ON AND ON (福山雅治のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ON AND ON
福山雅治スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル BMGビクター
プロデュース グーフィ森
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1994年度年間19位(オリコン)
  • 登場回数25回(オリコン)
福山雅治 年表
Calling
1993年
ON AND ON
(1994年)
M-COLLECTION 風をさがしてる
1995年
『ON AND ON』収録のシングル
  1. IT'S ONLY LOVE
    リリース: 1994年3月24日
テンプレートを表示

ON AND ON』(オン・アンド・オン)は、福山雅治1994年6月9日にリリースした6枚目のオリジナルアルバムである。また、同アルバム1曲目に収録された楽曲である。

解説[編集]

収録曲[編集]

  1. ON AND ON
    (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:小原礼
    ダイドードリンコダイドーブレンドコーヒー」CMソング。
    25thシングル「はつ恋」のカップリングに福山本人と井上鑑がアレンジしたバージョン「ON AND ON 09」が収録されている。
    2011年年末の大感謝祭において、大幅に歌詞が書き直され披露された。純粋なラブソングであったが、“上京”をテーマに据えた曲へとリノベーションされた。
  2. IT'S ONLY LOVE (ALBUM MIX)
    (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:斎藤誠
    9thシングル「IT'S ONLY LOVE/SORRY BABY」の1曲目。リミックスされたアルバムバージョン。
  3. BLOOD
    (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:小原礼)
    ベストアルバム『MAGNUM COLLECTION 1999 "Dear"』にライブテイクが収録されている。
  4. 1985年 Factory Street 夏
    (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:小原礼 / ホルン編曲:GREG ADAMS)
  5. 熱いくちづけ
    (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:小原礼)
  6. 雨を聴きながら
    (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:小原礼)
  7. Dear
    (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:小原礼)
    ライブアルバムFukuyama masaharu acoustic live best selection "Live Fukuyamania"』と、28thシングル「生きてる生きてく」にライブテイクが収録されている。
  8. ダンスしないか
    (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:小原礼)
    毎日放送テレビのツボ』オープニングテーマ曲。
  9. 明日へのマーチ
    (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:小原礼)
    ライブアルバム『Fukuyama masaharu acoustic live best selection "Live Fukuyamania"』にライブテイクが収録されている。
  10. GLOAMING WAY
    (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:小原礼 / ホルン編曲:GREG ADAMS)
    ロサンゼルスで制作、レコーディングされた曲。“GLOAMING WAY”とは、ロサンゼルスの宿泊所からレコーディングスタジオへ行く途中にあった道の名前だという。
  11. ぼくの朝
    (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:斎藤誠)

参加ミュージシャン[編集]

  • 福山雅治:ボーカル・エレキギター・作詞・作曲
  • 山木秀夫ドラム
  • 河村"カースケ"智康:ドラム
  • 小原礼:ベース・コーラス・編曲
  • 美久月千晴:ベース
  • バズ・フェイテン:ギター
  • 小倉博和:エレキギター
  • 斎藤誠:エレキギター・アコースティックギター・コーラス・編曲
  • マイケル・トンプソン:エレキギター・アコースティックギター
  • JAI WINDING:キーボード
  • 重実徹:キーボード・アコーディオン
  • ランディ・ウォールドマン:シンセサイザー
  • レニー・カストロ:パーカッション
  • 成田昭彦:パーカッション
  • 松武秀樹:プログラミング