土屋佑壱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つちや ゆういち
土屋 佑壱
別名義 土屋 裕一(旧芸名)
生年月日 (1979-02-06) 1979年2月6日(38歳)
出生地 日本の旗 日本山梨県中巨摩郡(現南アルプス市
身長 180 cm
血液型 O型
職業 俳優
活動期間 2000年代 -
事務所 ワタナベエンターテインメント
公式サイト プロフィール

土屋 佑壱(つちや ゆういち、1979年2月6日 - )は、日本俳優であり、男性4人組演劇ユニット*pnish*(パニッシュ)のメンバーである。旧芸名、土屋 裕一(読み同じ)。山梨県中巨摩郡(現南アルプス市)出身。オフィスジュニアを経てワタナベエンターテインメント所属[1]

人物[編集]

  • 山梨県立甲府第一高等学校卒業。
  • 実家は美容院を営んでいる。
  • あだ名はtuti(トゥティ)、つっちー、おトテ君。
  • かなりの辛党で、お酒に関しては熱く語る。ワインは「アマローネ」という銘柄が好き。日本酒はメ張鶴・久保田 万寿・石鎚・八海山・綿屋。シャンパンはヴーヴクリコ。ウィスキーはシーバスリーガル・響・山崎。輸入ビールはクローネンブルク。焼酎は古秘・甕雫。
  • 小さい頃、キュービィロップのレモンティー味を舐めて吐いてから紅茶が苦手(ただし、キュービィロップ(立方体2個入り)には紅茶系統のフレーバーがないため正しくは当時販売されていたハート型の小粒飴が3個小袋に入った他社製品)。
  • 子供の頃、母親と海でビーチボートに乗っていた時に溺れ、死にそうになった。
  • 学生時代、授業をサボッたことが担任にバレ、その担任が「土屋ーっ!!!」と叫びながら追っかけて来た。本人曰く、本気で死ぬかと思ったらしい。
  • お気に入りのライターをなくして落ち込んでいた時に、人生で初めて100円ライターを使用したところ、ライターの火が思ったよりも大きくて左目のまつげを焼いた(本人談:「もう100円ライターは二度と使いません」)。
  • 好きなブランドはマリテ+フランソワ・ジルボー
  • 粉瘤により手術したことがある(本人のブログより)。
  • 高所恐怖症である。
  • 2016年2月7日、土屋裕一から土屋佑壱に改名することを発表[2]

出演[編集]

舞台[編集]

