Let's try again

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Let's try again
チーム・アミューズ!!シングル
リリース
規格 デジタル・ダウンロード
12cmCD
録音 2011年
VICTOR STUDIO[1]
ジャンル J-POP
時間
レーベル アミューズソフトエンタテインメント(ASCM-6092)
作詞・作曲 桑田佳祐(オリジナル部分)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン[3]
  • 2011年5月度月間2位(オリコン)
  • 2011年度上半期6位(オリコン)
  • 2011年度年間12位(オリコン)[4]
  • テンプレートを表示

    Let's try again」(レッツ・トライ・アゲイン)は、チーム・アミューズ!!の楽曲。2011年4月20日音楽配信5月25日12cmCDで発売。発売元はアミューズソフトエンタテインメント

    背景[編集]

    東日本大震災の復興支援のためにサザンオールスターズ桑田佳祐が発起人となり、所属する芸能事務所アミューズタレント俳優ミュージシャン計37組54人で「チーム・アミューズ!!」を結成。メドレー形式のチャリティー楽曲の製作が発表された。

    制作[編集]

    この曲の制作の経緯として震災後に福山雅治が桑田のもとに「桑田さんが何かするなら僕も協力します」といったメールをしたことが挙げられている。このエピソードは当シングル収録のDVDのメイキング映像でも語られている[5][6]

    桑田自身、東日本大震災を受け自分は何ができるのか、何をするべきなのかを考えるようになり[7]、やがて桑田は「自分はエンターテインメントの業界で生きている以上、皆様の気持ちが明るくなるような、少しでも元気を取り戻す、その作用点にならなくてはいけないのではないか」と思うようになり[7]、この曲の制作が行われた。当楽曲の制作に参加したメンバーと語り合ったことによって全員が震災後、自身が考えていた事と同じ事を同時に考え、悩んでいたことを痛感し、立場や世代などを越えて通じ合う確かなものがあったとも桑田は述べており、楽曲に関しても「今(当時)こうしたピンチの状況だからこそ、余計に堅苦しくなりすぎないように心がけたつもりです」と語っている[7]。また、原由子も震災の直後こそは「こんな時に音楽をやっている場合ではない」と思ったが、その一方で「こんな時にこそ音楽が必要なんじゃないか」と思えもしたという事を明かしており、上述の経緯で楽曲制作が始まった際には、「そうなったらただただ桑田についていこう」と覚悟を決めたことを述べている[5]

    ミュージック・ビデオでは桑田およびサザン・福山・ポルノグラフィティBEGIN日章旗を背に歌う[注 1]三宅裕司小倉久寛岸谷五朗寺脇康文AKB48の「ヘビーローテーション」を踊る、福山・岡野昭仁比嘉栄昇プロレスを意識した演技をしマイクを奪い合うなどの演出があった。また、クロマキー合成が施されたものが多かった。最後はレコーディング・スタジオ(桑田がよく使用するビクタースタジオの「401スタジオ」[10])で大合唱されている。また、出演者全員がパラパラを踊るシーンの振り付けはMIKIKOが担当した[6]

    2011年9月10日から9月11日にかけてセキスイハイムスーパーアリーナにて、敢行された桑田のソロライブ『宮城ライブ 〜明日へのマーチ!!〜』で披露された「Let's try again ~kuwata keisuke ver.~」のサビの部分でこの曲のミュージックビデオの大団円での歌唱シーンがモニターに流されている[11]

    リリース[編集]

    2011年4月20日からmoraをはじめとしたモバイルサイトにて楽曲およびMV動画が配信された。着うたおよびビデオクリップは4月21日付のレコチョクデイリーランキングで初登場1位を獲得している[12]

    もともとは配信限定の予定であったが、アミューズや参加アーティストのファンクラブ、レコード会社にCD化の要望が殺到し、より多くのファンに楽曲を届けるべくCD化の調整を進め、生産工程の最短スケジュールで配信開始前日の4月19日にCDで発売されることが発表された[13]。CDにはミュージック・ビデオ、メイキングを収録したDVDとスペシャルサイン入りステッカーが同封される。なお、本作は2011年12月31日までの期間限定発売となっている。歌詞カードにはレコーディングの模様やミュージック・ビデオの撮影風景の写真や[1]、桑田による被災地への見舞いの言葉と前述の制作経緯を語った「『Let's try again』によせて」と題したコメントが収録された[7]

