コンテンツにスキップ

ザ・ノンフィクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザ・ノンフィクション
ジャンル ドキュメンタリー番組
ナレーター #ナレーターを参照
オープニング 「サンサーラ」
言語 日本の旗日本語
製作
チーフ・プロデューサー 西村陽次郎
制作 フジテレビ
放送
映像形式字幕放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1995年10月15日 - 現在
放送時間日曜日 14:00 - 14:55
放送分55分
回数1000
ザ・ノンフィクション
ザ・ノンフィクションスペシャル
人殺しの息子と呼ばれて
放送期間2017年12月15日
放送時間金曜日 21:00 - 22:52
放送枠金曜プレミアム
放送分112分
回数1回

特記事項:
放送回数は2021年4月18日時点。
テンプレートを表示

ザ・ノンフィクション』は、1995年10月15日からフジテレビ一部系列局で放送されている日本ドキュメンタリー番組字幕放送で、一部放送回ではステレオ放送あり。

BSフジでも2011年4月7日から2014年9月までレギュラー放送された。現在は不定期放送。

概要[編集]

市井の人々が人生に苦闘しながらも情熱を持って生きる姿を取り上げるドキュメンタリー番組である。著名人を取り上げることもある。

普段は垣間見ることのできない人間の一面や、人間関係、生き方、ひとつの職業などを深く掘り下げることで見えてくる隠された本質や、記憶に残る事件・出来事などを長期に亘って密着取材することで、その事柄のありのままの姿を視聴者に届けている。この番組で取材を受けたのを機に有名になった人物も多く、特に反響の大きかったものは出演者の「その後」を追いかけ、過去と現在の様子を再構成して放送する。

制作会社は毎回持ち回りで固定されておらず、レギュラー出演者も置いていない。ただし、以前番組で取り上げた人物の「その後」を放送する回では、フジテレビの女性アナウンサーが冒頭にナビゲーターとして出演し、過去の放送を振り返るとともに、現在の様子を取材したVTRへの振りを行うこともある。

関東ローカルながら、意欲的なドキュメンタリー番組として高い知名度があり、2010年代以降はフジおよび他局の全国ネットバラエティ番組(『月曜から夜ふかし』など)でパロディが制作されることもある。テレビ業界にも本番組のファンが多く、2020年2月20日にはテレビ朝日制作のバラエティ番組『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』にて「ザ・ノンフィクション大好き芸人」を放送[1]。番組映像の使用許可は得ず、内容の紹介は出演者他による再現映像や紙芝居で行った。

2012年10月より、第一興商通信カラオケ機器「DAM」のLIVE DAMシリーズと最新機種専用に、本番組の映像をカラオケ背景映像として配信するサービスが開始された。これまでにも、風景など一部のドキュメンタリー映像がカラオケに使用されることはあったが、被写体の人物を含めて作品が丸ごと再編集され、カラオケとして楽しめるのは史上初だという[2]

2017年12月15日に『金曜プレミアム』枠で本番組の全国ネット特別版『ザ・ノンフィクションスペシャル~人殺しの息子と呼ばれて~』が放送されて以降、本番組を遅れネットする系列局が増えている。

2021年4月18日の放送で1,000回を迎える。これを記念して、4月11日・4月18日の2週にわたって、番組の歴史を振り返りながら、「『ザ・ノンフィクション』は何を描いてきたのか?」を検証する「放送1000回SP」が放送され、ナレーションは、歴代最多の36回目となる宮崎あおい[3]

放送時間[編集]

フジテレビ(地上波)
※いずれも日曜日に放送。
  • 13:30 - 14:55(初回 - 1996年3月) - ※85分
  • 13:55 - 14:55(1996年4月 - 1997年9月) - ※60分
  • 14:00 - 14:55(1997年10月 - 2007年9月) - ※55分
  • 13:55 - 14:55(2007年10月 - 2008年3月) - ※60分
  • 13:45 - 14:45(2008年4月 - 2009年9月)- ※60分
  • 14:00 - 14:55(2009年10月 - ) - ※55分

※2021年1月現在、北海道文化放送[4]岩手めんこいテレビ(2021年1月17日 -)・福井テレビ高知さんさんテレビサガテレビテレビ熊本(いずれの局も遅れネット)でも番販で放送されている。上記以外の放送局でも編成の穴埋めで放送することがある。

報道特別番組[7]や『FNS27時間テレビ[8][9]、マラソン・駅伝中継(大阪国際女子マラソン東日本女子駅伝等)の放送日は休止。競馬中継重賞レースにより放送時間を拡大する日は、放送を休止するか、通常より30分繰り上げたり、25分繰り上げ・5分短縮で13:35 - 14:25の放送としたり(2005年4月から2007年9月まで)、1時間繰り上げて13:00 - 14:25(14:35)の拡大版として放送する、などの措置が採られる日もある。また、フジテレビ以外のFNS系列の局では別の時間帯で放送される事もある。

2020年5月以降、後続のミニ番組『ビジネスstyle』が休止となる際は、14:00 - 15:00の60分枠として放送される。

BSフジ
※いずれも土曜日に放送。
  • 14:00 - 14:55(2011年4月 - 6月)
  • 11:00 - 11:55(2011年7月 - 2012年3月)
  • 14:00 - 14:55(2012年4月 - 2014年9月)

週によっては放送休止の場合がある。当初は14:00 - 14:55または13:00 - 13:55の枠にて放送していた。当時13:00 - 13:55に放送されていた『めざましテレビ公認 わがまま!気まま!旅気分』が14:25ないし14:30まで拡大して放送されたり、14時台に特別番組が編成されたりする日も多かったため、14:30 - 15:25に繰り下げられる日もあった。2012年4月より再び14:00 - 14:55の枠に戻り、2014年9月を以てレギュラー放送は終了した。

以後は不定期放送となっており、主に日曜の「BSフジサンデースペシャル」枠で、地上波では2話完結で放送されたものを中心に新たに編集を加えた「特別版」を放送する。まれにこれを放送する系列局もある。

2020年10月より「BSフジサンデースペシャル」が土曜に放送日時変更、「BSフジサタデースペシャル」となり、主にこの枠で放送される。

ナレーター[編集]

テロップでは「語り」と表記。本職の声優やナレーターを起用する一方、俳優やタレントらも積極的に起用されている。

題材にした人々・出来事[編集]

人物・団体[編集]

出来事[編集]

受賞歴[編集]

