菊地圭介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菊地 圭介(きくち けいすけ、1963年5月2日 - )は、日本ミュージシャンキーボーディスト

人物・来歴[編集]

1963年神奈川県川崎市生まれ。

中学2年からギターを始める。中学時代は器械体操部で川崎市個人総合3位。

高校進学直前の春休みに初めてディープ・パープルのコピーバンドを組むが、ギターが2人でキーボードがおらず、バンド内の多数決でキーボードとなる。

ギターを始めた頃、同級生の姉が「新丸子フォーク村」に在席していたことから、中学3年の春以後、このフォーク村のコンサートに「あしゅら」というバンドで出演していた(あしゅらではギター担当:メンバーは菊地圭介Eg.Ag、堀勇人Ag.Vo、天池嘉広Ba、木下徹也Dr他)。

新丸子フォーク村の以前の村長には「ロッキーズ(ジャニーズ系アーチスト)」の「成岡康之(現在は札幌で活動中)」がおり、当時は銀蝿一家で所属アーチストの専属バンド「ボランティアーズ」でベースを担当していたが、そのバンドのキーボード「金太郎」が、岸田智史バンドのキーボードを兼任し、岸田智史の仕事が忙しくなり脱退したため、新たなキーボードを探していたところ、新丸子フォーク村のコンサートで菊地圭介を発見し、1980年にスカウトした。

銀蝿一家に入り、矢吹薫のバックバンドでプロのキーボーディストとしてデビュー。

バックバンドの「ボランティアーズ」は、その後「大平太三バンド」と改名し、NHK「レッツゴーヤング」のレギュラーバンドとしても活動した。

「大平太三バンド」は各メンバーの出身地を表す。大島出身ドラマーのツネちゃんの「大」、平塚出身ベースの成岡の「平」、大分出身ギターのアキさんの「大」、三重出身ギターのイサオさんの「三」で、菊地圭介は一人前ではないので、バンドで年少のアキさんと一文字になり「大の下の点」として「太」として表記された。

高校を卒業した頃、銀蝿一家所属アーチストの「矢吹薫」の友人で「原田真二&クライシス」のキーボードであった「太田美知彦」より「TOM★CAT」の話が来る。

ヤマハで面接を受けて合格し「ザ・ベストテン」で2位になったヤマハからの中継より参加し「TOM★CAT」のメンバーとしてデビュー。

その後はミュージシャンに徹し、1985年の秋にチューリップのサポートメンバーとして参加(「コンサートはチューリップ」というLPをリリース)。

1986年から1995年まではTHE ALFEEのサポートメンバー(一時は正式メンバー)として活躍。

1980年代の国産マニピュレーター開発競争の中で、「ヤマハ浅倉大介ローランドは菊地圭介」と業界内で言われるほど、オペレーションが速かった[1]

1997年マジックアイランドレコードをミュージシャンの先輩でもある牧田和男らと設立してミュージシャン兼業で経営者となる。

作編曲家として制作に関わった「アースミュージックマジック97プロジェクト」の作品 (国内57名のアーティストが環境・子供達の未来などをテーマに作ったボランティア作品) がアメリカスミソニアン博物館に展示公開。

設立以前からTMNのボーカル宇都宮隆の「Easy attraction」と「EAG」ツアーにサポートメンバー(バンマス)として参加。

その頃、松浦社長(当時専務)とも知り合い、その後、浜崎あゆみhitomidream等、エイベックスアーティストのアレンジャースタジオ・ミュージシャンバックバンドとして参加。

2001年に初めて中国に渡航、日本と中国を往復しながら、中国で多方面にわたる音楽制作に従事。その後、謝雨欣女子十二楽坊紀敏佳などの楽曲制作・プロデュースを手がける。

2004年以後、拠点を北京に移し中国の有名歌手、映画、ドラマ等のミュージック・プロデューサーとして活動。

2006年2月には共にアジアで活躍中の5人の仲間と香港に活動の拠点となるTMS HONG KONG ENTERTAINMENT CO.,LTDを設立。 楽曲制作、アーティストマネージメント、コンサート制作等を手がけたが、信用していた老舗メーカーの倒産に伴い共倒れし、多くの負債を背負うという経験もする。

2006年6月6日、紀敏佳のデビューライブをプロデュース。その後、シングル楽曲「塗鴉」が、中国の全FM局のヒットチャートで1位、ポイント数で全アジア1位も獲得し、tom.comでは1,950万ダウンロードを記録した。

Newsweek 日本版』2007年10月17日号掲載の「世界が尊敬する日本人」100人のうちの一人として取り上げられた。

2008年北京オリンピックでは、作曲した「北京 北京 我愛北京」が公式ソングとして認定され、アジアの歌手(ワンリーホンやピ等)によって閉幕式で歌われた。

2010年上海万博では、岡本真夜の盗作事件よりも以前に、作曲した「魅力上海」が公式ソングとして認定されている(公式テーマソング集CDに収録)。

北京オリンピック関連[編集]

2008年8月開催の北京オリンピックのテーマ曲のうちの一曲として、一般公募で応募した自作曲「北京北京 我愛北京」が採用され、2008年8月24日に国家体育場(通称・鳥の巣)で行われた閉幕式で、王力宏Rainをはじめとするアジアの歌手らがこの曲を歌唱した。なお、応募した時点での歌唱は、作詞も担当した関喆(グワン・ジェ)が担当した。

閉幕式の予備式典(前座)では、この曲の他にも書き下ろしをした別の楽曲も採用されている。

エイベックス・グループ・ホールディングスは、2008年8月25日付プレスリリースで、「北京北京、我愛北京」は北京パラリンピック開会式でも使用される予定と発表した。実際には開会式の予備式典(前座)で、障害を持つ人々が歌い、注目を集めた[要出典]

なお、北京オリンピック閉幕式の翌日(8月25日)に放送された「めざましテレビフジテレビ系)」では、菊地圭介を紹介したコーナーで、パラリンピックのテーマソングとして、菊地圭介作曲の「VICTORY」が使用される予定と伝えられた。

オリンピック開幕に先立って、8月3日、WOWOWで放送された番組『我愛北京!〜日本人プロデューサー大陸への挑戦〜』で、中国での彼の音楽活動や、五輪テーマ曲を作るまでの過程が紹介された。また、この番組のナレーションはTHE ALFEEの高見沢俊彦が担当した。

出典[編集]

  1. ^ 別冊宝島「音楽誌が書かないJポップ批評60 THE ALFEE」

外部リンク[編集]