    後述の通り2011年8月17日発売の桑田のソロシングル「明日へのマーチ/Let's try again 〜kuwata keisuke ver.〜/ハダカ DE 音頭 〜祭りだ!! Naked〜」に、桑田ソロバージョンとしてメドレー部分をなくした代わりにフルコーラス書き下ろしのオリジナル曲「Let's try again ~kuwata keisuke ver.~」が収録された[14]

    「チーム・アミューズ!!」単体での最終的なチャリティ金額は2011年4月から12月までの販売確定分で248,516,336円となり[15]、「アミューズ募金」を通じて寄付が行われた[16]

    批評[編集]

    制作当時は震災があったことでの自粛ムードと相まって、収録楽曲やミュージックビデオの演出への賛否などもあり、制作中に原由子もそれらに対する懸念を抱いていたこともあったが[17]、桑田自身は「この『Let's try again』が被災地の皆様方の耳に届くことがあったとき、困難な状況の中少しでも気晴らしになってくれたら、そして同じように被災地以外の日本中の皆様にも明るく元気に明日を夢見ていただけたら、私たち”チーム・アミューズ!!”にとって誠に本望です」と述べ割り切り、参加者全員とスタッフも桑田の思いを受け入れた[7]

    チャート成績[編集]

    2011年6月6日付のオリコン週間ランキングで初週19.0万枚を売り上げて、初登場・最高2位を記録した[18]。また、累計売上は30.0万枚(オリコン調べ)を売り上げた[19]

    収録曲[編集]

    Disc-1(CD)[編集]

    1. Let's try again [9:02]
      (作詞・作曲(テーマ部分):桑田佳祐、編曲:桑田佳祐・曽我淳一
      曲中に「希望の轍」「LOVE AFFAIR 〜秘密のデート」「ポリリズム」がサンプリング挿入されている箇所がある。
      随所に台詞が挿入されている。台詞には三宅裕司吉高由里子仲里依紗などが参加しており、最後の三宅の台詞で曲は終了する。
      マンピーのG★SPOT」の部分では仲里依紗がポルノ、福山、BEGINを呼び捨てにして歌う事を命令するセリフが挿入された。これは桑田のアイディアによるものであり、仲本人に意図を伝えた際には苦笑いを浮かべながら「先輩を呼び捨てするんですか?」と恐縮された。仲は録音が終わった際も「大先輩に、すいません」と心情を吐露していた[6]
      メドレーで使用された曲・構成は以下の通り。
    曲名 メドレー内での歌手 原曲アーティスト 作詞 作曲
    Let's try againのテーマ + 三宅裕司のセリフ
    勝手にシンドバッド サザンオールスターズ
    福山雅治
    サザンオールスターズ 桑田佳祐
    サウダージ ポルノグラフィティ ハルイチ ak.homma
    島人ぬ宝 BEGIN
    三宅裕司のセリフ
    桜坂 福山雅治
    吉高由里子のセリフ
    ポリリズム Perfume 中田ヤスタカ
    LOVE AFFAIR 〜秘密のデート サザンオールスターズ 桑田佳祐
    Let's try againのテーマ + 三宅裕司のセリフ
    大きな玉ねぎの下で 爆風スランプ サンプラザ中野 パッパラー河合
    アゲハ蝶 ポルノグラフィティ ハルイチ ak.homma
    IT'S ONLY LOVE 福山雅治
    涙そうそう BEGIN 森山良子 BEGIN
    福山雅治のセリフ
    私はピアノ 原由子
    Perfume
    サザンオールスターズ 桑田佳祐
    Runner 爆風スランプ
    佐藤健
    仲里依紗
    三浦春馬
    爆風スランプ サンプラザ中野 Newファンキー末吉
    三宅裕司、小倉久寛、仲里依紗のセリフ
    マンピーのG★SPOT 福山雅治
    BEGIN
    ポルノグラフィティ
    サザンオールスターズ 桑田佳祐
    希望の轍 出演者全員
    福山雅治のセリフ
    Let's try againのテーマ + 岡野昭仁のセリフ
    Let's try againのテーマ + 三宅裕司のセリフ

    Disc-2(DVD)[編集]

    1. Let's try again (music video)
    2. Let's try again (making)

    参加したタレント・アーティスト[編集]