  • 2011ニューヨーク・フェスティバルにて、2009年12月6日放送の「おっぱいと東京タワー 〜私の乳がん日記〜」(ディレクター:信友直子)がテレビ部門で銀賞を受賞した。
  • 2011USインターナショナル フィルム&ビデオフェスティバルにて、2010年10月17日放送の「ピュアにダンスIV 〜田中家の7年〜」(ディレクター:松田恵子)がゴールド・カメラ賞を、2010年5月30日放送の「銀座の鮨の物語2010」(ディレクター:小山順子高橋伸征)がサーティフィケイト・フォー・クリエイティブ・ エクセレンス賞をそれぞれ受賞した。
  • 2011年4月17日放送の東日本大震災特別番組「わ・す・れ・な・い 〜三つの家族の肖像〜」(ディレクター:豊田亮介川上大輔宮下佐紀子佐藤可奈斉藤敬、総合演出:眞部猪一)が、2011アジア・テレビジョン・アワードの時事問題部門で最優秀賞を受賞。2012ニューヨーク・フェスティバルでも社会・時事問題部門で金賞を受賞した。
  • 2012年1月15日/1月22日放送の「老人と放射能 ~FUKUSHIMA~」(600回記念特別番組、構成・演出・プロデューサー:東正紀、ディレクター:細田典加)がUS国際フィルム&ビデオ祭2012 の銀賞を受賞した。
  • 第29回ATP賞テレビグランプリ2012にて、2011年10月30日放送の「まりあのニューヨーク 〜死ぬまでに逢いたい人〜」がドキュメンタリー部門で最優秀賞を受賞した。
  • 第50回ギャラクシー賞選奨受賞を、2013年6月9日放送の『~奇跡の高校将棋部~ 岩手高校将棋部』が受賞。
  • 2014ニューヨーク・フェスティバルにて、2013年1月20日放送の「特殊清掃人の結婚〜“孤独死”が教えてくれたもの」がHuman Concerns部門で金賞を、番組から生まれた映画『ラーメンより大切なもの〜東池袋大勝軒50年の秘密〜』がフィルム・ドキュメンタリー部門で銀賞を受賞した。
  • 2017ニューヨーク・フェスティバルにて、2016年3月6日放送の「わ・す・れ・な・い 明日に向かって~運命の少年~」が受賞した。
  • 2019ニューヨーク・フェスティバルにて、2018年6月24日放送の「父を殺した母へ~無理心中から17年目の旅~」がドキュメンタリー・人物伝記部門の銅賞を受賞した[13]
  • 2019年放送文化基金賞にて、2018年6月3日、10日に放送された『ザ・ノンフィクション 犬と猫の向こう側』(構成・演出・プロデューサー:山田あかね)が番組部門・テレビドキュメンタリー番組の優秀賞を受賞した[14]
  • 2020年4月22日に開催された国際的メディアコンクール「ニューヨーク・フェスティバル」で、「おじさん、ありがとう~ショウとタクマと熱血和尚~」(2021年6月2日放送)がドキュメンタリー・宗教哲学部門の銀賞を獲得した。

放送上のトラブル[編集]

被取材者やその関係者にとって不本意な取材内容及び放送内容となった回もある。以下はその例。

2005年8月14日放送[編集]

東京都台東区に住む80歳代の老夫婦の半生を取り上げたが、放送後、夫婦や関係者がフジテレビと放送と人権等権利に関する委員会(BRC)に対し、「他人様には知られたくない事実も描かれた」として、苦情申し立て・抗議をした。番組側は同年10月30日の放送回で「誤解を招いた」として謝罪した[15]

2011年5月15日放送「アイドルすかんぴん」[編集]

「崖っぷちアイドル」の仕事と私生活を取材したが、そのうちの1人である愛葉るびが放送直後に更新したブログで不満を露わにした。愛葉によると、出演した映画(本人曰く「普通の映画」)やオーディションの様子、闘病生活など1年以上掛けて撮影したにもかかわらず、放送内容が「アダルト、脱ぎ」をメインに構成されていたことを受けて、「脱いでるメインなら(取材を)受けなかった。真実なんて伝わらない。悔しい。何より裏切られたことが辛い、悲しい。やっぱそういう目で見て取材してたんだなって。酷いな…」と綴っている[16]

「マキさんの老後」シリーズ[編集]

オカマの「マキ」とオナベの「ジョン」のあべこべ夫婦の生活を追ったシリーズで、およそ12年間に亘って放送された。しかしシリーズ終了後の2020年、当の二人が番組スタッフの指示によるやらせや過剰演出、それによる誹謗中傷の被害があったことを週刊誌に告発した。二人は、同年5月にリアリティ番組テラスハウス』に出演していた女性プロレスラーの木村花が番組でのトラブルが元で自殺に至ったことを受け、テレビ番組における過激な演出について一石を投じたいとして、真実を話すことに決めたと述べている[17]

まず、名物であったケンカのシーンはスタッフからの指示によるもので、実際の二人はほとんどケンカをすることもないという。この他にも、立ち寄った店でディレクターがマキにクレームを付けるよう指示したり、マキは生活費として家に10万円を入れていたにもかかわらず放送では2万円になっていたりと、マキをひたすら“汚れ役”として撮っていた。更にはロケ先の旅館で男性ディレクターが、女性の身体を持つジョンを羽交い締めにして胸を揉むというセクシャルハラスメントまで行っていたと明かした。放送回数を重ねるにつれ次第に実生活にも影響を及ぼし始め、街中では知らない人から突然面罵されたり、インターネット上にはアンチサイトまで立ち上げられたりと、精神的にも苦痛を受けたとしている。また、制作サイドはマキが熱望していたクイズ番組やトークショーへの出演をちらつかせていたものの、そのいずれも実現しなかった[18]

一方、制作・放送元のフジテレビは「週刊誌の記事にあったような言動や演出の指示を出したことはないと認識している」とのコメントを発表している[19]

2021年11月28日放送「私が守りたいもの~北の大地 牧場一家の12年~」[編集]

北海道内で競走馬を育てる牧場一家を取材、その中で牝馬が出産に臨むも死産となった出来事を放送した。放送後、牝馬のオーナー男性が「勝手に放送された」とツイッターで苦情を上げ、牝馬の名前を出したことや、死産後に子馬の亡骸が横たわっているショッキングな映像が流れたことに馬の今後に影響しかねないと抗議、フジテレビに対して他地域での放映は取り止めるか馬の名前や死産シーンをカットするかなどについて交渉していると明かした。フジテレビの広報宣伝部は「男性へ事前に連絡をしていなかったことは事実ですが、すでに男性ご本人に直接ご説明させていただき、ご納得頂いております」とコメントしている[20]

2022年2月20日放送「山奥ニートの結婚~一緒に赤ちゃん育てませんか~」[編集]

和歌山県田辺市の集落にある廃校を改装したシェアハウスで、定職に就かず「山奥ニート」を名乗って共同生活する男女数人を取り上げた。この中で一組のカップルが結婚し、妻となった30代の女性が出産。しかしこの女性の育児姿勢がシェアハウスの住民たちや隣の集落に住む親しい老女に依存することを前提としており、ネット上を中心に視聴者から批判の声が相次いだ。また、当該女性が描いている漫画の中で老女宅に宿泊した際の環境や待遇に不満をこぼしていたことや、子供の養育費をクラウドファンディングで募集していることが放送を機に露呈され物議を醸した。しかし、シェアハウスを運営する団体の理事長はツイッターにおいて、実際は当該女性が常に子供と一緒にいてきちんと世話をしていることや、他のシェアハウス住民が疲れている彼女を気にかけて子守を代わろうと声をかけたが断わられた、とのエピソードを明かし反論。約1年間に亘り取材協力したにもかかわらず印象操作をされたことや、ネット上の厳しい反応にショックを受けたと述べている[21]

テーマ曲[編集]

音楽・音声外部リンク
『サンサーラ』を試聴
(異なるアーティストによる歌唱)
城南海(歌)
瀬川あやか(歌)
宮田悟志(歌) - 以上3件はポニーキャニオン提供のYouTubeアートトラック
竹原ピストル(歌) - JVCKENWOOD Victor Entertainment提供のYouTubeアートトラック
suis from ヨルシカ(歌) - Universal Music Group提供のYouTubeアートトラック
WON(歌) - WON公式YouTube
  • 『サンサーラ』
作詞・作曲:山口卓馬書上奈朋子

書籍化[編集]

  • フランキ・マリア・さわの『フジテレビ ザ・ノンフィクション まりあのニューヨーク 死ぬまでに逢いたい人』(2012年9月13日、朝日新聞出版ISBN 978-4022510068
  • 山田あかね『犬と猫の向こう側』
  • 村井明日香『ザ・ノンフィクション 花の中学生応援団 泣いて笑った成長物語』
  • 信友直子『ぼけますから、よろしくお願いします。』
  • 張江泰之『人殺しの息子と呼ばれて』

