多部未華子

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

たべ みかこ
多部 未華子
本名 熊田 未華子
生年月日 (1989-01-25) 1989年1月25日(33歳)
出生地 日本の旗 日本東京都西東京市[1]
身長 158 cm[2]
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台CM
活動期間 2002年 -
配偶者 熊田貴樹(2019年 - )
事務所 ヒラタインターナショナル
公式サイト Mikako Tabe official website
主な作品
テレビドラマ
山田太郎ものがたり
つばさ
デカワンコ
大奥〜誕生[有功・家光篇]
ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜
これは経費で落ちません!
私の家政夫ナギサさん
映画
HINOKIO
青空のゆくえ
ルート225
君に届け
LIAR GAME -再生-
ピース オブ ケイク
舞台
『農業少女』
 
受賞
ブルーリボン賞
新人賞
2005年HINOKIO』『青空のゆくえ
その他の賞
日本映画批評家大賞
新人賞(小森和子賞)
2005年『HINOKIO』
主演女優賞
2015年ピース オブ ケイク
高崎映画祭
最優秀新人女優賞
2007年ルート225
テンプレートを表示

多部 未華子(たべ みかこ、1989年平成元年〉1月25日 - )は、日本女優

東京都[3]西東京市[1]出身、ヒラタインターナショナル所属。夫は写真家の熊田貴樹。

来歴

小学5年生の頃、ミュージカルの『アニー』を観劇し、同作への出演を目指して中学2年生までオーディションを受けていた[4]

2002年、スカウトされてヒラタオフィスに所属(それ以前はムーン・ザ・チャイルドに所属していた[5])。Janne Da Arcの「Rainy 〜愛の調べ〜」のPV出演で女優デビュー。また、『HAPPY! HAPPY!スペシャル』(BS日テレ)でテレビドラマ初出演を果たす。

2003年、映画『HINOKIO』のメインキャストである工藤ジュン役に、オーディションで1,000人を超える応募者の中から抜擢される。『HINOKIO』と『青空のゆくえ』により、2005年第48回ブルーリボン賞新人賞を受賞。

2007年、7月クールのドラマ『山田太郎ものがたり』(TBS)で民放連続ドラマ初出演。

2009年NHK連続テレビ小説つばさ』に、オーディションで1,593人の中から選出されて[6]、主演を務める。

2010年エランドール賞新人賞を受賞。

2011年、1月クールのドラマ『デカワンコ』(日本テレビ)にて民放連続ドラマの初主演を飾る。

2015年、4月クールのドラマ『ドS刑事』(日本テレビ)の役作りのため、髪型をボブスタイルにヘアチェンジする[7]

2017年、劇場版アニメ映画『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』で声優に初挑戦する。同年~2021年現在Webマガジン (GINGER Web) にて、おすすめの本を紹介する連載を担当している[8]

2018年ヒラタオフィスから「ヒラタインターナショナル」へ社内移籍[9]

私生活

2019年10月1日、写真家の熊田貴樹と結婚したことを発表[10]。多部が三姉妹の次女役で出演している、UQコミュニケーションズUQモバイル」のCMを手掛けた熊田と同CMの撮影で出会い、3年間の交際を経て結婚に至った[11]

2021年3月1日、第1子を妊娠していることを公式サイトで報告、その後の活動は「体調含め相談をさせていただきながら務めてまいりたいと思っております」とした[12]。同年12月18日、第1子を出産したことをアニメ映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』の公開記念舞台あいさつの場で報告した[13]

