吹石徳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吹石 徳一
日本新薬硬式野球部 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県日高郡みなべ町
生年月日 (1953-04-02) 1953年4月2日(64歳)
身長
体重
178 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1974年 ドラフト4位
初出場 1976年4月3日
最終出場 1988年10月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 近鉄バファローズ
    大阪近鉄バファローズ (1989 - 1999)
  • 日本新薬

吹石 徳一(ふきいし とくいち、1953年4月2日 - )は、和歌山県日高郡南部川村(現在のみなべ町)出身の元プロ野球選手内野手)・スカウト、野球指導者。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

和歌山県立南部高等学校在学中の1970年に、秋季近畿大会和歌山県予選決勝で市和歌山商業高校に敗れた。翌1971年夏の選手権県大会でも準々決勝に進出するが、新宮高校に敗退。結局、在学中には春夏とも、阪神甲子園球場の全国大会に出場できなかった。

高校卒業後に日本新薬に入社すると、社会人野球でプレー。1974年には、都市対抗に出場した[1]

1974年のプロ野球ドラフト会議で、近鉄バファローズから4位指名を受けたことを機に入団。背番号は25で、同球団で現役を引退するまで一貫して着用していた。

プロ入り後[編集]

1978年に、当時の正遊撃手石渡茂のバックアップ要員として一軍に定着した。

1980年広島東洋カープとの日本シリーズには、内野手として6試合に先発出場。第2戦で逆転の3ラン本塁打を放つなど、通算で21打数8安打4打点という好成績を残した。

1981年には、正遊撃手の座を確保。一軍公式戦で自身初のシーズン最終規定打席に到達すると、打率.245(パシフィック・リーグ34位)、10本塁打、48打点、13盗塁を記録した。1980年1985年にも、一軍公式戦100試合以上に出場。いずれも12本塁打を放った。

1988年10月19日の「10.19」(ダブルヘッダーで催された川崎球場の対ロッテオリオンズ戦)では、故障で欠場していた正三塁手金村義明に代わって、2試合とも三塁手としてスタメンに起用。第2試合の7回表には、一時勝ち越しとなる本塁打を放つなどの活躍を見せた。このシーズン終了後に現役を引退。

現役引退後[編集]

近鉄で守備走塁コーチやスカウトなどを歴任。近鉄球団がオリックスブルーウェーブへの吸収合併によって2004年で消滅したことを機に、2005年からは東北楽天ゴールデンイーグルスの近畿地方担当スカウトとして活動していた。2007年には、楽天の楠城徹編成本部スカウト部長が埼玉西武ライオンズスカウト時代の不祥事に関する責任を問われて解任(3月12日付で編成本部付への異動)に処されたことから、3月27日でチーフスカウトに就任した。

2012年11月30日付で楽天を退団した[2]ことを機に、2013年から、古巣の日本新薬硬式野球部へ復帰。同年にアドバイザー、2014年から2016年までヘッドコーチを務めた後に、2017年1月から監督に就任した[3][4]第88回都市対抗野球大会に出場[5]

選手としての特徴・人物[編集]

俊足と堅守を持ち味に、内野の全ポジションをこなせるユーティリティプレイヤー。近鉄時代の一軍公式戦では、レギュラーの内野手にアクシデントがあった場合に登場するなど、主に守備要員として起用された。しかし、実働13シーズンで1,000以上の試合に出場したほか、3シーズンで2桁本塁打を記録している。

1953年度生まれの選手で構成された親睦会「プロ野球28会」のメンバーでもある。

現役引退後の1999年11月21日大阪ドームで催された近鉄対読売ジャイアンツのOB戦では、始球式に娘・一恵が背番号25のユニフォーム姿で登場したことから、ナインの計らいで捕手を務めた。

家族[編集]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1976 近鉄 48 30 28 8 4 0 0 0 4 0 4 3 0 0 1 0 1 4 0 .143 .200 .143 .343
1977 28 15 12 2 2 0 0 0 2 2 1 2 0 2 1 0 0 2 0 .167 .200 .167 .367
1978 74 63 59 3 7 0 0 1 10 1 6 2 1 0 2 0 1 9 0 .119 .161 .169 .331
1979 95 109 99 14 19 3 0 3 31 10 4 2 4 0 6 0 0 20 0 .192 .238 .313 .551
1980 109 281 249 35 62 8 2 12 110 36 6 2 14 4 9 0 5 31 7 .249 .285 .442 .726
1981 126 454 412 47 101 13 1 10 146 48 13 8 13 4 23 0 2 25 7 .245 .286 .354 .640
1982 82 150 139 17 26 3 0 3 38 13 3 2 2 2 7 0 0 13 4 .187 .223 .273 .496
1983 67 147 132 18 28 6 0 2 40 20 4 1 5 2 8 0 0 13 1 .212 .254 .303 .557
1984 86 207 189 25 47 7 0 5 69 20 5 0 9 0 7 0 2 19 3 .249 .283 .365 .648
1985 103 299 263 33 64 9 0 12 109 29 8 4 17 2 12 0 5 30 3 .243 .287 .414 .702
1986 86 91 82 12 19 4 0 2 29 7 1 2 5 0 3 0 1 15 1 .232 .267 .354 .621
1987 60 84 76 5 15 0 0 0 15 4 1 1 5 1 2 0 0 13 0 .197 .215 .197 .413
1988 56 123 114 10 30 5 0 2 41 10 1 0 5 0 3 0 1 9 4 .263 .288 .360 .648
通算:13年 1020 2053 1854 229 424 58 3 52 644 200 57 29 80 17 84 0 18 203 30 .229 .267 .347 .614

記録[編集]

  • 1000試合出場:1988年9月18日(日本プロ野球史上278人目)

背番号[編集]

  • 25 (1975年 - 1988年)
  • 81 (1989年 - 1999年)

脚注[編集]

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ 退団スタッフに関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト. 2012年11月30日閲覧。
  3. ^ 吹石一恵パパ、徳一氏が日本新薬監督に 孫とW喜び 日刊スポーツ、2017年1月3日閲覧。
  4. ^ 社会人野球・監督考 日本新薬・吹石徳一氏
  5. ^ 日本新薬・吹石監督、初陣へ打撃強化「全力で立ち向かう」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]