池田動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池田動物園
Ikeda Zoo
池田動物園入り口
施設情報
前身 池田産業動植物園
専門分野 総合
所有者 株式会社池田動物園
開園 1953年2月
所在地 700-0015
岡山市北区京山二丁目5番1号
位置 北緯34度40分29秒
東経133度54分19秒
座標: 北緯34度40分29秒 東経133度54分19秒
公式サイト 池田動物園
テンプレートを表示

池田動物園(いけだどうぶつえん、Ikeda Zoo)は、岡山県岡山市北区にある民間の動物園

展示されている動物数は103種581頭(2009年2月現在)であり、岡山県内で最大規模を誇る。

概要[編集]

岡山藩池田詮政の孫池田隆政昭和天皇の第四皇女池田厚子夫妻により1953年昭和28年)2月に株式会社池田産業として設立され、その後池田産業動植物園を経て1960年(昭和35年)に現在の池田動物園となった。

特徴として、園の大半が京山の山中にあることが挙げられる。この「山を利用した動物園」というのは国内でも珍しく、しばしば観光案内のうたい文句として取り上げられる。

園内にはキリン、レッサーパンダやマゼランペンギン、エリマキキツネザルなどの人気動物が多数飼育されており、ヤギ、ヒヨコ、フラミンゴなどに触れることができる。また、期間限定でナイトズーやクリスマスコンサートなどのイベントなどが開催されている。そのほか、旧民家を移築して造られた岡山民俗館があり農耕器具や家具類などを展示している。最近のイベントでは宮中御臺人形が期間限定で展示されている。


2008年(平成20年度)の来園者は約11万人。2009年(平成21年)に、約200万円をかけ、ペンギンの飼育舎を改装し散歩通路を設け、より近くでペンギンをみることができるようになった。

2012年から園長は前述の池田厚子が務めている[1]。しかし園は資金難等により今後のあり方が模索されている[2][3]

主な動物[編集]

など

利用案内[編集]

以下の情報は2016年10月現在のものである。利用時には公式ホームページを参照されたい。

開園時間
  • 4~10月 午前9時30分~午後5時00分まで
  • 11~3月 午前9時30分~午後4時30分まで
※閉園1時間前まで入園可。
休園日
入園料
  • 大人:1,080円
  • 高校生:864円
  • 小学生・中学生:648円
  • 幼児(3歳以上):324円
駐車場
  • 260台、1日500円
注意事項

2009年平成21年)1月1日から、園内を全面禁煙としている。

交通アクセス[編集]

その他[編集]

  • 過去、園内にいた動物の中でも、2006年(平成18年)12月に老衰で死亡したレッサーパンダの山山(サンサン)は年齢21歳でありレッサーパンダの長寿記録としては国内最長である。また、1999年(平成11年)に老衰で死亡したアメリカアリゲーター(ミシシッピーワニ)のシッピーは推定年齢70歳以上であり国内最長寿を記録している(日本に輸入された最初のワニでもある)。またこのワニは体長約3.3m、胴回り約1.3mであり大きさでも国内最大だった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ livedoor (2017年5月29日). “民間人になった女性皇族のその後 池田厚子さんは動物園の園長に” (日本語). 2017年6月2日閲覧。
  2. ^ 産経新聞 (2017年3月30日). “天皇陛下の実姉が園長、岡山の動物園が存亡の危機…市民ら公営化求めるも市は困惑” (日本語). 2017年6月2日閲覧。
  3. ^ 山陽新聞 (2017年6月2日). “公営化模索する池田動物園 “看板スター”減少 運営苦境に” (日本語). 2017年6月2日閲覧。

外部リンク[編集]