岡山インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岡山インターチェンジ
料金所
料金所
所属路線 E2 山陽自動車道
IC番号 14
料金所番号 01-713
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0053.svg 岡山
起点からの距離 136.8km(神戸JCT起点)
山陽IC (13.6km)
(1.7km) 吉備SA/SIC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0053.svg国道53号
供用開始日 1993年3月31日
通行台数 x台/日
所在地 701-1153
岡山県岡山市北区富原字円蔵2587番地5
テンプレートを表示

岡山インターチェンジ(おかやまインターチェンジ)は、岡山県岡山市北区富原山陽自動車道上にあるインターチェンジ。岡山市街のほか岡山空港御津地区の最寄りインターチェンジである。

西日本高速道路中国支社岡山管理事務所、岡山県警察高速道路交通警察隊本部・南部方面隊が併設されている。

本稿では岡山インターチェンジ周辺に発着するバス停留所群についても記す。

歴史[編集]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:6

入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

出口[編集]

  • ブース数:4
    • ETC専用:1
    • ETC・一般:1
    • 一般:2

岡山インターチェンジ周辺発着バス路線[編集]

岡山インターチェンジ周辺に発着するバス路線は会社や路線によってバス停留所を使い分けているため、順に説明する。(特に高速バスは下津井電鉄系か両備グループ系の路線かによって停留所が異なるため注意が必要。ただし、両備グループ系の路線であっても岡山エクスプレス津山号は岡山インターチェンジ周辺に停車しない。)

津高(シモデン津高駐車場)バス停[編集]

津高(シモデン津高駐車場)バス停(つだか(シモデンつだかちゅうしゃじょう)バスてい)[2]は、岡山県岡山市北区横井上の横井上北交差点西側(うどん鳴子屋横)にある、シモデングループ2社(下津井電鉄(下電バス)・下電観光バス)の高速バス観光バスツアーバス(シモデンFOPツアー)用バス停留所。冷暖房完備の待合室がある。バスは待合室前に停車する為に、利用客は待合室内でバスを待つ様になっている。待合室内にはテレビ・飲料自動販売機・トイレがあり、待合室に隣接して、高速バス・観光バス・ツアーバス利用者専用駐車場(高速バス利用者用55台、観光バス・ツアーバス利用者用47台、計102台収容)がある。

乗り場 愛称 会社名 行先 備考
  ルミナス号 下津井電鉄小田急シティバス 東京(バスタ新宿ハイアットリージェンシー東京 夜行便(落合津山経由)
京都エクスプレス 下津井電鉄・両備ホールディングス京阪京都交通 京都駅烏丸口  
マドンナエクスプレス 下津井電鉄・両備ホールディングス・伊予鉄バスJR四国バス 松山(大街道松山市駅松山駅  
龍馬エクスプレス 下津井電鉄・両備ホールディングス・とさでん交通・JR四国バス 高知(知寄町一丁目はりまや橋高知駅  
シモデンFOPツアー 下電観光バス    

バス停へのアクセス[編集]

大岩口バス停[編集]

大岩口バス停(おおいわぐちバスてい)は、岡山県岡山市北区横井上の国道53号岡山北バイパス上(横井上南交差点北側)にある、中鉄バス岡山桃太郎空港リムジンバス、中鉄バス・岡電バス路線バスバス停留所

乗り入れるバス会社

乗り場 路線番号 会社名 行先・方面など 備考
西側 872,877,879 岡電・中鉄 〔特急〕 岡山桃太郎空港 空港リムジンバス。1日1便のみ停車
026 岡電・中鉄 国立病院 共同運行
東側 003 岡電・中鉄 (津高営業所妙でん寺・運動公園・済生会病院岡山駅東口経由)天満屋 共同運行

岡山インターバス停[編集]

岡山インターバス停(おかやまインターバスてい)[3]は、岡山県岡山市北区富原の岡山IC北交差点西側(岡山西警察署横井交番奥)にある両備ホールディングス(両備バス)の高速バスバス停留所である。冷暖房完備の待合室(水戸岡鋭治デザイン)がある。バスは待合室前に停車し、利用客は待合室内でバスを待つ様になっている。待合室内には飲料自動販売機・トイレがあり、待合室に隣接して、高速バス利用者・送迎者専用駐車場(210台収容)、自転車・バイク置き場がある。

