スーパーFMマガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スーパーFMマガジン
ジャンル バラエティ番組(「NORU SORU」)
音楽番組(「ミッドナイト・ビッグ・ウェーブ」「インテグラル・ステーション」など)
放送方式 生放送
放送期間 1989年4月3日 - 1994年3月31日
放送時間 240分
放送局 TOKYO FM
ネットワーク JFN
パーソナリティ 曜日、パートにより異なる
テンプレートを表示

スーパーFMマガジン-エフエム- SUPER FM MAGAZINE)は、1989年4月3日から1994年3月31日まで、エフエム東京(FM東京→TOKYO FM)制作でFM東京系列局のネットで放送されていた深夜ラジオ番組

なお本番組のネットは、当初はいわゆるAラインFM静岡以前に開局した各局のネット)のみに限られていた。Bラインネットの各局ではこの時間に「FMナイトストリート」等を放送していた。

番組構成[編集]

当初は以下の4部構成の番組となっていた。

  • 第1部:NORU SORU
    当時の新聞のラジオ欄にはよく「のるそる」と書かれていた。内容はトーク中心。キャッチフレーズは「AMを超える深夜放送[1]。そのキャッチフレーズに合わせるかのように、スタート時にはミュージシャン、漫画家、そして現役の予備校講師と思い切ったパーソナリティ陣を集めた。
  • 第2部:ミッドナイト・ビッグ・ウェーブ
    各アーティストごとの特集などをしていた音楽中心の番組。
  • 第3部:アーリー・バード
    音楽、名作朗読、各種情報を扱っていたが、第4部の時間を吸収後は、音楽リクエスト中心の番組となった。
  • 第4部:スウィンギング・バード
    スタンダードジャスが中心の音楽番組。

のち第2部、3部は「インテグラル・ステーション」Part1、2に変更された。パーソナリティが最初の曲だけを言う。数曲聞いたら最初の曲以降の曲を言う。「Part1」は最新の曲を、「Part2」は懐かしの曲を、最初は決められたアーティストで、以後は決められたアーティスト以外の曲がアトランダムで流れる。テーマ曲はフランク・ギャンバレ「Kuranda」。NHK-FMの「ひるの歌謡曲」と「歌謡スクランブル」と違い、民放ながら曲と曲の間はプリギャップを使わない。「インテグラル・ステーション」は深夜の邦楽専門番組で一流の人気番組である。

1994年3月、A・B両ラインのネット番組が統一されたのに伴い、本番組は終了した。なお「インテグラル・ステーション」だけは、単独番組とした上で1994年6月までFM東京、FM大阪の2局で放送していた。

放送時間[編集]

  • 第1部「NORU SORU」月曜日深夜 - 金曜日深夜(火曜日未明 - 土曜日未明)25:00 - 27:00
    • (1990年4月改編で金曜枠が無くなり、月曜日深夜 - 木曜日深夜(火曜日未明 - 金曜日未明)25:00 - 27:00の放送に)
  • 第2部
    • 「ミッドナイト・ビッグ・ウェーブ」(1989年4月 - 1991年10月)月曜日深夜 - 金曜日深夜(1990年4月から木曜日深夜まで)27:00 - 28:00
    • 「インテグラル・ステーションPart1」(1991年11月 - 1994年6月)月曜日深夜 - 木曜日深夜27:00 - 28:00
※ 第2部は、前番組からの継続でTOKYO FMとFM大阪のみスポンサーが付いていた(ダイキン工業の一社提供枠。東京と大阪以外はPT枠)。
  • 第3部
    • 「アーリー・バード」(1989年4月 - 1991年10月)月曜日深夜 - 金曜日深夜(1990年4月から木曜日深夜まで)28:00 - 28:30(1990年4月から29:00まで)
    • 「インテグラル・ステーションPart2」(1991年11月 - 1994年6月)月曜日深夜 - 木曜日深夜28:00 - 29:00
  • 第4部「スウィンギング・バード」(1989年4月 - 1990年3月)月曜日深夜 - 金曜日深夜28:30 - 29:00

ネット局・番組の変遷[編集]

