富山市ファミリーパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
富山市ファミリーパーク
Toyama Municipal Family Park
東口
施設情報
正式名称 富山市ファミリーパーク
専門分野 総合
所有者 富山市
管理運営 公益財団法人富山市ファミリーパーク公社[1]
園長 石原祐司[2]
頭数 1,062点(平成28年3月31日現在)[1]
種数 98種(平成28年3月31日現在)[1]
来園者数 339,230人(平成28年度)[1]
開園 1984年4月28日
所在地 930-0151
富山県富山市古沢254番地
位置 北緯36度41分27.1秒 東経137度8分53.6秒 / 北緯36.690861度 東経137.148222度 / 36.690861; 137.148222座標: 北緯36度41分27.1秒 東経137度8分53.6秒 / 北緯36.690861度 東経137.148222度 / 36.690861; 137.148222
テンプレートを表示

富山市ファミリーパーク(とやましファミリーパーク)は、富山県富山市古沢にある動物園である。

歴史[編集]

富山市ファミリーパークは、富山市の西方、呉羽丘陵の城山公園内に位置する[3][4]。 建設計画は、1971年(昭和46年)3月から数年おきに公園の構想や計画がまとめられ、1981年(昭和56年)2月に、建設基本計画が決定され、1982年(昭和57年)9月に建設着工、1984年(昭和59年)4月27日に竣工し翌日28日に開園する[4]日本動物園水族館協会に所属している。

1990年代の動物園の「バードハウス」は、設計したプレック研究所によると、当時最先端のアメリカ型のランドスケープ・イマージョンの手法を用いたもので、従来型の展示に比較して、動物の生態環境を見せる方向へと進化しているものと考えている[5]

2006年、富山ファミリーパークは、環境エンリッチメント大賞の飼育施設部門大賞を受賞した[6]。受賞対象は「穴掘りグマの展示」で、従来のアナグマ舎の外側の観客側スペースに、柵とモート(溝)を越えてアナグマの回廊を作ったこと[6]。選評は「他施設を参考に、アナグマに適したものを独自の方法で安価に制作し、アナグマの穴掘り行動という特性を活かし、アナグマの行動空間を広げ、見学者の目の前で行動観察できる工夫を評価した」としている[6]

動物園のマスコットキャラクターは「里ノ助」(さとのすけ)という「オスのメタボのタヌキの着ぐるみ」であり、2006年5月5日に産まれ[7]、里山に住んでおり、富山の自然で遊ぶことが好きと説明されている[8]

2009年、事業者である富山市市長の森雅志は、園について、「里山そのものに着目し、里山を再生したり、里山の果たしている役割を発信しており、動物の保存などにあわせ、里山の役割に着目するなどという役割なども担ってきている」と、動物園の意義や役割を述べた[7]

2011年春にオープンした「里山生態園」は、コンクリートではなく動物の足に優しい土でおおわれ、広さ約3,600m2の傾斜地に制作された[9]日本のシカ日本のカモシカ日本のサル日本のタヌキが良好な環境で飼育される[9]。これについて、朝日新聞は、日本国外の珍種が少ないことで「日本一地味な動物園」と言われるとし、「相変わらずの地味さ」と感想を述べたうえで、動物園の様々な取り組みを紹介し、「地味とあなどるなかれ」と締めくくった[9]。動物園はもともとは里山であり、里山環境の崩壊で里山動物が害獣として扱われているため、「害獣と敵視するだけではいけない」というメッセージを動物園が発しているとも報じた[9]

2013年、ポニーの「コスモ」(オス、1981年8月16日産)が、公益財団法人日本動物愛護協会主催の第5回日本動物大賞「功労動物賞」を受賞した[10]。コスモは1984年4月21日に移入され、富山ファミリーパーク開園の時点から、人間に換算すると100歳を超える現時点まで、入園者とのふれあいに貢献したためである[10]

施設概略[編集]

飼育動物の一覧[編集]

動物ゾーン[編集]

