この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

吉岡里帆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よしおか りほ
吉岡 里帆
生年月日 (1993-01-15) 1993年1月15日(24歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市右京区
身長 158 cm[1]
血液型 B型
職業 女優グラビアタレント
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 2013年 -
事務所 エーチームグループ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
あさが来た
カルテット
映画
明烏
ハッピーウエディング

吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年1月15日[1] - )は、日本女優グラビアタレント

京都府[1]京都市右京区出身[2][3]エーチーム所属[1]

略歴

撮影所に囲まれ映画やテレビドラマの撮影が日常的に行われる京都太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ[4][5][6][7]。高校3年の時に小劇場の舞台『銀ちゃんが逝く』(つかこうへい作)を見てそれまでに味わったことのない感動を体験[8][9]。独学で芝居の勉強を始めると、高校3年から俳優養成所に通い始め、学生制作の自主映画にも参加する[4][10]

書道家を目指して京都橘大学文学部日本語日本文学科書道コースに進学[注 1]するものの演劇への思いを断つことができず[8][11]、つかこうへい、三島由紀夫唐十郎らの古典的な作品を上演する劇団の学生演劇のエネルギーに刺激を受けて[4][10]、自らも18歳の時に同志社大学に通う友人の誘いで小劇場の舞台に立って唐十郎の『吸血姫』で主人公を演じたのを契機に演劇へとのめり込む[6]一方、学生主体の自主映画の撮影にも参加した[4][5]。京都の大学で演劇をしながら東京にある養成所レッスンを受けるという、京都と東京の往復を繰り返す生活を送る[12]

2012年末よりエーチームに所属し[5]2013年より女優として活動を開始[13]。同年のNHK連続テレビ小説あまちゃん』や2015年公開の劇場アニメ『バケモノの子』など数々のテレビドラマ・映画のオーディションに挑戦するものの、最終審査まで進んで落選することが続く[14][15]。2014年7月発売の『週刊プレイボーイ』にて初めてグラビアに進出し[16]、同月23日に公式ブログを開設[17]。同年10月公開のチャットモンチー「いたちごっこ」のミュージックビデオに出演して注目を集め、翌2015年2月公開の『マンゴーと赤い車椅子』で映画デビュー。同年5月公開の映画『明烏』ではオーディションを経てヒロインに抜擢され[18][19]福田雄一監督のもとドタバタ喜劇のはっちゃけたコメディエンヌを体当たりで全力で演じて、後に転機となったと語る作品となる[20][21]

京都在住で[8]小劇場の舞台に客演するなど京都を中心に活動を続けていたが、2015年6月より上京[22]。NHKドラマ10美女と男子』の後半にレギュラー出演して朝ドラスタッフの目に留まり、同年後期の連続テレビ小説『あさが来た』のヒロインオーディションでは最終選考で落選したものの「あの子に何か役をやらせたい」と制作側に感じさせて、波瑠演じるヒロイン・あさの娘の親友役で2016年2月の第18週よりレギュラー出演[10][13][23]。のちにヒロイン・あさの信奉者となる丸メガネがトレードマークの「のぶちゃん」こと田村宜役をひたむきに、時にコミカルに演じて一躍注目を集める[5]

朝ドラ放送終了後の2016年4月には連続テレビ小説『あまちゃん』のオーディションで会って以来念願だったと語る宮藤官九郎の脚本作品『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)に出演して[6]民放連続ドラマに初レギュラー出演を果たし、続けて『死幣-DEATH CASH-』(TBS系)、『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(フジテレビ系)、『カルテット』(TBS系)と4期連続でレギュラー出演[24]。また、5月に「美少女タレントの登竜門」として知られる結婚情報誌『ゼクシィ』(リクルート)の9代目CMガールに抜擢されたのを皮切りに[25][26]6社のCMに起用され、バラエティ番組への出演も急増するなど、ブレークを果たす[27][28]。同年11月にはブレーク前の2014年に撮影しお蔵入りとなっていた初主演映画『ハッピーウエディング』が劇場公開[29][30]。12月には福田雄一演出の舞台『ナイスガイ in ニューヨーク』で初めて商業演劇作品に出演して大きな劇場の舞台に立ち、目標としていた東京の劇場の舞台にも初めて立つ[9][31]