  • 1989年4月FM東京、FM静岡、FM大阪広島FMの4局ネットでスタート(FM東京は28:30から「高校通信教育講座」放送のため第4部は放送無し、FM大阪は26時 - 29時、他2局は第4部までフルネット)
  • 1990年4月FM北海道(「NORU SORU」の26時台のみ)、FM愛知☆、FM福岡(26:00 - 29:00)でネット開始。第4部の時間が第3部に吸収され、3部制に変更。
  • 1990年10月FMとやま(第3部までフルネット)、FM新潟☆、FM長野☆、FM石川☆、FM山陰☆、FM愛媛☆(愛媛以外は「FMナイトストリート」からネット乗り換え)でネット開始。
  • 1991年4月FM長崎☆でネット開始、FM愛知が第3部までフルネット開始。
  • 1991年10月FM山形☆でネット開始(「FMナイトストリート」から乗り換え)
  • 1992年4月第2部「ミッドナイト・ビッグ・ウェーブ」、第3部「アーリー・バード」がそれぞれ「インテグラル・ステーション」Part1、2に変更。FMとやまがネット打ち切り(「FMナイトストリート」ネットに戻る)。
  • 1992年10月FM青森☆(「FMナイトストリート」から乗り換え)、FM鹿児島☆(開局)がネット開始、FM石川(「FMナイトストリート」に戻る)、FM大阪(自社番組スタートのため)がネット打ち切り(FM大阪は第2、3部のみのネットに)。
  • 1993年4月FM高知☆がネット開始(「FMナイトストリート」から乗り換え)、FM北海道がネット打ち切り(自社番組スタートのため[2]
  • 1993年10月FM山陰がネット打ち切り(「FMナイトストリート」に戻る)

(☆-は「NORU SORU」のみのネット開始)

パーソナリティの変遷[編集]

「スーパーFMマガジン」歴代のパーソナリティ
期間 第1部 第2部・第3部 第4部
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1989.04 1989.09 高杢禎彦 江口寿史
田村英里子
坂崎幸之助 サンプラザ中野
パッパラー河合
高橋いづみ (放送無し)
1989.10 1990.03 CHAGE
田村英里子
遊佐さとみ アンナ
1990.04 1991.10 中村正人
馬渡松子
CHAGE
藤田朋子
浅香唯 放送無し 中山美奈子 (放送無し)
1991.11 1992.03 松川梨香
1992.04 1992.09 森若香織
1992.10 1993.01 楠瀬誠志郎
峠恵子
1993.02 1993.03 藤原麻衣子
1993.04 1993.09 佐藤竹善
1993.10 1994.01 楠瀬誠志郎
貴島サリオ
1994.02 1994.03 小林賢
1994.04 1994.06 放送無し

第1部:NORU SORU[編集]

月曜日

(以下、中村と共演)

  • 馬渡松子(当時は「ティナ馬渡」と名乗っていた)

(以下、楠瀬と共演)

火曜日

(以下、CHAGEと共演)

水曜日

(名義は坂崎のピンだが、見崎孝雄らスタッフが番組内でタレント化していたため、実質的には複数共演)

木曜日

金曜日

第2部:ミッドナイト・ビッグ・ウェーブ、第3部:アーリー・バード[編集]

(2、3部は月 - 金(木)で同一パーソナリティが担当)

  • 遊佐さとみ(1989年10月 - 1990年3月)
  • 中山美奈子(1990年4月 - 1991年10月)

第2部、第3部:インテグラル・ステーションPART1、2[編集]

(PART1、2とも月 - 木で同一パーソナリティが担当)

第4部:スウィンギング・バード[編集]

  • アンナ(1989年10月 - 1990年3月)

主なコーナー[編集]