人物

出演

役名の太字は主演作品。

テレビドラマ

映画

吹き替え

ドキュメンタリー

  • カーズ」公開記念SP!アメリカ'ルート66'で見つけた日本人の忘れもの(2006年7月1日、日本テレビ)
  • 地球危機2008〜何気なく暮らしている人たちへ〜(2008年1月4日、テレビ朝日開局50周年記念特別番組)
  • 絶景!アジア紀行(2008年6月、TBS)
  • アジアンスマイル(2009年12月、NHK) - ナレーション
  • 課外授業 ようこそ先輩(2009年11月1日、NHK) - ナレーション
  • ザ・ノンフィクション(2010年2月、フジテレビ) - ナレーション
  • サムシング・フォー(2010年12月31日、フジテレビ) - 旅人
  • 本当にエコを考える地球旅行 〜明日へのチカラ〜(2011年6月3日、日本テレビ)- リポーター
  • BS-TBS 開局15周年特別企画「日本の夢、はやぶさ。ふたたび宇宙へ」(2015年3月1日、BS-TBS) - ナビゲーター[45]
  • 地球最高の楽園 知られざる奇跡の海! ブラジル大紀行(2015年7月20日、中京テレビ制作、日本テレビ系列) - ナビゲーター[46]
  • 華麗なるミュシャ 祖国への旅路 〜パリ・プラハ 二都物語〜(2017年3月16日、NHK) - ナビゲーター[47]

教育番組

音楽番組

WEB

  • NTT西日本 第4回コミュニケーション大賞 電話部門グランプリ受賞作品「初恋」- 鈴木さくら
  • OCN無料動画番組 Talking Japan
  • UULAオリジナルドラマ「I LOVE YOU 〜魔法のボタン〜」 - 萌枝 役
  • Netflix
    • NETFLIXオリジナル作品深夜食堂-Tokyo Stories- (Midnight Diner)
      • 第10話(劇場版を含まない、TVシリーズからの通算では、第40話)栗山みちる 役
    • NETFLIXオリジナル作品 リラックマとカオルさん(配信日:2019年4月19日) カオルさん 役
    • NETFLIXオリジナル作品 リラックマと遊園地(配信日:2022年8月25日) カオルさん 役[48]

CM

舞台

ゲーム

PV

広告モデル

その他

  • 「バイバイ、ベアー〜青いエアメイル」(「Yuming Films Project」)
松任谷由実のベストアルバム「SEASONS COLOURS -秋冬撰曲集-」のPRとして、ユーミンの曲をもとにショートフィルムを制作する企画。その第2弾に出演。2007年10月31日よりYahoo!動画にて無料独占配信。
  • NHK-FM放送ジングル「ビリーブ イン ミュージック ビリーブ イン ボイス」(2009年 - )
  • コニカミノルタプラネタリウム「南極ヒーリング~この地球(ほし)の果で~」ナレーション(2015年12月-2016年8月頃)
池袋サンシャインシティ”満天”で開催のプラネタリウムのナレーション
  • NHK総合-松尾スズキアワー「恋は、アナタのおそば」という喜劇に出演。(2016年3月30日・31日)

受賞歴

書籍

フォトブック

写真集

その他書籍

雑誌

新聞

音楽

脚注

[脚注の使い方]

