ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブザー・ビート
〜崖っぷちのヒーロー〜
ジャンル テレビドラマ
放送時間 毎週月曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2009年平成21年)7月13日 - 9月21日(11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 永山耕三
西浦正記
脚本 大森美香
プロデューサー 中野利幸
出演者 山下智久
北川景子
相武紗季
貫地谷しほり
溝端淳平
金子ノブアキ
青木崇高
金田哲
川島章良
永井大
真矢みき(友情出演)
伊藤英明
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 番組連動データ放送
オープニング B'z
「イチブトゼンブ」
外部リンク ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜

特記事項:
1.初回30分拡大(21:00 - 22:24)
2.第7話及び最終話15分拡大(21:00 - 22:09)
テンプレートを表示

ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』(ブザー・ビート がけっぷちのヒーロー)は、2009年平成21年)7月13日から2009年9月21日まで、フジテレビ系列で毎週月曜日の21:00 - 21:54(JST月9枠)に放送されていた連続ドラマ

概要[編集]

プロポーズ大作戦』以来、約2年ぶりに月9主演となった山下智久と、『太陽と海の教室』以来、約1年ぶりの月9出演となる北川景子が初共演。はんにゃは本作が初の連続ドラマレギュラー出演となる。また日本バスケットボールリーグ(JBL)と日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)が全面協力し、両リーグで活躍する選手も多数出演している。

なお、ドラマタイトルのブザー・ビートとは「試合終了のブザーが鳴るのと同時に放たれて決まるシュート」のことと説明されているが、このドラマだけの造語である。この言葉は実際のバスケ用語では「ブザービーター」と表される。

キャッチコピーは、「恋は人を強くする。


あらすじ[編集]

プロフェッショナルバスケットボールアソシエーション(PBA)[1]に参加するプロバスケットボールチーム「JC ARCS(ジェイシー・アークス)」に所属する直輝は、プロになってから本番のプレッシャーに弱く、試合では本来の実力をなかなか発揮できずにいた。年俸も下がり、結婚を考えている恋人の菜月にも、ハッキリとした態度を示せないでいた。

一方、書店でアルバイトしながら、プロのバイオリニストを目指す莉子もまた、理想と現実のギャップに悩み始めていた。ある日、偶然知り合ったこの二人を中心に、菜月やチームのヘッドコーチ・川崎、さらに海外から移籍してきたライバルの廉や、莉子の友人・麻衣が絡み、それぞれの友情や恋愛のストーリーが展開されていく。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

