ブラッシュアップライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブラッシュアップライフ
BRUSH UP LIFE
ジャンル 連続ドラマ
企画 マセキ芸能社(協力)
脚本 バカリズム
演出 水野格
狩山俊輔
松田健斗
出演者 安藤サクラ
夏帆
木南晴夏
松坂桃李
染谷将太
黒木華
仲村トオル
臼田あさ美
塚地武雅
三浦透子
市川由衣
野呂佳代
鈴木浩介
山田真歩
野間口徹
江口のりこ
神保悟志
志田未来
中島ひろ子
田中直樹
水川あさみ
浅野忠信
バカリズム
ナレーター 中村啓子
音楽 fox capture plan
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
チーフ・
プロデューサー
三上絵里子
プロデューサー 小田玲奈
榊原真由子
柴田裕基(AX-ON
鈴木香織(AX-ON)
制作 AX-ON(協力)
製作 日本テレビ
放送
放送チャンネル日本テレビ系列
映像形式文字多重放送
番組連動データ放送
音声形式ステレオ放送
解説放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2023年1月8日 - 3月12日
放送時間日曜 22:30 - 23:25
放送枠日曜ドラマ
放送分55分
回数10
公式サイト
Huluオリジナルコンテンツ
ブラッシュアップライフ
アナザーストーリー
配信サイトHulu
配信国・地域日本の旗 日本
配信期間2023年3月5日 -
回数9
テンプレートを表示

ブラッシュアップライフ』は、2023年1月8日から3月12日まで、日本テレビ系日曜ドラマ」枠にて放送されたテレビドラマ[1][2]。主演は民放プライムタイムの連続ドラマ初主演となる安藤サクラ[1]

バカリズムが脚本を担当する、不思議な日常を描くタイムリープ系ヒューマンコメディ[1]

あらすじ[編集]

北熊谷市役所に勤務する麻美は、どこにでもいる平凡な30代独身女性。優しい父母と妹との四人家族でこれまた平凡な毎日を過ごしていた。幼馴染とバカ話をしながらも互いに気遣いあい、明日も同じような日が来ると疑わず解散した直後に不慮の事故で命を落とす。 気がつくと、ある空間で目覚め、奇妙な事務員とやり取りするうちに、来世への転生がオオアリクイであることを知る。人間でないことに落胆する麻美だが、その理由は徳が足りなかった可能性を示唆され、更には人生のやり直しという選択肢を提示される。麻美は徳の積み直しによって人生をブラッシュアップすることを決意する。それは、意識や知識を持ったままで赤ちゃんからやり直しを図ることだった。 終始、人間に生まれ変わりたい一心で自身の徳の総量を意識しつつも、周囲の人々の思いを優しく受け止め、より良い最適解を求めて麻美はブラッシュアップし続ける。 前半はコメディとハートフルなエピソードが中心で、前の人生で得たヒントをもとに、徳のためにいくつかの他人の人生を守る。 後半は、自分が関与したことについて他人の人生を変え続けたことに思い悩みつつも、最後は自身の徳以上の目的を持ち、コメディとスリリングな展開となってゆく。前半の伏線回収、視聴者が納得する情報提供、友人や家族との関係性、職業観などが一気に織り込まれていくラストは圧巻。 転生がテーマでありながら、転生の目的を問う作品となっている。

キャスト[編集]

仲良し3人組[編集]

近藤麻美(こんどう あさみ) / あーちん
演 - 安藤サクラ(幼児期:龍野七海[3]、保育園時代:永尾柚乃[4]、小学校時代:和田愛海[4] 、中学校時代:安原琉那[4]、98歳時:石原ヒロコ[5]
主人公。1989年10月27日生まれ。地元の北熊谷市役所に勤務する女性。両親と妹と実家暮らし。親友の夏希・美穂となかよしグループを形成。
2023年1月7日(夜)にゴミを拾おうとしてしたところ、交通事故に遭われ33歳で亡くなってしまう。死後の世界の受付係の案内で、来世でグアテマラ南東部のオオアリクイへの転生を告げられ、再び人間に生まれ変わるために必要な徳を積むことを目指して、記憶をそのままに元の近藤麻美の人生を赤ん坊からやり直す。2周目の人生では生徒会長の宇野真里には勝てなかったが、高校は女子校に通う。大学の薬学部に進学し、就職先が薬局に変化する。
2周目の人生で徳を積むも、1周目と同時期の2023年1月によそ見のせいで33歳で交通事故で死亡。来世はインド太平洋ニジョウサバに生まれ変わると告げられ、3周目の人生やり直しに踏み込む。
3周目の人生では宇野真里にも突き放されたが、沢山の人を喜ばせて徳を積めると考え、日本テレビに就職しドラマ制作のスタッフになるが、初プロデュースしたドラマ『ブラッシュアップライフ』の初回放送の日(2019年7月10日)に渾身の予告動画を見ていたところ、29歳で自動車事故に巻き込まれ亡くなってしまう。
3周目に徳を積んでも来世は北海道のムラサキウニに生まれ変わると告げられ[注 1]、4周目の人生のやり直しを開始する。中学校では生徒会長に就任して、県内トップの偏差値の高校に進学。徳を積み方を大きく変更し研究医になり、医学に貢献してたくさんの人の命を救う算段を考えるが、39歳の時に高所から落下したビル工事の資材が直撃し亡くなる。
4周目で徳を積んだことにより来世は人間と告げられるが、夏希・美穂・真里の3人を救う決意の上に、最後の人生やり直しに踏み込む。
麻美には記憶がないが、真里の1周目では、麻美・真里・夏希・美穂はなかよし4人組で、麻美は62歳を越して生存していた。
最後の5周目の人生で937便の事故を回避させた後はパイロットを辞め、市役所に再就職する。それから58年後、夏希・美穂・真里の3人と同じ老人ホームに入居し、98歳で天命を全うし、この冬にその生涯に幕を閉じた。
門倉夏希(かどくら なつき)/ なっち
演 - 夏帆[6](小学校時代:小吹奈合緒[4]、中学校時代:早瀬憩[4]、老年期:橘侑希[7]
麻美の親友。小・中学校の同級生で、常に米川美穂と行動している。成人後はショートヘアで茶系の服を愛用している。4~5周目の人生の麻美とは、彼女が勉学(医学部入学、パイロット)に専念した為、近寄りがたい存在になり疎遠となる。
35歳で美穂とともに飛行機事故で死亡する運命にあり、宇野真里が人生を繰り返して飛行機事故の回避に努めるものの、麻美4周目(真里5周目)まで悲劇が続いていたが、麻美の5周目(真里6周目)の人生でついに事故が回避される。
米川美穂(よねかわ みほ)/ みーぽん
演 - 木南晴夏[6](小学校時代:前田織音[4]、中学校時代:住田萌乃[4]、老年期:内藤律子[8]
麻美の親友。小・中学校の同級生。成人後はセミロングヘアで茶系の服を愛用している。なかよしグループで唯一車を持って運転手を務める。
夏希とは麻美がどの周の人生でも常に行動を共にしており、麻美の5周目(真里6周目)の人生で航空事故を回避すると、無事到着した台北の空港で麻美・真里と再会し、その日の晩に夏希も交え夕食を共にし、以降、仲良し4人組となる。
知覚過敏という裏設定がある[4]