高杢禎彦のNORU SORU

  • 「深夜のアカペラ選手権」・・・リスナー参加のコーナーで、電話で歌を歌ってもらっていた。
  • 「今週のチェッカーズ」

坂崎幸之助のNORU SORU

  • 「キミのまわりの有名人」・・・身近で見かけた芸能人の行動などを報告していた。
  • 「ジョビジョバポップス」・・・ジプシー・キングスの空耳をコーナータイトルにした1989年の番組開始からのコーナー。当初25時台放送で大阪、福岡では聞けなかったが、のち26時台の放送になり全ネット曲で聞けるようになった。
    コーナーが始まった頃は、山田邦子が末期の「いきなり!フライデーナイト」でジプシー・キングスの空耳を話題にしたり、「錦織一清スーパーギャング」でも、「ボビジョパポップス」名の類似コーナーが始まるなどの影響を受けたが、1992年に「空耳アワー」が始まり定着するとネタがパワーダウンし、逆に「空耳アワーのNORU SORU版」と言った方がわかりやすいようになってしまった。坂崎も「空耳アワーのあのシュールな映像には勝てない。」と呟いたことがある。
  • 「親自慢子自慢」・・・一般聴取者の投稿によるコントで、谷村新司の「天才・秀才・バカ」シリーズのNORU SORU版。そのため当初は三段落ちだったが葉書職人の独擅場と化してしまい、後期はリスナーの要望で一発ギャグ中心の構成に変更され、コーナー名も「親自慢子自慢・ほ〜ら自慢こりゃ〜自慢」となっている。一度終了したが、リスナーからの復活嘆願とスタッフ及びTHE ALFEEの棚瀬マネージャーからの鶴の一声で復活する。
  • 「It's A Shame」・・・恥ずかしい体験談を赤裸々に告白するコーナー。下ネタ中心で特に男性リスナーの投書がFMでは前代未聞のえげつなさゆえに話題を呼び、ある意味NORU SORU全体の看板コーナーでもあった。
  • 「私のアレを返して」・・・リスナーからの失敗談を募集し、最後に「○○を返せ!」と坂崎に叫ばせるコーナー。下ねた中心で「It's A Shame」と区別がつかなくなったため吸収される。
  • 「ALFEE information」・・・マネージャー棚瀬によるチケット/リリース情報などの告知コーナー、棚瀬は特番の9999が言いづらいらしく、9999の電話番号をいやがっていた。棚瀬が不在の場合は、川原などが担当。
  • 「見崎、吠える!」・・・番組内でタレント化していた音響スタッフの見崎さんが、リスナーの代わりに大声で叫んでくれるコーナー。
  • 「僕の歌は君の歌」・・・エルトンジョンの「僕の歌は君の歌」のオープニングで始まる、坂崎や、リスナーなどの思い出の曲などを一曲セレクトするコーナーだが、後に原曲が左チャンネル、坂崎の弾き語りが右チャンネルから流れる事が多くなった。
  • 「直訳ロック」・・・洋楽の歌詞を直訳して歌ったものをリスナーが録音して投稿するコーナー。オープニングは「コンドルは飛んでいく」の直訳。(『かたつむりになるよりすずめのほうがいい』で始まる)
  • 「私、ヘンなんですぅ」・・・「It's A Shame」から派生したコーナーで、リスナーから周りからすればなんでもない物事なのに、見聞きしただけでヘンな気分になる事を募集したコーナー。番組末期のコーナーのため、放送回数は少ない。
  • 「Noru-Soruニューディスクフラッシュ」・・・洋楽邦楽ジャンルを問わず、新譜の五曲をフラッシュで掛けて、それを一曲選んで放送するコーナー。番組の企画によってコーナーが短いミニバージョンで放送されることもあった。また時折嘉門達夫の「替え歌メドレーPart2」や谷啓の「アイヤ・ハラホロ」といった凄いインパクトのある曲を流す事もあり、「アイヤ・ハラホロ」が放送中にいつ掛かるかリスナーから時間を書いたはがきを募集する「アイヤ・ハラホロコーナー」が作られた事がある。
リスナーが坂崎にペンネームを読んでもらう際に「エコー」や「ディレイ」をリクエストし、スタッフがそれに即興で対応していた。
THE ALFEEの活動が高見沢俊彦のソロ活動のために一時休止していた頃に、番組の企画でブレッド&バター鈴木康博(元オフコース)、ジェイ・グレイドンタック&パティとセッションする模様が放送された(タック&パティとはパルコ劇場で実際にステージで共演している)。その外、TOKYO FM HALL内での公開イベントや、BEGINとの企画による石垣島へのツアーが催された事がある。また、当時裏番組だったTOSHIオールナイトニッポンの最終回の放送中に、いきなり電話を掛けたことがある。この電話には更に"カキテル"ことTUBE前田亘輝が泥酔状態で加わり、大騒ぎになった。