放送リスト[編集]

地上波[編集]

2019年[編集]

放送日 タイトル サブタイトル 語り
907 4月7日 万引きランナーと呼ばれて 登坂淳一
908 4月14日 「情念の男」 ギリヤーク尼ヶ崎 白石聖
909 4月21日 「その後の 母の涙と罪と罰」 安達祐実
910 5月5日 「もう一度、輝きたくて」 野呂佳代
911 5月12日 歌舞伎町で生きる」[1] ~その後の沙世子~ 肥後克広
912 5月19日 「男と女の婚活クルーズ 2019」 小木博明
913 5月26日 「黄昏れてフィリピン ~借金から逃れた脱出老人~ 目黒泉
914 6月2日 おじさん、ありがとう」 ~ショウとタクマと熱血和尚 森川葵
915 6月9日 「それでも私は生きてゆく」 板橋恭史
916 6月16日 「シンデレラになりたくて…2019」前編 中村繁之
917 6月23日 「シンデレラになりたくて…2019」後編 中村繁之
918 6月30日 「ワケあって…坂口杏里 福田真奈
919 7月7日 運命を背負い続けて 柔道家族 朝飛家の6年~ 千葉雄大
920 7月14日 「ボクは梅湯の三次郎」~野望編~ 土田晃之
921 7月21日 社長と竜造 葛西臨海公園物語」 橋本マナミ
922 7月28日 「天国のあなたへ」 ~「ラーメンの鬼」の背中を追って~ 奈緒
923 8月4日 「一人で生きていても…」 ~女60代 シェアハウス始めました~ ひぐち君
(髭男爵)
924 8月11日 「新・漂流家族 2019夏」前編 美奈子と夫と8人の子供~ 野村宏伸
925 8月18日 「新・漂流家族 2019夏」後編 ~美奈子と夫と8人の子供~ 野村宏伸
926 8月25日 ある日 娘は障がい者になった 車椅子のアイドルと家族の1年~ 国生さゆり
927 9月1日 「母さん 帰ってきてほしいんだ」 フィリピンパブ嬢の母とボク~ 松本伊代
928 9月15日 「なんもしないボクを貸し出します」 ~「レンタルなんもしない人」の夏~ 柄本時生
929 9月22日 半グレをつくった男 ~償いの日々…そして結婚~ 青葉市子
930 9月29日 「母と娘の上京それから物語」 ~夢のステージ ある親子の8年~ 室井滋
931 10月6日 「好きなことだけして生きていく」前編 元ニートの再々再々出発~ 勝地涼
932 10月13日 「好きなことだけして生きていく」後編 ~伝説のシェアハウス解散~ 勝地涼
933 10月20日 「ここが わたしの居場所」 ~海を渡った熱血教師と教え子の涙~ 中山美穂
934 10月27日 「親になろうとしてごめんなさい」 目黒・結愛ちゃん虐待死事件 桑原礼佳
935 11月24日 「娘がシングルマザーになりまして…」 ~29歳の出張料理人 彩乃~ 吉岡里帆
936 12月1日 女32歳 きょうからプロレスラー ~父への告白~ 小出真保
937 12月8日 「ぼけますから、よろしくお願いします。」 ~特別編~ 信友直子
938 12月15日 「結婚したい男と女」 ~婚活クルーズ それから~ 剛力彩芽
939 12月22日 「父を殺した母へ あれからの日々」 ~無理心中から17年目の旅~ 池松壮亮
940 12月29日 頂点を極めた男の転落 ~ある大物音楽プロデューサーの懺悔~ 壇蜜

2020年[編集]

放送日 タイトル サブタイトル 語り
941 1月19日 「私って嫁ですか 妻ですか」 ~農家に嫁いだ友紀子の結婚~ いとうあさこ
942 2月2日 「モモコと熱血和尚 ~おじさん、ありがとう~ 恒松祐里
943 2月9日 「はぐれ者で生きていく」 ~借金とギャンブルと夢の行方~ 壇蜜
944 2月16日 「もう一度 お父さんに逢いたい」 ~ホストの僕とフィリピンパブ嬢の母~ 小芝風花
945 2月23日 花子と大助」前編 ~余命宣告から夫婦の700日~ 青葉市子
946 3月1日 「花子と大助」後編 ~余命宣告から夫婦の700日~ 青葉市子
947 3月8日 「映画館に暮らす一家の物語」 ~廃墟に移住した切替家の6年~ 夏帆
948 3月15日 「3つの病と闘う怜奈」 ~結婚5年目のさざ波~ 高梨臨
949 3月22日 「就職先はさる軍団[2] ~師匠と弟子と新入社員~ 松本穂香
950 3月29日 「夢と涙の六本木」 ~モモとチャムの上京物語~ 鈴木杏奈
951 4月5日 余命3年の社長と刑務所を出た男」前編[3] ~塀の外の夢と現実~ 佐藤仁美
952 4月12日 「余命3年の社長と刑務所を出た男」後編 ~塀の外の挫折と旅立ち~ 佐藤仁美
953 4月19日 52歳でクビになりました。 ~クズ芸人の生きる道~ 吉岡里帆
954 5月3日 銀座の夜は いま・・・」 菜々江ママの天国と地獄 小池栄子
955 5月10日 「花子と先生の18年」前編[4] ~人生を変えた犬~ 石田ゆり子
956 5月17日 「花子と先生の18年」後編 ~人生を変えた犬~ 石田ゆり子
957 5月24日 「夜だけ開く心の診療所」[5] ~生きづらい時代の物語~ 江口のりこ
958 5月31日 「家族のカタチ」 ~ふたりのお母さんがいる家~ 青葉市子
959 6月7日 「生まれてくれて ありがとう」 ~ピュアにダンス 待寺家の17年~ 宮﨑あおい
960 6月14日 「19歳の漂流」 ~妊娠…出産…家族を求めて~ 安達祐実
961 6月21日 「孤独死の向こう側」 ~27歳の遺品整理人~ 吉岡里帆
962 6月28日 「シングルマザーの大家族」 ~パパが遺してくれたもの~ 芳根京子
963 7月5日 「真夜中の洋菓子店」 ~ケーキよりも大切なもの~ 高梨臨
964 7月12日 「お父さんと13人の子ども」前編 ~7男6女 闘う大家族~ ファーストサマーウイカ
965 7月19日 「お父さんと13人の子ども」後編 ~新型コロナと大家族~ ファーストサマーウイカ
966 7月26日 「父と息子とはぐれた心」 ~引きこもった僕の1年~ 富田望生
967 8月9日 「おなかも心もいっぱいに」 ~はっちゃんの幸せ食堂~ 黒木華
968 8月9日 「東大生の僕が手に入れたもの」[6] ~「東京大学相撲部」悩める青春~ 指原莉乃
969 8月16日 「それでも僕は生きていく」 ~ももちゃんとの約束~ 小池栄子
970 8月23日 「歌舞伎町 便利屋物語」[7] ~人生を変えた この街で~ 松本穂香
971 8月30日 「最終学歴は中卒だけど…」 ~ボクの働く場所~ 門脇麦
972 9月13日 「東京でビッグになりたい」 ~所持金10万円の上京ホームレス~ コムアイ
973 9月20日 「コロナと中華街」 ~私はこの街で生きていく~ 森田望智
974 9月27日 「あの日 妹を殺されて」前編[8] ~罪を憎む男が選んだ道~ 中島美嘉
975 10月4日 「あの日 妹を殺されて」後編 ~15年後の涙と誓い~ 中島美嘉
976 10月11日 「禍の中でこの街は」前編[9] ~新宿二丁目 コンチママの苦悩~ 松本まりか
977 10月18日 「禍の中でこの街は」後編 新宿二丁目とコロナと私~ 松本まりか
978 10月25日 「母の涙と罪と罰 2020」前編 ~元ヤクザ マナブとタカシの5年~ 安達祐実
979 11月1日 「母の涙と罪と罰 2020」後編 ~元ヤクザと66歳の元受刑者~ 安達祐実
980 11月8日 「たたかれても たたかれても…」 山根明と妻のその後~ 壇蜜
981 11月15日 「私、生きてもいいですか」前編 ~心臓移植を待つ夫婦の1000日~ 吉田羊
982 11月22日 「私、生きてもいいですか」後編 ~心臓移植を待つ夫婦の1000日~ 吉田羊
983 11月29日 「おかえり お母さん」 ~その後の「ぼけますから、よろしくお願いします。」~ 信友直子
984 12月6日 「ボクのおうちに来ませんか」 ~モバイルハウスで見る夢~ 多部未華子
985 12月13日 「悪ガキと ひとつ屋根の下で」[10] ~夢の力を信じた10年の物語~ 芳根京子
986 12月20日 「母さん ごめん ダメ息子の涙」 ~六本木キャバクラボーイ物語~ 仲里依紗
987 12月27日 民放連賞・テレビ教養番組 最優秀賞
「おじさん、ありがとう」
~熱血和尚が遺したもの~ 森川葵