上矢直輝(24) - 山下智久(当時NEWSのメンバー)
本作の主人公。シューティングガード。東京都出身。血液型・A型。小学生の頃にブザービートをきめたことが切っ掛けでバスケの選手になることを誓い、中学・高校さらには文京大学で活躍後、2年前にチームに入団するが、学生時代とは違いなかなか実力を発揮できないでいる。2008 - 2009シーズンオフには来季の年俸を30%ダウンで提示される。スリーポイントシュートを得意とするがプレッシャーに弱く、肝心な所で失敗することが多い。
大人しく落ち着いており、バスの車内でお年寄りに席を譲ってあげるなどの心優しさを持つ。両親の離婚後、女系家族で育ったためか経済観念がしっかりとしていて、掃除や料理が得意。特に直輝の作るフレンチトーストは上矢家のみんなが大好きである。恋人の菜月とは結婚をしたいと考えるも、自信がないために菜月には伝えられずにいた。しかし菜月と廉がキスしているのを偶然目撃してしまい、菜月に裏切られたと思い深く傷つき、別れを告げた。
その一方、夜中によく練習をする公園で、近くに住む莉子と出会い親しくなる。莉子の演奏が好き。莉子のことは友人と見ていたが、菜月との別れにショックを受けて涙していたことを心配し、夜を徹して東京から御殿場の合宿所に駆けつけたり、感情を素直に表現し始めた莉子への友情が徐々に愛情へと発展。莉子の誕生日の夜、思いの丈を叫んだ莉子の部屋でキスを交わし、互いの気持ちを確かめ合う仲となる。合宿中に川崎との練習試合に負けた罰として合宿所周辺の30周ランニングをしていた際に、右足首が関節内遊離体になってしまう。2009 - 2010シーズンの開幕直前の練習中に足首を痛め、遊離体除去の手術を受けた。その後、リハビリを経て復帰を果たし、チームの優勝に大きく貢献した。
白河莉子(23→24) - 北川景子
本作のヒロイン。1985年8月24日生まれ。山梨県出身。星音楽大学を卒業後、プロのバイオリニストを目指しながら書店でアルバイトし、麻衣とルームシェアしている。思ったことははっきりと言う気丈さを持ち、行動的な一面がある。掃除や整理整頓、裁縫が苦手で、部屋に居る時は服を脱ぎ散らかすなどルーズなため、秀治からは「シャープなんだけどダラしない」と言われてしまう。好きだった男性に二股をかけられた経験が高校時代と大学時代に二度あり、そのトラウマから男性不信になっている。絶対音感の持ち主。
あることが切っ掛けで出会った川崎に好意を持つも、初めは相手の積極的なアプローチに戸惑っていたが、相手からの告白を受け入れ、恋人同士となるが、夜中にバスケの練習をしている直輝と出会い、初めはお互いに名前も知らないまま親しくなり、バスケに対する真剣な思いから直輝のファン第一号を宣言し、次第に直輝のことが好きになる。試合で直輝が上手くプレー出来ていないことに怒って叱責するなど、直輝のこととなると行動的な一面がハッキリと出る。会員制バーでバイオリン演奏のアルバイトも始めたが、客たちのいる前で八尾に酷評されたのが原因でクビになる。そして夢を諦めて実家に帰ろうとしたが、叱咤した八尾に可能性を見出され、バイオリン奏者に欠員の出た演奏会に出演。さらに演奏会の大成功により、軽井沢で活動する財団主催の東都ユースオーケストラに誘われた。
七海菜月(24) - 相武紗季
JC MINXのキャプテン。普段は日本コンストラクション株式会社総務部勤務。直輝の恋人で後輩からも信頼されている。しっかり者で礼儀正しく、上矢家からも好印象を持たれている。反面、クールで現実的な一面を持ち、普段は本当の自分を表に出しておらず、内心では煮え切らない態度の直輝に対し、じれったい思いをしながらも相手のことは想っていた。自分の本心を見抜き、近付いてきた代々木廉と関係を持ち、廉とキスをしているところを直輝に目撃されてしまい、ショックを受けた直輝から別れを告げられる。しかし直輝のことを忘れられず、しおんに乗り換えた廉に愛想が尽きた時、足利のお供で出向いた会員制バーで偶然会った莉子に近づき、直輝との関係を責め、不安な状況に追い込む。実は喫煙者(タバコはセブンスター)だが、人前ではあまりタバコを吸わない。最終話で宇都宮に告白され、交際を始める。
海老名麻衣(24) - 貫地谷しほり
莉子の親友でルームメイト。オーケストラに所属するフルーティスト(莉子も同じ楽団のオーディションを受けたが不合格)で、莉子と同じ書店でアルバイトしている。莉子とは対照的にしっかり者で、部屋は綺麗にするタイプ。女を磨くことには真剣で、かなりの化粧品を持っている。秀治曰く「ほんわかとしているが、意外と厳しい」。実家でコッカー・スパニエルを飼っている。当初は川崎を通じて知り合った宇都宮に好意を抱いていたが、次第に秀治に惹かれていき、恋人になる。菜月のことは好きではない。
川崎智哉(32) - 伊藤英明
JC ARCSのヘッドコーチ。2年前に膝の怪我もあって現役を引退。あることがきっかけで出会った莉子に一目惚れをする。恋愛には積極的で、本人曰く「せっかち」。莉子に積極的なアプローチをし、告白をして恋人同士となる。だが、直輝を好きになったことを莉子に告白されても諦めない、しぶとい性格でもある。合宿中、直輝の元に駆けつけた莉子と直輝が一緒にいるところを偶然目撃して以降、彼に対する嫉妬心を抱き、急遽練習試合を計画して自らもプレーに参加。この時「自分のチームに負けたら合宿所周辺の30周ランニング」という罰を作るが、それが直輝の関節内剥離を引き起こす原因になってしまう。出張先のボストンから帰国後、莉子と直輝から互いに好きなことをそれぞれ告げられ、潔く身を引いた。

