サファイアの瞳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サファイアの瞳
THE ALFEEシングル
初出アルバム『BEST SELECTION II(#1,2)』
リリース
ジャンル J-POP
レーベル F-LABEL
作詞・作曲 高見沢俊彦
チャート最高順位
THE ALFEE シングル 年表
ROCKDOM -風に吹かれて-
1986年
君が通り過ぎたあとに -Don't Pass Me By-
サファイアの瞳
(1987年)
白夜 -byaku-ya-
(1987年)
収録アルバムBEST SELECTION II
DOWNTOWN STREET
(10)
サファイアの瞳
(11)
風よ教えて
(12)
テンプレートを表示

サファイアの瞳」(サファイアのひとみ)は、1987年3月11日に発売されたTHE ALFEEシングル

概要[編集]

君が通り過ぎたあとに -Don't Pass Me By-」と同時発売となった。初のシングル同時発売であり、「2枚舌」というキャッチフレーズを用いた宣伝が行われた。品番は同時発売のシングル「君が通り過ぎたあとに -Don't Pass Me By-」より後であり、これに従えば「君が通り過ぎたあとに」が25枚目、本作が26枚目のシングルということになるが、1994年の『THE ALFEE SINGLE HISTORY VOL.III 1987-1990』、2004年の『THE ALFEE 30th ANNIVERSARY HIT SINGLE COLLECTION 37』とも、本作を頭出しの上で先に収録している。1988年7月にCD化された。

風曜日、君をつれて」以来3作振りにリードボーカルは桜井が担当。また3作目(THE ALFEE名義では初)となるオリコンシングルチャート1位を獲得。これにより「メンバー全員がそれぞれのリードボーカル担当楽曲で1位を獲得(1作目は高見沢担当「恋人達のペイヴメント」、2作目は坂崎担当「シンデレラは眠れない[2])」という記録を達成した。

楽曲全体に渡ってホーンセクションが採用されている。シングルでホーンアレンジが採用されたのは初めてのこと。アレンジ担当は、元スペクトラム新田一郎。ドラムスはそうる透によるもので、坂崎は12弦ギターとシンセドラムによるパーカッションを担当している。ライブアレンジでは、基本的に坂崎はパーカッションを演奏し、サビの後半のみギターを演奏。ホーンセクションは、シンセサイザーによる演奏となる。また、間奏が長めにアレンジされ、坂崎のパーカッションワークと桜井のスラップ奏法、高見沢のギターソロがそれぞれ強調された形で演奏される。

カップリングは、小泉今日子への提供曲のセルフカヴァーで、リードボーカルは高見沢。オリジナルのタイトルは「木枯しに抱かれて」であるが、本作では「木枯しに抱かれて」と改題され、Cメロの前に新たな歌詞を追加し(Bメロ+サビ)、サビの歌詞を一部変更[3]している。

タイトル曲は、西村知美が出演したライオンの洗顔料「ページ・ワン」CFソングとなった(同商品とのタイアップは後にBE∀T BOYS名義の「誰よりもLADY JANE」でも行われた)。

宮西希が琴によるアレンジをアルバム『ちょっとひとりKOTO』に収録している。

収録曲[編集]

  1. サファイアの瞳
    作詞・作曲:高見沢俊彦 / 編曲:THE ALFEE / ブラスアレンジ:新田一郎
  2. 木枯しに抱かれて…
    作詞・作曲:高見沢俊彦 / 編曲:THE ALFEE

収録作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 角川インタラクティブ・メディア「別冊ザ・テレビジョン ザ・ベストテン 〜蘇る! 80'sポップスHITヒストリー〜」P150,151,158
  2. ^ 坂崎は次々作「My Truth」でも1位を獲得。
  3. ^ 女性の口調になっている部分を変更。