    参加ミュージシャン[編集]

    RECORDING MEMBER
    桑田佳祐 Vocal、Acoustic guitar
    福山雅治、比嘉栄昇、岡野昭仁 Chorus、「マンピーのG★SPOT」Vocal、Spoken Word
    BEGIN Whistle、Ohayashi
    三宅裕司、小倉久寛、仲里依紗、吉高由里子 Spoken Word
    野沢"毛ガニ"秀行 Conga、Samba Whistle
    Perfume 「私はピアノ」Vocal
    原由子 「私はピアノ」Chorus
    曽我淳一 Computer Programming、Keyboards
    斎藤誠 Acoustic Guitar、Electric Guitar、Chorus
    清水美恵、安奈陽子 Chorus

    Let's try again 〜kuwata keisuke ver.〜[編集]

    桑田佳祐 > Let's try again 〜kuwata keisuke ver.〜
    Let's try again 〜kuwata keisuke ver.〜
    桑田佳祐楽曲
    収録アルバムI LOVE YOU -now & forever-
    リリース2011年8月17日
    日本の旗 日本
    規格12cmCD
    12インチレコード
    デジタル・ダウンロード
    ストリーミング
    録音2011年
    VICTOR STUDIO[20]
    ジャンルロック
    時間4分51秒
    レーベルタイシタレーベル
    SPEEDSTAR RECORDS
    作詞者桑田佳祐
    作曲者桑田佳祐
    プロデュース桑田佳祐
    明日へのマーチ
    (9)
    Let's try again 〜kuwata keisuke ver.〜
    (10)
    幸せのラストダンス
    (11)



    ミュージックビデオ(Full ver.)
    「Let’s try again ~kuwata keisuke ver.~」 - YouTube
    ミュージックビデオ(Short ver.)
    「Let’s try again ~kuwata keisuke ver.~」 - YouTube

    Let's try again 〜kuwata keisuke ver.〜」(レッツ・トライ・アゲイン 〜クワタ ケイスケバージョン〜)は、桑田佳祐の楽曲。自身の14作目のシングル明日へのマーチ/Let's try again 〜kuwata keisuke ver.〜/ハダカ DE 音頭 〜祭りだ!! Naked〜」の収録曲として、タイシタレーベル / SPEEDSTAR RECORDSから2011年8月17日に発売された。作詞・作曲・編曲は桑田佳祐、管編曲は山本拓夫 & 曽我淳一が担当。

    2016年2月26日にはダウンロード配信、2019年12月20日にはストリーミング配信を開始した[21][22]

    背景・音楽性[編集]

    桑田が作成した前述の「Let’s try again」のテーマ部分にもともと自身の中にあった曲の原案を膨らませ手を加え、改めてフルコーラス書き下ろした楽曲[23][14]

    東日本大震災から数ヶ月の時間を経て「当初よりようやく冷静に考え始めることができ、そしてあの震災から学ぶべきことは何なのかを少しずつ探り始めている」といった当時の日本全体の空気感を歌詞に盛り込み、骨太なロックチューンとしてアレンジもより華麗なものとなった[23][14]

    震災直後に制作された曲という事もありバンドメンバーもバランスを考えて演奏する事を心がけていた[24]

    ミュージック・ビデオではレコーディング風景や桑田の歌唱シーン(虹がかかった青空をバックにしたものと、ビクター401スタジオに組まれた黒バックのシンプルなセットの2パターン)と、震災当時の世の中の実景映像(震災や福島第一原子力発電所事故の余波による不安、震災の影響で積まれた瓦礫などの撤去作業、各地から東北の避難所に届いた救援物資に書かれたエール、自衛隊による災害派遣活動、東北各地の伝統行事や祭事、震災から立ち直ろうとする人々の姿、この曲のリズムに乗って拳を上げたり笑顔を浮かべる人々の姿など)が挿入された[25][20]

    批評[編集]

    ミュージック・ビデオが収録されている『MVP』の特設サイトでは「未曾有の出来事によって直面した現実と向き合い、リアリティをも飲み込んだポップソングに仕上がっている」と解説された[25]

    震災から数ヶ月を経て桑田自身も「東北でライブができるならば『Let’s try again』を改めて歌いたい」と考えていたという[23]