プロバスケットボールチーム「JC ARCS」[編集]

秦野秀治(22) - 溝端淳平
シューティングガード→ガード和歌山県出身(演じる溝端自身も和歌山県出身である)。直輝に憧れてチームに入団。しかし、なかなかレギュラーに入れてもらえない為、自分のプレーに自信が持てない。明るく人懐っこい性格。住んでいたアパートを追い出されたため、紆余曲折を経て莉子と麻衣の住むマンションの納戸で居候を始めるが、やがて麻衣に好意を抱くようになり、その後、麻衣に告白をし、付き合い始める。ふとしたときに方言が出る。へそフェチ。
代々木廉(25) - 金子ノブアキRIZE
フォワード→シューティングガード。神奈川県出身。海外で活躍後、2008 - 2009シーズンオフにJC ARCSに移籍。どこか飄々としながらもプライドが高く、個人主義であるため、協調性に欠ける。直輝に不満を抱く菜月の本心を見抜き、積極的なアプローチをかけながら強引に近づき関係を持つが、しおんにもアプローチをかけている。実は前に試合で直輝と会っており、そのときに相手に負けたため、相手に対して強いライバル心を抱いている。菜月に近付いたのは、直輝の恋人ということが含まれている。最終的に直輝と和解し、ガードのコンビになる。
守口修斗(28) - 青木崇高
センター兼フォワードパワーフォワード。埼玉県出身。妻の留美と息子の守がいる。
宇都宮透(29) - 永井大
チームキャプテン。ポイントガード東京都出身。愛称はウツ。チームメイトから信頼されており、常にバスケのことを考えている。ファンも多く、容姿が良いのに恋人がいないため、男が好きなのではないかという噂が立ち周囲から勘違いされるが本人は否定した。バスケ以外の話題の会話は苦手としている。3年前から菜月にずっと片思いしていた為、新しい恋に踏み出せないでいた。最終話で菜月に告白し、交際を始める。
佐賀弘明(25) - 石田剛規
シューティングガード。埼玉県出身。
ラリー・ブラウン(25) - David M
センターアメリカ出身。左目の視力が弱い。
西崎賢 - 阿部翔平
伊藤茂 - 藤山誠
遠藤勇二 - 松崎裕
JC ARCSの選手。
JC ARCSの選手 - 中村友也東京アパッチ)、宮永雄太東芝ブレイブサンダース)、西堂雅彦(トヨタ自動車アルバルク)

JC ARCS関係者[編集]

足利国光(50) - 小木茂光
チームの親会社・日本コンストラクション株式会社の部長で、JC ARCS監督。
春日部良夫(26) - 金田哲はんにゃ
JC ARCSのチームマネージャー。
松山亮介(30) - 川島章良はんにゃ
JC ARCSのトレーナー。
佐伯佳織(25) - 綾那
JC ARCSの専属カメラマン。
三島祐輔(30) - 前川泰之
JC ARCSの元選手で、2008 - 2009シーズン終了後に引退。出張でボストンに旅立った川崎の留守を預かる形で、アシスタントコーチに就任。現役時代は毎日1000本シュートを欠かさずやっていた。

JC ARCS専属チアリーディングチーム「JC MINX」[編集]

