ラブレター (アルフィーの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
THE ALFEE > ディスコグラフィ > ラブレター (アルフィーの曲)
ラブレター
Alfeeシングル
初出アルバム『TIME AND TIDE(#1,2)』
リリース
ジャンル フォークソング
レーベル F-LABEL
作詞・作曲 高見沢俊彦
Alfee シングル 年表
青春の記憶
(1975年)

府中捕物控
(1975年)
※発売中止
ラブレター
(1979年)
踊り子のように
(1979年)
収録アルバムTIME AND TIDE
街角のヒーロー
(8)
ラブレター
(9)
メモアール
(10)
テンプレートを表示

ラブレター」は、1979年1月21日に発売されたAlfee通算3枚目のシングル、及びそこに収録される楽曲。

概要[編集]

  • アルフィーは1974年にデビューした後、ヒット曲に恵まれていなかった。その上、1975年に発売する予定でいた「府中捕物控」がレコード会社の自主規制により発売されなかった。これらのことが重なったため、アルフィーは自分たちの意思でしばらくの間レコード会社と契約を結ばずに活動をしていた。これらの活動を進めていく中で、自作曲を作ることを意識するようになったメンバーは、これらの曲を認めるレコード会社を探すようになった。そのような中、本作がポニーキャニオンのスタッフに認められ、1979年発売にまでこぎつけた。アルフィーのシングルとしては初めてのタイアップも着いた意欲作でもあったが、売上は伸びなかった。
  • ライヴハウス時代(キャニオンより再デビュー前)にはギターインストで演奏されていた。
  • この曲は1986年の野外コンサートのアンコールでも歌われ、その直後のMCで高見沢が「まさかこんな大勢の前(10万人)で歌うとは…」と涙ぐんだ。
  • 2013年8月、高見沢のソロツアーライブ「Legend of Fantasia 2013 雷神-raizin-」にて、「Love Letter From Hell」と題されてヘヴィメタルバージョンにて演奏された。

タイアップ[編集]

ショウワノートのCMソングとして使われた。

収録曲[編集]

  1. ラブレター
  2. 過ぎ去りし日々
    • 作詞・作曲:高見沢俊彦、編曲:クニ河内

収録作品[編集]

補足[編集]

グループ名のアルファベット表記
  • 本作から「SUNSET SUMMER」までのシングルにおいて、グループ名はAlfeeと表記されている。
片仮名のロゴマーク
  • 本作から「宛先のない手紙」までのシングルでは、片仮名のロゴマークが使用されている。
タイトル
  • シングル盤には「ラブレター」とのカタカナ表記と、「Love letter」と英語にて筆記体表記されている。