熱川バナナワニ園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
熱川バナナワニ園
ATAGAWA TROPICAL & ALLIGATOR GARDEN

本園・ワニ園外観

施設情報
愛称 バナナワニ園
専門分野 ワニレッサーパンダ・熱帯植物
管理運営 株式会社熱川バナナワニ園
主な飼育動物 ワニ、レッサーパンダ、アマゾンマナティー
開園 1958年(昭和33年)9月20日
所在地 413-0302
静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1253-10
位置 北緯34度48分58秒 東経139度4分4秒 / 北緯34.81611度 東経139.06778度 / 34.81611; 139.06778座標: 北緯34度48分58秒 東経139度4分4秒 / 北緯34.81611度 東経139.06778度 / 34.81611; 139.06778
アクセス 伊豆急行線伊豆熱川駅徒歩
公式サイト http://bananawani.jp/
テンプレートを表示

熱川バナナワニ園(あたがわバナナワニえん)とは、静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本にあるワニ熱帯植物を主に扱う動植物園。

概説[編集]

伊豆熱川温泉にある動植物園。1958年(昭和33年)9月20日に開園。1971年3月1日には分園が開園している。2008年に、ワニ園の改修工事が行われ、全体を覆う屋根ができたほか、ワニを横や下から観察できるようになった。

伊豆熱川駅前の本園と、送迎バスで行く分園からなる。温泉の熱を利用して、ワニの飼育や熱帯植物の栽培を行っている。飼育しているワニの種類では世界一で、17種(交雑含む)約140頭が飼育されている[1]。そして、日本で唯一、ニシレッサーパンダの飼育・繁殖を行い[2]、日本で唯一、アマゾンマナティーを展示している[3]。このほか、ゾウガメオオバタンオオサンショウウオフラミンゴなどがいる。また、約20種類のバナナを育てており、栽培されている熱帯植物は約5000種である[4]

構成[編集]

本園・ワニ園、本園・植物園、分園の3つの展示施設から構成されており、共通券を利用する形となる。

本園・ワニ園[編集]

亜種雑種含め全30種類あるワニのうちの17種類を約140頭飼育しており、その中にはイリエワニアルビノ個体であるシロワニが含まれる。

他にはオオバタンピラルクも展示されている。

本園・植物園[編集]

熱川温泉の熱を利用し、8棟の温室に熱帯性植物を展示している。子ワニ、アマゾンマナティーもここで飼育されている。

分園[編集]

他の2園から500m程離れており、無料送迎バスが出ている(数分)。分園にも駐車場があるので、自家用車で行くことも可能。

熱帯性花木や果実が展示されている。他にはワニの放流池、フラミンゴトキの放鳥ケージがある。アルダブラゾウガメ1988年9月30日セーシェル共和国から寄贈されたもの。

レッサーパンダ[編集]

分園では、レッサーパンダが30頭以上飼育されている。飼育されているレッサーパンダは、ネパールレッサーパンダ(ニシレッサーパンダ)という種類である。

レッサーパンダの飼育頭数は、日本国内でトップクラスである。レッサーパンダは日本では人気が高く、各地の動物園で見ることができるが、ネパールレッサーパンダ(ニシレッサーパンダ)の亜種がいるのは、国内ではここだけである。

公式キャラクター[編集]

熱川ばにお
声 - 立花理香
(2012-08-02) 2012年8月2日(6歳)♂
2012年に誕生していたが名前はなく、2018年秋の開園60周年記念に合わせて一般公募(園内やTwitter)で名前を募集し、2週間で500点以上の応募があった。多くの応募案の中から最終候補を5つ選出し、2018年7月25日のニコニコ生放送江口拓也・八代拓の『さんたく!!!』-3択バラエティ-』内で一般投票にて「熱川ばにお」に決定した[5]

アクセス[編集]

その他[編集]

関連施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]