invert 城塚翡翠倒叙集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
城塚翡翠シリーズ > Invert 城塚翡翠倒叙集
invert 城塚翡翠倒叙集
著者 相沢沙呼
イラスト 遠田志帆
発行日 2021年7月5日
発行元 講談社
ジャンル ミステリ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製
ページ数 434
前作 medium 霊媒探偵城塚翡翠
次作 invert II 覗き窓の死角
公式サイト bookclub.kodansha.co.jp
コード ISBN 978-4-06-523732-8
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

invert 城塚翡翠倒叙集』(インヴァート じょうづかひすいとうじょしゅう)は、相沢沙呼による小説。「城塚翡翠シリーズ」の第2作。

「泡沫の審判」が『小説現代』(講談社)の2021年1月号に掲載された後、「雲上の晴れ間」と「信用ならない目撃者」の中編2作が書下ろしで追加された上、2021年7月7日に講談社より刊行された。

タイトルに倒叙とあるように、予め読者に犯人を明かした状態で、主人公の城塚翡翠が事件を解明する構成で物語が展開される。

2022年11月に日本テレビ系日曜ドラマ」枠でテレビドラマ化された[1]

あらすじ[編集]

倒叙形式で予め読者に犯人を明かした状態で、翡翠が事件を解明する。

「雲上の晴れ間」
ITエンジニアの狛木繁人はIT技術でアリバイを偽装し、恨みを抱いた勤務する会社の社長・吉田直政を殺害するが、隣室に城塚翡翠が引っ越してきたことから完全犯罪に綻びが生じる。
「泡沫の審判」
小学校教師の末崎絵里は児童や教師の盗撮を繰り返す元用務員の田草明夫を殺害し落下事故に偽装するが、スクールカウンセラーの白井奈々子が赴任してきたことから事態が急転する。
「信用ならない目撃者」
元刑事の探偵・雲野泰典は自身の闇の部分を知った部下・曽根本を射殺する。元刑事の経験から完璧な証拠隠滅を図るが、目撃者・涼見梓が現れる。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

城塚翡翠(じょうづか ひすい)
主人公。霊媒で死者の言葉を伝えることができる美少女。

「雲上の晴れ間」[編集]

狛木繁人(こまき しげひと)
ITエンジニア。殺人犯。
吉田直政(よしだ なおまさ)
狛木が勤務する会社の社長。被害者。

「泡沫の審判」[編集]

末崎絵里(すえざき えり)
小学校の教師。殺人犯。
田草明夫(たぐさ あきお)
小学校の元用務員。被害者。
白井奈々子(しらい ななこ)
小学校に赴任してきたスクールカウンセラー。

「信用ならない目撃者」[編集]

雲野泰典(うんの やすのり)
元刑事の探偵。殺人犯。
曽根本(そねもと)
元暴力団員。雲野の部下。被害者。
涼見梓(すずみ あずさ)
拳銃を持つ雲野の目撃者。

書誌情報[編集]

  • 相沢沙呼『invert 城塚翡翠倒叙集』

オーディオブック[編集]

2022年6月21日よりオトバンクが運営するaudiobook.jpにて配信[3]。audiobook.jpのユーザー投票により決定する「オーディオブック大賞2022」で文芸部門の大賞を受賞した[4]

キャスト[編集]

テレビドラマ[編集]

invert 城塚翡翠 倒叙集
ジャンル テレビドラマ
原作 相沢沙呼
『invert 城塚翡翠倒叙集』
invert II 覗き窓の死角
脚本 佐藤友治
相沢沙呼(協力)
演出 菅原伸太郎
南雲聖一
伊藤彰記
出演者 清原果耶
小芝風花
田中道子
須賀健太
及川光博
音楽 Justin Frieden
エンディング 福山雅治「妖」
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
時代設定 2022年
製作
チーフ・
プロデューサー
田中宏史
石尾純
プロデューサー 荻野哲弘(統括)
古林茉莉
柳内久仁子(AX-ON
藤村直人(協力)
制作 AX-ON(協力)
製作 日本テレビ
放送
放送チャンネル日本テレビ系列
映像形式文字多重放送
番組連動データ放送
音声形式ステレオ放送
解説放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2022年11月20日 -
放送時間日曜 22:30 - 23:25
放送枠日曜ドラマ
放送分55分
公式サイト
番組年表
前作霊媒探偵・城塚翡翠
テンプレートを表示

invert 城塚翡翠 倒叙集』(インヴァート じょうづかひすい とうじょしゅう)と題し、2022年11月20日より日本テレビ系日曜ドラマ」枠で放送中[1]。主演は清原果耶[1]

