ミステリが読みたい!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミステリが読みたい!』(ミステリがよみたい!)は、早川書房2007年に開始した推理小説ブック・ランキング

対象書籍・投票方法[編集]

投票方法
2008年版・2009年版
  • 作家・評論家・書店員などの識者による「私のベスト3」アンケートと、一般読者によるハガキ・メールによる投票により選出。それぞれ3作品(順不同)を上げてもらい、1作品3点として集計する。投票者が限定されていたそれまでのベストテンに対して、読者も参加できる「開かれた」ベストテンを目指して創られた。
2010年版〜2012年版
  • 信頼できるミステリ読みのプロ(識者)に、各作品ごとにストーリー(物語の面白さ)、サプライズ(トリックも含む)、キャラクター(登場人物の魅力)、ナラティヴ(文体、語り口)の4つの基準を各5点満点(2010年版のみ各25点満点)で評価してもらい、総合点上位100冊を紹介する。上位10位までは獲得点数とその作品を支持した人数が公開され、11位以降は50音順に紹介される(11位から20位までは順位のみ公開)。
  • 4つの基準の部門別のベスト5、ジャンル別のベスト5も発表される。
対象書籍
毎年11月に刊行されるため、ランキングの対象となる書籍は、奥付が前年10月1日からその年の9月30日の作品。「ミステリが読みたい!」では文庫化された作品や復刊された作品なども対象となる他、対象書籍の時期が他のランキング(本格ミステリ・ベスト10このミステリーがすごい!週刊文春ミステリーベスト10)より1ヵ月異なるなど、差別化が図られている。

各年の結果[編集]

2008年版[編集]

『ミステリが読みたい! 2008年版』、2007年11月発行、対象:2006年10月〜2007年9月発行書籍

国内編

  1. 楽園(宮部みゆき
  2. 赤朽葉家の伝説桜庭一樹
  3. 首無の如き祟るもの三津田信三
  4. 離れた家(山沢晴雄
  5. サクリファイス近藤史恵
  6. 果断 隠蔽捜査2今野敏
  7. 悪人吉田修一
    ノーフォールト岡井崇
  8. -
  9. X橋付近(高城高
    密室キングダム(柄刀一

海外編

  1. ロング・グッドバイレイモンド・チャンドラー)(村上春樹訳)
  2. 再起(ディック・フランシス
  3. 狂人の部屋(ポール・アルテ
  4. 灯台(P・D・ジェイムズ
  5. 病める狐(ミネット・ウォルターズ
  6. 目くらましの道ヘニング・マンケル
  7. 路上の事件(ジョー・ゴアズ
  8. 災いの古書(ジョン・ダニング
  9. リヴァイアサン号殺人事件(ボリス・アクーニン
  10. 双生児(クリストファー・プリースト


2009年版[編集]

『ミステリが読みたい! 2009年版』、2008年11月発行、対象:2007年10月〜2008年9月発行書籍

国内編

  1. ゴールデンスランバー伊坂幸太郎
  2. 山魔の如き嗤うもの三津田信三
  3. 告白湊かなえ
  4. カラスの親指道尾秀介
  5. おそろし宮部みゆき
    ラットマン(道尾秀介)
  6. -
  7. 相棒(五十嵐貴久
  8. ジョーカー・ゲーム柳広司
  9. もう誘拐なんてしない東川篤哉
  10. ディスコ探偵水曜日舞城王太郎

海外編

  1. 運命の日(デニス・ルヘイン
  2. フロスト気質(R・D・ウィングフィールド
  3. ザ・ロード(コーマック・マッカーシー
  4. チャイルド44トム・ロブ・スミス
  5. 深海のYrrフランク・シェッツィング
  6. ブルー・ヘヴン(C・J・ボックス
    ウォッチメイカー(ジェフリー・ディーヴァー
  7. -
  8. ロミオ(ロバート・エリス
  9. タンゴステップヘニング・マンケル
  10. ダルジールの死(レジナルド・ヒル


2010年版[編集]

『ミステリが読みたい! 2010年版』、2009年11月発行、対象:2008年10月〜2009年9月発行書籍

国内編

  1. 造花の蜜連城三紀彦
  2. ダブル・ジョーカー(柳広司
  3. 追想五断章米澤穂信
  4. 黒百合(多島斗志之
  5. 新参者東野圭吾
  6. 鷺と雪北村薫
  7. 儚い羊たちの祝宴(米澤穂信)
  8. 鬼の跫音(道尾秀介
  9. 粘膜蜥蜴(飴村行
  10. 福家警部補の再訪大倉崇裕