学生時代の麻美の関係者[編集]

田邊勝(たなべ まさる)
演 - 松坂桃李[9](第2話 - 第4話)
麻美の元カレ。1周目の麻美の人生では大学の同じ文学部で接点があり交際することになるが、パチンコにハマり、麻美に5万円を借金したまま破局を迎えている。
2周目の人生の麻美は薬学部に入学したことで接点がなくなり、交際することはなかったが、後に年商10億円の実業家として成功していることから、逃がした魚は大きいと彼女を複雑な気持ちにさせる。
3周目の人生の麻美は文学部に入学し、2周目の人生で知った年商10億円のポテンシャルが頭を横切り交際することになり、ギャンブルしないよう釘を刺されるが、別れを切り出す。麻美と2か月交際したことで、年商9億円にダウンしている[注 2]。4周目以降は立ち会っていない。
宇野真里(うの まり)/ まりりん
演 - 水川あさみ[10][11](第3話・第7話 - 最終話)(中学時代:瀧七海[4]〈第2話・第4話・第7話 - 第9話〉、小学生時:板垣樹[4]〈第2話・第8話・第9話〉、老年期:仙石みよ子[12]〈最終話〉)
麻美が中学3年の時の生徒会長[注 3]。学年1位の成績を収める優等生。4周目の人生の麻美とラウンドワンでプリクラを撮り仲良くなり、麻美から「まりりん」と呼ばれるようになる。
余りにも何事も完璧にこなすため、「宇野真里タイムリープ説」で人生をやり直していると冗談で囁かれていたが、実際にタイムリーパーであり、麻美が周を追うごとに勉強ができるようになっていくことからタイムリーパーと感づき[注 4]5周目の人生の際、4周目の人生の麻美に「人生何周目?」と問いかけてくる。
初めて亡くなったときは来世は南米のシロアリに生まれ変わると言われていた。
1周目の人生ではさくら保育園に保育士として就職し、福田(ふくちゃん)と交際するが、彼を誘惑した田上(しーちゃん)に浮気されてしまい、福田の顔面を殴打し別れており、田上(しーちゃん)には電話越しに罵詈雑言を浴びせている。
1周目の人生で仲良しグループであったなっちとみーぽんが航空機で墜落死したことを知り、2周目以降の人生ではパイロットになり彼女たちの命を救おうと奔走していたが、5周目の人生で搭乗した航空機が墜落し、亡くなってしまう。その時に、来世はフナムシであると告げられている[注 5]
6周目の人生で937便の事故を回避させるとパイロットを辞め、保育士に再就職する。仇名が「まっさん」から「まっちょ」に代わり、58年後、夏希・美穂・麻美の3人と同じ老人ホームに入居したころには「ぴょろたん」に変化している[注 6]
福田俊介(ふくだ しゅんすけ)/ ふくちゃん
演 - 染谷将太[9](小学校時代:塩崎忍[4]
小・中学校の同級生。元・売れないミュージシャン。地元のラウンドワンの店員。
徳を積むため、2周目の人生の麻美はミュージシャンにならないよう忠告しようとするが、しーちゃんと離婚後に出会う奥さんとの間に授かる子供との出会いを邪魔することになると考え、忠告されなかった。
3周目の麻美の人生では歌手と共に俳優活動を始め麻美に売り込みをかけ、飛行機の欠航で撮影に参加できない前野朋哉の「後ろ姿」の代役で麻美から「救世主」として撮影に呼ばれる。
5周目の麻美の人生ではラウンドワンのチーフまで登り詰めている。
森山玲奈(もりやま れな)
演 - 黒木華[13](第3話・第7話)(保育園時代:鈴木凛子[4]〈第1話・第6話・第8話〉、小学生時:本屋碧美[14]〈第2話〉、中学時代:真白莉瑚[4]〈第2話・第3話・第7話・第9話〉)
麻美の友達。1周目の麻美の人生では、父親が保育園の洋子先生と不倫して両親が離婚し、名字が変わり途中で保育園を去っている。
2周目の麻美の人生で、麻美が徳を積む目的で父親の不倫を妨害したことで彼女と同じ小学校に進学する。33歳の時に麻美と再会するが、麻美の薬局の同僚・宮岡(既婚者)を交際相手と紹介したため、ショックを受け泣き崩れることを前提に麻美から宮岡の素性を明かされるが、予想に反し、宮岡にマジ切れの電話をかけ、ドスの利いた声で捲し立て別れを告げる。
5周目の麻美の人生で、将来悪い男(宮岡)に引っかからないように「ミヤオカサンハキコンシャ」というおまじないを保育園で教えられているが、29歳の時麻美と夢庵に行った時には忘れられている。
田上静香(たがみ しずか)/ しーちゃん
演 - 市川由衣[15](小学校時代:上村結羽[4])(第2話・第4話・第7話 - 最終話)
同級生。1~3周目の麻美の人生で、成人してふくちゃんと結婚するが、その後、離婚している。
1周目の真里の人生では、真里と交際中にもかかわらず福田(ふくちゃん)を誘惑し浮気をさせたことで、真里から電話越しに罵詈雑言を浴びさせられている。
丸山美佐(まるやま みさ)/ ごんちゃん
演 - 野呂佳代[15](小学校時代:羽子田梨杏[4]、中学校時代:小澤美優[4])(第2話・第4話 - 最終話)
同級生。3周目の人生で日本テレビに就職した麻美とドラマ『花咲舞が黙ってない』のヘアメイク係として再会する。金髪、喫煙、足のタトゥー以外は変わっていなかった。後にその時には結婚していたことが判明する。
4周目の麻美の人生では、夏希(なっち)、美穂(みーぽん)、真里(まりりん)の葬式帰りに麻美、福田の3人でラウンドワンで一晩を一緒に過ごしている。あだ名はみさごん→ごんみさ→ごんちゃん→ちゃんごんと変化している。
加藤直人
演 - 宮下雄也[4](中学生時:藤井優[4])(第2話・第4話・第7話 - 最終話)
1周目の人生での麻美の初恋の相手。成人時の加藤の姿を知った2周目以降の人生では、麻美はまったく惹かれなくなった。
成人式の後にラウンドワンで開かれた同窓会のカラオケで「粉雪」を熱唱する。
島本加奈子(しまもと かなこ)/ ぺーたん
演 - うらじぬの[4](小学校時代:小嶋咲絢[4]、中学校時代: 野中梨緒那[4])(第2話・第4話・第7話 - 最終話)
同級生。3周目の麻美の人生では、新三郷のIKEAの店員となっている。
三田哲夫(みた てつお) / ミタコング
演 - 鈴木浩介[16](第2話・第4話・第7話・第9話)
中学時代の社会科教師。1周目の麻美の人生では電車内で痴漢に間違われ教員を辞める運命を辿るが、偶然痴漢に間違われる現場に遭遇した2周目の人生の麻美によって誤解であることが証明され、教員を続けることになる。後日、痴漢冤罪を食い止めたお礼に麻美の自宅を訪問し、中学時代に没収していた彼女のゲームボーイアドバンス逆転裁判2を返却する。
3周目の人生の麻美は東京でドラマ撮影の仕事で、物理的に痴漢冤罪を救うことは難しかったが、結婚して赤ちゃんを授かったと聞かされていた麻美が撮影を巻きに巻いて埼玉に駆け付け、別の車両に移動させられたので、真犯人の市職員・谷口が逮捕され冤罪を免れる。
4周目の人生の麻美からはしーちゃんを巻き込み、彼女の離婚相談をガストで聞いてもらうことで痴漢冤罪を阻止されるが、しーちゃんに離婚を早まるなと注意し、その後ふくちゃんと離婚する歴史を改変させそうになり、麻美に軌道修正される。