人物・エピソード

身長は158cm、スリーサイズはB82cm、W60cm、H85cm[32]

特技は書道アルトサックス[1]。書道は八段で、書道家を目指して大学に進学、バラエティ番組でその腕前を披露している[8][33]。映画『スウィングガールズ』に憧れて学生時代は吹奏楽部に所属し、アルトサックスを演奏していた[30]

趣味はと遊ぶこと、新派観劇[1]。生き物は何でも好きで[7]、なかでも自身のブログで「私は重度の猫依存症です」とつづる[34]ほどの無類の猫好き。家族揃って猫好きで[7]、京都の実家に猫5匹と犬1匹を飼っている[35][36]。新派については、「どこまでも大衆の心に入っていくところが魅力」と語っている[7]

上京資金を貯めるために2015年3月まで約1年間滋賀県大津市大津プリンスホテルにアルバイトとして勤務し、クロークや配膳などの職務に携わり接客を学んだ[2]。「人を楽しませるための気遣い、気配り、おもてなし、この3つは、今でも役者をやるうえで大事なことです」と、女優業の基礎となっていると語る。連続テレビ小説『あさが来た』の出演者として参加した「第61回びわ湖開き」で遊覧船ミシガンの1日船長を務め、イベント中に同ホテルに寄港した際には、朝ドラ女優として1年ぶりとなる凱旋にホテルスタッフから温かく迎えられた[22][37]

受賞歴

出演

映画

劇場アニメ

テレビドラマ

インターネット配信ドラマ

  • 眠れぬ真珠(2015年4月22日配信開始、全4話、dTV) - 福崎亜由美 役[59]
  • 清里高原PRムービー(2016年5月20日公開、NPO法人 清里観光振興会)[60]

その他テレビ番組

舞台

ラジオ番組

ラジオドラマ

CM・広報

PV

書籍

デジタル写真集

  • 吉岡里帆『夕立慕情』(2014年7月28日、集英社、デジタル週プレ写真集、撮影・岡本武志)
  • 吉岡里帆『2015年必ずブレイクする女優』(2015年2月1日、集英社、デジタル週プレ写真集、撮影・矢西誠二 )
  • 吉岡里帆『遠い記憶』(2015年6月1日、集英社、デジタル週プレ写真集、撮影・熊谷貫)
  • 吉岡里帆『カウントダウン』(2015年8月10日、集英社、デジタル週プレ写真集、撮影・西田幸樹
  • 吉岡里帆『西へ』(2015年12月14日、集英社、デジタル週プレ写真集、撮影・熊谷貫)
  • 吉岡里帆『ロングロングバケーション』(2016年5月8日、集英社、デジタル週プレ写真集、撮影・熊谷貫)

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 3回生まで在籍[11]
  2. ^ MOOSIC AWARDS 2014 女優賞[40]、新人監督映画祭 日本映画監督新人協会 新人女優賞[41] 受賞。
  3. ^ 2015年より全国の結婚式場での上映会にて上映された[44]のに続き、2016年11月に劇場公開[30]
  4. ^ 湘南乃風コカ・コーラのコラボソング。