注釈

出典

  1. ^ a b 多部未華子の30歳を祝う『MIKAKO 30』で吹越満と2人芝居、脚本は松尾スズキ”. CINRA (2019年2月25日). 2022年7月10日閲覧。
  2. ^ 多部未華子ぶっちゃけ結婚出産直後に女優休業!? 日刊スポーツ [2016年3月25日]
  3. ^ 公式プロフィール”. ヒラタオフィス. 2022年6月14日閲覧。
  4. ^ あこがれスター★デビューストーリー”. Audition. 2015年5月9日閲覧。
  5. ^ MOON THE CHILD”. 2002年4月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月11日閲覧。
  6. ^ “来年度・連続テレビ小説のヒロインに多部未華子 記念すべき80作目で“二十歳のおかん”に”. ORICON NEWS (oricon ME). (2008年7月24日). https://www.oricon.co.jp/news/56644/full/ 2020年3月19日閲覧。 
  7. ^ 前髪ぱっつんボブヘアに イメージは「レオンのマチルダ」”. まんたんウェブ (2015年3月5日). 2022年4月5日閲覧。
  8. ^ “多部未華子がBOOKコンシェルジュ! | 自分を主役にした人生を。”. GINGER Web. https://gingerweb.jp/tag/book-concierge 2021年6月19日閲覧。 
  9. ^ “宮崎あおい、多部未華子、松岡茉優が事務所移籍”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年5月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2111423/full/ 2018年5月15日閲覧。 
  10. ^ “多部未華子が写真家の熊田貴樹氏と結婚”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年10月1日). https://hochi.news/articles/20191001-OHT1T50166.html 2019年10月1日閲覧。 
  11. ^ “多部未華子と結婚、写真家・熊田貴樹氏はUQモバイルCM担当の敏腕クリエーター”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2019年10月1日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/10/01/0012751607.shtml 2020年3月19日閲覧。 
  12. ^ “多部未華子、第1子妊娠を発表「無事に安定期を迎えることができました」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年3月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2185978/full/ 2021年3月1日閲覧。 
  13. ^ “多部未華子、第1子出産を報告「すっごく幸せ」 環境の変化も語る”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年12月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2218077/full/ 2021年12月18日閲覧。 
  14. ^ 多部未華子、高橋一生との相性は……「恋愛はした方がいい!」持論も展開<モデルプレスインタビュー>”. モデルプレス (2016年12月19日). 2016年8月30日閲覧。
  15. ^ 噂の深層 若手女優イチの不思議ちゃん!? 多部未華子の魅力”. リアルライブ (2013年5月30日). 2022年4月5日閲覧。
  16. ^ a b 【連載】『あの人の学生時代。』#16:多部未華子「復学の決断が今に活きる」”. マイナビ 学生の窓口 (2017年11月2日). 2020年3月19日閲覧。
  17. ^ 活躍する卒業生”. 東京女子大学 キャリア・センター (2016年5月23日). 2016年8月30日閲覧。
  18. ^ 多部未華子、大学卒業!ファンへの感謝をつづる”. シネマトゥデイ (2013年3月21日). 2022年4月5日閲覧。
  19. ^ 田中亜紀子 (2015年4月6日). “私を「姉さん」と呼ぶ親友に助けられ 多部未華子さん - 私の一枚”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞). http://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2015040312571.html 2015年6月15日閲覧。 
  20. ^ 多部未華子、「続・深夜食堂」の見どころは“いつも通り””. WEBザテレビジョン. KADOKAWA (2016年11月8日). 2021年12月18日閲覧。
  21. ^ “「世にも奇妙な物語 ’14秋の特別編」はオムニバス5本+超短編5本!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2014年9月25日). https://thetv.jp/news/detail/50752/ 2017年4月24日閲覧。 
  22. ^ キャスト│「永遠の0」”. テレビ東京. 2022年4月5日閲覧。
  23. ^ “多部未華子、ドSな女刑事に 関ジャニ∞大倉忠義を攻める”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年2月5日). https://mdpr.jp/news/detail/1465361 2017年4月24日閲覧。 
  24. ^ 松坂桃李、SPドラマで“視覚探偵”に 堤幸彦監督とタッグ”. ORICON (2015年9月16日). 2022年4月5日閲覧。