麻美の家族[編集]

近藤寛(こんどう ひろし)
演 - 田中直樹[2]
麻美の父親。
近藤遥(こんどう はるか)
演 - 志田未来[2](幼少期:石塚月雪[17]、幼児期:佐々木明杏[18]、老年期:加藤美智子[19]
麻美の妹。車を運転し麻美を送る。4周目の人生の麻美は秀才になっていたため、姉と比較され苦労している。
斎藤工か、ほぼ斎藤工としか結婚しないと言っていたが、父親似の中山賢治と結婚することになる。
近藤久美子(こんどう くみこ)
演 - 中島ひろ子[4]
麻美の母親。
原田信博
演 - 綾田俊樹[4](第3話・第5話・第7話・第9話)
麻美の祖父。当初は2016年に病死していたが、その死因が2周目に薬剤師になった麻美の知識で併用してはいけない薬の誤飲と判明する。3周目の人生の麻美にはテレビドラマの制作で得た知識、4周目の人生の麻美には医学部卒の助言、5周目の人生の麻美には航空学校の生徒の体調管理の知識という形で併用誤飲から救われて、正しく処方された薬で改善し2024年の遥の結婚式に参加している。
原田サチ
演 - 松金よね子[4](第3話・第5話・第7話・第9話)
麻美の祖母。

市役所の人々(1周目)[編集]

1周目の麻美の人生での職場「北熊谷市役所」の同僚たち。

河口美奈子(かわぐち みなこ)
演 - 三浦透子[15](第1話・第8話・最終話)
麻美の後輩。タイムリーパーで麻美が4周目の人生の時、8周目の人生を送っていた。
麻美が2周目以降市役所に現れなくなった為、彼女がタイムリーパーであることに気付いていた。
2周目以降の人生では、1周目の人生をトレースし続けている[注 7]
麻美の5周目の人生では「日本ジェットスカイ」のCAに就職している。添乗する937便の機長・中村が愛人を搭乗させていると知り、前の人生で市役所職員の頃に中村からクレームを受け嫌な思いをしていたことから中村の妻に愛人の件を密告。
妻に問い詰められた中村は937便をキャンセルすることになり、図らずも麻美が代わりに機長を務めることになる[注 8]
3年後、時間が不規則で馴染めないとCAを辞め、慣れ親しんだ市役所の職員に再就職して麻美と同僚になる[注 9]
谷口裕二
演 - 竹森千人[4](第1話・第2話・第4話)
国保年金課・課長。麻美の上司。2周目の人生の麻美が偶然三田が電車で痴漢に間違われる現場に遭遇し、その時の痴漢の真犯人であった。痴漢騒動の様子を撮影した動画を麻美が警察に提出したため、懲戒解雇される。3周目の麻美の人生では、麻美が三田を別の車両に連れていったので、痴漢の現行犯で連行された。
緑山春菜(みどりやま はるな)、生田美樹(いくた みき)
演 - 佐々木史帆[4]冨手麻妙[4](第1話・第3話)
麻美の同期。

薬局の人々(2周目)[編集]

2周目の麻美の人生での職場「ニシカ薬局」上元町支店[注 10]の同僚たち。

宮岡徹
演 - 野間口徹[4](第3話・第5話・第7話・第9話)
麻美の同僚。別名・ギョウ虫。麻美の友達である玲奈と不倫していたが、麻美が玲奈に既婚者とバラしたため不倫関係を解消される。その後玲奈により二人きりの時には赤ちゃん言葉で話しかけたり、自分の写真を送ってくることを暴露される。
3周目、4周目の人生の麻美が夢庵で玲奈との接触を防げなかったことから、薬局の出勤時に麻美に直接押しかけられ連絡先交換の際に結婚指輪を外していたことを指摘された上、玲奈に手を出すなと釘を刺される。更に朝一番に出社したら薬局の鍵を人が開けるのを待たず、自分で開けるように注意される。
5周目の麻美の人生では、6周目の人生の真里も加わり夢庵で釘を刺され不倫関係になることを阻まれる。
下川祐美[注 11]
演 - 川面千晶[4](第3話)

「薬剤師は白衣じゃなくて黒衣にした方がいいんじゃない」と麻美に告げるが下川の白衣には漆黒のシミがある。

テレビ局の人々(3周目)[編集]

3周目の麻美の人生での職場「日本テレビ」で関わる人たち。

臼田あさ美
演 - 臼田あさ美[20](本人役、第4話 - 第6話)
麻美がAP(アシスタント・プロデューサー)として関わったドラマ『Woman』と『家売るオンナ』の出演女優。
食事を共に取るなど親交を深めており、麻美のプロデューサーデビュー作・水曜ドラマ『ブラッシュアップライフ』で主人公を演じる。
塚地武雅
演 - 塚地武雅[20](本人役、第4話・第9話)
麻美がAPとして関わったドラマ『花咲舞が黙ってない』の出演俳優。5周目の人生の小学生の麻美の夢の中に登場する。
仲村トオル
演 - 仲村トオル[20](本人役、第5話)
麻美がAPとして関わったドラマ『家売るオンナ』の出演俳優。麻美の妄想の中で、照明の金森を音声の吉田さんと間違える。

医学部研究室の人(4周目)[編集]

4周目の麻美の人生での職場「東央大学医学部研究室」で関わる人。

鶴野多江
演 - 山田真歩[4](第8話・第9話)
麻美の東央大学医学部研究室の先輩。顕微鏡を使用後、ピントを直さないポスドクの松田について麻美と学食で愚痴を言い合う。
5周目の人生の麻美が、4周目のときの研究で発見した細菌が見つけられずに命を救えなくなる人が現れるかもしれないと気付き研究内容を彼女に伝えようとするが、既に研究室の誰かが細菌を発見していたため取り越し苦労に終わった。

航空会社の人々(5周目)[編集]

5周目の麻美の人生での職場である航空会社「日本ジェットスカイ」で関わる人たち。

中村真一
演 - 神保悟志[4](第9話・最終話)
麻美と真里の先輩。機長。北熊谷出身で麻美や真里たちと同郷。5周目の人生の真里が航空事故を回避しようと航路変更を試みるが、変更理由に納得せず認めなかったため、墜落事故に遭う。
5周目の人生の麻美が機長として搭乗することを希望していた運命の937便にブッキング済みで、フライトの間隔が空きすぎて空港資格が失効することを理由に彼女との交代を拒む。フライトを回避させるために腹下しの薬を麻美から盛られるところであったが、タイムリーパーの河口美奈子が「日本ジェットスカイ」のCAに就職しており、彼女の前の人生で市役所でクレームをつけていた恨みから愛人を搭乗させていることを妻に密告され、妻に問い詰められフライトをキャンセルする。
堀口聡子
演 - 江口のりこ[4](第9話・最終話)
麻美と真里の同僚。パイロットのシフトを調整するスケジューラー。運命の937便に麻美を機長にブッキングしてもらうはずが、中村が既に機長にブッキング済で自分の権限では変更できないと告げる。

