あしたがあるから

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

あしたがあるから』は、1991年(平成3年)10月18日から同年12月20日までTBS系列の「金曜ドラマ」枠で放映された連続ドラマ。全10回。脚本は内舘牧子

20代のOL、安部令子(今井美樹)を主人公として、仕事と恋愛、結婚、家族を巡る等身大でありながら運命的なストーリーが描かれる。なお、俳優福山雅治にとっては初出演作品でもある。

あらすじ[編集]

安部令子(28歳)は短大卒業後に大手(東証一部上場企業)の城東商事(本社)に勤める普通のOL(平社員)。同じ職場(建築資材部営業第一課)の課長補佐の反町健太(35歳)(石橋凌)と付き合いながら、ゆくゆくは結婚することに憧れていた。一方、山吹圭子(22歳)(仙道敦子)は城東商事の城之内敏光社長(47歳)(村井国夫)を父親に持つキャリアウーマン。バリバリ仕事をこなす傍らで、健太に密かな想いを寄せていた。

ある日、令子は社長の辞令で特別企画部の部長に抜擢され、圭子と、同僚の高見沢亜希(20歳)(中嶋朋子)、亜希と付き合いながらも圭子に憧れる若村良一(21歳)(福山雅治)たちとともに新規事業の企画立ち上げという大役を担うことになる。戸惑いを隠せない令子だが、恋敵でもあり仕事のできる圭子と時に反発し、同僚との様々な確執に揉まれながらもひとつのビジネスを思いつき、持ち前の明るさで事業を成し遂げようと奮闘する。しかしその裏には、令子の家族をも巻き込もうとする城之内社長の画策があった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

サブタイトル[編集]

  1. 運命の鼓動
  2. 後戻り出来ない
  3. 結婚出来ないかも
  4. 横取りしないで!
  5. 言えなかった過去
  6. 悩みの後の決断
  7. 耐えに耐える勇気
  8. 二人きり…突然に
  9. 幸福の向う側で…
  10. それぞれの道は…

外部リンク[編集]

TBS 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
結婚したい男たち
(1991.7.5 - 1991.9.20)
あしたがあるから
(1991.10.18 - 1991.12.20)
おとなの選択
(1992.1.10 - 1992.3.20)