大町山岳博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 大町山岳博物館
Omachi Alpine Museum
20090502oomachisangakuhakubutsukan01.JPG
大町山岳博物館の位置(長野県内)
大町山岳博物館
長野県内の位置
施設情報
正式名称 市立大町山岳博物館[1]
専門分野 山岳資料
事業主体 大町市
管理運営 大町市教育委員会
開館 1951年11月1日
所在地 398-0002
大町市大町8056-1
位置 北緯36度30分18.9秒 東経137度52分14秒 / 北緯36.505250度 東経137.87056度 / 36.505250; 137.87056
公式サイト http://www.omachi-sanpaku.com/
プロジェクト:GLAM

大町山岳博物館(おおまちさんがくはくぶつかん)は、長野県大町市大町にある大町市立の山岳に関する資料を扱った博物館

概要[編集]

1951年11月1日に開館。1949年頃、北アルプス山麓に在るこの地の青年たちが構想し、地域住民の支持を得て1951年に開館した。愛称は「山博(さんぱく)」。日本ではじめての山岳をテーマとした博物館。大町市は山岳文化都市宣言をしている。安曇野アートライン加盟施設。

展示[編集]

北アルプスの自然について、フォッサマグナの解説や鉱物の展示、生息する植物や動物についてジオラマ剥製などで紹介している。登山の歴史について、歴史上の登山家の解説や、登山に使われた道具などが展示されている。エベレストの地形の模型がある。付属動植物園でカモシカコマクサが飼育・栽培されている。

その他[編集]

大町山岳博物館から眺望する北アルプス
  • 喫茶こまくさにて、おみやげや書籍の販売、軽食の喫茶ができる(冬季はお休み)。
  • 機関誌 『山と博物館』 1956年創刊(創刊時の誌名は『やまと博物館』)
    • 再編集発行 『北アルプス博物誌』 1972年 全3巻「歴史・民俗」「植物・地学」「動物・自然保護」 編者 大町山岳博物館 発行所 信濃路 発売元 社団法人農村漁村文化協会
    • 再編集発行 『新・北アルプス博物誌』 2001年 編者 大町山岳博物館 発行所 信濃毎日新聞社 ISBN 4-7840-9906-9

利用情報[編集]

  • 開館時間:9:00 - 17:00
  • 休館日:月曜日、祝日の翌日、年末年始。7月・8月は無休。
  • 入館料金:大人400円、高校生300円、小・中学生200円。団体は各50円割引。

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 市立大町山岳博物館条例

関連項目[編集]

外部リンク[編集]