保育園時代の麻美の関係者[編集]

池脇洋子(いけわき ようこ)
演 - 中田クルミ[4](第1話 - 第3話・第6話)
保育士。1周目の麻美の人生では玲奈の父親からアプローチを掛けられ、不倫関係となり、途中で保育園を去っている。
玲奈の父親
演 - 勢登健雄[4](第1話 - 第3話・第6話)
1周目の麻美の人生では、洋子先生と不倫し、妻と離婚している。
2 - 3周目の麻美の人生で、徳を積む目的の麻美にポケベルのメッセージで不倫を妨害され[注 12]、妻との離婚が回避されている。
4周目の麻美の人生では、ポケベルのメッセージを送るのが面倒になった麻美から洋子先生に直接「不倫しないように」と訴えられたため、不倫を阻止される。

死後案内所[編集]

受付係
演 - バカリズム[21](第1話・第3話・第6話 - 第8話)
死後の世界の案内人。亡くなってしまった麻美に、来世で南米・グアテマラのオオアリクイに生まれ変わるか、今世をやり直して徳を積み、違う生き物に生まれ変わる可能性を高めるか選択できると教える。
2周目の人生を終えた麻美に、亡くなりやすいイレギュラーな年齢があり、麻美の場合、それが30代であると教え、来世はインド太平洋のニジョウサバに生まれ変わると告げる。人により何度できるかは秘密だが、今世のやり直しは複数回可能なことを麻美に教える。
4周目の人生を終えた麻美に来世は人間に転生すると告げるが、麻美が5周目の人生に踏み込むと今回がやり直しの最後と伝える。

ゲスト[編集]

第1話[編集]

市民
演 - 矢嶋俊作[22]
市役所の国保年金課の窓口で麻美に悪態を付く。
警官
演 - 高木トモユキ[23](第3話)
深夜に公衆電話を探し徘徊する園児の麻美を見かけ声をかけるが、逃げられる。
真央、早苗
演 - 泉谷星奈[24](第6話)、吉田萌果[25](第6話)
保育園時代の麻美の同級生。一緒に「セーラームーン」ごっこをしようとするが、結果ほぼ鬼ごっこになってしまう。

第2話[編集]

駅員
演 - 入江甚儀[26](第4話)
麻美が三田の痴漢騒ぎに遭遇した時の駅員。
北熊谷市長
演 - 森永徹[27](第4話・第7話 - 第9話)
平成22年の麻美の成人式の式典で挨拶する。
ヤンキー
演 - 拓夢[4](高校生時代:上野凱[4])(第4話・第7話 - 第9話)
北熊谷市の成人式で壇上に昇り酒を飲んで暴れる。1周目の人生の宇野真里と同じ高校出身であった。
患者
演 - 田野良樹[28]
薬局で麻美が応対した患者。時間がかかりすぎるとクレームを入れる。
塩見まどか、小島乃亜、望美
演 - 深尾あむ[29](第4話・第8話)、荒川ひなた[30](第4話)、和泉詩[31](第4話)
麻美の高校の時のクラスメイト。まどかに彼氏が出来たので、クラスで「囲み取材」を行う。
薬学部の女学生
演 - 堀かおり[32]
麻美の2周目の人生で、西埼玉大学・薬学部学生時代の友達。
痴漢された女性
演 - 芦原優愛[33](第4話)
市役所の谷口課長に痴漢された被害者。

第3話[編集]

前野朋哉
演 - 前野朋哉[34](本人役、第6話)
本作と同時期に放送されている水曜ドラマ『リバーサルオーケストラ』に「土井琢郎」役で出演中の俳優。麻美にとっては彼を見るたびに亡くなってしまうリスクが高い。
2周目の人生で、昼食を取るため自転車に乗った麻美は、偶然通りかかった彼のロケに気を取られ、交差点を見ないで横断し自動車事故で亡くなる。
3周目の麻美の人生では、彼女のプロデュース作『ブラッシュアップライフ』に冴島という役で出演している。
4周目の人生では広告として登場している。
薬剤師
演 - 簑輪裕太(第5話)
「杉浦薬局」の薬剤師。信博に飲み合わせで適切でない薬を処方していたことを詫びる。

第4話[編集]

『Woman』の制作スタッフ
メイキング
演 - 佐藤太助[35]
メイキング撮影のスタッフ。
助監督
演 - 西中ひさあき[36]
『花咲舞が黙ってない』の制作スタッフ
茂山雅紀
演 - BOB[37]
チーフ助監督。
長山純一
演 - 岩永ひひお[38]
撮影部。
岩田恵子
演 - 金子ゆい[39]
録音部。
金森大輔
演 - 佐藤まんごろう[40](第5話)
照明部。『家売るオンナ』の照明。仲村トオルに音声の吉田さんと間違われる麻美の妄想に登場する。
宇多川誠
演 - 山口森広[41]
制作部。ロケバス手配など、抜け道を知り尽くしており、東名高速で塚地の乗った車が渋滞に巻き込まれた時、用賀で降りて多摩川の土手道を使えばいいと麻美にアドバイスする。
その他スタッフ
演 - 中野深咲[42]、藤田啓介[43]、宮島はるか[44]、荒木誠[45]
笹野香織、役名不明
演 - 吉田芽吹[46]篠原美紀[47]
3周目の人生で、麻美の西埼玉大学・文学部での友人。

第5話[編集]

小田
演 - 横内亜弓[48]
日本テレビでの麻美の上司。『家売るオンナ』のプロデューサー。12時ごろに出社する。
助監督
演 - 岡部尚[40](第6話)
『家売るオンナ』の助監督。
脚本家(今井翔平[49])、監督
演 - 阿部翔平[50]鈴木隆仁[51](第6話)
麻美が企画したドラマ『ブラッシュアップライフ』の脚本会議で、ベースとなる麻美のやり直し人生を地味と判断し、多くの人々を救うドラマチックな内容に脚本をブラッシュアップする。
仲村
演 - 佐々木春香[52](第6話)
『ブラッシュアップライフ』のAP。ドラマの番手(キャストの記載順)を決める作業が難航している麻美に声をかける。
りんごちゃん
演 - りんごちゃん[53](本人役)
麻美が自宅アパートで玲奈の連絡先を調べていたときにテレビで放送されていた『りんごちゃんの大将飯』の出演者。武田鉄矢の物まねをする。
向里屋春奈(むりや はるな)
演 - 上地春奈[54]
俳優事務所「株式会社HOTATE」のマネージャー。所属俳優・泉祐介を売り込むため、彼が出演する3時間の舞台『ダンシングボウイ』の観劇を麻美に勧める。
山本(やまもと)
演 - 佐藤玲[55](第6話)
ラウンドワンのバイト店員。福田(ふくちゃん)経由で玲奈の連絡先を入手しようと麻美が地元のラウンドワンを訪れた際の店員。福田はシフトに入っていないと麻美に教え、電話で連絡してもらうが、彼と連絡がつかなかった。離婚後の福田と交際していたことが福田本人の口から麻美に語られている。
夢庵の店員
演 - 名取えりか[56]
玲奈と宮岡の再会を阻止するために麻美が訪れた夢庵の店員。長居する麻美が注文したメニューを提供する度に「ごゆっくりどうぞ」と声をかける。