  25. ^ “キャスト&スタッフ|視覚探偵 日暮旅人|日本テレビ”. 日本テレビ. https://www.ntv.co.jp/tabito/cast-staff/index.html#comment_02 2022年4月5日閲覧。 
  26. ^ ネットでアツく盛り上がる“ベランダー事情”とは?”. NHKエンタープライズ (2015年9月7日). 2017年4月24日閲覧。
  27. ^ “寺尾聰&多部未華子、TBS日曜劇場で初共演 実在の弱小吹奏楽部モチーフ”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2016年6月3日). https://www.crank-in.net/news/43383/1 2022年4月5日閲覧。 
  28. ^ “多部未華子&高橋一生が王道ラブコメ クリスマス特別ドラマで共演”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2081752/full/ 2022年4月5日閲覧。 
  29. ^ 多部未華子さん主演「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」制作開始!”. ドラマトピックス. NHK (2017年3月7日). 2017年4月24日閲覧。
  30. ^ “嵐・櫻井翔:初の校長役「まさか35歳で…」 今秋4年半ぶり連ドラ主演”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年4月24日). https://mantan-web.jp/article/20170423dog00m200035000c.html 2022年4月5日閲覧。 
  31. ^ “多部未華子&仲里依紗:小栗旬とムロツヨシが“奪い合う女性”に SPドラマ「二つの祖国」でヒロイン”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年2月20日). https://mantan-web.jp/article/20190219dog00m200045000c.html 2019年5月29日閲覧。 
  32. ^ “多部未華子、恋にオクテな“経理女子” 相手役にジャニーズWEST・重岡大毅”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年5月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2136478/ 2019年5月29日閲覧。 
  33. ^ “新婚・多部未華子、家事ダメダメの独身女子に「愛らしくも応援したくなるキャラクター」…昨年10月の結婚後連ドラ初主演”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年2月11日). https://hochi.news/articles/20200210-OHT1T50230.html 2020年2月11日閲覧。 
  34. ^ “二宮和也「感慨深い」多部未華子「時の早さ驚き」15年ぶり共演で夫婦役 4月スタート日曜劇場”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年2月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202202140001035.html 2022年2月15日閲覧。 
  35. ^ “二宮和也主演「マイファミリー」世界配信決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年3月25日). https://mdpr.jp/news/detail/3071930 2022年3月25日閲覧。 
  36. ^ ““ダメ女”多部未華子、“ヒゲ男”綾野剛と初共演映画で脱清純派!”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2014年9月23日). https://www.sanspo.com/article/20140923-3XOMVWIMGJNMPG2TEU5UQI7BEQ/ 2020年3月19日閲覧。 
  37. ^ 多部未華子、倍賞美津子と二人一役 “73歳”役で歌唱シーンも挑戦”. ORICON STYLE (2015年10月6日). 2022年4月5日閲覧。
  38. ^ 作品情報”. 2017年えいが 『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』公式サイト. 2017年6月3日閲覧。
  39. ^ “黒木華主演で茶道エッセイ「日日是好日」映画化、共演に樹木希林と多部未華子”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年10月30日). https://natalie.mu/eiga/news/254695 2022年4月5日閲覧。 
  40. ^ “キスマイ北山宏光、映画初主演!「トラさん」で多部未華子と夫婦役”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年2月9日). https://eiga.com/news/20180209/3/ 2022年4月5日閲覧。 
  41. ^ “高良健吾、中島貞夫監督新作で極限の殺陣を披露! 共演は多部未華子&木村了”. エイガドットコム. (2018年8月21日). https://eiga.com/news/20180821/1/ 2018年8月21日閲覧。 
  42. ^ “サンドウィッチマンも!三浦春馬主演作、追加キャスト発表”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年4月2日). https://www.cinematoday.jp/news/N0099738 2018年4月2日閲覧。 
  43. ^ 多部未華子「流浪の月」で松坂桃李に寄り添う看護師に、李相日も期待”. 映画ナタリー. ナターシャ (2021年10月25日). 2022年4月13日閲覧。