2021年[編集]

放送日 タイトル サブタイトル 語り
988 1月17日 「シフォンケーキを売るふたり」[11] ~リヤカーを引く夫と妻の10年~ 池脇千鶴
989 1月24日 「母さん、もう一度 闘うよ」[12] ~高校中退…息子たちの再起~ 松本穂香
990 2月7日 「私が踊り続けるわけ」 ~53歳のストリッパー物語~ 本仮屋ユイカ
991 2月14日 ボクらの丁稚物語」前編[13] ~泣き虫同期 4年の記録~ 川栄李奈
992 2月21日 「ボクらの丁稚物語」後編 ~泣き虫同期 4年の記録~ 川栄李奈
993 2月28日 「声優になりたくて」 ~カナコとせろりの上京物語~ 福田麻貴
994 3月7日 「わすれない 僕らが歩んだ震災の10年」前編 薬師丸ひろ子
995 3月14日 「わすれない 僕らが歩んだ震災の10年」後編 薬師丸ひろ子
996 3月21日 「ふたりの1年生」 ~新米先生と海の向こうから来た女の子~ 池田エライザ
997 3月28日 「新・上京物語」前編[14] ~煙突とスカイツリーと僕の夢~ 上白石萌歌
998 4月2日 「新・上京物語」後編 ~夢と別れのスカイツリー~ 上白石萌歌
999 4月11日 「放送1000回SP」前編 宮﨑あおい
1000 4月18日 「放送1000回SP」後編 宮﨑あおい
1001 4月25日 「銀座の夜は いま…2」 菜々江ママとコロナの1年~ 小池栄子
1002 5月9日 「東京、タクシー物語。」前編 ~コロナとシングルマザーの運転手~ 永作博美
1003 5月16日 「東京、タクシー物語。」後編 ~シングルマザーと新人ドライバー~ 永作博美
1004 5月23日 「夢と涙の六本木2」 ~ミレイとモモの上京物語~ 小芝風花
1005 5月30日 「酒と涙と女たちの歌」前編 ~塙山キャバレー物語~ 吉岡里帆
1006 6月6日 「酒と涙と女たちの歌」後編 ~塙山キャバレー物語~ 吉岡里帆
1007 6月20日 「ママにしてくれてありがとう」 ~血のつながらない母娘の12年~ 趣里
1008 6月27日 「はぐれ者とはぐれ猫」[15] ~小さな命を救う男の闘い~ 松本穂香
1009 7月4日 「ボクがなりたいもの」 ~芸人になる。と上京した娘~ 松岡茉優
1010 7月11日 「ここでしか生きられない私」 ~34歳 秋葉原メイド物語~ きゃりーぱみゅぱみゅ
1011 7月18日 「最期の願い」 ~父と息子と家族の2週間~ 井上真央
1012 7月25日 「老舗の寿司屋に婿が来た」[16] ~4代目は元美容師~ 川栄李奈
1013 8月1日 「女装と家族と終活と」 キャンディさんの人生~ 水川あさみ
1014 8月8日 笑顔で生きよう ~お母さんと僕の約束~ 上戸彩
1015 8月29日 「夜の街に別れを告げて」 ~人生を変えたい彼女たちは…~ 芳根京子
1016 9月12日 「人生の終わりの過ごし方」前編 ~「ダメ人間マエダ」の終活~ 宮﨑あおい
1017 9月19日 「人生の終わりの過ごし方」後編 ~「ダメ人間マエダ」の終活~ 宮﨑あおい
1018 9月26日 「ちょっと心配な家族がおりまして」 ~母と私と姉夫婦の話~ 仲里依紗
1019 10月3日 「母と息子のやさしいごはん」 ~親子の大切な居場所~ 広末涼子
1020 10月17日 「ボクと父ちゃんの記憶」 ~家族の思い出 別れの時~ 富田望生
1021 10月24日 「奇跡の夏に輝いて」 ~ピュアにダンス 待寺家の18年~ 宮﨑あおい
1022 10月31日 「愛する人、見送る私」 ~看護師僧侶と3つの家族~ 永作博美
1023 11月7日 「「おかえり」の声が聞きたくて」[17] ~歌舞伎町 真夜中の処方箋~ 森川葵
1024 11月21日 「切なくていじらしくてメチャクチャなパパ」 ~家族が映した最期の立川談志 満島ひかり
1025 11月28日 「私が守りたいもの」 ~北の大地 牧場一家の12年~ 酒井美紀
1026 12月5日 「笑顔の一枚とあなたの記憶」[18] ~家族へのおくりもの~ 麻生久美子
1027 12月5日 「スマホとホームレス」 ~無料Wi-Fiに集う若者たち~ 芳根京子
1028 12月12日 「この町で人生を変えたくて」 ~結婚とお金と生きがいと~ 中山美穂

2022年[編集]

