手は確かに環境に敏感。北京の空気はきれいだと思う」「今は毎日とてもきれいな青空が見られる」など、欧米から来た五輪メディア運営ボランティアが大気汚染問題を否定する発言を紹介した[22]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サッカー競技は8月6日から行なわれた(#競技スケジュールを参照)。
  2. ^ “[平昌五輪]チャン・イーモウ監督 閉会式での北京PR演出に自信”. 朝鮮日報. (2018年2月19日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/19/2018021901276.html 2018年2月26日閲覧。 
  3. ^ “[平昌五輪]チャン・イーモウ監督 閉会式での北京PR演出に自信”. 聯合ニュース. (2018年2月19日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/02/19/0200000000AJP20180219002200882.HTML 2018年2月26日閲覧。 
  4. ^ “平昌五輪閉会式、ハイテク駆使した演出「北京の8分」で世界の人々を招待”. 中国国際放送. (2018年2月23日). http://japanese.cri.cn/2021/2018/02/23/181s269973.htm 2018年2月26日閲覧。 
  5. ^ http://www.gorin.jp/highlight/hl20080824.html [リンク切れ]
  6. ^ 五輪閉会式の視聴率25.1%、次回開催地ロンドンのアピールでベッカム、J・ペイジもパフォーマンス[リンク切れ]
  7. ^ 北京五輪の夢の跡、廃墟と化したかつての会場”. CNN (2018年8月17日). 2018年8月25日閲覧。
  8. ^ 北京五輪のエンブレム「中国印」 - 人民網日本語版
  9. ^ Fixmer, Andy (2008年9月5日). “Beijing Olympics Attracted Most Viewers, Nielsen Says”. ブルームバーグ. オリジナル2009年9月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090919155334/http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=conewsstory&refer=conews&tkr=62553Q%3AUS&sid=aT3QhOOTmtmQ 2018年1月6日閲覧。 
  10. ^ Largest TV audience for an Olympic Games”. ギネスワールドレコーズ. 2018年1月6日閲覧。
  11. ^ “ソチは「最も高額な五輪」に 開催費用5兆円規模”. CNN. (2018年2月26日). http://www.cnn.co.jp/business/35042900.html 2014年2月22日閲覧。 
  12. ^ R・ギア、北京五輪へのボイコットを呼び掛け ロイター 2007年9月3日
  13. ^ ハリウッドスター、北京五輪への抗議の風潮 (HTML)” (日本語). 大紀元 (2008年4月13日). 2018年7月29日閲覧。
  14. ^ “Olympic hubris”. ガーディアン. (2007年8月13日). https://www.theguardian.com/commentisfree/2008/aug/07/olympics2008.architecture 2018年7月29日閲覧。 
  15. ^ “The House of Speer: Still Rising on the Skyline”. ニューヨーク・タイムズ. (2003年2月7日). https://www.nytimes.com/2003/02/27/world/the-house-of-speer-still-rising-on-the-skyline.html 2018年7月29日閲覧。 
  16. ^ 北京五輪でロゲIOC会長会見 環境への意識変化も効果”. 共同通信 (2011年8月24日). 2011年7月6日閲覧。
  17. ^ <北京五輪>しめて140億円の黒字に=収入は予算以上、支出は... - Record China
  18. ^ 北京オリンピックの黒字 10億元超 - 中華人民共和国駐日本国大使館
  19. ^ 北京オリンピックにはみそと漬物持参で-問われる選手村の食の安全 ブルームバーグ 2008年2月22日
  20. ^ 五輪合宿、24カ国が日本で 中国の大気汚染や食の安全を懸念 産経新聞 2008年6月29日
  21. ^ 北京五輪:IOC「大気、問題なし」 毎日新聞 2008年8月6日
  22. ^ 外国人ボランティア「北京の空気は汚れてない」 人民網日本語版 2008年7月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]