第6話[編集]

川端 役、黒幕 役
演 - 古川康[57]矢柴俊博[58]
麻美のプロデュース作『ブラッシュアップライフ』の出演者。
主婦
演 - 小林千里[57]
4周目の人生にて朝の路上で麻美が挨拶するゴミ出しに向かう主婦。
望月舞
演 - 増田光桜[59][60]
麻美の小学生時のクラスメイト。

第7話[編集]

中山賢治
演 - 田村健太郎[4](第9話・最終話)
遥の彼氏。近藤家へやって来るため結婚の挨拶かと思われたが、遥の購入した棚を組み立てることが目的であった。その後、遥と結婚する。
5周目の人生の麻美がパイロットを辞めたころには遥との間に娘が生まれている。

第9話[編集]

教師
演 - 緒方ありさ[61]
麻美の小学1年生時の担任教師。
大貫、佐伯、小林
演 - 小山弘訓[62]
航空学校の面接官。5周人生を回った真里がリサーチ済で、面接官別の攻略方法を研究し尽くしていたことから、麻美は完璧な受け答えにより面接をパスする。
高橋、広川
演 - 大津尋葵[63]、星川愁[64]
麻美と真里の航空学校の同期生。「ツボられる(厳しい教官に怒られる)」という航空業界特有の用語で会話する。
巡査
演 - 中村公隆
駅前で路上ライブしていた福田(ふくちゃん)に、駅前はライブ禁止だと注意に訪れる。
鈴木泰子(すずき やすこ) / すーさん
演 - 近藤春菜(写真出演)[65](最終話)
掲示板に選挙ポスターが貼られている、北熊谷市の市議会議員で同市議選の立候補者。明政党所属。
25年前、ラウンドワンで夏希(なっち)とクレーンゲームで遊んでおり、でっかいポッキーをゲットしている。
高城(たかぎ)
演 - 浅野忠信[4](最終話)
フライトに向かう麻美と真里を見つめる男。2周目のタイムリーパーで、復縁を考える離婚した元妻が台北行937便の事故で亡くなったことから、航路を変更するよう二人に伝えにくる。タイムリーパーなのに離婚を回避できなかったことと、自らタイムリーパーと名乗ることをダサいと麻美や真里に陰で馬鹿にされる。

最終話[編集]

遥の子ども
演 - 本田涼香[66]
遥と賢治の娘。
遥の孫
演 - 愛由
遥と賢治の孫娘。
市民
演 - 内藤トモヤ[67]
5周目の人生で市役所に再就職した麻美にクレームをつける。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル[69] ラテ欄[70] 演出 視聴率[71]
第1話 1月08日 2周目の人生スタート 脚本バカリズム!
人生を赤ちゃんからやり直す
水野格 5.7%
第2話 1月15日 あの人の未来を変える 脚本バカリズム!
2周目の人生は徳を積む
6.3%
第3話 1月22日 1周目で死んだ日 脚本バカリズム!
1周目で死んだあの日に奇跡が起こる
5.2%
第4話 1月29日 そういう運命 脚本バカリズム!
人生3周目はテレビ局勤務
6.4%
第5話 2月05日 徳を積み直す 脚本バカリズム!
人生3周目… ドラマプロデューサー編
狩山俊輔 6.3%
第6話 2月12日 救世主 脚本バカリズム!
人生3周目で緊急事態! テレビ局編完
5.9%
第7話 2月19日 変わりゆく日常 脚本バカリズム!
4周目はエリートになる
松田健斗 6.5%
第8話 2月26日 ずっと一緒 脚本バカリズム!
衝撃展開! 明かされるもう一つの人生!
水野格 6.8%
第9話 3月05日 最後の人生 脚本バカリズム!
最終章! 幼馴染み救いたい… 最後の人生はパイロット
7.1%
最終話 3月12日 帰る場所 脚本バカリズム!
巡り巡った人生の終着点とは? 最後に帰る場所
6.1%
平均視聴率 6.2%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

受賞[編集]

挿入歌・エンディング曲[編集]

平成の名曲が、挿入歌やエンディング曲として用いられている。

ブラッシュアップライフ エンディング曲
話数 曲名 アーティスト名 リリース年
第1話 ポケベルが鳴らなくて 国武万里 1993年
第2話 僕が一番欲しかったもの 槇原敬之 2004年
第3話 ファイト! 中島みゆき 1994年
第4話 やさしくなりたい 斉藤和義 2011年
第5話 恋のメガラバ マキシマム・ザ・ホルモン 2006年
第6話 (夕焼けチャイム)[注 13]
第7話 Secret base〜君がくれたもの〜 ZONE 2001年
第8話 笑えれば ウルフルズ 2002年
第9話 Best Friend Kiroro 2001年
第10話 Hello, Again 〜昔からある場所〜 My Little Lover 1995年

スピンオフドラマ[編集]

ブラッシュアップライフ アナザーストーリー』のタイトルで、動画配信サービス「Hulu」にて、3月5日の第9話放送終了後から配信中[77]

キャスト(スピンオフ)[編集]

  • 加藤直人 - 宮下雄也(#1)[77]
  • 近藤麻美 / あーちん - 安藤サクラ[78](#5)、幼少期:永尾柚乃[77](#1、#2)、小学時代:和田愛海[78](#8)
  • 門倉夏希 / なっち - 夏帆[77](#2、#5、#6)
  • 米川美穂 / みーぽん - 木南晴夏[77](#2、#5、#6)
  • 宇野真里 / まりりん - 水川あさみ(#5、#7)、小学生時:板垣樹[78](#8)
  • 臼田あさ美 - 臼田あさ美[77](#2)
  • 島本加奈子 / ぺーたん - うらじぬの[77](#3)
  • 丸山美佐 / ごんちゃん - 野呂佳代[77](#3、#4)
  • 鈴木泰子 / すーさん - 近藤春菜[78](#6)
  • 受付係 - バカリズム[78](#7)
  • 福田俊介 / ふくちゃん - 染谷将太[78](#9)

スタッフ(スピンオフ)[編集]

  • 脚本 - バカリズム[77]
  • 音楽 - fox capture plan[77]
  • 演出 - 松田健斗[77]
  • プロデューサー - 小田玲奈、榊原真由子、柴田裕基(AX-ON)、鈴木香織(AX-ON)[77]
  • チーフプロデューサー - 三上絵里子[77]
  • Hulu - 茶ノ前香、渋谷昌彦、荒井智美[77]
  • 企画協力 - マセキ芸能社[77]
  • 制作協力 - AX-ON[77]
  • 製作著作 - 日本テレビ[77]