放送日 タイトル サブタイトル 語り
1029 1月16日 「結婚したい彼女の場合」前編 ~コロナ禍の婚活漂流記~ 水原希子
1030 1月23日 「結婚したい彼女の場合」後編 ~コロナ禍の婚活漂流記~ 水原希子
1031 2月6日 「おせっかい男とワケありな人々」 ~あなたのお家 探します~ 多部未華子
1032 2月13日 「もう限界かもしれません」 ~コロナと父娘のラーメン屋~ 松本まりか
1033 2月20日 「山奥ニートの結婚」 ~一緒に赤ちゃん育てませんか~ suis
1034 2月27日 ボクらの丁稚物語2022」前編[19] ~涙の迷い道と別れ道~ 大島優子
1035 3月6日 「ボクらの丁稚物語2022」後編 ~涙の迷い道と別れ道~ 大島優子
1036 3月13日 「生きることって…」 ~山とマタギと私たち~ 富田望生
1037 3月20日 「新・上京物語2022」前編[20] ~18歳 夢のあとさき~ 上白石萌歌
1038 3月27日 「新・上京物語2022」後編 ~旅立ちの時~ 上白石萌歌
1039 4月3日 「火事と夫婦と生きがいと」 ~高円寺「薔薇亭」の1年~ 池脇千鶴
1040 4月10日 「泣かないでアコーディオン ~シングルマザーの大道芸人~ 川栄李奈
1041 4月17日 花子と大助 ~余命宣告とセンターマイク 夫婦の1400日~ 青葉市子
1042 5月1日 「たどりついた家族」 ~海の向こうの戦火と涙~ 芳根京子
1043 5月8日 「ワケあり人生と部屋探し」[21] ~無理とは言わない不動産屋~ 江口のりこ
1044 5月15日 NYフェスティバル2022受賞記念
「ボクと父ちゃんの記憶」
~別れのあと 家族の再会~ 富田望生
1045 5月22日 「夜の街で輝きたくて…」 ~闘う女たちの見る夢~ 小芝風花
1046 5月29日 「27歳 流しの歌姫」 ~夢のステージに立ちたくて~ 優河
1047 6月5日 「うちにおいでよ」 ~居候たちの家~ ヒコロヒー
1048 6月19日 「都会を捨てた若者たち」前編[22] ~27歳の迷い道~ 志田未来
1049 6月26日 「都会を捨てた若者たち」後編 ~27歳の決断~ 志田未来
1050 7月3日 「人力車に魅せられて」[23] ~夢と涙の浅草物語~ 山本美月
1051 7月10日 「泣き虫舞妓物語 2022」前編 ~夢と希望と涙の行方~ 川栄李奈
1052 7月17日 「泣き虫舞妓物語 2022」後編 ~夢と希望と涙の行方~ 川栄李奈
1053 7月24日 「片付けられない部屋」 ~ゴミの中に埋もれた思い出~ 岡田結実
1054 7月31日 「ありのままでいいじゃない」前編[24] ~いしいさん家の人々~ 森川葵
1055 8月7日 「ありのままでいいじゃない」後編 ~いしいさん家の人々~ 森川葵
1056 8月21日 「彼女が旅に出る理由」 ~すれ違う母と娘の行方~ きゃりーぱみゅぱみゅ
1057 8月28日 「母と娘の芸者物語」 ~箱根で生きる女たち~ 飯豊まりえ
1058 9月11日 「話を聞いてくれる人」 ~空っぽの僕が生きる意味~ 佐藤栞里
1059 9月18日 「ボクと父ちゃんの記憶2022」前編 ~母の涙と父のいない家~ 富田望生
1060 9月25日 「ボクと父ちゃんの記憶2022」後編 ~18歳の夢 家族の夢~ 富田望生
1061 10月2日 「ボクのおうちに来ませんか2」 ~モバイルハウスと新たな家族~ 多部未華子
1062 10月9日 「東京デリバリー物語」 ~スマホと自転車とホームレス~ 芳根京子
1063 10月16日 「人力車に魅せられて2」[25] ~夢と涙の軽井沢物語~ 山本美月
1064 10月23日 あの日 僕を捨てた父は」前編 ~孤独な芸人の悲しき人生~ 宮﨑あおい
1065 10月30日 「あの日 僕を捨てた父は」後編 ~孤独な芸人の悲しき人生~ 宮﨑あおい
1066 11月6日 「そこにいていいんだよ」[26] ~もじゃくん夫婦と不登校の子どもたち~ 高梨臨
1067 11月20日 「母と娘のラーメン」[27] ~ピンチをチャンスに変える人~ 松本若菜
1068 11月27日 あの日 妹を殺されて2 ~たとえ裏切られても~ 中島美嘉
1069 12月4日 美咲をさがして ~帰りを信じた家族の3年~ 国仲涼子
1070 12月11日 「ラブレターを書く人」[28] ~愛を伝えたい人々と代筆屋~ 奈緒
1071 12月18日 「遠く故郷を離れて」[29] ~この国で 命を救う人になる~ 生田絵梨花

2023年[編集]

放送日 タイトル サブタイトル 語り
1072 1月15日 「酒と涙と女たちの歌2」前編 ~塙山キャバレー物語~ 吉岡里帆
1073 1月22日 「酒と涙と女たちの歌2」後編 ~塙山キャバレー物語~ 吉岡里帆
1074 2月5日 「私が踊り続けるわけ2」前編 ~56歳のストリッパー物語~ 本仮屋ユイカ
1075 2月12日 「私が踊り続けるわけ2」後編 ~令和の婚活漂流記2024~ 本仮屋ユイカ
1076 2月19日 「CEOになりたくて」 ~ポンタの上京物語~ 小芝風花
1077 2月26日 「たどりついた家族2」前編 ~戦火の故郷と母の涙~ 芳根京子
1078 3月5日 「たどりついた家族2」後編 ~戦火の故郷と母の涙~ 芳根京子
1079 3月12日 「新宿二丁目の深夜食堂」前編 ~人生を奏でるビール瓶~ 吉田羊
1080 3月19日 「新宿二丁目の深夜食堂」後編 ~名物夫婦 53年の物語~ 吉田羊
1081 3月26日 「新・上京物語2023」前編[30] ~二十歳 夢の迷い道~ 上白石萌歌
1082 4月2日 「新・上京物語2023」後編 ~二十歳の決断~ 上白石萌歌
1083 4月9日 ボクらの丁稚物語 2023」前編[31] ~泣き虫同期の6年~ 大島優子
1084 4月16日 「ボクらの丁稚物語 2023」後編 ~ふたりぼっち 夢の行方~ 大島優子
1085 4月30日 「わたし、スナック継ぎます」[32] ~ママは新卒Z世代 有村架純
1086 5月7日 「人力車に魅せられて3」前編[33] ~浅草 女たちの迷い道~ 土屋太鳳
1087 5月14日 「人力車に魅せられて3」前編 ~浅草 女たちの迷い道~ 土屋太鳳
1088 5月28日 「人生ってムズい」 ~レモンサワーと車いす~ 江口のりこ
1089 6月4日 「私は何者なのか…」 ~すべての記憶を失った男~ 松本穂香
1090 6月18日 「僕とあなたのあしたは…」 ~海を越えた結婚の行方~ 岡崎紗絵
1091 6月25日 「夢を追うタクシー」 ~目的地はまだ遠くても~ 松本まりか
1092 7月2日 花子と大助 ~1450日ぶりのセンターマイク~ 青葉市子
1093 7月9日 「就職先はさる軍団2」前編[34] ~汗と涙の新入社員物語~ 指原莉乃
1094 7月16日 「就職先はさる軍団2」後編 ~汗と涙の新入社員物語~ 指原莉乃
1095 7月30日 「ひとりで産むと決めたから」前編 ~30歳 サキの決断~ 川栄李奈
1096 8月6日 「ひとりで産むと決めたから」後編 ~31歳 サキの生きる道~ 川栄李奈
1097 8月13日 生きる歌」前編 ~三角公園の歌姫とわたし~ きゃりーぱみゅぱみゅ
1098 8月20日 「生きる歌」後編 ~三角公園の歌姫とわたし~ きゃりーぱみゅぱみゅ
1099 8月27日 「負けず嫌いなふたり」 ~世界で戦うの物語~ 斉藤舞子
1100 9月10日 人生と笑いと震える手 ~相方が心を病んだ時~ 恒松祐里
1101 9月17日 あの日 僕を捨てた父は2」前編 ~孤独な芸人と家族の再生~ 宮﨑あおい
1102 9月24日 「あの日 僕を捨てた父は2」後編 ~孤独な芸人と家族の再生~ 宮﨑あおい
1103 10月1日 「私がつながりたいもの」 スマホがないと生きられない時代~ 松本まりか
1104 10月8日 「今晩 泊めてください」前編 ~ボクと知らない誰かのおうち~ あの
1105 10月15日 「今晩 泊めてください」後編 ~ボクと知らない誰かのおうち~ あの
1106 10月22日 「ボクと父ちゃんの記憶2023」 ~父のいない家と母の夢~ 富田望生
1107 10月29日 「ボクのおうちに来ませんか3」 ~さよなら モバイルハウス~ 多部未華子
1108 11月5日 「からだに記す女たち」 ~女体書道を願うわけ~ 青葉市子
1109 11月19日 「山本さんちの食卓」前編 ~笑いと涙のサポートハウス~ 飯豊まりえ
1110 11月26日 「山本さんちの食卓」後編 ~笑いと涙のサポートハウス~ 飯豊まりえ
1111 12月3日 「新宿二丁目の深夜食堂2」前編 ~名物ママ 54年目の決断~ 吉田羊
1112 12月10日 「新宿二丁目の深夜食堂2」後編 ~名物ママ 54年目の決断~ 吉田羊
1113 12月17日 「娘に遺したいもの」 ~「余命半年」の父より~ 佐藤栞里

