アンダルシア 女神の報復

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンダルシア 女神の報復
監督 西谷弘
脚本 池上純哉
製作 堀口壽一
島谷能成
高田佳夫
尾越浩文
杉田成道
永田芳男
製作総指揮 亀山千広
出演者 織田裕二
黒木メイサ
戸田恵梨香
福山雅治
伊藤英明
谷原章介
夏八木勲
Iñigo Aramburu
Pilar Fernandez Herboso
音楽 菅野祐悟
主題歌 IL DIVO
Time to say good bye
撮影 山本英夫
編集 山本正明
製作会社 フジテレビジョン
東宝
電通
ポニーキャニオン
日本映画衛星放送
アイ・エヌ・ピー
配給 東宝
公開 日本の旗 2011年6月25日
上映時間 125分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
英語
スペイン語
フランス語
興行収入 18.8億円[1]
前作 テレビドラマ
外交官 黒田康作
テンプレートを表示

アンダルシア 女神の報復』(アンダルシア めがみのほうふく)は、2011年6月25日に公開された日本映画

概要[編集]

フジテレビ製作の観光サスペンス映画『アマルフィ 女神の報酬』(2009年)およびその続編である連続ドラマ『外交官 黒田康作』の完結篇である、スペインを舞台とした映画第2作。前作映画同様、観光映画として風光明媚な観光地のほか、フラメンコや闘牛や市場などスペインの観光名物が登場する。『アマルフィ』のキャストが再登場し、ドラマからは鹿賀丈史が引き続いて出演した。バルセロナでの車の衝突シーンでは使用が日曜限定のため、4日間の撮影に1ヶ月以上かかり、交差点を封鎖して撮影が行われた[2]。フジテレビは自社の系列局で6月25日、7月8日に宣伝番組を放送した。キャッチコピーは「守るべきものは、誇りか、愛か」。東宝系列の371スクリーン規模で公開されたが。公開前に視聴率が1桁台に落ち込んだ連続テレビドラマ版同様苦戦を強いられ、最終興行収入は前作の半分の18.8億円に終わった。

『アマルフィ』の劇中で使われた「アンタがいるってことは、派手なことが起こるってことだろ?」という台詞からの流れを汲み、その後を描いたテレビドラマ『外交官 黒田康作』では「お前がいるってことはまた厄介な事件が?」、本作では「アンタが来てるってことは、また面倒くさいことが起きるってことかぁ」という台詞が使われている。

ストーリー[編集]

アンドラ公国で自殺した日本人投資家で警視総監の息子・川島の調査のため訪れた黒田外交官は、そこで事件を隠蔽し、第1発見者に成りすました銀行員・新藤結花とインターポール捜査官の神足誠と出会う。結花を保護するも、逃亡されそうになったり、正体不明の武装グループに襲撃されたりする。結花は黒田に国際テロ組織へのビクトル銀行の不正融資の取引がアンダルシア地方で行われることを話す。黒田は神足に打ち明け摘発すべきだと話すが、警察庁外務省から神足と黒田にそれぞれ捜査停止命令が下される。またしても黒田は葛藤を抱えながらも、結花の言われるがままに、前作同様、バルセロナやアンダルシアなど有名観光地を巡らされる羽目になる。

主な舞台[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]


ソフト化[編集]

2011年12月21日発売。

  • スタンダード・エディション(1枚組、ブルーレイ・DVD)、映像特典:特報・劇場予告編・TVスポット集
  • プレミアム・エディション(3枚組、ブルーレイ・DVD)、ディスク1:本編(スタンダード・エディションと同様)、ディスク2・特典DVD1:黒田と共に駆け抜けた情熱の国スペイン 完全版、キャスト・スタッフインタビュー、ディスク3・特典DVD2:イベント映像集(完成披露舞台挨拶、初日舞台挨拶、大ヒット舞台挨拶)、アンダルシア ミュージック・クリップ、封入特典:ポストカードブック(15枚セット)、特製アウターケース付きデジパック仕様

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]