出典

  1. ^ a b c d e f g h 吉岡里帆”. エーチーム. 2015年12月6日閲覧。
  2. ^ a b “朝ドラ吉岡さん「里帰り」感動 びわ湖開き”. 京都新聞. (2016年3月13日). http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20160313000038 2016年11月24日閲覧。 
  3. ^ 2015年ブレイク必至“女優・吉岡里帆”の素顔に密着!」日刊SPA!2015年5月16日
  4. ^ a b c d 2015年ブレイク必至“女優・吉岡里帆”の素顔に密着!”. 日刊SPA! (2015年5月16日). 2015年12月25日閲覧。
  5. ^ a b c d 宮路美穂 (2016年4月24日). “あさドラ“メガネっ子”吉岡里帆「無色透明な女優でいたい」”. スポーツ報知. http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160423-OHT1T50197.html 2016年10月17日閲覧。 
  6. ^ a b c “朝ドラに続きクドカン作、吉岡里帆「追い風感じてます」”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年5月2日). http://thetv.jp/news_detail/76532/ 2016年10月17日閲覧。 
  7. ^ a b c d 平野和子 (2016年6月7日). “猫好き家族、俳優・吉岡里帆さん「生き物は何でも好き」 「あさが来た」のめがねっ子役”. sippo (朝日新聞社). http://sippolife.jp/article/2016060600009.html 2016年11月22日閲覧。 
  8. ^ a b c d “吉岡里帆、芝居に一途な京娘!共演の城田優「スルメのような女優」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2015年5月6日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150506/geo15050605030004-n1.html 2016年11月22日閲覧。 
  9. ^ a b “吉岡里帆、初メジャー舞台に「心折れた」”. Lmaga.jp (京阪神エルマガジン社). (2016年11月30日). https://www.lmaga.jp/news/2016/11/17907/ 2016年12月2日閲覧。 
  10. ^ a b c “朝ドラ後半戦での好演が光る吉岡里帆の素顔とは!?”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年2月26日). http://thetv.jp/news_detail/73224/ 2016年10月17日閲覧。 
  11. ^ a b 文学部日本語日本文学科の尾西正成助教が女優・吉岡里帆さんらと誌上対談 ニュースピックアップ.京都橘大学ホームページ.(2017年4月17日) 2017年5月23日閲覧。
  12. ^ “研修医役に挑戦の吉岡里帆が現場では女子会、オフはあの人と美術館?”. 週プレNEWS (集英社). (2016年10月11日). http://wpb.shueisha.co.jp/2016/10/11/73288/2 2016年10月17日閲覧。 
  13. ^ a b “メガネをとったら美女が 「あさが来た」の“宜ちゃん”吉岡里帆”. zakzak by 夕刊フジ (産経デジタル). (2016年3月14日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160314/enn1603141533015-n1.htm 2016年10月17日閲覧。 
  14. ^ “吉岡里帆「あまちゃん」オーディション落選時の秘話告白「悔しかった」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年11月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/18/kiji/K20161118013748270.html 2016年11月19日閲覧。 
  15. ^ “吉岡里帆、広瀬すずに負けて「死んだ」…オーディションに落ちまくった過去告白”. スポーツ報知. (2016年11月18日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161118-OHT1T50156.html 2016年11月19日閲覧。 
  16. ^ ドラマ、映画に大注目の吉岡里帆が初グラビアで泣いちゃった?「自分のお尻をじっと見られるなんて…」”. 週プレNEWS (2015年5月2日). 2015年12月25日閲覧。
  17. ^ はじめまして。”. 吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」 (2014年7月23日). 2015年2月7日閲覧。
  18. ^ 高倉文紀. “注目!次世代女優ファイル 吉岡里帆(よしおか・りほ)”. タレントパワーランキング. アーキテクト. 2016年10月17日閲覧。