配信日程[編集]

各話 配信日 サブタイトル
#1 3月05日 加藤の粉雪
#2 3月10日 あーちんのBest Friend
#3 ペーたんのFirst Love
#4 ごんちゃんのStory 
#5 3月12日 みーぽんのbirthday
#6 すーさんのif
#7 まりりんのCross Road
#8 2人のDestiny
#9 福ちゃんのアイラブユーが世界を救う

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 死後の案内人から見せられたムラサキウニの写真を見て「これ、食材としての写真ですよね?」と述べた後、案内人の説明を受けて「生きたままとか、新鮮とかいうのも食材としての言葉ですよね?」と苦情を言っている。
  2. ^ 着用していた腕時計(フランクミュラー)もグレードダウンしている。
  3. ^ 4周目の麻美の人生では麻美が学年1位の優等生になり生徒会長も務めたため真里は副会長になっている。
  4. ^ 麻美にタイムリーパーと告白する前にも、プリクラ撮影時に、その当時まだ使われていなかった「盛っている」という言葉を使ったり、社名を変更する前のジャスコのことをイオンと呼ぶなどして麻美にカマをかけて確認していた。
  5. ^ この件について、麻美からは「海のゴキブリじゃん」と言われている。
  6. ^ 937便のフライト終了後、台北のレストランでの会話中、夏希からは「まっさん」と呼ばれている。
  7. ^ 1周目の麻美の人生で、彼女は ”To tell the truth, I’m coming back to life many many times.”(実は、私は何度も何度も生き返っている)と書かれた白いパーカーを着用している。
  8. ^ これを知った麻美は「あんた救世主だよ」と河口に述べ、心の中で「おそらく、170年の人生の中で1番のスーパーファインプレー」と思っていた。
  9. ^ この時、彼女は ”Go to Hometown” ”After all, I love this only the most, not to mention my friends.”(「地元に戻ろう」「言うまでもないが、結局ここが一番落ち着く」)と書かれた白いパーカーを着用している。
  10. ^ 当初、麻美は「西仲町支店」に電車勤務していたが、「上元町支店」に転勤し、自転車通勤になる。
  11. ^ 第3話の放送では、「下川裕美」の名札を付けていた。
  12. ^ 洋子先生に渡していたポケベルの電話番号をゲットした麻美に「フリン シタラ バラス」と公衆電話からメッセージを送信されている。
  13. ^ 字幕では「夕焼け小焼け」と表記されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 安藤サクラ、民放連ドラ初主演 バカリズム脚本『ブラッシュアップライフ』放送決定”. Real Sound|リアルサウンド 映画部. blueprint (2022年11月13日). 2022年11月13日閲覧。
  2. ^ a b c 田中直樹&志田未来、『ブラッシュアップライフ』に安藤サクラの家族役で出演決定”. Real Sound|リアルサウンド 映画部. blueprint (2022年12月11日). 2022年12月11日閲覧。
  3. ^ "【出演情報】リトルスタークラス 龍野七海 NTV日曜ドラマ「ブラッシュアップライフ」麻美(幼児)役 1月8日 22:30〜". What's New. ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー. 8 January 2023. 2023年2月12日閲覧
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 相関図”. 日曜ドラマ「ブラッシュアップライフ」. 日本テレビ. 2023年12月29日閲覧。
  5. ^ 石原ヒロコ - シニアリストモデルエージェンシー株式会社
  6. ^ a b 『ブラッシュアップライフ』安藤サクラの親友役に夏帆&木南晴夏【コメントあり】”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年12月3日). 2022年12月3日閲覧。
  7. ^ 橘 侑希|シニアモデル専門事務所”. seniorlists.co.jp. 2023年3月12日閲覧。
  8. ^ 内藤 律子|シニアモデル専門事務所”. seniorlists.co.jp. 2023年3月12日閲覧。
  9. ^ a b 松坂桃李が安藤サクラの元カレ役で「ブラッシュアップライフ」出演、染谷将太は同級生”. 映画ナタリー. ナターシャ (2022年12月6日). 2022年12月6日閲覧。
  10. ^ 水川あさみ:安藤サクラ主演「ブラッシュアップライフ」で“謎の女性”として登場”. MANTANWEB(まんたんウェブ). MANTAN (2023年1月22日). 2023年1月23日閲覧。
  11. ^ 『ブラッシュアップライフ』“謎の女”水川あさみの正体が判明! 麻美のタイムリープも見抜く”. クランクイン!. ブロードメディア (2023年2月19日). 2023年3月11日閲覧。
  12. ^ 仙石 みよ子|シニアモデル専門事務所”. seniorlists.co.jp. 2023年3月12日閲覧。
  13. ^ 「ブラッシュアップライフ」黒木華の豹変ぶりが話題「想像の斜め上」「スッキリした」”. モデルプレス. ネットネイティブ (2023年1月23日). 2023年1月23日閲覧。
  14. ^ スペースクラフトジュニア [@spacecraftjr_official] (2023年1月13日). "1月15日(日)22時30分オンエアの日本テレビ「ブラッシュアップライフ」2話に出演させていただきます🎉ぜひご覧ください! #ブラッシュアップライフ #2話 #本屋碧美 #スペースクラフト #スペースクラフトジュニア". Instagramより2023年1月15日閲覧
  15. ^ a b c 市川由衣&野呂佳代、安藤サクラの“同級生”役、三浦透子は職場の先輩に 『ブラッシュアップライフ』追加キャスト”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年12月18日). 2022年12月18日閲覧。
  16. ^ ブラッシュアップライフ:第2話 “麻美”安藤サクラ、徳を積む”. MANTANWEB. MANTAN (2023年1月14日). 2023年1月15日閲覧。
  17. ^ ブラッシュアップライフ【公式】1月スタート新日曜ドラマ [@brushuplife_ntv] (2022年12月24日). "#クリスマスイブ🎄 にタイムリープ⁉️仲良し姉妹がコラボ👭 #キャイ〜ン #やってみた。#似てる😆 #かわいい🥰 #オトナ麻美と遥 #安藤サクラ #志田未来 #コドモ麻美と遥 #安原琉那 #石塚月雪 #クリスマス #MerryChristmas #ブラッシュアップライフ #日テレ 1月8日よる10時30分スタート📺". Instagramより2023年1月8日閲覧
  18. ^ ブラッシュアップライフ【ドラマ公式】 [@brushuplife_ntv] (2023年2月5日). "#ブラッシュアップライフ ⏰【第5話】今夜10時30分放送‼️ 近藤姉妹から👭動画でタイムリープ! スペシャルメッセージ🎥😆💕小学生麻美&チビ遥のマネするオトナ麻美&遥😂撮れたてホヤホヤ♨️可愛すぎる〜😍告知動画🎁 #安藤サクラ #志田未来 #和田愛海 #佐々木明杏 📚脚本 #バカリズム". X(旧Twitter)より2023年2月7日閲覧
  19. ^ (有)希楽星 [@kiraboshichan] (2023年3月13日). "✨ 出演情報 ✨#ブラッシュアップライフ 最終話 遥おばあちゃん役で #加藤美智子 が出演しております。ぜひ #TVer または #Hulu でご覧ください!! #ブラッシュアップライフ最終話". X(旧Twitter)より2023年3月13日閲覧