名称は岡山インターであるが、当バス停は高速道路の施設ではない。

なお、岡山インターチェンジを挟んで約450m南側に同じ両備ホールディングス観光バスツアーバスが発着する岡山専用駐車場バス停がある。

乗り場 愛称 会社名 行先 備考
  ルブラン号 両備ホールディングス東北急行バス 横浜(YCAT)・東京(品川お台場 夜行便(津山経由)
マスカット号 両備ホールディングス・関東バス 東京(バスタ新宿中野駅北口丸山営業所 夜行便(津山経由)
ままかりライナー 両備ホールディングス・東北急行バス 東京(東京駅八重洲通り上野駅前浅草駅前・東京営業所) 夜行便(山陽インター経由)
メイプルハーバー 中国バス 町田(町田BC)・横浜(横浜駅東口 夜行便
リョービエクスプレス名古屋号 両備ホールディングス 名古屋駅新幹線口 夜行便あり
関空リムジンバス 両備ホールディングス・関西空港交通南海バス 関西国際空港  
リョービエクスプレス 両備ホールディングス 大阪(大阪国際空港湊町(OCAT)なんばUSJ  
吉備エクスプレス大阪号 両備ホールディングス・中国JRバス下津井電鉄西日本JRバス 大阪(大阪駅JR高速バスターミナル・湊町(OCAT)・USJ)  
リョービエクスプレス神戸
ハーバープリンス
ハーバーライナー
両備ホールディングス・中鉄バス神姫バス 神戸(三ノ宮駅神戸ポートタワー前[注 1]神戸ポートピアホテル  
サンサンライナー 両備ホールディングス・中国JRバス・広交観光 広島(中筋駅不動院広島バスセンター  
ももたろうエクスプレス 両備ホールディングス・中鉄バス・中国JRバス・日ノ丸自動車一畑バス 米子駅松江駅出雲市駅  
新倉吉街道エクスプレス 日ノ丸自動車 湯原温泉口蒜山犬挟
関金温泉・倉吉(倉吉駅・日ノ丸自動車倉吉営業所)
関金経由
三朝町役場・倉吉(倉吉駅・日ノ丸自動車倉吉営業所) 三朝経由
リョービエクスプレス徳島
エディ号
両備ホールディングス・徳島バス 鳴門IC北口松茂徳島駅  

バス停へのアクセス[編集]

岡山専用駐車場バス停[編集]

岡山インターバス停(おかやませんようちゅうしゃじょうバスてい)[3]は、岡山県岡山市北区津高の岡山IC南交差点北西側にある、両備ホールディングス(両備バス)の観光バスツアーバス(フレンズパック)用バス停留所。観光バス・ツアーバス利用者専用駐車場がある。

なお、岡山インターチェンジを挟んで約450m北側に同じ両備ホールディングス高速バスが発着する岡山インターバス停がある。

バス停へのアクセス[編集]

津高営業所妙でん寺前バス停[編集]

津高営業所妙でん寺前バス停(つだかえいぎょうしょみょうでんじまえバスてい)は、岡山県岡山市北区津高の岡山インターチェンジ南東側の岡山市道伊島町二丁目吉宗線(旧国道53号)沿いの妙霑寺(みょうでんじ)前(岡山電気軌道(岡電バス)津高営業所西側)にある岡電バス・中鉄バスの路線バスバス停留所である。2008年(平成20年)7月21日までは、岡電バスは津高営業所バス停、中鉄バスは津高妙でん寺前バス停の名称でほぼ同一位置ながらバス停名称が異なっていたが、同年7月22日から岡電・中鉄両社が国道53号線を通る路線バス3系統で共同運行を開始したのに伴い、両社のバス停名称を統一して現在の名称とした。

なお、2009年(平成21年)3月19日まで同所にあった中鉄バスの高速バス専用バス停については、名称変更後も津高妙でん寺前のままだった。

乗り入れるバス会社

乗り場 路線番号 会社名 行先・方面など 備考
西側(妙霑寺前) 016 岡電・中鉄 津高台団地・半田山ハイツ 共同運行
026 岡電・中鉄 国立病院 共同運行
036 岡電・中鉄 辛香口 共同運行
086 岡電・中鉄 免許センター 共同運行
東側(岡電バス津高営業所前) 001 岡電・中鉄 (運動公園・済生会病院経由)岡山駅東口 共同運行
003 岡電・中鉄 (運動公園・済生会病院・岡山駅東口経由)天満屋 共同運行
岡電バス津高営業所構内 009 岡電 (岡山中央病院・武道館前・済生会病院経由)岡山駅西口  
001 岡電 (岡山中央病院・武道館前・済生会病院経由)岡山駅東口  

※岡電バスの津高営業所妙でん寺前バス停を始終着とする路線バスについては、岡電バス津高営業所構内への発着となる。

[編集]

E2 山陽自動車道
(13)山陽IC - (14)岡山IC - (14-1)吉備SA/スマートIC - (15)岡山JCT - (16)倉敷JCT - (17)倉敷IC

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 土曜・日曜・祝日のみ運行。

出典[編集]

  1. ^ a b 中国支社の歴史(あゆみ)”. 西日本高速道路株式会社. 2016年8月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年7月30日閲覧。
  2. ^ 高速バス利用者 無料駐車場(岡山地区)”. 下津井電鉄株式会社. 2017年7月30日閲覧。
  3. ^ a b 自家用車駐車場のご案内”. 両備ホールディングス株式会社 (2010年12月16日). 2017年7月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]