  44. ^ “多部未華子が洋画吹き替えに初挑戦 ボス・レディに”. サンスポ (産経デジタル). (2021年9月29日). https://www.sanspo.com/article/20210929-SYKKKR2F7RK4FIU2SCQCTPXAC4/ 2021年9月29日閲覧。 
  45. ^ BS-TBS 開局15周年特別企画「日本の夢、はやぶさ。ふたたび宇宙へ」(BS-TBS) Archived 2016年1月19日, at the Wayback Machine.、2015年2月28日閲覧
  46. ^ エクスコムグローバルpresents 地球最高の楽園 知られざる奇跡の海!ブラジル大紀行”. 中京テレビ. 2017年10月30日閲覧。
  47. ^ NHKドキュメンタリー - 華麗なるミュシャ 祖国への旅路 パリ・プラハ 二都物語”. NHK. 2017年10月30日閲覧。
  48. ^ “Netflixシリーズ『リラックマと遊園地』8・25配信開始 多部未華子・山田孝之続投、上田麗奈が初参加”. ORICON NEWS (ORICON). (2022年7月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2242859/full/ 2022年7月20日閲覧。 
  49. ^ “新鋭女優、多部未華子が新たな活躍の場へ!?”. ORICON NEWS. (2006年11月8日). https://www.oricon.co.jp/news/38789/full/ 2020年11月21日閲覧。 
  50. ^ “多部未華子、「朝食を抜いて」“チキン”に挑む”. ORICON NEWS. (2008年9月25日). https://www.oricon.co.jp/news/58293/full/ 2020年11月21日閲覧。 
  51. ^ “2009年注目の女優・多部未華子(たべ みかこ)さんがKFCのTVCMに再び登場!!” (プレスリリース), 日本ケンタッキー, (2008年12月22日), https://japan.kfc.co.jp/news/news081222kfc.html 2020年11月21日閲覧。 
  52. ^ “CM初共演 オードリー春日、清原にビビり多部からすかされる”. ORICON NEWS. (2009年7月7日). https://www.oricon.co.jp/news/67486/ 2020年11月21日閲覧。 
  53. ^ “多部未華子と“美人すぎるピアニスト”が化粧品CM初出演! ともに21歳フレッシュな“美”の競演”. ORICON NEWS. (2010年3月20日). https://www.oricon.co.jp/news/74500/ 2020年11月21日閲覧。 
  54. ^ “ハウスウェルネスフーズ、「C1000ビタミンレモン」20周年 新CMに多部未華子起用”. 日本食糧新聞. (2011年2月18日). https://news.nissyoku.co.jp/news/yamamoto20110213120346619 2020年11月21日閲覧。 
  55. ^ “多部未華子、ハッピーなときは「常にです」”. ORICON NEWS. (2012年10月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2017866/full/ 2020年11月21日閲覧。 
  56. ^ “andropが福士蒼汰ら出演のCMソングを書きおろし!”. ウォーカープラス. (2015年3月3日). https://thetv.jp/news/detail/55993/ 2015年3月3日閲覧。 
  57. ^ “櫻井翔×多部未華子が初の夫婦役で共演 花王「エッセンシャルflat」新CM”. CINRA. (2019年10月10日). https://www.cinra.net/news/20191010-kao 2020年4月14日閲覧。 
  58. ^ reserved, Copyright © Kao Corporation All rights. “花王株式会社 | キュキュット | CMギャラリー” (日本語). www.kao.co.jp. 2022年3月5日閲覧。
  59. ^ 多部未華子、“森の音楽家”に扮し歌声&演奏披露”. ORICON STYLE (2015年9月28日). 2022年4月5日閲覧。
  60. ^ “「やよい軒」のイメージキャラクターに多部未華子さんを起用!” (プレスリリース), 株式会社プレナス, (2015年9月29日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201509294015 2021年6月7日閲覧。 
  61. ^ 多部未華子が天才バンドを聴いて泣く「Google Play Music」CM”. 音楽ナタリー (2016年1月21日). 2022年4月5日閲覧。
  62. ^ “多部未華子:小出恵介と兄妹役で“ちぐはぐ”なやり取り 「マウントレーニア」のCMで”. MANTANWEB. (2016年4月8日). https://mantan-web.jp/article/20160408dog00m200006000c.html 2022年4月5日閲覧。 
  63. ^ “深田恭子&多部未華子&永野芽郁、新CMで仲良し3姉妹役”. ORICON STYLE. (2016年10月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2080397/full/ 2022年4月5日閲覧。 
  64. ^ “創業100周年に向けて、テレビCM第1弾を放映開始” (プレスリリース), NTN株式会社, (2017年4月1日), https://www.ntn.co.jp/japan/news/press/news201700020.html 2021年6月7日閲覧。 
  65. ^ “『三井アウトレットパーク』新CM 新イメージキャラクターに多部未華子さん就任!” (プレスリリース), 三井不動産商業マネジメント株式会社, (2017年4月14日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000007685.html 2021年6月7日閲覧。 
