放送批評懇談会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
放送批評懇談会
創立者 志賀信夫
団体種類 特定非営利活動法人
設立 2004年12月20日
所在地 東京都新宿区新宿5-10-14 中村ビル2F
北緯35度41分36.1秒東経139度42分29.2秒座標: 北緯35度41分36.1秒 東経139度42分29.2秒
法人番号 6011105002726
主要人物 音好宏(理事長)
活動内容 放送に関する批評活動を通じて、放送文化の振興を図り、放送の発展に寄与すること[1]
会員数 202名(2014年6月現在)[1]
ウェブサイト http://www.houkon.jp/
テンプレートを表示

放送批評懇談会(ほうそうひひょうこんだんかい)は、放送に関する特定非営利活動法人である。

概要[編集]

1963年メディアに関する評論家らによる独立の任意団体として設立、正会員は放送に関する評論家・ジャーナリストら202名にのぼっている[1]。維持会員として放送局制作会社など約100社・団体である。2005年に特定非営利活動法人に切り替え(正式な法人設立日は2004年12月20日[1])、視聴者・国民から参加することになった。

日本の放送文化の質的な向上を願い、優秀番組・個人・団体を顕彰する賞[2]としてギャラクシー賞を表彰しているほか、シンポジウム・セミナーの開催、月刊誌『GALAC』(1967年に創刊した『放送批評』をリニューアル)の刊行を主な活動目的としている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 組織概要”. 放送批評懇談会. 2016年7月3日閲覧。
  2. ^ ギャラクシー賞概要”. 放送批評懇談会. 2016年7月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]