海外編

  1. ミレニアム1〜3(スティーグ・ラーソン
  2. グラーグ57トム・ロブ・スミス
  3. ユダヤ警官同盟マイケル・シェイボン
  4. 川は静かに流れ(ジョン・ハート
  5. 犬の力(ドン・ウィンズロウ
  6. 死神を葬れ(ジョシュ・バゼル
  7. リンカーン弁護士マイクル・コナリー
  8. 迷惑なんだけど?(カール・ハイアセン
  9. スリーピング・ドール(ジェフリー・ディーヴァー
    メアリー-ケイト(ドゥエイン・スウィアジンスキー


2011年版[編集]

『ミステリが読みたい! 2011年版』、2010年11月発行、対象:2009年10月〜2010年9月発行書籍

国内編

  1. Another綾辻行人
  2. 悪の教典貴志祐介
  3. 写楽 閉じた国の幻(島田荘司
  4. 犬なら普通のこと(矢作俊彦司城志朗
  5. 叫びと祈り梓崎優
    水魑の如き沈むもの三津田信三
  6. -
  7. 隻眼の少女(麻耶雄嵩
  8. シューマンの指(奥泉光
  9. 綺想宮殺人事件(芦辺拓
  10. 神の棘(須賀しのぶ

海外編

  1. ラスト・チャイルド(ジョン・ハート
  2. ノンストップ!(サイモン・カーニック
  3. エコー・パーク(マイクル・コナリー
  4. 陸軍士官学校の死(ルイス・ベイヤード
  5. 「ファージング」三部作(ジョー・ウォルトン
  6. 卵をめぐる祖父の戦争(デイヴィッド・ベニオフ
  7. 音もなく少女は(ボストン・テラン
  8. 沼地の記憶(トマス・H・クック
  9. ツーリスト 沈みゆく帝国のスパイ(オレン・スタインハウアー
  10. ベルファストの12人の亡霊(スチュアート・ネヴィル


2012年版[編集]

『ミステリが読みたい! 2012年版』、2011年11月発行、対象:2010年10月〜2011年9月発行書籍

国内編

  1. 折れた竜骨(米澤穂信
  2. メルカトルかく語りき(麻耶雄嵩
  3. 開かせていただき光栄です(皆川博子
  4. ジェノサイド高野和明
  5. 絆回廊 新宿鮫X(大沢在昌
  6. 鍵のかかった部屋貴志祐介
  7. 11 eleven(津原泰水
    オーダーメイド殺人クラブ(辻村深月
  8. -
  9. ユリゴコロ(沼田まほかる
  10. 爛れた闇の帝国(飴村行

海外編

  1. 二流小説家デイヴィッド・ゴードン
  2. 犯罪フェルディナント・フォン・シーラッハ
  3. サトリ(ドン・ウィンズロウ
  4. 背後の足音(ヘニング・マンケル
  5. エージェント6トム・ロブ・スミス
  6. ブラッド・ブラザー(ジャック・カーリイ
  7. 忘れられた花園(ケイト・モートン
  8. ロードサイド・クロス(ジェフリー・ディーヴァー
  9. 死刑囚(アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム
  10. 特捜部Q 檻の中の女(ユッシ・エーズラ・オールスン


2013年版[編集]

『ハヤカワミステリマガジン』2013年1月号に掲載、対象:2011年10月〜2012年9月発行書籍

国内編

  1. 幽女の如き怨むもの三津田信三
  2. キングを探せ(法月綸太郎
  3. カラマーゾフの妹(高野史緒
  4. 機龍警察 暗黒市場月村了衛
  5. (リドル)の謎(ミステリ)その他の謎(リドル)山口雅也
    楽園のカンヴァス(原田マハ
  6. -
  7. 屍者の帝国伊藤計劃円城塔
  8. 奇面館の殺人(綾辻行人
  9. 夜の国のクーパー(伊坂幸太郎
  10. 残穢小野不由美

海外編

  1. 湿地(アーナルデュル・インドリダソン
  2. 解錠師(スティーヴ・ハミルトン
  3. 占領都市 TOKYO YEAR ZERO II(デイヴィッド・ピース
  4. 特捜部Q Pからのメッセージ(ユッシ・エーズラ・オールスン
  5. 鷲たちの盟約(アラン・グレン
  6. 追撃の森(ジェフリー・ディーヴァー
  7. 無罪(スコット・トゥロー
  8. 真鍮の評決 リンカーン弁護士(マイクル・コナリー
  9. ローラ・フェイとの最後の会話(トマス・H・クック
  10. 罪悪(フェルディナント・フォン・シーラッハ


2014年版[編集]

『ハヤカワミステリマガジン』2014年1月号に掲載、対象:2012年10月~2013年9月発行書籍

国内編

  1. ノックス・マシン (法月綸太郎) 
  2. 64(ロクヨン)(横山秀夫) 
  3. ヨハネスブルグの天使たち (宮内悠介) 
  4. 教場 (長岡弘樹)
  5. ロスト・ケア (葉真中顕)
  6. リバーサイド・チルドレン (梓崎優)
  7. 死神の浮力 (伊坂幸太郎)
  8. アリス殺し (小林泰三)
  9. 代官山コールドケース (佐々木譲)
  10. わたしたちが少女と呼ばれていた頃 (石持浅海)