1998年
  • BQMAP『Re-』
  • 44プロデュース『BACK TO THE FUTURE1/2/3』
1999年
  • BQMAP『蜃気楼列車』
  • BQMAP『天は屋根、空は窓』
  • 小野プロデュース『ドレッサーパニック』
  • BQMAP『センチメンタルタイガー』
2000年
  • BQMAP『大江戸バックドラフト』
  • シロ×クロ『BEST TEAM』(演出:麻丘めぐみ、中目黒ウッディシアター)
  • BQMAP『レイノトレイル』(シアターサンモール
  • 小野プロデュース『ハピネスシート』
  • BQMAP『appendex Jam』(下北沢駅前劇場
  • miinaプロデュース『民法732.5条』(作・演出:増本庄一、新宿THEATER/TOPS)
  • 小野プロデュース『不純恋愛2000GOGO!』(シアターD)
  • ↑UP↓プロデュース『愛の眼鏡は色ガラス』(作:安部公房/演出:松本きょうじ、シアターV赤坂)
2001年
  • シロ×クロ『SET A TRAP』(演出:麻丘めぐみ、スフィアメックス)
  • 椿組『そして春の水は、河となって流れ』(作:鄭義信/演出:森さゆ里、下北沢「劇」小劇場)
  • 夜想会『遥なる都』(紀伊國屋サザンシアター
  • ジャンプフェスタ バンダイステージ『ONE PIECE』 - サンジ 役
2002年
2003年
2004年
  • ミュージカル『テニスの王子様』Remarkable 1st Match 不動峰 - 大石秀一郎 役
  • 後藤真希主演ミュージカル『サヨナラのLOVE SONG』(作:樫田正剛/演出:平光琢也、青山劇場 他)
  • ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 1st - 大石秀一郎 役
  • しがらみ屋台プロデュース『人間の頂上』(作・演出:市野龍一、下北リバティ)
  • ミュージカル『テニスの王子様』More than Limit 聖ルドルフ学院 - 大石秀一郎 役
  • 劇団道学先生『酒坊っちゃん〜走れば小銭の音〜』(作:中島淳彦、新宿THEATER/TOPS) - 笠原純 役
2005年
  • ミュージカル『テニスの王子様』in winter 2004-2005 side 不動峰 〜special match - 大石秀一郎 役
  • サスペンスミュージカル『ZIPPER』(作・演出:ラサール石井、クラブeX)
  • ロックミュージカル『BLEACH』(全労済ホールスペース・ゼロ) - 市丸ギン
  • 劇団道学先生『兄妹どんぶり』(作:中島淳彦/演出:井上思、紀伊國屋サザンシアター 他) - 近藤 役
2006年
  • ロックミュージカル『BLEACH〜再炎〜』 - 市丸ギン 役
  • 劇団道学先生『酒坊っちゃん〜走れば小銭の音〜』(作:中島淳彦、横浜赤レンガホール) - 笠原純 役
  • 『ハゲレット』(作:鈴木聡/演出:山田和也、紀伊國屋ホール 他)
  • 劇団道学先生『酒坊っちゃん〜走れば小銭の音〜』(作:中島淳彦、東京芸術劇場(小) 他) - 笠原純 役
  • ロックミュージカル『BLEACH〜The Dark of The Bleeding Moon〜』 - 市丸ギン 役
  • 『田園に死す』(演出:栗田芳宏、新国立劇場中劇場)
2007年
  • ロックミュージカル『BLEACH〜The LIVE 卍解 SHOW〜Code:001』(演出:堤泰之、青山劇場) - 市丸ギン 役
  • 『えっと、おいらは誰だっけ?〜Cash On Delivery〜』(作:マイケル・クーニー/演出:綾田俊樹、青山円形劇場 他)
  • ロックミュージカル『BLEACH〜No Clouds in the Blue Heavens〜』(日本青年館 他) - 市丸ギン 役
  • 赤坂RED/THEATER プロデュース Vol.1『絢爛とか爛漫とか』(作:飯島早苗/演出:御笠ノ忠次)
  • 個人イベント『T.T.T~tuti 10th thanks~』(原宿アストロホール)
  • 『ある日、僕らは夢の中で出会う』(作:高橋いさを/演出:堤泰之、全労済ホールスペース・ゼロ)
  • 『FLOWERS』(作:田村孝裕/演出:坂口芳貞、青山円形劇場)
  • 劇団道学先生『デンキ島 〜白い家編〜』(作・演出:蓬莱竜太、新宿THEATER/TOPS)
2008年
  • 青山円劇カウンシル#1〜RISE!〜『ウラノス』(作:前川知大/演出:青木豪、青山円形劇場)
  • ロックミュージカル『BLEACH DX(THE ALL, LIVE 卍解 SHOW code:002)』(新宿コマ劇場) - 市丸ギン 役
  • 演劇集団キャラメルボックス2008サマーツアー『嵐になるまで待って』(作・演出:成井豊、池袋サンシャイン劇場 他)
  • かしきり企画『やかましい人々』(作:中島淳彦/演出:三宅恵介(フジテレビ)、三越劇場 他)
  • サバダミカンダ#001『スタンレーの魔女』(作・演出:御笠ノ忠次、赤坂RED/THEATER)
2009年
  • ラッパ屋第34回公演『ブラジル』(作・演出:鈴木聡、紀伊國屋ホール 他)
  • かしきり企画『やかましい人々』(作:中島淳彦/演出:三宅恵介(フジテレビ)、シアター1010 他)
  • トークライブ『土屋さんと井関さん』(南青山MANDALA)
  • 劇団道学先生『リンゴ リンゴ リンゴ』(作・演出:中島淳彦、赤坂RED THEATER)
2010年
  • ロックミュージカル『BLEACH〜The LIVE 卍解 SHOW〜Code:003』(日本青年館 他)
  • 個人イベント『土屋裕一31回目の誕生日会』(屋形船)
  • 劇団東京ヴォードヴィルショー第64回公演『無頼の女房』(作・演出:中島淳彦、紀伊国屋ホール 他)
  • ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 7th(神戸ワールド記念ホール 他) - 大石秀一郎 役
  • 個人タイムトリップイベント『土屋維新 明治の宴』〜明治とか 詳しいわけでは ないけれど〜(博品館明治村)
  • プリエールプロデュース『烏賊ホテル』(作:岡本螢/演出:西山水木、座・高円寺1 他)
2011年
  • 個人温泉イベント『土屋温泉物語』(山梨県石和温泉・ホテル千石)
  • DHE@stageプロデュース『陰陽師〜Light and Shadow〜』(演出:上島雪夫、新国立劇場 中劇場) - 武蔵坊弁慶 役
  • TEAM NACS 15th project「5D -FIVE DIMENSIONS-」『LOOSER 6』(演出:森崎博之、サンシャイン劇場 他)
  • 『バッド・アフタヌーン〜独立弁護士のやむを得ぬ嘘〜』(演出:土田英生、赤坂RED/THEATER)
  • 個人イベント『ナイトin土屋』〜夜、六本木で待ち合わせ〜(STUDIO MOURIS ROPPONGI)
  • 個人イベント『ナイトin土屋』vol.2〜六本木で待ち合わせ〜(STUDIO MOURIS ROPPONGI)
2012年
  • 個人温泉イベント『土屋温泉物語』〜2012水上編〜(群馬県水上温泉・源泉湯の宿 松乃井)
  • 土田英生セレクション vol.2『燕のいる駅』(演出:土田英生、三鷹市芸術文化センター 星のホール)
  • 個人イベント『ギター友の会 vol.1』(渋谷eggman) ※ギター友:永山たかし
  • ミュージカル『ドリームハイ』(新国立劇場 中劇場) - カン・オヒョク先生 役
  • 個人イベント『ナイトin土屋』vol.3 〜オペラシティ脇での待ち合わせ〜(初台 The DOORS)
  • 個人イベント『ギター友の会 vol.2』(渋谷eggman) ※ギター友:永山たかし
2013年
  • 個人イベント『ギター友の会 vol.3』(渋谷eggman) ※ギター友:永山たかし
  • 個人温泉イベント『土屋温泉物語2013』〜土屋と行くならハトヤ編〜(伊東温泉ハトヤホテル)
  • ねこマジ リリース記念『ワンマンライブ』(南青山マンダラ) ※ギターの友としてゲスト出演
  • 『見上げればあの日と同じ空』(脚本:小峯裕之/演出:及川拓郎、紀伊國屋ホール)
  • 個人イベント『ギター友の会 vol.4』(渋谷eggman) ※ギター友:永山たかし
  • ミュージカル『テニスの王子様』Dream Live 2013(神戸ワールド記念ホール) ※スペシャルゲストとして出演
  • 『大西洋レストラン』(作・演出:湯澤幸一郎/音楽:H ZETT M、博品館劇場)
2014年
  • 『一郎ちゃんが行く』(1月22日 - 30日、青山円形劇場/3月5日 - 9日、近鉄アート館)
  • 『見上げればあの日と同じ空』(5月21日 - 25日、本多劇場/5月30日、サンケイホールブリーゼ)
  • 個人イベント『ギター友の会 vol.5』&『土屋さんと井関さん〜今夜、堤さんを交えて』(6月29日、MANDA-LA)
  • プロペラ犬×時速246億SPECIALコラボ公演『ハッピーセット』(7月25日、赤坂レッドシアター) ※日替わりゲスト
  • パルコ・プロデュース『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー 〜パパと呼ばないで〜』(9月20日 - 10月13日、PARCO劇場)
2016年