  19. ^ a b “吉岡里帆、『つむぐもの』出演決定! 映画初主演・石倉三郎の介護士役を熱演”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年11月21日). http://news.mynavi.jp/news/2015/11/21/261/ 2016年10月17日閲覧。 
  20. ^ 麦倉正樹 (2016年3月17日). “『あさが来た』丸メガネの「のぶちゃん」役で注目! 吉岡里帆の骨太な“女優魂””. リアルサウンド (blueprint). http://realsound.jp/movie/2016/03/post-1206.html 2016年12月3日閲覧。 
  21. ^ “吉岡里帆#3『役に馴染むって楽しい』”. ヒカリグラフ (blueprint). (2016年11月16日). http://hikarigraph.com/cover/cover20161116/ 2016年12月3日閲覧。 
  22. ^ a b “朝ドラ好演の吉岡里帆、1日船長に”. デイリースポーツ online. (2016年3月12日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/12/0008884945.shtml 2016年10月17日閲覧。 
  23. ^ 宮越大輔 (2016年12月3日). “吉岡里帆、女優魂芽生えた2016年!年女の来年はさらに飛躍”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 3. http://www.sanspo.com/geino/news/20161203/int16120305030001-n3.html 2016年12月3日閲覧。 
  24. ^ 宮越大輔 (2016年12月3日). “吉岡里帆、女優魂芽生えた2016年!年女の来年はさらに飛躍”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 4. http://www.sanspo.com/geino/news/20161203/int16120305030001-n4.html 2016年12月3日閲覧。 
  25. ^ “『あさが来た』のぶちゃん・吉岡里帆、『ゼクシィ』9代目CMガールに抜てき”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年5月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2071956/full/ 2016年10月17日閲覧。 
  26. ^ “ゼクシィ9代目CMガールは朝ドラでブレークした美少女”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年5月20日). http://thetv.jp/news_detail/78375/ 2016年10月17日閲覧。 
  27. ^ “吉岡里帆、ブレークの実感は「ゼロですね」”. 日テレNEWS24 (日本テレビ放送網). (2016年10月16日). http://www.news24.jp/articles/2016/10/16/08343767.html 2016年11月22日閲覧。 
  28. ^ 斉藤貴志 (2016年12月6日). “吉岡里帆、地味さがいい?“ジミカワ”ビジュアルで幅広い人気”. ORICON STYLE (オリコン). http://www.oricon.co.jp/special/49611/ 2016年12月16日閲覧。 
  29. ^ a b “吉岡里帆、ブレイク前の初主演映画は「ボロアパートを借りて」撮影へ通っていた”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年11月5日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161106-OHT1T50037.html 2016年11月9日閲覧。 
  30. ^ a b c 丹治翔 (2016年11月7日). “朝ドラ女優吉岡里帆、「幻」の初主演映画が公開 無名時代の夢かなう”. withnews (朝日新聞社). http://withnews.jp/article/f0161107003qq000000000000000W02h10501qq000014260A 2016年12月11日閲覧。 
  31. ^ 筒井政也 (2016年8月24日). “吉岡里帆「鳥人間コンテスト2016」で司会挑戦”. スポーツ報知. http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160823-OHT1T50128.html 2016年10月17日閲覧。 
  32. ^ 大野智己 (2015年5月2日). “ドラマ、映画に大注目の吉岡里帆が初グラビアで泣いちゃった?「自分のお尻をじっと見られるなんて…」”. 週プレNEWS (集英社): p. 4. http://wpb.shueisha.co.jp/2015/05/02/47175/4 2016年10月17日閲覧。 
  33. ^ “吉岡里帆、ダウンタウン&坂上忍に書道を披露 - 腕前はプロ級の八段”. マイナビニュース (マイナビ). (2016年11月18日). http://news.mynavi.jp/news/2016/11/18/306/ 2016年11月19日閲覧。 