2024年[編集]

放送日 タイトル サブタイトル 語り
1114 1月7日 「私が踊り続けるわけ3」前編 ~57歳のストリッパー物語~ 本仮屋ユイカ
1115 1月14日 「私が踊り続けるわけ3」後編 ~57歳のストリッパー物語~ 本仮屋ユイカ
1116 1月21日 「家出人たちの家」 ~人生をやり直すシェアハウス~ 三浦透子
1117 2月4日 「結婚したい彼と彼女の場合」前編 令和婚活漂流記2024~ 小雪
1118 2月11日 「結婚したい彼と彼女の場合」後編 ~令和の婚活漂流記2024~ 小雪
1119 2月18日 「僕を産んでくれたお母さん」前編 ~言葉を失ったママと家族の4年~ 上戸彩
1120 2月25日 「僕を産んでくれたお母さん」後編 ~言葉を失ったママと家族の4年~ 上戸彩
1121 3月3日 「居場所をさがして」 ~僕と家族とシェアハウス~ 八木莉可子
1122 3月10日 「居場所をくれたこの街で…」前編 ~夢と仲間とママチャリと~ 清野菜名
1123 3月17日 「居場所をくれたこの街で…」後編 ~夢と仲間とママチャリと~ 清野菜名
1124 3月24日 ボクらの丁稚物語2024」前編[35] ~夢のはじまり 夢の終わり~ 大島優子
1125 3月31日 「ボクらの丁稚物語2024」後編 ~15歳 動き出した夢~ 大島優子
1126 4月7日 「上京物語2024」前編[36] ~シェフと父さんのケーキ~ 伊原六花
1127 4月14日 「上京物語2024」後編] ~シェフと父さんのケーキ~ 伊原六花
1128 4月28日 「私の父のなれのはて」 ~全てを失った男の楽園~ 尾野真千子
1129 5月5日 「たどりついた家族3」 ~母の願い 3度目の春~ 芳根京子
1130 5月12日 「芸に命をかけた人」前編 南部虎弾と妻の約束~ 河合優実
1131 5月19日 「芸に命をかけた人」後編 ~南部虎弾と妻の約束~ 河合優実
1132 5月26日 「子育てシェアハウス始めます」 ~うちの子と暮らしませんか~ 上野樹里
1133 6月2日 「私のママが決めたこと」 ~命と向き合った家族の記録~ 清原果耶
1134 6月16日 「声優になりたくて2」 ~アヤの後悔しない生き方~ 成海璃子
1135 6月23日 「おくりびとになりたくて」 ~大切な誰かと別れるとき~ 中村佳穂

BSフジ[編集]

#100~[編集]

