MIU404

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
機動捜査隊
MIU404
ジャンル 連続ドラマ
刑事ドラマ
企画 橋本孝(編成)
渡瀬暁彦(編成)
脚本 野木亜紀子
演出 塚原あゆ子
竹村謙太郎
加藤尚樹
出演者 綾野剛
星野源
岡田健史
橋本じゅん
渡邊圭祐
金井勇太
黒川智花
生瀬勝久
麻生久美子
音楽 得田真裕
エンディング 米津玄師感電
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
プロデュース 新井順子
製作 TBSスパークル
TBSテレビ
放送
放送チャンネル TBS系
映像形式 文字多重放送
番組連動データ放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2020年6月26日 -
放送時間 金曜 22:00 - 22:54
放送枠 金曜ドラマ
放送分 54分
公式サイト

特記事項:
初回は15分拡大(22:00 - 23:09)。
テンプレートを表示

MIU404』(ミュウ ヨンマルヨン[1])は、2020年6月26日よりTBSテレビ系「金曜ドラマ」で放送されているテレビドラマ[2]

キャッチコピーは「タイムリミットは24時間 誰よりも早く犯人にたどり着け」。

概要[編集]

主演は綾野剛星野源で、2017年10月期にTBS系で放送された『コウノドリ』以来3年ぶりの共演[1]

脚本の野木亜紀子によるオリジナル作品[1]で、金曜ドラマのオリジナル作品は『大恋愛〜僕を忘れる君と』以来2年ぶり。また、野木(脚本)、新井順子(プロデュース)、塚原あゆ子(演出)がタッグを組むのは2018年1月期に放送された『アンナチュラル』以来[1]。主題歌は米津玄師が担当した「感電[3]で、金曜ドラマの主題歌を米津が担当するのもこれまた『アンナチュラル』以来。

警察内部において「何でも屋」と揶揄されながらも、犯人逮捕にすべてを懸ける初動捜査のプロフェッショナルである機動捜査隊が24時間というタイムリミットの中で事件解決を目指すさまを1話完結で描いていく[1]。なお、警視庁には3つの機動捜査隊が存在するが、本作に登場する「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」は警視庁による働き方改革に基づいて結成された架空の機動捜査隊である[1]。タイトルにある「MIU」とは機動捜査隊を指す「Mobile Investigative Unit」の略称であり、「404」とは綾野と星野が演じる機動捜査隊員の2人を指すコールサインとなっている[1]

当初は、2020年4月10日からの放送開始が告知されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、ドラマの撮影スケジュールに遅れが出ていることを受け、4月1日に開始日の延期が発表された[4][5]。休止期間中には過去に金曜ドラマで放送された作品の傑作選・特別編などが代替番組として放送された[注釈 1]。6月4日に撮影を再開[8]。6月26日に第1話が放送されることが6日に発表された[2]。第1話放送後にはTwitter上で世界トレンド1位になるほどの反響を呼んだ[9]

あらすじ[編集]

警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となった。臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未だったが、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態に。やむを得ず、候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍を招集し、バディを組むよう命じられる。 伊吹がどんな人物なのか、不安になった志摩は情報を集めるが、「とにかく足が速い」というだけで、短期間で次々と部署を異動していたり、かつての同僚刑事たちが「彼については話したくない」「二度と顔を見たくない」といい、調べれば調べるほど不安になる。 そして、ついに迎えた第4機捜任務初日。初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩だったが…!?

キャスト[編集]

警視庁機動捜査隊[編集]