  20. ^ a b c 『ブラッシュアップライフ』臼田あさ美&仲村トオル&塚地武雅が本人役出演 安藤サクラは3周目の人生で“日テレの社員”に…”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年1月22日). 2023年1月23日閲覧。
  21. ^ 安藤サクラが死後の世界でバカリズムに出会う 『ブラッシュアップライフ』本編映像初公開”. Real Sound|リアルサウンド 映画部. blueprint (2022年12月12日). 2022年12月12日閲覧。
  22. ^ "矢嶋俊作". ケイエムシネマ企画. 2023年1月8日閲覧
  23. ^ お巡りさん”. 高木トモユキ オフィシャルブログ「TOMO315」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2023年1月9日). 2023年1月15日閲覧。
  24. ^ 泉谷星奈(いずたにらな) [@i_rana_ta] (2023年1月7日). "ラナちゃんからのお知らせです👧🏻📺明日1月8日(日)よる10時30分スタート日テレ系新日曜ドラマ『ブラッシュアップライフ』1話に主演の安藤サクラさん演じる近藤麻美の保育園時代の同級生 真央役で出演します👧🏻平凡な女性が平凡な人生をもう一度"赤ちゃんから"やり直す…タイムリープヒューマンコメディ⏰🍼🕊✨是非ご覧ください♪". Instagramより2023年1月8日閲覧
  25. ^ 吉田萌果 - スマイルモンキー
  26. ^ 入江甚儀 [@jingi_irie] (2023年1月10日). "「#ブラッシュアップライフ」第2話 駅員役で出演させて頂いております🚃「お前はまだグンマをしらない」の監督 水野さんと久々にお仕事できて嬉しかったです!🍡". X(旧Twitter)より2023年1月15日閲覧
  27. ^ "森永徹". ケイエムシネマ企画. 2023年1月15日閲覧
  28. ^ "田野良樹". ケイエムシネマ企画. 2023年1月15日閲覧
  29. ^ 深尾あむ [@amufukaofficial] (2023年1月15日). "バカリズムさん脚本、安藤サクラさん主演のNTVドラマ「ブラッシュアップライフ」第2話に出演させていただきます。塩見まどか役です、今日22時〜 是非🫣 @brushuplife_ntv". X(旧Twitter)より2023年1月15日閲覧
  30. ^ 荒川ひなた [@hinata_arakawa0209] (2023年1月15日). "【お知らせ】日本テレビ日曜ドラマ「#ブラッシュアップライフ」の2話に小島乃亜役で出演させていただきました! 眼鏡姿のひなを見つけてくれた方はいたかな、、?👓放送後のお知らせになってしまいごめんなさい #TVer で無料見逃し配信もあるのでぜひ🫶 #日本テレビ#日テレ#1月期ドラマ#日曜ドラマ#荒川ひなた". Instagramより2023年1月15日閲覧
  31. ^ スターダストプロモーション制作3部【公式】 [@SD3info] (2023年1月15日). "【#和泉詩】TV出演情報📺❇️日本テレビ系日曜ドラマ「#ブラッシュアップライフ」第2話 1月15日(日)よる10時30分から @brushuplife_ntv #日テレ #スターダストプロモーション". X(旧Twitter)より2023年1月15日閲覧
  32. ^ "堀かおり". CAROTTE キャロット. 2023年1月15日閲覧
  33. ^ 芦原優愛 [@yua_ashihara] (2023年1月16日). "昨夜の #ブラッシュアップライフ 第2話 痴漢された女性役で、少し出演させていただきました。来週からも楽しみなドラマ☺️ TVerで見逃し配信もされています! もちろんお気に入り登録済み。". X(旧Twitter)より2023年1月18日閲覧
  34. ^ 前野朋哉、異例の本人役で日曜ドラマ出演 水曜ドラマを“撮影中シーン”で登場「俳優人生の中でも演じたことのない難役」”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年1月20日). 2023年3月11日閲覧。
  35. ^ 佐藤太助 - グリーンメディア
  36. ^ 西中ひさあき - 株式会社ワイケーエージェント
  37. ^ BOB [@BOB818bob] (2023年1月29日). "今夜22:30放送『#ブラッシュアップライフ』第4話 茂山役で出演します! 是非ご覧下さいませ!". X(旧Twitter)より2023年1月31日閲覧
  38. ^ 岩永ひひお [@hihio_iwanaga] (2023年1月29日). "本日、1月29日(日)22時30分から日本テレビ 日曜ドラマ「ブラッシュアップライフ」4話 放送です。麻美の、3週目の人生はどんな展開になるのでしょうか! 夜のお供に是非っ!…". Instagramより2023年2月12日閲覧
  39. ^ 金子ゆい”. ケイエムシネマ企画. 2023年2月3日閲覧。
  40. ^ a b ブラッシュアップライフ【ドラマ公式】 [@brushuplife_ntv] (2023年2月5日). "#ブラッシュアップライフ 放送中…". X(旧Twitter)より2023年2月7日閲覧
  41. ^ 劇団・ONEOR8 [@oneor8_kousiki] (2023年1月24日). "【📣出演情報】山口森広が、宇多川役で出演します。日テレ系 日曜ドラマ「ブラッシュアップライフ」1月29日よる10時30分〜放送! 是非、ご覧ください!". X(旧Twitter)より2023年1月31日閲覧
  42. ^ グリーンメディア [@infogleanmedia] (2023年1月23日). "≪出演情報≫【佐藤まんごろう】【佐藤太助】【道仙拓真】【島田美希】【中野深咲】NTV「ブラシュアップライフ」4話 2023年1月29日(日)22:30~". X(旧Twitter)より2023年1月31日閲覧
  43. ^ "藤田啓介". ケイエムシネマ企画. 2023年1月31日閲覧
  44. ^ 宮島はるか [@HxRxK000] (2023年1月29日). "本日放送のブラッシュアップライフ#4に出演しておりました!". X(旧Twitter)より2023年1月31日閲覧
  45. ^ "荒木誠". ケイエムシネマ企画. 2023年1月31日閲覧
  46. ^ Mebuki Yoshida [@mebukiti] (2023年1月24日). "【#吉田芽吹】出演情報 日テレ「ブラッシュアップライフ」第4話 笹野香織 役 1/29(日) 22:30〜放送 面白いですよね。毎週楽しみにしてる視聴者の一人です。素敵なドラマに参加できて光栄でした。第4話にちろりと出演しております。". Instagramより2023年1月31日閲覧
  47. ^ 篠原美紀 - キャロット
  48. ^ 日本テレビ「ブラッシュアップライフ」5話出演!”. ステッカー (2023年1月30日). 2023年2月7日閲覧。
  49. ^ ブラッシュアップライフ【ドラマ公式】 [@brushuplife_ntv] (2023年2月11日). "#ブラッシュアップライフ…". X(旧Twitter)より2023年2月11日閲覧
  50. ^ 【ドラマ】日本テレビ「ブラッシュアップライフ」”. 舞夢プロ (2023年2月3日). 2023年2月7日閲覧。
  51. ^ 中野笑店公式♪ [@nakanoshowten27] (2023年2月5日). "2/5(日)夜放送…". X(旧Twitter)より2023年2月7日閲覧
  52. ^ 佐々木 春香”. ノックアウト. 2023年2月7日閲覧。
  53. ^ ブラッシュアップライフ【ドラマ公式】 [@brushuplife_ntv] (2023年2月5日). "#ブラッシュアップライフ 放送中…". X(旧Twitter)より2023年2月7日閲覧