海外編

  1. 遮断地区 (ミネット・ウォルターズ)
  2. 緑衣の女 (アーナルデュル・インドリダソン)
  3. 冬のフロスト (R・D・ウィングフィールド)
  4. 夜に生きる (デニス・ルヘイン)
  5. シスターズ・ブラザーズ (パトリック・デウィット英語版)
  6. ポーカー・レッスン (ジェフリー・ディーヴァー)
  7. 11/22/63 (スティーヴン・キング)
  8. コリーニ事件 (フェルディナント・フォン・シーラッハ)
  9. 終わりの感覚 (ジュリアン・バーンズ)
  10. スケアクロウ (マイクル・コナリー)


2015年版[編集]

『ハヤカワミステリマガジン』2015年1月号に掲載、対象:2013年10月~2014年9月発行書籍

国内編

  1. 満願 (米澤穂信) 
  2. さよなら神様 (麻耶雄嵩) 
  3. 小さな異邦人 (連城三紀彦) 
  4. アルモニカ・ディアボリカ (皆川博子)
  5. 異次元の館の殺人 (芦辺拓)
  6. 喝采 (藤田宜永)
  7. ○○○○○○○○殺人事件 (早坂吝)
  8. オーブランの少女 (深緑野分)
  9. 東京自叙伝 (奥泉光)
  10. 黒龍荘の惨劇 (岡田秀文)

海外編

  1. その女アレックス (ピエール・ルメートル)
  2. 秘密 (ケイト・モートン)
  3. ゴーストマン 時限紙幣 (ロジャー・ホッブズ)
  4. 養鶏場の殺人/火口箱 (ミネット・ウォルターズ)
  5. もう年はとれない (ダニエル・フリードマン)
  6. 逃げる幻 (ヘレン・マクロイ)
  7. 地上最後の刑事 (ベン・H・ウィンタース英語版)
  8. 凍氷 (ジェイムズ・トンプソン)
  9. ハリー・クバート事件 (ジョエル・ディケール英語版)
  10. 三秒間の死角 (アンデシュ・ルースルンドベリエ・ヘルストレム)


2016年版[編集]

『ハヤカワミステリマガジン』2016年1月号に掲載、対象:2014年10月~2015年9月発行書籍

国内編

  1. 王とサーカス (米澤穂信) 
  2. 戦場のコックたち (深緑野分) 
  3. ミステリー・アリーナ (深水黎一郎) 
  4. 流 (東山彰良)
  5. その可能性はすでに考えた (井上真偽)
  6. オルゴーリェンヌ (北山猛邦)
  7. 血の弔旗 (藤田宜永)
  8. キャプテンサンダーボルト (阿部和重)、(伊坂幸太郎)
  9. 死と砂時計 (鳥飼否宇)
  10. さよならの手口 (若竹七海)

海外編

  1. ありふれた祈り (ウィリアム・ケント・クルーガー)
  2. 声 (アーナルデュル・インドリダソン)
  3. 悪魔の羽根 (ミネット・ウォルターズ)
  4. 夏の沈黙 (ルネ・ナイト)
  5. もう過去はいらない (ダニエル・フリードマン)
  6. エンジェルメイカー (ニック・ハーカウェイ)
  7. 髑髏の檻 (ジャック・カーリイ)
  8. 街への鍵 (ルース・レンデル)
  9. 偽りの楽園 (トム・ロブ・スミス)
  10. 禁忌 (フェルディナント・フォン・シーラッハ)


2017年版[編集]

『ハヤカワミステリマガジン』2017年1月号に掲載、対象:2015年10月~2016年9月発行書籍

国内編

  1. 真実の10メートル手前(米澤穂信
  2. 涙香迷宮(竹本健治
  3. リボルバー・リリー(長浦京
  4. 彼女がエスパーだったころ(宮内悠介
  5. 静かな炎天(若竹七海
  6. 鍵の掛かった男(有栖川有栖
  7. 許されようとは思いません(芦沢央
  8. 挑戦者たち(法月綸太郎
  9. 聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた井上真偽
  10. アメリカ最後の実験(宮内悠介

海外編

  1. 熊と踊れ(アンデシュ・ルースルンド, ステファン・トゥンベリ
  2. ミスター・メルセデス(スティーヴン・キング
  3. 拾った女(チャールズ・ウィルフォード
  4. ザ・カルテル(ドン・ウィンズロウ
  5. 悲しみのイレーヌ(ピエール・ルメートル
  6. スキン・コレクター(ジェフリー・ディーヴァー
  7. 背信の都(ジェイムズ・エルロイ
  8. 終わりなき道(ジョン・ハート
  9. ミレニアム4(ダヴィド・ラーゲルクランツ
  10. プラハの墓地(ウンベルト・エーコ