原作には小説の続編となる『invert II 覗き窓の死角』を含む[5]

同年10月16日から11月13日まで放送された、同枠の前番組『霊媒探偵・城塚翡翠』からストーリー上直接つながる続編として、連続ドラマ史上初となるタイトルとビジュアルを一新した同一主人公による新ドラマとして制作される[6]

あらすじ(テレビドラマ)[編集]

キャスト[編集]

主要人物[編集]

城塚翡翠(じょうづか ひすい)
演 - 清原果耶
主人公。
千和崎真(ちわさき まこと)
演 - 小芝風花[1]
翡翠のパートナー。
鐘場正和(かねば まさかず)
演 - 及川光博[1]
警視庁捜査一課の警部
雨野天子(あまの てんこ)
演 - 田中道子[1]
警視庁捜査一課の巡査部長。鐘場の部下。
蛯名海斗(えびな かいと)
演 - 須賀健太[5]
警視庁捜査一課の刑事。天子の先輩。

ゲスト[編集]

第1話[編集]
吉田直政(よしだ なおまさ)
演 - 長田成哉[7]
IT関連会社「ジェムレイルズ」の社長。狛木のプロジェクトを何度も他社に売ったことを恨まれ、狛木に自宅で殺害される。犯行現場には、テーブルに「Cの字」の謎の痕跡が残されていた。
須郷(すごう)
演 - 井手麻渡[8]
「ジェムレイルズ」のエンジニア。吉田の死亡推定事故には、本社のサーバーがウェブ攻撃を受けシステムダウンしたので狛木と一緒に復旧作業をしており、自分はリモートで作業したが、セキュリティーの関係上、狛木だけは本社で作業をしていたと証言する。
狛木繁人(こまき しげひと)
演 - 伊藤淳史[7]
「ジェムレイルズ」のエンジニア。社長の吉田を風呂場での転倒事故に偽装して殺害し、殺害時刻にシステムダウンした本社のサーバーを本社で復旧する様子をリモートでともに復旧する同僚の須郷に見せるアリバイ工作をして、殺害と無関係を装う。
プログラムで会社のサーバーがシステムダウンしたように偽装しており、犯行現場の吉田宅のホワイトボードを背面に、本社で復旧作業を行っているフリをしてアリバイ工作したが、吉田宅のテーブルに残されたコップの底に付着していた吉田の服用する煎じた漢方薬の痕跡を、ノートパソコンの底面に付着させ「Cの字」にしてしまう失態を犯しており、そのことを翡翠の推理で突き止められ、吉田殺害を認める。
第2話[編集]
末崎絵里(すえざき えり)
演 - 星野真里[9]
小学校の教師。元用務員の田草を殺害する。
田草明夫(たぐさ あきお)
演 -
小学校の元用務員。
利根川(とねがわ)
演 - 渡辺慎一郎[10]
小学校の教頭。
古芝田(こもた)
演 - ちかまろ[11]
小学校の教師。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル[12] ラテ欄[13] 原作 脚本 演出 視聴率
#01 11月20日 雲上の晴れ間 探偵翡翠が完全犯罪を暴く新シリーズ 今夜スタート! 雲上の晴れ間 佐藤友治 菅原伸太郎 5.3%[14]
#02 12月04日(予定) 泡沫の審判 泡沫の審判 伊藤彰紀
#03 12月11日(予定) 南雲聖一
特別編 11月27日 invert 城塚翡翠 倒叙集 VS“透明な悪魔”[15] 伏線回収SP!
今夜(秘)仕掛けを新撮ドラマで初解説!!
medium 霊媒探偵城塚翡翠 菅原伸太郎
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
日本テレビ系列 日曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
霊媒探偵・城塚翡翠
(2022年10月16日 - 11月13日)
invert 城塚翡翠 倒叙集
(2022年11月20日 - )
ブラッシュアップライフ
(2023年1月 - (予定))