  34. ^ ”. 吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」 (2014年8月18日). 2015年2月7日閲覧。
  35. ^ 弟は人見知り”. 吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」 (2015年5月5日). 2015年5月7日閲覧。
  36. ^ “吉岡里帆「団塊世代と話が合うから役との共通点はない」”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2016年5月15日). http://www.jprime.jp/articles/-/7111 2016年10月17日閲覧。 
  37. ^ “朝ドラ宜ちゃん 美少女素顔に騒然”. デイリースポーツ online. (2016年3月12日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/12/0008885988.shtml 2016年10月17日閲覧。 
  38. ^ 17年1月期“最も質の高いドラマ”は『カルテット』〜「第7回コンフィデンスドラマ賞」で最多5部門受賞(2017年4月28日)、オリコンニュース、2017年4月28日閲覧。
  39. ^ 第92回主演女優賞ザテレビジョンKADOKAWA、2017年5月10日閲覧。
  40. ^ MOOSIC AWARDS 2014”. アーカイブ. MOOSIC LAB official site. 2016年10月17日閲覧。
  41. ^ 新人監督映画祭、各賞発表結果を更新しました!”. ニュース. 新人監督映画祭 NDFF (2014年12月2日). 2016年10月17日閲覧。
  42. ^ “福田雄一監督の新作映画『明烏』、菅田将暉、城田優、若葉竜也らがホストに”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2015年2月12日). http://www.cinra.net/news/20150212-akegarasu 2016年3月13日閲覧。 
  43. ^ 新人介護福祉士を演じた若手女優・吉岡里帆、介護の理想と現実を痛感”. シネマトゥデイ (2015年11月22日). 2015年12月25日閲覧。
  44. ^ “結婚式の舞台裏をリアルに描く! ウエディングプランナーをテーマにしたハートフルな映画が公開”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年2月19日). https://mdpr.jp/wedding/detail/1469089 2016年10月17日閲覧。 
  45. ^ 映画『Happy Wedding』公式ページ
  46. ^ “織田梨沙、吉岡里帆、満島真之介らが出演 日豪合作映画『STAR SAND-星砂物語-』公開決定”. リアルサウンド (blueprint). (2017年3月25日). http://realsound.jp/movie/2017/03/post-4511.html 2017年3月25日閲覧。 
  47. ^ “吉岡里帆は若き日のオードリー・ヘップバーン!? 日豪合作『STAR SAND』予告編”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年5月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2090394/full/ 2017年5月20日閲覧。 
  48. ^ “吉岡里帆、劇場版『名探偵コナン』ゲスト声優に 宮川大輔と“関西代表””. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2086052/full/ 2017年2月16日閲覧。 
  49. ^ スタッフより7”. 吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」 (2015年6月8日). 2015年6月11日閲覧。
  50. ^ ドラマ甲子園”. フジテレビ. 2016年2月25日閲覧。
  51. ^ 新たな出演者が決定!◇連続テレビ小説「あさが来た」”. NHK (2015年12月3日). 2015年12月6日閲覧。
  52. ^ “朝ドラに続きクドカン作、吉岡里帆「追い風感じてます」”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2016年5月2日). http://news.walkerplus.com/article/76532/ 2016年12月25日閲覧。 
  53. ^ 松井珠理奈、連ドラ初主演!ドラマ「死幣」で大学生役”. ニュースウォーカー (2016年6月8日). 2016年6月8日閲覧。
  54. ^ “吉田羊、地上波連ドラマ初主演! 「チーム・バチスタ」スタッフによる医療ミステリー”. シネマカフェ (イード). (2016年8月8日). http://www.cinemacafe.net/article/2016/08/08/42503.html 2016年12月25日閲覧。 