地上波放送日 タイトル サブタイトル 語り
100 2016年11月6日 「二人のシングルマザー物語」 なぜ養育費ゼロで離婚 涙の婚活…失敗続く訳 梅津弥英子
102 2016年5月8日 「不幸の履歴書 不幸の履歴書って何?男になった娘への父の愛 梅津弥英子
103 2017年8月6日 「不幸の履歴書2」 母から逃れたい娘27歳 赤裸々不幸の履歴書 島田彩夏
107 2017年9月24日 日中共同制作「母として女として」 上海シングルマザー物語~ 武田祐子
112 2017年8月20日 「俺がやらなきゃ誰がやる」 北朝鮮へ送るラジオ放送「しおかぜ」~ 梅津弥英子
118 2016年6月5日 「コンプレックスな私」 自分が嫌い…デブな私 夫そして友人との亀裂 斉藤舞子
136 2019年3月24日 「日本で働くということ」 ~覚悟を決めた中国人~ 駿河太郎
137 2019年7月14日 「ボクは梅湯の三次郎」~野望編~ 銭湯男子が挑む!廃業寸前の銭湯復活大作成 土田晃之
138 2020年2月9日 「はぐれ者で生きていく」 借金ギャンブルと夢の行方~
土下座で謝罪の結末…師匠と弟子の借金生活
壇蜜
139 2019年8月25日 「ある日 娘は障がい者になった」 ~車いすのアイドルと家族の1年~ 国生さゆり
140 2020年3月8日 「映画館に暮らす一家の物語」 ~廃墟に移住した切替家の6年~ 夏帆
141 2019年9月1日 「母さん 帰ってきてほしいんだ」 フィリピンパブ嬢の母とボク~ 松本伊代
142 2018年7月22日 「輝きたくて…」~人生を変えたい私~ サラリーマンを対象にした大学院に通う男女3人の姿を描く 橋本マナミ
143 2019年10月6日 「好きなことだけして生きてゆく」前編 ~元ニートの再々再々出発~ 勝地涼
144 2019年10月13日 「好きなことだけして生きてゆく」後編 ~伝説のシェアハウス解散~ 勝地涼
145 2019年8月4日 「一人で生きていても…」 ~女60代シェアハウス始めました~ ひぐち君
(髭男爵)
146 2020年2月16日 「もう一度 お父さんに逢いたい」 ~ホストの僕とフィリピンパブ嬢の母~ 小芝風花
147 2012年12月2日 「もつ焼き一生懸命!」 麻布十番…そして上海~ 本仮屋ユイカ
148 2009年12月6日 「おっぱいと東京タワー ~私の乳がん日記~ 石田ひかり
149 2019年12月8日 「ぼけますから、よろしくお願いします。」特別編 認知症の母と95歳の父…涙の夫婦愛1200日記録 信友直子
(ディレクター)
150 2020年6月7日 「生まれてくれて ありがとう」 ~ピュアにダンスした 待寺家の17年~ 宮崎あおい
151 2020年12月6日 「ボクのおうちに来ませんか」 ~モバイルハウスで見る夢~ 多部未華子
157 2021年2月7日 「私が踊り続けるわけ」 ~53歳のストリッパー物語~ 本仮屋ユイカ
158 2020年4月5日 「余命3年の社長と刑務所を出た男」前編 ~塀の外の夢と現実~ 佐藤仁美
159 2020年4月12日 「余命3年の社長と刑務所を出た男」後編 ~塀の外の挫折と旅立ち~ 佐藤仁美
160 2019年4月21日 「その後の母の涙と罪と罰」 堕ちた31歳…彼に何が 母の涙と罪と罰とその後 安達祐実
161 2020年5月3日 「銀座の夜は いま…奈々江ママの天国と地獄」 絶頂一転…コロナ危機 小池栄子
162 2020年5月24日 「夜だけ開く心の診療所」 ~生きずらい時代の物語~ 江口のりこ
163 200310月12日 「みんな泣いている」 玄さんの歌舞伎町"かけ込み寺" 愛乞う歌舞伎町 的場浩司
164 20055月15日 「みんな泣いている2」 歌舞伎町かけ込み寺2 不器用な愛 的場浩司
165 20066月25日 「みんな泣いている3玄さんと家族の旅立ち 歌舞伎町かけ込み寺3 玄さんの愛 本仮屋ユイカ
166 20142月9日 「みんな泣いている 原点」 新宿駆け込み寺12年 的場浩司
172 2005年6月19日 「渋谷黄昏ぱらだいす」 永遠の愛 宮崎あおい
173 2006年7月30日 「渋谷黄昏ぱらだいす2」 円山芸者の心意気 谷原章介
174 2008年6月15日 「渋谷黄昏ぱらだいす その後」 渋谷の純愛シルバー達 元気の秘訣ぱらだいす 宮﨑あおい
175 2013年4月21日 「渋谷黄昏ぱらだいす」2013愛と想い出の街 渋谷ハツラツ高齢者達
100歳女マージャン愛 91歳施設から酒場出勤
安藤サクラ
176 2011年2月6日 「負けるな!泣き虫三姉弟」楽屋は人生の教室だ 旅役者…泣き虫3姉弟 楽屋が教室3歳の試練 不況に秘策 富永み~な
177 2012年4月15日 「負けるな!泣き虫三姉弟2」楽屋は人生の教室だ 旅役者泣き虫三姉弟2 6歳長男驚きの大変身 劇団トラブル父母窮地 貫地谷しほり
178 2014年5月25日 「負けるな!泣き虫三姉弟3」新スター誕生 泣き虫三姉弟ライバル イケメン子役が大躍進 富永み~な
180 2013年2月10日 「崩壊の音が聞こえる ~さ迷う家出少女たち~」 家出少女魂の叫び渋谷。
虐待・妊娠・契約同棲…元女暴走族が真相聴く
林原めぐみ
181 2017年6月18日 「会社と家族にサヨナラ… ニートの先の幸せ」前編 なぜ都心倉庫へ転居?ニートの意外な私生活 又吉直樹
182 2017年6月25日 「会社と家族にサヨナラ… ニートの先の幸せ」後編 仲間がまさかの結婚?ニートの意外な祝い方 又吉直樹
183 2014年6月25日 「お金がなくても楽しく暮らす方法」 月8万円で楽しくくらす働かない若者の節約術 桃月庵白酒
184 2017年10月15日 「人殺しの息子と呼ばれて…」前編 24歳青年の地獄の人生 下山吉光
185 2017年10月22日 「人殺しの息子と呼ばれて…」後編 24歳青年…母への愛憎 下山吉光
186 2020年10月25日 「母の涙と罪と罰2020」前編 ~元ヤクザ マナブとタカシの5年~ 安達祐実
187 2020年11月1日 「母の涙と罪と罰2020」後編 ~元ヤクザと66歳の元受刑者~ 安達祐実
188 2020年8月9日 「東大生の僕が手に入れたもの」 ~「東京大学相撲部」悩める青春~ 指原莉乃
189 2020年12月13日 「悪ガキとひとつ屋根の下で」 ~夢の力を信じた10年の物語~ 芳根京子
190 2020年12月20日 「母さん ごめん ダメ息子の涙」 ~六本木キャバクラボーイ物語~ 仲里依紗
191 2000年7月23日 「われら百姓家族」 兵庫の山村に移り住み農業で自給自足の生活を送る
父親と子ども6人、7人家族の生活に密着
大坪千夏
192 2001年8月5日 「われら百姓家族」2 ~旅立ち~ 大坪千夏
193 2002年12月22日 「われら百姓家族」3 ~とまどい~ 大坪千夏
194 2003年12月14日 「われら百姓家族」4 ~結婚~ 大坪千夏
195 2006年3月5日 「われら百姓家族」特別編 ~兄弟の運命~ 宮﨑あおい
196 2007年3月4日 「われら百姓家族」5 ~長男の結婚~ 武田祐子
197 2014年3月2日 「われら百姓家族」~子どもたちの15年~ 自給自足、双子の15年後 都会生活で涙…父との再会 松本明子
198 2020年10月11日 「禍の中でこの街は」前編 ~新宿二丁目 コンチママの苦悩~ 松本まりか
199 2020年10月18日 「禍の中でこの街は」後編 ~新宿二丁目とコロナと私~ 松本まりか

#200~[編集]

地上波放送日 タイトル サブタイトル 語り
200 2002年10月20日 「生きてます17歳」 ~井上母娘・自立へ~ 大坪千夏
201 2004年12月19日 「舞妓の見る夢」~心のふるさとを求めて~ 生き別れ父の絵 ばんばひろふみ
202 2021年6月27日 「はぐれ者とはぐれ猫」~小さな命を救う男の戦い~ 借金1000万のはぐれ者 松本穂香
203 2021年9月26日 「ちょっと心配な家族がおりまして」 ~母と私と姉夫婦の話~
貯金はわずか4873円… 姉夫婦の危機
仲里依紗
204 2021年7月25日 「老舗の寿司屋に婿が来た」~4代目は元美容師~ 老舗の寿司屋に婿入り 一人娘お相手は美容師 川栄李奈
205 2021年7月4日 「ボクがなりたいもの」 ~芸人になる。と上京した娘~
両親に告白…私は男性
松岡茉優
206 2021年8月8日 「笑顔で生きよう」~お母さんと僕の約束~ 突然の末期がん宣告…35歳の母と息子の約束 上戸彩
207 2021年5月2日 「銀座の夜はいま…」2~菜々江ママとコロナの1年~ 銀座ママ苦悩の1年…華やかなクラブ舞台裏 小池栄子
208 2021年8月1日 「女装と家族と終活と」~キャンディさんの人生~ 69歳女装愛好家の終活 逃げた妻…息子の本音 水川あさみ
209 2021年9月12日 「人生の終わりの過ごし方」前編 ~「ダメ人間マエダ」の終活~ 宮﨑あおい
210 2021年9月19日 「人生の終わりの過ごし方」後編 ~「ダメ人間マエダ」の終活~ 宮﨑あおい
211 2019年10月3日 「母と息子のやさしいごはん」 ~親子の大切な居場所~
赤字続く小さな定食屋 母と息子が背負う過去
広末涼子
212 2021年10月17日 「ボクと父ちゃんの記憶」~家族の思い出 別れの時~ 50歳で認知症になった父と17歳息子の思い出 富田望生
213 2021年11月21日 「切なくて いじらしくて メチャクチャなパパ」 ~家族が映した最後の立川談志 満島ひかり
214 2022年2月6日 「おせっかい男とワケありな人々」 ~あなたのお家 探します~
ワケあり客の部屋探し おせっかいな不動産屋
多部未華子
215 2022年2月27日 「ボクらの丁稚物語2022」前編 ~涙の迷い道と別れ道~ 大島優子
216 2022年3月6日 「ボクらの丁稚物語2022」後編 ~涙の迷い道と別れ道~ 大島優子
217 2022年3月13日 「生きることって…」~山とマタギと私たち~ 都会を離れ山で生きるマタギ修行の若者たち 富田望生
218 2022年4月3日 「家事と夫婦と生きがいと」 ~高円寺「薔薇亭」の一年~
火事で全焼した洋食店 生きがいを失った夫婦
池脇千鶴
219 2022年6月5日 「うちにおいでよ」~居候たちの家~ 居候が集う不思議な家 赤の他人が暮らすワケ ヒコロヒー
220 2022年6月19日 「都会を捨てた若者たち」前編 ~27歳の迷い道~ 志田未来
221 2022年6月26日 「都会を捨てた若者たち」後編 ~27歳の決断~ 志田未来
222 2022年7月24日 「片付けられない部屋」 ~ゴミの中に埋もれた想い出~
ゴミで埋め尽くされた部屋…元東大生の苦悩
岡田結実
223 2022年7月3日 「人力車に魅せられて」~夢と涙の浅草物語~ コロナ禍で職を失… 人力車に懸ける30歳 山本美月
224 2022年10月16日 「人力車に魅せられて2」~夢と涙の軽井沢物語~ 浅草での挫折… その後 山本美月