伊吹藍(いぶき あい)
演 - 綾野剛
芝浦警察署第4機動捜査隊員。階級は巡査部長
警察官とは思えないほどの軽い性格と服装が特徴。機動捜査隊勤務の経験はなく、赴任前は奥多摩の交番勤務員だった。彼と関わった警察関係者は皆口々に「思い出したくない」「名前なんて聞きたくない」と言われるくらいだが唯一認められている俊足と野生の勘を武器に志摩と対立しながらも仕事を行っていくことになる。
志摩一未(しま かずみ)
演 - 星野源
芝浦警察署第4機動捜査隊員。階級は巡査部長
かつては捜査一課にいたこともある刑事。機捜経験もあり桔梗・陣馬からの信頼は厚い。4機捜が発足する前は所轄の刑事をしていた。相棒の伊吹とは正反対な性格で、証拠や証言を地道に積み重ね常に先を見通せる抜群の観察眼を誇るが、他人はおろか自分自身すら信用していない。それには過去の出来事が関わっているらしい。勘だけで突っ走る伊吹に振り回されながらも捜査にかかわっていく。スピンターンや車を寸前のところで巧みにかわすなど運転技量はかなり高度。
九重世人(ここのえ よひと)
演 - 岡田健史[10]
芝浦警察署第4機動捜査隊員。階級は警部補
警察庁刑事局長を父親にもち自身も警察庁採用のキャリア組。今どきの若者らしく思ったことを包み隠さず口に出す人物。キャリア組ゆえ現場経験に乏しく研修のために4機捜に配属された。
陣馬耕平(じんば こうへい)
演 - 橋本じゅん[10]
芝浦警察署第4機動捜査隊員。階級は警部補
経験豊富なベテランであり班長を務める。キャリアやエリートが苦手ではあるが、面倒を見るために九重とバディを組む。九重に気持ちよく現場研修をさせるためあの手この手で持ち上げるが却って冷たくあしらわれる。料理が得意な様子でメンバーに通称”機捜うどん”を振る舞っている。
桔梗ゆづる(ききょう ゆづる)
演 - 麻生久美子[10]
芝浦警察署第1機動捜査隊長兼第4機動捜査隊長。階級は警視
警視庁で数少ない女性幹部で、捜査一課から警察署長を経て女性初の機動捜査隊隊長に就任した。機動捜査隊4部制の立案者でもある。刑事部長の我孫子にも食い下がり、4機捜の予算と人員を獲得するなどかなりのやり手。我孫子を陰で「マメジ」と呼ぶなど口は悪いが懐は広い。
糸巻貴志(いとまき たかし)
演 - 金井勇太[11]
芝浦警察署第1機動捜査隊員。スパイダー班班長。階級は巡査部長
1機捜内に設立したSNSのリアルタイム監視ほかWEB分析、防犯カメラの映像解析などを担うスパイダー班班長。帰宅が面倒臭いのと激務ゆえ芝浦署の仮眠室を自宅代わりにしているという噂がある。
我孫子豆治(あびこ とうじ)
演 - 生瀬勝久[11]
警視庁刑事部長。階級は警視監
刑事部の責任者。隊長桔梗とは組織犯罪対策部時代から因縁があるが、その彼女を「警察組織における女性活躍推進」をアピールするため記者会見をさせるなど策士な一面もある。キャリアの九重を配属させることを条件に4機捜の発足を許可する。

その他[編集]

特派員REC(とくはいんレック)
演 - 渡邊圭祐[11]
動画投稿サイト「NOW TUBE」で「ナイトクローラーチャンネル」の運営者。
興味のあるネタを妄想を交えて配信している。九重曰く登録者数23人の底辺ナウチューバーらしい。配信していくうちに第4機動捜査隊のことを知り、深く関わるようになる。
謎の女(第3話 - )
演 - 黒川智花[12]
素性が謎に包まれている。

ゲスト[編集]