金沢しおん(20) - 小松彩夏
新人チアリーダーで菜月の後輩。普段は日本コンストラクション株式会社総務部勤務。実は腹黒い一面もあるらしい。
福井セイコ(23) - 黒木晴香(KUROKI〔sherry〕)
チアリーダー。
チアリーダー - 鈴木蛍(HOTARU〔当時sherry〕)、片岡春香(HARUKA〔sherry〕)、斉藤優子(YUKO〔当時sherry〕)、山本沙友里(SAYURI〔当時sherry〕)、KANAKO、MIMI、NAO、NAOMI、黒瀬法子花田梢双木奈央

上矢家[編集]

上矢真希子(45) - 真矢みき友情出演
直輝の母でインテリア家具店の店長。夫と離婚後、女手一つで3人の子供を育てる。直輝の出場した試合を観戦すると負けるというジンクスがあった。
上矢優里(17) - 大政絢
直輝の妹で高校3年生。彼氏と別れようか迷っている。
小牧雪乃(25) - ちすん
直輝の姉。結婚して家を出ていたが、夫・祐介の浮気を疑ったことが原因で上矢家に帰ってくる。その後、祐介と和解し、夫の元へ戻った。
小牧祐介(26) - 川端竜太[2]
雪乃の夫(雪乃とは再婚)。前妻の飼っているヒマラヤンを預かったことが原因で、浮気を疑った雪乃と喧嘩していたが、のちに和解。莉子と麻衣のバイト先である書店の店長。

その他の人物[編集]

小瀬陽一(25) - 加藤慶祐
直輝の大学時代の同級生。JC ARCSのメンバーが集まるスポーツバーの店主。菜月の本当の姿を知っている数少ない人物。
草薙千尋(17) - 大平奈津美
優里の友人。高校3年生。
秋田沙織(17) - 杉本有美
優里の友人。高校3年生。宇都宮のファン。
五十嵐圭(当時トヨタ自動車アルバルク)
タイトルバックでトヨタ自動車アルバルクの選手たちとJC ARCSの対戦相手として出演。第2話以降はバスケットボール協力でクレジットされている。第9話ではハーツの選手役で出演。

ゲスト[編集]