  66. ^ “多部未華子×Fukase、CM第2弾は「スターライトパレード」アコースティックver.”. シネマカフェ. (2018年7月9日). https://www.cinemacafe.net/article/2018/07/09/57488.html 2018年7月10日閲覧。 
  67. ^ “旅行情報サービス『じゃらん』新CM 2月15日(金)よりオンエアスタート 多部 未華子が旅の達人「にゃらん」と初共演 演技派女優と旅猫の息ぴったりの演技に注目!” (プレスリリース), 株式会社リクルートライフスタイル, (2019年2月13日), https://www.recruit.co.jp/newsroom/recruit-lifestyle/news/travel/nw27429_20190213 2021年6月7日閲覧。 
  68. ^ 『スタディサプリENGLISH』新CMキャラクター 多部 未華子さんが英会話を披露!1月4日(火)より公開 “英会話もスタディサプリ””. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年1月4日閲覧。
  69. ^ “塗料のワクワク・オドロキを伝える企業CM、10月3日(土)に公開~多部未華子さんがメッセンジャー役として塗料の魅力を伝える~” (プレスリリース), 日本ペイントホールディングス株式会社, (2020年9月28日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000218.000007223.html 2021年6月7日閲覧。 
  70. ^ 多部未華子、タクシー運転手の言葉で涙目に…環境変わった1年振り返る”. マイナビニュース. マイナビ (2021年11月24日). 2021年12月3日閲覧。
  71. ^ Narinari.com (2021年11月24日). “多部未華子が初のマックCM、“グラコロソング”も歌う”. エキサイト. 2021年12月3日閲覧。
  72. ^ “多部未華子、東京03角田と共演も撮影は別日「完成したCM見るのが楽しみ」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年3月4日). https://news.mynavi.jp/article/20220304-2284715/ 2022年3月5日閲覧。 
  73. ^ “多部未華子、美しい歌声を披露! 初挑戦のハモリは「難しかった」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年3月14日). https://news.mynavi.jp/article/20220314-2290864/ 2022年3月14日閲覧。 
  74. ^ “多部未華子、まさかの落とし物に驚き「どうやって落としたのか”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年3月30日). https://news.mynavi.jp/article/20220330-2306624/ 2022年3月30日閲覧。 
  75. ^ “多部未華子、“仕事”と“プライベート”の両立で心がけていること「どっちも…」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年4月26日). https://news.mynavi.jp/article/20220426-2329271/ 2022年4月26日閲覧。 
  76. ^ “多部未華子「性別意識せず」男と女の1人2役初挑戦”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年5月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1816090.html 2022年4月4日閲覧。 
  77. ^ “ミュージカル「TOP HAT」上演決定、坂本昌行・多部未華子らが出演”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年5月1日). https://natalie.mu/stage/news/280384 2018年7月18日閲覧。 
  78. ^ 「ドクター・ホフマンのサナトリウム 〜カフカ第4の長編〜」”. KAAT 神奈川芸術劇場. 2019年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月29日閲覧。
  79. ^ 主演女優賞 受賞結果 1位:多部未華子 | 第68回 - ザテレビジョンドラマアカデミー賞(2011年5月11日)、webザテレビジョン、角川マガジンズ、2022年4月5日閲覧。
  80. ^ 『週刊ザテレビジョン』7号(2013年2月13日)、角川マガジンズ
  81. ^ “「バクマン。」が日本映画プロフェッショナル大賞でベストワン&作品賞”. 映画ナタリー. (2016年3月25日). https://natalie.mu/eiga/news/180925 2022年4月5日閲覧。 
  82. ^ 日本映画批評家大賞 第25回受賞作品”. 日本映画批評家大賞. 2022年4月5日閲覧。
  83. ^ 第8回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」”. コンフィデンス. oricon ME. 2017年7月21日閲覧。
  84. ^ “【17年4月期 コンフィデンス・ドラマ賞】「主演女優賞」に多部未華子、小川糸原作のゆるやかな人間ドラマで名演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年7月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2094439/full/ 2022年4月5日閲覧。 

外部リンク