第1話
西田ふみこ
演 - 平野文
老婦人。逃走車に驚き転倒するも、伊吹達に助けられる。認知症の傾向があり孫の千砂と買い物をしている途中行方不明となる。
水島善次郎
演 - 加治将樹
あおり運転の常習者。たまたま404号車を覆面車と知らず煽ってしまい、摘発される。しかし出てきた伊吹がどう見ても警察官に見えないことからさらにもめ事を起こす。その後何者かに殴られ重傷を負う。
犯人
演 - 深水元基
水島に重傷を負わせた犯人。動機は水島に煽られた仕返し。404号車の強引な制止をも振り切り逃走するが伊吹の足には負け逮捕される。
千砂
演 - 佐々木みゆ
ふみ子の孫。買い物に出かけたはいいもののふみ子が戻ってこないことを心配し交番を訪れそのことを伝える。
警察官
演 - 黒田浩史相田雄一郎
第2話
加々見崇
演 - 松下洸平
殺人容疑者。田辺夫妻を人質に取り逃走する。
田辺将司
演 - 鶴見辰吾
加々見の逃走に巻き込まれた男性。
田辺早苗
演 - 池津祥子
将司の妻。
谷山
演 - 坂田聡
第3話
毛利忠治
演 - 大倉孝二
アンナチュラル』からの人物。西武蔵野署刑事。
向島進
演 - 吉田ウーロン太
同上。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル[13] ラテ欄[14] 演出 視聴率
第1話 6月26日 激突 野生刑事VS理性刑事 新バディ誕生!
誰よりも早く犯人を追え!
塚原あゆ子 13.1%[15]
第2話 7月03日 切なる願い 走る人質監禁立てこもり! 犯人の目的は 11.5%[16]
第3話 7月10日 分岐点
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 4月10日から4月24日までと5月8日に『コウノドリ』傑作選(綾野主演、星野共演)[6]、5月1日・15日・29日は『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』の拡大放送(20:57 - 22:54)、5月22日は映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(20:57 - 22:54)、6月5日から19日まで『大恋愛』特別編を放送[7]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g “綾野剛&星野源、2年半ぶり共演で連ドラW主演 『機動捜査隊』バディ結成”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年2月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2155247/full/ 2020年2月13日閲覧。 
  2. ^ a b “綾野剛×星野源『MIU404』6・26放送スタート 撮影再開を報告”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年6月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2163854/full/ 2020年6月6日閲覧。 
  3. ^ a b “米津玄師、綾野剛×星野源W主演ドラマ『MIU404』主題歌担当 初回放送で初公開”. Real Sound. (2020年3月16日). https://realsound.jp/2020/03/post-522797.html 2020年3月16日閲覧。 
  4. ^ “半沢直樹などTBS3ドラマ放送延期 コロナ撮影難”. 日刊スポーツ. (2020年4月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202004010000028.html 2020年4月1日閲覧。 
  5. ^ “TBS「オールスター感謝祭」の放送を延期 「半沢直樹」など3ドラマも 新型コロナ感染拡大の影響で”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年4月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/01/kiji/20200401s00041000109000c.html 2020年4月1日閲覧。 
  6. ^ “綾野剛主演『コウノドリ傑作選』放送決定 全21話から選りすぐりの回を放送”. Real Sound. (2020年4月2日). https://realsound.jp/movie/2020/04/post-533264.html 2020年6月1日閲覧。 
  7. ^ “『大恋愛』特別編が放送決定 戸田&ムロが喜び「愛おしい愛おしい愛おしい!!」【全文】”. ORICON NEWS. (2020年5月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2163204/full/ 2020年6月1日閲覧。 
  8. ^ 【公式】金曜ドラマ『MIU404』 [@miu404_tbs] (2020年6月4日). "2ヶ月ぶりに、撮影が再開できました✨ みんな。元気ですッ😄 これからも応援よろしくお願いします! 近いうちに。 嬉しいお知らせができそうです❣️ #MIU404 #綾野剛 #星野源 #岡田健史 #橋本じゅん #麻生久美子 #金曜ドラマ #tbs" (ツイート). Twitterより2020年6月6日閲覧
  9. ^ “綾野剛&星野源『MIU404』初回スタートで世界トレンド1位に”. TV LIFE web. (2020年6月27日). https://www.tvlife.jp/drama/300250 2020年6月29日閲覧。 
  10. ^ a b c “綾野剛×星野源「MIU404」に岡田健史、橋本じゅん、麻生久美子が出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年2月28日). https://natalie.mu/eiga/news/369004 2020年2月28日閲覧。 
  11. ^ a b c “MIU404:渡邊圭祐、金井勇太、生瀬勝久が出演 第1話ゲストに「うる星やつら」ラム役の平野文”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2020年3月18日). https://mantan-web.jp/article/20200317dog00m200058000c.html 2020年3月18日閲覧。 
  12. ^ 相関図|TBSテレビ:金曜ドラマ『MIU404』”. TBSテレビ. 2020年6月4日閲覧。
  13. ^ Paravi MIU404
  14. ^ 該当各日 『毎日新聞』 テレビ欄。
  15. ^ “綾野剛&星野源がダブル主演「MIU404」初回視聴率13.1%で好スタート”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年6月29日). https://hochi.news/articles/20200629-OHT1T50023.html 2020年6月29日閲覧。 
  16. ^ “綾野剛&星野源ダブル主演「MIU404」第2話視聴率は11.5%で2ケタ維持”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年7月6日). https://hochi.news/articles/20200706-OHT1T50052.html 2020年7月6日閲覧。 

外部リンク[編集]

TBS 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
病室で念仏を唱えないでください
(2020年1月17日 - 3月20日)

過去作の特別編
つなぎ番組
MIU404
(2020年6月26日 - )