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 清原果耶「霊媒探偵・城塚翡翠」“連ドラ史上初”タイトル&ビジュアル一新 同一主人公の新ドラマ放送開始<invert 城塚翡翠 倒叙集>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2022年11月13日). 2022年11月13日閲覧。
  2. ^ 『invert 城塚翡翠倒叙集』(相沢 沙呼)”. 講談社BOOK倶楽部. 講談社. 2022年8月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o invert 城塚翡翠倒叙集”. audiobook.jp. 2022年9月26日閲覧。
  4. ^ ユーザーが選ぶ「オーディオブック大賞2022」が決定!『invert 城塚翡翠倒叙集』、『サイコロジー・オブ・マネー』『超訳 カーネギー 人を動かす』が各部門大賞に輝く|株式会社オトバンクのプレスリリース”. PR TIMES (2022年10月24日). 2022年10月24日閲覧。
  5. ^ a b c 清原果耶主演『城塚翡翠』タイトル一新し同一主人公の新ドラマ放送 犯人視点で推理を描く”. Real Sound映画部. blueprint (2022年11月13日). 2022年11月14日閲覧。
  6. ^ 新日曜ドラマ『invert 城塚翡翠 倒叙集』/『霊媒探偵・城塚翡翠』【公式】 [@hisui_ntv] (2022年11月13日). "連ドラ史上初❗️ タイトル&ビジュアル一新✨ 同一主人公による新ドラマ🎬 / 『invert 城塚翡翠 倒叙集』 11/20(日)夜10時30分スタート‼️ \…" (ツイート). Twitterより2022年11月13日閲覧
  7. ^ a b 伊藤淳史、『invert 城塚翡翠 倒叙集』第1話に犯人役で出演 「清原果耶さんは“天才”」”. Real Sound|リアルサウンド 映画部. blueprint (2022年11月18日). 2022年11月18日閲覧。
  8. ^ 井手麻渡 [@ideasato1204] (2022年11月20日). "本日放送のドラマ「invert城塚翡翠倒叙録」に出演しています。見逃した場合はTVerで放送後1週間観ることができます。よろしくお願いいたします😄 #城塚翡翠は今夜10時半から #城塚翡翠 #日テレ" (ツイート). Twitterより2022年11月20日閲覧
  9. ^ 星野真里『invert 城塚翡翠 倒叙集』で“バレてもいい犯人役”に初挑戦 清原果耶の存在感に賛辞「20歳であるのが信じられない」”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年11月26日). 2022年11月26日閲覧。
  10. ^ "休みの日の早起きはいい". 渡辺慎一郎オフィシャルブログ「日々是楽し」 powered by Ameba. サイバーエージェント. 27 November 2022. 2022年11月28日閲覧
  11. ^ "ドラマ出演のお知らせ。". ちかまろオフィシャルブログ「ナナイロレター」 powered by Ameba. サイバーエージェント. 28 November 2022. 2022年11月28日閲覧
  12. ^ ストーリー|invert 城塚翡翠 倒叙集|日本テレビ
  13. ^ 該当各日 『読売新聞』 テレビ欄。
  14. ^ invert 城塚翡翠 倒叙集:初回視聴率5.3% “翡翠”清原果耶が主人公の新ドラマ”. MANTANWEB. MANTAN (2022年11月21日). 2022年11月21日閲覧。
  15. ^ 『invert 城塚翡翠 倒叙集』特別編が11月27日に放送 壮大な伏線の数々が明らかに”. Real Sound|リアルサウンド 映画部. blueprint (2022年11月20日). 2022年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]

小説
テレビドラマ