  54. ^ ☆ブラッシュアップライフメモリアル☆”. 上地春奈オフィシャルブログ「いちゃりばちょ~でぇ~」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2023年2月6日). 2023年2月7日閲覧。
  55. ^ 佐藤玲(りょう)と、ぶぶさま [@ryosato19920710] (2023年2月5日). "オンエアでびっくりしてもらいたくて言えなかったー!!!…". X(旧Twitter)より2023年2月7日閲覧
  56. ^ 【名取えりか】NTV「ブラッシュアップライフ」5話 出演”. Quick. 2023年2月7日閲覧。
  57. ^ a b "【小林千里・古川康 出演情報】NTVドラマ『ブラッシュアップライフ』6話に、小林千里・古川康が出演いたします。2月12日(日)よる10時30分~ よろしくお願いいたします。". 株式会社ケイエムシネマ企画. facebook. 9 February 2023. 2023年2月12日閲覧
  58. ^ ブラッシュアップライフ【ドラマ公式】 [@brushuplife_ntv] (2023年2月12日). "⏰ #ブラッシュアップライフ 放送中📺麻美プロデュースのドラマ『ブラッシュアップライフ』で共演✨オフショット📸#臼田あさ美 #矢柴俊博 #日テレ #リアタイ". X(旧Twitter)より2023年2月12日閲覧
  59. ^ "増田光桜 日曜ドラマ「ブラッシュアップライフ」望月舞役". タレント出演情報. オスカープロモーション子供部. 2023年2月12日閲覧
  60. ^ ブラッシュアップライフ【ドラマ公式】 [@brushuplife_ntv] (2023年2月11日). "\5話オフショット/…". X(旧Twitter)より2023年2月12日閲覧
  61. ^ 緒方ありさ [@arisaaan17] (2023年2月27日). "【出演情報】 3月5日(日) 夜10時30分〜 日本テレビ系『ブラッシュアップライフ』第9話 に出演しています。 ドンピシャ世代過ぎて毎話楽しみに観ている作品。昨日の8話の展開でますます目が離せなくなりました。ものがたりも佳境です。是非。". X(旧Twitter)より2023年3月5日閲覧
  62. ^ "小山 弘訓|日本テレビ「ブラッシュアップライフ」". Photo Blog. 融合事務所. 3 March 2023. 2023年3月6日閲覧
  63. ^ DuckSoup [@DuckSoupProduce] (2023年3月5日). "【野間口徹・大津尋葵】TV出演情報 今夜放送! 日本テレビ「ブラッシュアップライフ」#9 2023年3月5日(日) 22:30~23:25". X(旧Twitter)より2023年3月6日閲覧
  64. ^ "【星川愁】NTV「ブラッシュアップライフ」9話 出演". News. 株式会社 Quick. 2023年3月6日閲覧
  65. ^ 『ブラッシュアップライフ』アナザーストーリー第3弾配信 麻美(安藤サクラ)ら豪華メンバー&幻の“すーさん”(近藤春菜)登場”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年3月12日). 2023年3月13日閲覧。
  66. ^ 本田涼香 - テアトルアカデミー
  67. ^ 内藤トモヤ”. ケイエムシネマ企画. 2023年3月13日閲覧。
  68. ^ 日テレ日曜ドラマ『ブラッシュアップライフ』の音楽をfox capture planが担当!”. fox capture plan. 2023年3月11日閲覧。
  69. ^ Hulu ブラッシュアップライフ
  70. ^ 該当各日 『読売新聞』 テレビ欄。
  71. ^ 安藤サクラ「ブラッシュアップライフ」最終話6・1% 飛行機事故を防ごうと奮闘する麻美”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2023年3月13日). 2023年3月13日閲覧。
  72. ^ 第115回ザテレビジョンドラマアカデミー賞”. ザテレビジョンドラマアカデミー賞. 2023年5月24日閲覧。
  73. ^ “日テレ「ブラッシュアップライフ」がATPテレビGPで「総務大臣賞」など2冠”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2023年6月23日). https://www.daily.co.jp/gossip/2023/06/23/0016506348.shtml 2023年6月23日閲覧。 
  74. ^ a b c "ドラマ「ブラッシュアップライフ」が東京ドラマアウォード"作品賞・連続ドラマ部門" グランプリ&"脚本賞(脚本家・バカリズムさん)"を W 受賞!さらにカンヌで TBI 主催『Content Innovation Awards 2023』にて"英語以外の新作ドラマ部門"グランプリを受賞!" (PDF). プレスリリース. 日本テレビ放送網株式会社. 27 October 2023. 2023年10月31日閲覧
  75. ^ MEET OUR 2023 SHORTLIST & WINNERS - Content Innovation Awards 2023
  76. ^ “「ブラッシュアップライフ」Asian Television Awardsで日本初の最優秀脚本賞 バカリズム「凄すぎて正直ピンと来ない」”. シネマカフェ (イード). (2024年1月26日). https://www.cinemacafe.net/article/2024/01/26/89684.html 2024年1月26日閲覧。 
  77. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『ブラッシュアップライフ』Huluオリジナル配信へ 加藤の「粉雪」ロングバージョンも”. Real Sound|リアルサウンド 映画部. blueprint (2023年3月5日). 2023年3月5日閲覧。
  78. ^ a b c d e f 「ブラッシュアップライフ」新たなアナザーストーリー配信、バカリズム&安藤サクラも登場”. お笑いナタリー. ナターシャ (2023年3月12日). 2023年3月13日閲覧。
  79. ^ 地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子【公式】 [@brushuplife_ntv] (2022年11月10日). "皆さん、お久しぶりです☺️ 「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」のアカウントですが、近日中に引き継ぎをいたします🙇‍♀️ 沢山の応援ありがとうございました。 次のドラマも地味にスゴイ…いや、派手にスゴイかも!? 楽しい情報をお届けしますので、引き続きフォローしていただけますと嬉しいです💓". X(旧Twitter)より2022年11月13日閲覧
  80. ^ 「ブラッシュアップライフ」で「舞いあがれ!」パロディ?柏木・アイラブユー…絶妙な“匂わせ”に反響殺到”. モデルプレス. ネットネイティブ (2023年3月6日). 2023年3月9日閲覧。
  81. ^ 萩原健也 [@kenyahagihara] (2023年3月6日). "#萩原慎一郎 歌集『#滑走路』をオマージュしている #舞いあがれ のパロディ「#ブラッシュアップライフ」。…". X(旧Twitter)より2023年3月11日閲覧

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 日曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
invert 城塚翡翠 倒叙集
(2022年11月20日 - 12月25日)
ブラッシュアップライフ
(2023年1月8日 - 3月12日)
だが、情熱はある
(2023年4月9日 - 6月25日)