中西晃(39) - 鈴木一真(第1話・第5話)
バイオリニストで音楽プロデューサー。莉子にとっては恩師であり、憧れの存在でもある。女性ストリングスグループのオーディションに莉子を誘うが、そこで厳しい現実を突きつける。
おばあちゃん - 小野敦子(第1話)
バスの車内で直輝が席を譲った。
引っ越し業者・北尾(40) - 越智俊光(第1話)
莉子と麻衣の新居に向かう途中で道を間違え、通勤途中だった直輝に道を尋ねる。
渡邉拓馬(当時トヨタ自動車アルバルク)(第1話)
JC ARCSの選手として出演。
リンク栃木ブレックス(第1話)
2008 - 2009シーズン最終戦で、JC ARCSの対戦相手としてチームでの出演。
対戦相手の選手 - 青木康平仲摩純平城宝匡史(3名とも当時東京アパッチ)、Keith、POUL、Dawan(第1話)
プレーオフ第2戦でJC ARCSと対戦。
JC ARCSのサポーター - 三ヶ尻光孝(第1話・最終話)
リポーター - 宮瀬茉祐子[3](当時フジテレビアナウンサー)(第1話・第4話)
実況 - 鈴木芳彦(フジテレビアナウンサー)(第1話・最終話)
高岡智志(22) - 南圭介(第2話)
文京大学バスケットボール部。直輝の後輩。
ケイコ (23)- 住吉怜奈(第2話)
莉子と麻衣の音大時代の友人。
ケイコの夫 (40)- 西海健二郎(第2話)
年上の医者。
少年時代の直輝 - 水上裕望(第2話)
教師 - 南波有沙(第2話・第7話)
ジュニアバスケットボールクリニックに参加した小学生たちの担任。
マサオ - 松野太賀(第2話・第7話)
ヒナコ - 重本愛瑠(第2話・第7話)
ジュニアバスケットボールクリニックに参加した小学生。
バイオリニスト - 牧山純子(第2話)
ピアニスト - 佐山こうた(第2話)
ベーシスト - 岸徹至(第2話)
莉子・麻衣・川崎・宇都宮が立ち寄ったライブハウスで演奏したミュージシャン。
守口守(7) - 武田勝斗(第3話・第5話・最終話)
修斗の息子。
男性 - 江藤純河野真幸(第3話)
公園に粗大ゴミを不法投棄したが、直輝の通報で逮捕される。
柏崎正人(32) - 平山浩行(第4話)
川崎の大学時代の仲間。川崎が仲間内で堅めの女性を探す賭けをしていたことを莉子に話す。
JC ARCSのスポーツドクター - 小野豊(第4話)
少年 - 中村圭佑(第4話)
ショッピングモールで走り回っていたところを直輝に注意される。その後、直輝から貰ったヒマワリの花(直輝が直接莉子に渡す予定だった)を莉子に渡す。
川崎のファン - 佐伯聖羅大森友実外川美貴(第4話)
スポーツフェスタ2009の来場者で、川崎と写真を撮ったり、握手をしている。
JC ARCSのチーム職員:植木圭(第4話)
十文字アキラ - 中岡創一ロッチ[4](第4話)
スポーツフェスタ2009の来場者。
守口留美 - 林希(第5話・最終話)
修斗の妻。二人目の子供を妊娠中だが、差し入れのスイカを手に、守とJC ARCSの合宿先にやってくる。その後、女の子を出産。
ヴィーナスストリングスのメンバー:清水美和菅谷はつ乃染谷夏子米本沙矢(第5話)
中西のプロデュースでCDデビューを果たすストリングスグループのメンバー。中西とともに音楽雑誌の特集記事に写真のみ登場。
八尾隆介 - 升毅 (第6話・第7話・第9話・第10話・最終話)
莉子がアルバイトしていた会員制バーの常連客。実は東都音楽財団の理事長で、莉子にもっとやる気を出してもらうために彼女の演奏を酷評した。莉子の可能性を見出し、バイオリン奏者の欠員の出た演奏会に起用。さらに財団が主催する東都ユースオーケストラに誘う。
川崎正哉 - 田村亮(第6話)
川崎智哉の父。
川崎雅恵 - 朝加真由美(第6話)
川崎智哉の母。
会員制バーのホステス - 後藤はるか沙織 (第6話・第7話)
スポーツバーのウェイトレス - 宮永唯(第6話)
三上 - 八神蓮(第7話)
与謝野 - 滝口幸広(第7話)
男性 - 出口哲也嶋田真(第7話・最終話)
直輝の文京大学バスケットボール部時代の仲間。卒業後はそれぞれ就職している。
医師 - 建部和美(第7話・第10話)
直輝の右足首を診察し、手術を薦める。
白河晴美 - 手塚理美(第9話・第10話)
莉子の母。
白河光男 - 野村信次(第9話・第10話)
莉子の父。公務員で定年を翌年に控えている。
須賀川淳 - 岡本光太郎(第9話・第10話・最終話)
八尾の部下。
PBA開幕記者会見の司会 - 山中章子(フジテレビアナウンサー)(第9話)
指揮者 - 栗田博文(本人役、第10話)
演奏会の指揮者。
トレーナー - 三谷悦代(第10話)
演奏会に向けて莉子のバイオリン演奏に駄目出しし、徹底的に指導する。
福山 - 竹財輝之助(最終話)
東都ユースオーケストラの先輩チェリスト。
女性 - 中島奏(最終話)
東都ユースオーケストラの事務員。
ヴォルフガング - Bill.D(最終話)
デビューコンサートの指揮者。直輝の応援に向かう莉子を送り出す。