サンプラザ中野のNORU SORU

  • 「第3回早稲ダービー」・・・中野の後輩になるため、早稲田大学政経学部を受験するリスナーを馬に見立てて、彼らの受験までの日々を追っていこうという企画。“第3回”とは「サンプラザ中野のオールナイトニッポン」からの通算回数。
  • 「耳たぶコーナー」・・・身の周りの変な物を紹介。後に、ある学校のワンダーフォーゲル部の変な実態報告など、変なクラブ活動についてにも発展していった。
  • 「耳たま目んたぶレコード大賞」・・・いわゆる“コサキンソング”のような変な曲を紹介して最後に大賞を決めようという企画。ノミネートされたのは「マッチョドラゴン」(藤波辰爾)、「お料理マンボ」(森尾由美)、「新宿純愛物語」(仲村トオル&一条寺美奈)、「MOU CORI GORI DA」(竹村健一)、「夜のドラマ」(熊五郎)など。大賞には「ミッドナイトテレフォン」(小森まなみ)が選ばれ、小森自身が電話出演した。

高橋いづみのNORU SORU

  • 「トライリンガルコーナー」・・・ある一文を古文から現代文へ、その後更に英語に訳していたコーナー。
この番組では、曲はソウルミュージックを中心にオンエアしていた。

CHAGEのNORU SORU

  • 「ありがちな人生」・・・リスナーから寄せられた日常生活でありがちな行動を紹介するコーナー。
  • 「バカのコーナー」・・・リスナーから寄せられた面白い人の話を紹介するコーナー。
  • 「叱る!」・・・リスナーから寄せられた懺悔的なネタを、最後にCHAGEか藤田朋子がエコー付きで叱るというもの。誤読から「ロヒる」と紹介されることも。
  • 「和田勉」・・・リスナーから送られた、和田勉ばりの駄洒落を紹介するコーナー。「脳までいってません」がCHAGEの口癖。
  • 「ウィークリーダイアリー」・・・リスナーから寄せられた、曜日ごとの出来事を紹介するコーナー
  • 「百人ティッシュ」・・・下世話なネタを短歌の形式でリスナーから募るコーナー。初期〜中期の頃は、アシスタントの藤田朋子が毎週のように拒絶反応を起こしていた。そのため、藤田はCHAGEの指示で坂崎担当の水曜に「修行」に出されたことがある。
リスナーからの「CHAGEさんペンネームつけてください」というリクエストに対し、板橋区のリスナーに「勝って来るぞと板橋区」と命名するなど、「脳までいってない」駄洒落やその日の流れで応じていた。

浅香唯のNORU SORU

  • 「NORUSORU版珍語源」・・・リスナー投稿による格言などを元にした駄洒落を紹介するコーナー。
  • 「のるかそるかの発明王」・・・ワニブックスの漫画雑誌「コミックジャングル」とのコラボ企画となるリスナー投稿コーナー。
  • 「クイズ・ミュージックシャッフル」・・・ある曲の歌詞をバラバラに分解し、全く違う文章に仕立て上げる。リスナーはそれを聴いて、元となった曲のタイトルを当てる。

など

脚注[編集]

  1. ^ 月刊ラジオパラダイス1989年5月号の記事より。
  2. ^ 但し火曜日のCHAGEのみ「ラジ王」まで継続していた。
FM東京(TOKYO FM)系 月 - 金(木)25時 - 29時の深夜番組(1989年4月 - 1994年3月)
前番組 番組名 次番組
25:00 - 27:00FM25時
27:00 - 27:45FM STATION my sound graffiti
スーパーFMマガジン
25:00 - 27:00ラジ王
27:00 - 30:00まんたんMUSIC