特別編[編集]

地上波放送日 タイトル サブタイトル 語り
「あの日 僕を捨てた父は」 ~孤独な芸人の悲しき人生~ 宮﨑あおい
「おじさん、ありがとう」 ~子供たちへ… 熱血和尚の遺言~ 斉藤舞子
「私、生きてもいいですか」
「笑顔で生きよう」 ~お母さんと僕の約束~
「花子と大助」 ~余命宣告からの夫婦1400日~
「負けず嫌いなふたり」 ~世界で戦う夫婦の物語~
「ボクらの丁稚物語」

脚注[編集]

  1. ^ 「アメトーーク!」がフジの番組を特集した衝撃”. 東洋経済オンライン (2020年2月21日). 2020年2月21日閲覧。
  2. ^ ドキュメンタリー史上初!カラオケ史上初!!「リアルな人生を歌う」コラボ実現!”. マイナビニュース (2012年9月25日). 2014年4月26日閲覧。
  3. ^ 『ザ・ノンフィクション』SNS時代に一般人を映し出す覚悟 大事なのは「信頼関係」”. マイナビニュース (2021年4月17日). 2021年4月17日閲覧。
  4. ^ 制作局と同時刻ネットではあるが、遅れネット。
  5. ^ 自分に関する、すべての記憶がない――“西六男”が自分探しの旅へ『ザ・ノンフィクション』”. マイナビニュース (2023年5月19日). 2023年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年5月21日閲覧。
  6. ^ フジテレビ@fujitvのツイート”. Twitter (2023年5月21日). 2023年5月21日閲覧。
  7. ^ 2023年5月21日は当初本番組を放送することを告知していたが、第49回先進国首脳会議G7広島サミット)開催に伴う、FNN報道特別番組放送のため、休止となった[5][6]
  8. ^ FNS27時間テレビ』2020-22年は諸般の事情で中止になった
  9. ^ フジ、『FNS27時間テレビ』今年も放送中止「実施は難しいと判断」」『マイナビニュース』、2021年5月11日。2021年6月8日閲覧。
  10. ^ 有吉、『ノンフィクション』出演のクズ芸人との因縁語る 「手放しでクズって言える」(Page2)”. ニュースサイトしらべぇ (2020年4月20日). 2021年6月24日閲覧。
  11. ^ 「ザ・ノンフィクション」最期の立川談志、本人と息子が撮り続けた1000時間 お笑いナタリー、2021年11月19日配信
  12. ^ 北九州一家監禁殺害事件“犯人夫婦の息子”の告白! 9歳の子どもを襲ったセーフティネットなき日本社会の冷酷(4)”. LITERA / リテラ (2017年12月15日). 2017年12月16日閲覧。
  13. ^ 国際的メディアコンクール「ニューヨーク・フェスティバル」で銅賞を受賞!『ザ・ノンフィクション 父を殺した母へ~無理心中から17年目の旅~』に制作協力』(プレスリリース)クリーク・アンド・リバー社、2019年4月22日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001464.000003670.html2020年2月22日閲覧 
  14. ^ https://thetv.jp/news/detail/195919/
  15. ^ 2005年度仲介・斡旋解決事案 1.「プライバシーを侵害された」との苦情”. BPO / 放送人権委員会. 2012年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月22日閲覧。
  16. ^ 本気で涙が止まらない”. 愛葉るびオフィシャルブログ「るび色の世界!」 (2011年5月15日). 2012年7月14日閲覧。
  17. ^ 『ザ・ノンフィクション』の“過剰演出”を出演者が告発! 悲惨な「やらせ」一部始終(ページ2)”. 週刊女性PRIME (2020年7月13日). 2020年12月5日閲覧。
  18. ^ 『ザ・ノンフィクション』の“過剰演出”を出演者が告発! 悲惨な「やらせ」一部始終”. 週刊女性PRIME (2020年7月13日). 2020年7月14日閲覧。
  19. ^ フジ「ザ・ノンフィクション」“過剰演出”は「ないと認識」週刊誌報道にコメント”. スポニチアネックス (2020年7月13日). 2020年7月14日閲覧。
  20. ^ 馬の死産シーン」を無許可放送 フジ番組にオーナー抗議も...局「放送後の説明で納得頂いた」”. J-CASTニュース (2021年11月29日). 2021年11月29日閲覧。
  21. ^ ザ・ノンフィクション』娘の養育費をネット募集した“山奥ニート”に批判殺到も、裏にある「過剰演出」疑惑」”. 週刊女性 (2022年2月23日). 2022-02−23閲覧。

関連項目[編集]

  • NONFIX - フジテレビで放送中の、もう一つのドキュメンタリー番組。
  • FNSドキュメンタリー大賞
  • サンデージャポンTBS系) - 『サンジャポ的 ザ・ノンフィクション』と題したパロディコーナーがあった。
  • 月曜から夜ふかし - 『株主優待で暮らす桐谷さんシリーズ』のコーナーで『サンサーラ』(中孝介歌唱版)が使用されている。
  • 新しいカギ - コント『天狗ですみません』で『サンサーラ』(中孝介歌唱版)が使用されている。

外部リンク[編集]

フジテレビ 日曜13:30 - 13:45枠
前番組 番組名 次番組
サンデーイベントアワー
(第5期)
※13:30 - 14:55
ザ・ノンフィクション
(1995年10月 - 1996年3月)
とれたてガバット
※13:25 - 13:50
フジテレビ 日曜13:45 - 13:55枠
サンデーイベントアワー
(第5期)
※13:30 - 14:55
ザ・ノンフィクション
(1995年10月 - 1996年3月)
とれたてガバット
※13:25 - 13:50
ねこ日和
※13:50 - 13:55
【25分繰下げ】
あっぱれ!!さんま新教授
※13:10 - 13:55
【10分繰り上げ】
ザ・ノンフィクション
(2008年4月 - 2009年9月)
日曜α(再放送枠)
※13:30 - 14:00
フジテレビ 日曜13:55 - 14:00枠
サンデーイベントアワー
(第5期)
※13:30 - 14:55
ザ・ノンフィクション
(1995年10月 - 1997年9月)
ねばぎば!TOKIO
※13:30 - 14:00
ザ・NIPPON検定
※13:35 - 14:00
ザ・ノンフィクション
(2007年10月 - 2009年9月)
日曜α(再放送枠)
※13:30 - 14:00
フジテレビ 日曜14:00 - 14:45枠
サンデーイベントアワー
(第5期)
※13:30 - 14:55
ザ・ノンフィクション
(1995年10月 - )
-
フジテレビ 日曜14:45 - 14:55枠
サンデーイベントアワー
(第5期)
※13:30 - 14:55
ザ・ノンフィクション
(1995年10月 - 2008年3月)
ウオーキング
ウオーキング
ザ・ノンフィクション
(2009年10月11日 - )
-
BSフジ 土曜11:00 - 11:55枠
前番組 番組名 次番組
(単発枠)
ザ・ノンフィクション
(2011年7月 - 2012年3月)
BSフジ 土曜14:00 - 14:55枠
(単発枠)
ザ・ノンフィクション
(2011年4月 - 6月)
(単発枠)
(単発枠)
ザ・ノンフィクション
(2012年4月 - 2014年9月)
(単発枠)