スタッフ[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 備考
第1話 2009年7月13日 恋は人を強くする!! 崖っぷちヒーロー始動!!
初回特別編
永山耕三 15.5% 30分拡大
第2話 2009年7月20日 夏の恋が始まる!! 13.5% -
第3話 2009年7月27日 二人の秘密 西浦正記 14.0% -
第4話 2009年8月3日 衝撃の夜 14.1% -
第5話 2009年8月10日 君の涙 永山耕三 13.5% -
第6話 2009年8月17日 約束 13.8% -
第7話 2009年8月24日 15分拡大SP!! ……離さない 西浦正記 13.5% 15分拡大
第8話 2009年8月31日 行かないで 17.5% -
第9話 2009年9月7日 引き裂かれた絆 永山耕三 15.0% -
第10話 2009年9月14日 最終章・別れ 西浦正記 13.7% -
最終話 2009年9月21日 最終回拡大75分SP完結編!! ……旅立ち 永山耕三 13.8% 15分拡大
平均視聴率14.4%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
  • 月9枠で2008年7月期放送の『太陽と海の教室』から5作品連続で平均視聴率が15%を切ったが、これは1989年以降では初めてのことである。

スピンオフ『SHOWER BEAT』[編集]

フジテレビ On Demandから配信されているショートドラマ。JC ARCSの練習用体育館内にあるロッカールームで毎回テーマに基づき男の本音を語り合う。

各話 配信開始日 タイトル
#1 2009年7月13日 男のデコデコ長文メール
#2 2009年7月20日 男ってバカだよね・女の手料理に気をつけろ
#3 2009年7月27日 名は何をあらわす?
#4 2009年8月3日 男と女は友情?恋愛?
#5 2009年8月10日 キス発見
#6 2009年8月17日 友達を越える瞬間?
#7 2009年8月24日 男のプレゼントはマトリョーシカ!
#8 2009年8月31日 ラブ・スティーラー!~恋のボールを掠め取れ!~
#9 2009年9月7日 未公開チンプレー
#10 2009年9月14日 気になる! ウツさんの好きな人!
#11 2009年9月21日 最終回

スタッフ[編集]

DVD[編集]

  • ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~DVD-BOX(2010年1月6日発売)

受賞歴[編集]

  • 第62回 ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 最優秀作品賞
  • 第13回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ 09年度・夏ドラマ 作品賞、主演男優賞(山下智久)、主演女優賞(北川景子

その他[編集]

  • ローソンからタイアップ商品として「ブザー・ビートバスケパン」が数量限定で発売された。カスタードクリームホイップクリーム入り。劇中にもこのパンが登場した。
  • 第7話は月9枠では『CHANGE』以来となる、初回と最終回以外の回での拡大放送を行った。
  • 主演の山下が、撮影中の2009年9月1日インフルエンザA型に感染したため、本作の収録に影響が出る可能性があったが、4日後には撮影に復帰したため、影響のあった第9話以降も予定通り放送した。
  • 初回視聴率は前番組である『婚カツ!』を下回ったため、「初回から崖っぷち」と揶揄されたが[5]、平均視聴率は『婚カツ!』よりも上回った。また、視聴率こそ平均で15%に届かなかったが、上記の賞を受賞するなど、反響の大きい作品となった。
  • また、キャスト陣の演じる役名の名字のほとんどが日本の地名となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 架空のプロバスケットボール組織。ただし実況などでは「日本プロバスケットボールアソシエーション」とアナウンスされている。
  2. ^ 第1話・第2話では役名が加古川雅史(書店の主任)だった。
  3. ^ 宮瀬はBSフジで『プロバスケ! bjリーグtv』のMCを担当している。
  4. ^ キャストクレジットはなかったが、番組スタッフブログ「JC ARCS通信」で中岡の出演が明かされた(2009年8月4日付「誕生日☆」より)。また2009年8月12日放送の『爆笑レッドシアター』でも、出演シーンが放送された。
  5. ^ 日刊サイゾー (2009年7月15日). “『婚カツ!』より低いとは! 新"月9"『ブザー・ビート』視聴率が早くも危機”. 2010年1月12日閲覧。

外部リンク[編集]

フジテレビ系 月曜9時ドラマ
前番組 番組名 次番組
婚カツ!
(2009.4.20 - 2009.6.29)
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜
(2009.7.13 - 2009.9.21)
東京DOGS
(2009.10.19 - 2009.12.21)