    この曲がライブで演奏される際には観客も拳を上げるなど、会場全体が一体となり力いっぱいに盛り上げる要素が見受けられている。これについて桑田自身も「あの曲の時は、みんなが『日本人、もう一回立ち上がろうぜ!』という気分になるんでしょうね」と評し、幅広い世代の観客がライブに集中する事の有り難みに感謝する発言をしている[26]

    参加ミュージシャン[編集]

    収録アルバム[編集]

    ミュージック・ビデオ収録作品[編集]

    外部リンク[編集]

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ 後に桑田はソロ名義のツアー『宮城ライブ 〜明日へのマーチ!!〜』『I LOVE YOU -now & forever-』でも日章旗をバックモニターに投影している[8][9]

    出典[編集]

    1. ^ a b 「Let's try again」歌詞カード P6 - 10より
    2. ^ The Record vol.620 p14 日本レコード協会 2021年2月24日閲覧
    3. ^ Let's try again オリコン 2017年4月7日閲覧
    4. ^ 2011年 オリコン年間シングルランキング1位〜50位 オリコン 2017年4月7日閲覧
    5. ^ a b 原由子『あじわい夕日新聞~夢をアリガトウ~』128頁、朝日新聞出版、2013年
    6. ^ a b c チーム・アミューズ!!「Let's try again」Disc-2(DVD)より。
    7. ^ a b c d e 「Let's try again」歌詞カード P2 - 3より
    8. ^ 2011年のライブビデオ『宮城ライブ 〜明日へのマーチ!!〜』DVD Disc.2より。
    9. ^ 桑田佳祐 – 涙をぶっとばせ!!(Full ver.)2:15 - 2:17を参照。2020年5月5日配信 2021年4月26日閲覧 youtube
    10. ^ 401スタジオ
    11. ^ 2011年のライブビデオ『宮城ライブ 〜明日へのマーチ!!〜』DVD Disc.1より。
    12. ^ “チーム・アミューズ!!のチャリティーソングが初登場1位”. RBB TODAY. (2011年4月21日). http://www.rbbtoday.com/article/2011/04/21/76396.html 
    13. ^ “桑田、福山ら支援ソングが配信開始前にCD化決定”. ORICON STYLE (オリコン). (2011年4月19日). http://www.oricon.co.jp/news/music/86823/ 
    14. ^ a b c 桑田佳祐、初のトリプルA面シングルには復興支援ソング「Let's try again」の桑田ver.もBARKS 2011年7月5日配信 2021年1月30日閲覧
    15. ^ チーム・アミューズ!! (2012年3月31日). “チーム・アミューズ「Let's try again」ご協力への感謝とご報告”. AMUSE Inc.. 2012年4月22日閲覧。
    16. ^ アミューズ (2012年4月9日). “アミューズ募金と義援金に関して 「アミューズ募金」のご報告”. 東日本大震災に対するアミューズグループの取り組みについて. AMUSE Inc.. 2012年4月22日閲覧。
    17. ^ 原由子『あじわい夕日新聞~夢をアリガトウ~』129頁、朝日新聞出版、2013年
    18. ^ 桑田・福山ら“チーム・アミューズ!!”復興支援曲が19万枚 2015年10月20日閲覧
    19. ^ 桑田佳祐、復興支援曲“桑田版”歌詞公開 「いざ、宮城!」 オリコン 2016年6月30日閲覧。
    20. ^ a b 桑田佳祐 – Let’s try again ~kuwata keisuke ver.~(Full ver.)YouTube 2020年5月6日配信 2021年1月30日閲覧
    21. ^ 桑田佳祐“還暦記念” ついにソロ全211曲配信解禁 オリコン 2016年2月26日配信・閲覧
    22. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
    23. ^ a b c 桑田佳祐、復興支援曲“桑田版”歌詞公開 「いざ、宮城!」 オリコン 2011年8月5日配信 2021年1月30日閲覧
    24. ^ I LOVE YOU -now & forever- 完全本』P130 ビクターエンタテインメント、2013年
    25. ^ a b 桑田佳祐 ソロ30周年記念ベスト・ミュージックビデオ集『MVP』 - 特設サイト
    26. ^ I LOVE YOU -now & forever- 完全本』P190 - 191 ビクターエンタテインメント、2013年
    [脚注の使い方]


    関連項目[編集]