キリン舎
アミメキリングレービーシマウマ
トラ舎
トラ(アムールトラ)
子供動物園
ワラビープレーリードッグリスザルカピバラミニブタマーラウサギミーアキャット ほか
カワウソ舎
郷土動物館
タヌキキツネニホンアナグマノウサギテンほか
フラミンゴ池
チリーフラミンゴ
ペンギン池
フンボルトペンギン
シカ舎
ニホンジカ
イノシシ舎
イノシシ
クマ舎
ツキノワグマ
ニワトリ舎
小国地鶏コエヨシ東天紅鶏名古屋種比内鶏トウマルオオシャモコシャモチャボなどの日本鶏・セキショクヤケイ
ダマジカ舎
タンチョウアカシカ
バイソン舎
アメリカバイソン
カモシカ園
ニホンカモシカタンチョウマナヅル
オオカミ舎
オオカミ(シンリンオオカミ)
ライチョウ舎
スバールバルライチョウ
バードハウス
オオワシフクロウヘラサギオシドリヤマガラ ほか
ワオキツネザル舎
ワオキツネザル
レッサーパンダ舎
レッサーパンダ
ヤマネコ舎
里山生態園
ニホンザル・ニホンジカ・ニホンカモシカ・タヌキ・ホクリクサンショウウオ
うまや
木曽馬野間馬アメリカンクウォーターホースポニーロバ対州馬
やぎ牧場
トカラヤギシバヤギヒツジ
にわとり広場
ニワトリ

自然ゾーン[編集]

  • とんぼの沢(トンボメダカなどがいる。)
  • 自然散策路「ふしぎの山・ひみつの森・雑木のこみち」
  • 六泉池 野鳥観察舎(カルガモカワセミなどがいる。)
  • 樹間のこみち
  • ホタルのおやど(ゲンジボタルの発生するビオトープ。6月の夜間には観察会が催される)
  • カエルの谷(モリアオガエルの集団産卵地)
  • ふるさとの小路(全長25mの前方後方墳西金屋長尾塚古墳」のそばを通る)
  • ムササビ村(カメラ付き巣箱とモニターが常設されており、中で寝ている野生のムササビを観察することができる。)

遊園地[編集]

※()内は料金

  • アニマルコースター(200円)
  • 子供列車(200円)
  • メリーゴーランド(200円)
  • パラトルーパー(200円)
  • バッテリーカー(硬貨使用、200円)

遊園地は、開園30周年の2014年(平成26年)を目途に遊園地を廃止し、自然体験ができる施設を再整備することを検討中であった[11] [12] [13] が、2015年5月現在も廃止されていない[14]

レジャー施設[編集]

  • バーベキュー広場
  • 芝生広場
  • 乗馬場(乗馬を体験できる。)
  • みはらし広場
  • 六泉池(ボートが1回400円で利用できる)
  • 自然体験センター
  • わくわく田んぼ

営業[編集]

  • 所在地:富山県富山市古沢254番地
  • 駐車場:1,100台収容(無料)
  • 入園料:大人 500円、中学生以下 無料
    • 富山市博物館等共通パスポート(3日間有効・700円、一年間有効・1500円)対象施設[15]
  • 開園時間:9時 - 16時30分
  • 休園日:3月1日から3月14日まで

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 平成 27 年度公益財団法人富山市ファミリーパーク公社事業報告 3頁 (PDF) 富山市
  2. ^ 来園者の方へ 園長から皆さまへ 2017年4月1日 2017-6-18閲覧
  3. ^ 富山市ファミリーパーク新整備計画(案) 26頁 (PDF) 富山市
  4. ^ a b 来園者の方へ-ファミリーパークについて2013年4月1日 園長・山本茂行 森を元気に、人を元気に。「富山市ファミリーパーク」
  5. ^ トレンドリサーチ 2これからの動物展示のありかた (PDF) 安河内泰男・動植物園設計・研究センター長 プレック研究所 2013-3-16閲覧
  6. ^ a b c エンリッチメント大賞2006 飼育施設部門 大賞市民ZOOネットワーク 2013-3-16閲覧
  7. ^ a b 富山市長定例記者会見 記者会見資料平成21年4月1日 富山市 2013-3-16閲覧
  8. ^ 里ノ助とあそぶ-里ノ助のお話富山市ファミリーパーク 2013-3-16閲覧
  9. ^ a b c d 週刊まちぶら 富山市ファミリーパーク-マイタウン富山2011年8月9日 asahi.com:朝日新聞 成川彩・久永隆一 2013-3-16閲覧
  10. ^ a b 日本動物大賞の受賞について - イベント情報”. 富山市ファミリーパーク. 2013-5-10 18:49時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月10日閲覧。
  11. ^ 富山市ファミリーパーク新整備計画(案):富山市パブリックコメント
  12. ^ 「富山市ファミリーパーク新整備計画(案)」に対するご意見と富山市の考え方:富山市
  13. ^ 富山市ファミリーパーク新整備計画(案)PDFファイル:富山市
  14. ^ 富山市ファミリーパーク 施設案内-遊園地・広場・ボート
  15. ^ 富山市博物館等共通パスポート

外部リンク[編集]