  55. ^ “吉岡里帆、4クール連続で連ドラ出演 坂元裕二脚本作に「夢のようなお仕事」”. ORICON STYLE. (2016年12月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2082461/full/ 2016年12月3日閲覧。 
  56. ^ 山口発地域ドラマ「朗読屋」”. NHK山口放送局. 2016年12月25日閲覧。
  57. ^ “吉岡秀隆主演の山口発ドラマ「朗読屋」キャストに吉岡里帆、緒川たまき、市川実日子、前野朋哉、富岡英里子、山下真司、市原悦子”. music.jpニュース (株式会社エムティーアイ). (2016年9月17日). http://music-book.jp/video/news/news/124486 2016年12月25日閲覧。 
  58. ^ “長瀬智也、19年ぶり恋愛ドラマ主演 韓流作品『ごめん、愛してる』をリメイク”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年4月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2088939/full/ 2017年4月12日閲覧。 
  59. ^ 眠れぬ真珠特集”. dTV. 2016年6月5日閲覧。
  60. ^ “ピース又吉、清里活性化に一肌脱ぐ 吉岡里帆主演の地方PR動画制作”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2072865/full/ 2016年6月5日閲覧。 
  61. ^ ドキュメンタリー番組「NONFIX」の放送枠で放送。
  62. ^ “井上芳雄主演「ナイスガイ in ニューヨーク」に吉岡里帆、高橋克実ら”. ステージナタリー. (2016年6月29日). http://natalie.mu/stage/news/192672 2016年6月30日閲覧。 
  63. ^ “吉岡里帆、地元関西でコメディ舞台”. Lmaga.jp (京阪神エルマガジン社). (2016年11月23日). https://www.lmaga.jp/news/2016/11/17662/ 2016年11月23日閲覧。 
  64. ^ ふたりの娘”. FMシアター. NHK (2015年12月14日). 2015年12月14日閲覧。
  65. ^ 2016-2017ゼクシィCMサイト 〜ふたりの法則”. ゼクシィ (2016年5月19日). 2016年5月20日閲覧。
  66. ^ “吉田 羊さん・吉岡 里帆さんを起用した新テレビCMを放映開始!” (プレスリリース), JXエネルギー, (2016年10月5日), http://www.noe.jx-group.co.jp/newsrelease/2016/20161005_01_1150234.html 2017年2月4日閲覧。 
  67. ^ “いま、人気急上昇中の女優・吉岡里帆さんの新CMが公開 ピュアな吉岡さんの“色々”な表情と美しい色素材の融合に注目! 〜DIC企業ブランドCM「今日は何色?」篇 30秒 2016年10月5日(水)より放送開始〜” (プレスリリース), DIC株式会社, (2016年10月5日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000021806.html 2017年2月4日閲覧。 
  68. ^ “吉岡里帆さんが、口内炎が痛くて食べられない葛藤を好演 / 口内炎治療薬ブランド「トラフル®」TV-CM3篇を順次放映開始” (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2016年11月17日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000005551.html 2016年11月18日閲覧。 
  69. ^ スマホアプリ「実況パワフルプロ野球」のTVCMが公開されました!”. パワプロ通信. コナミデジタルエンタテインメント (2016年12月13日). 2016年12月15日閲覧。
  70. ^ “UR賃貸住宅 新TV-CM2016年12月16日(金)より全国放映開始〜人気急上昇中の女優・吉岡里帆さんを起用し、UR賃貸住宅の魅力を訴求〜” (PDF) (プレスリリース), 独立行政法人 都市開発機構, (2016年12月16日), http://www.ur-net.go.jp/press/h28/ur2016press_1216_cm.pdf 2017年2月4日閲覧。 
  71. ^ 今注目の女優 吉岡里帆さんを起用!「ツケ払い」 のテレビCM第2弾を放送開始”. ニュース. スタートトゥデイ (2017年3月17日). 2017年3月17日閲覧。
  72. ^ 綾鷹 CM・動画”. 綾鷹. 日本コカ・コーラ. 2017年3月21日閲覧。
  73. ^ “吉岡里帆、京都市長からの任命証に「おおきに!」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年2月4日). https://thetv.jp/news/detail/99405/ 2017年2月4日閲覧。 
  74. ^ 日清のどん兵衛「どんぎつね 篇」”. 日清食品グループ. 2017年5月19日閲覧。
  75. ^ 日清のどん兵衛「どんぎつね出てきません 篇」”. 日清食品グループ. 2017年5月19日閲覧。

外部リンク