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

ナレーション[編集]

  • 特集番組「アイリッシュダンスカンパニートリニティ」(2006年11月4日と11月5日、テレビ東京系)
  • リアル×ワールド」 あなたの大切なメールみせてください(2010年9月5日、日本テレビ)
  • ザ・ノンフィクション 「ショーケンという孤独」(2009年9月13日、フジテレビ)(山梨文学シネマアワード2010 特別賞受賞作品)
  • 「親鸞展」親鸞聖人750回忌記念企画(親鸞の声)
  • 「リアル×ワールド」一生懸命…木村拓也〜パパが残してくれたもの〜(2010年7月25日、日本テレビ)
  • 日テレ開局10周年特別番組「人類最古のエンターテインメント マジック4000年の歴史」(2010年12月12日、BS日テレ)
  • 特別番組「立川談春 らくごの時間」(2010年12月15日、BSフジ)
  • 「リアル×ワールド」〜お母さんが死ぬ前に聞いておきたい10のこと〜(2011年2月27日、日本テレビ)
  • 耳の日特番「なんくるないさあ〜今井絵理子が息子と歩んだ6年〜」(2011年3月3日、日本テレビ)
  • ノンフィクションW「ウインブルドンのサムライ〜日本最強プレーイヤー佐藤次郎の悲劇〜」(2011年6月13日、WOWOW)
  • 「どうしても伝えておきたい一枚の写真」(2011年8月9日、BSジャパン)
  • 「全豪オープンテニス2012総集編」(2012年2月5日、WOWOWライブ)
  • 「漂えど沈まず〜小説家・開高健の遺した言葉〜」(2012年3月18日、BS-TBS)
  • 「全仏オープンテニス2012総集編」(2012年06月17日、WOWOWライブ)
  • 「ウインブルドンテニス2012総集編」(2012年07月16日、WOWOWライブ)
  • 「全米オープンテニス2012総集編」(2012年09月17日、WOWOWライブ)
  • 「リアル×ワールド」ジャニーズJr.の真実(2012年09月30日、日本テレビ)
  • 「ドキュメンタリーもオンエア」(クルム伊達さんのパートのみ)(2013年01月01日、WOWOW)
  • ノンフィクションW「映画で国境を越える日〜映像作家・ヤン ヨンヒという生き方〜」(2013年01月25日、WOWOW)
  • 「全豪オープンテニス2013総集編」(2013年02月02日、WOWOWライブ)
  • 「全仏オープンテニス2013総集編」(2013年06月16日、WOWOWライブ)
  • ザ・ノンフィクション「やってないものはやってない」(2013年06月30日、フジテレビ)
  • 「ウィンブルドンテニス2013総集編」(2013年07月14日、WOWOWライブ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロフィール
  2. ^ 土屋佑壱 - 土屋佑壱オフィシャルブログ 2016年2月7日
  3. ^ “「狸御殿」開幕!宮本亜門、座長・尾上松也を「できすぎていて怖い」と絶賛”. ステージナタリー. (2016年8月1日). http://natalie.mu/stage/news/196558 2016年8月2日閲覧。 
  4. ^ 役ではなく司会者として
  5. ^ 映画パンフレットより。

外部リンク[編集]