ALFEE (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ALFEE
ALFEEスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル F-LABEL
チャート最高順位
ALFEE 年表
doubt,
(1982年)
ALFEE
(1983年)
ALFEE A面 コレクション
(1983年)
『ALFEE』収録のシングル
  1. 別れの律動
    c/w 挽歌」

    リリース: 1982/11/21
  2. 「A.D.1999 -Millennium Version- Justice For True Love
    リリース: 1999/8/18
テンプレートを表示

ALFEE』(アルフィー)は1983年1月5日にリリースされたALFEEの6thアルバム

解説[編集]

前年のシングル「別れの律動」発売以降、ロックバンド「ALFEE」として活動していたが、そのグループ名をタイトルに冠したアルバム。

LPレコードのジャケットは、黒い背景に同色のロゴが配置されており、このロゴを触ると温度によって色が変化をする、というギミックが施されていた。もっとも、経年劣化によってこの変化は起らなくなるため、現在では確認することができない。

また、カセット版のみシングル「別れの律動」のB面に収録された「挽歌」が収録されている。

収録曲[編集]

LP[編集]

A面
  1. 夢よ急げ
    (作詞・作曲:高見沢俊彦 / 編曲:井上鑑)
  2. ロックンロール・ナイトショー
    (作詞・作曲:高見沢俊彦 / 編曲:ALFEE)
  3. 別れの律動 (リズム)
    (作詞・作曲:高見沢俊彦 / 編曲:ALFEE)
  4. ANGEL
    (作詞・作曲:高見沢俊彦 / 編曲:ALFEE)
  5. A.D.1999
    (作詞・作曲:高見沢俊彦 / 編曲:ALFEE)
B面
  1. 愛は想い出の中に
    (作詞・作曲:高見沢俊彦 / 編曲:井上鑑)
  2. 君にしびれて
    (作詞・作曲:高見沢俊彦 / 編曲:ALFEE)
  3. 君はパラダイス
    (作詞・作曲:高見沢俊彦 / 編曲:ALFEE)
    曲中の女性の歌声は、事務所の女性シンガーに手伝ってもらった。ライブでは、高見沢が裏声で歌っている。
    後にバナナフリッターズがアルバム『BANANA SENSATION』(1992年)でこの曲をカバーし(但し原曲と異なりラストで一番のサビを繰り返している)、日高のり子が女性パートを担当した。
  4. 真夜中のロマンス
    (作詞・作曲:高見沢俊彦 / 編曲:ALFEE)
  5. 不思議な関係
    (作詞・作曲:高見沢俊彦 / 編曲:井上鑑)
  6. OVER DRIVE
    (作詞・作曲:高見沢俊彦 / 編曲:ALFEE)

CT[編集]

  1. 夢よ急げ
  2. ロックンロール・ナイトショー
  3. 別れの律動
  4. ANGEL
  5. A.D.1999
  6. 挽歌
    • 作詞・作曲:高見沢俊彦 / 編曲:ALFEE
    「別れの律動」B面曲。
  7. 愛は想い出の中に
  8. 君にしびれて
  9. 君はパラダイス
  10. 真夜中のロマンス
  11. 不思議な関係
  12. OVER DRIVE

参加ミュージシャン[編集]

(メンバーと当時のサポートメンバーの参加曲名は省略)

E.guitar

  • 高見沢俊彦
  • 今剛(不思議な関係)

A.guitar

  • 坂崎幸之助

Bass

Keybord

Piano

  • 山石敬之(ロックンロール・ナイトショー)

Drums

Sax&Flute

  • K.Kikuchi(ロックンロール・ナイトショー・真夜中のロマンス)

Perc

  • 浜口茂外也(ANGEL・君にしびれて・君はパラダイス・不思議な関係)