姫路セントラルパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
姫路セントラルパーク

Himeji Central Park entrance.jpg
East Side Park 出入口

施設情報
愛称 姫セン[1][2]
管理運営 ジャパンパーク&リゾート[3]
面積 約190ヘクタール[1]
頭数 約1,200頭羽[1]
種数 約190種類[1]
来園者数 56万7000人(2019年度)[4]
主な飼育動物 肉食獣・草食獣など哺乳類
開園 1984年[1]
所在地 兵庫県姫路市豊富町神谷字大蔵1436-1[3]
位置 北緯34度52分16.5秒 東経134度45分52秒 / 北緯34.871250度 東経134.76444度 / 34.871250; 134.76444 (姫路セントラルパーク)座標: 北緯34度52分16.5秒 東経134度45分52秒 / 北緯34.871250度 東経134.76444度 / 34.871250; 134.76444 (姫路セントラルパーク)
公式サイト サファリリゾート姫路セントラルパーク
テンプレートを表示

姫路セントラルパーク(ひめじセントラルパーク)は、兵庫県姫路市にあるサファリパーク形式の動物園遊園地が融合した娯楽施設である。近隣地域で放送されているCMや地元での愛称略称姫セン(ひめセン)[1][2][5]

概要[編集]

1984年にオープンした[1]2002年8月5日に旧運営会社のセントラルパーク株式会社が整理回収機構から民事再生法の適用を申請[6]、施設は管財人を経て2003年4月1日加森観光に譲渡された。現在の運営は、かつてスペースワールド福岡県北九州市八幡東区)の運営会社だった加森観光グループの株式会社ジャパンパーク&リゾートが行い[3]、スペースワールドの閉園後は本社を当地に移転している。

夏期にはプール[1]やナイトサファリ[7][8]、冬期にはスケートリンク[1]が限定営業する。

ケニアナイロビ国立公園と姉妹園提携している。

歴史[編集]

施設[編集]

各施設の詳細は、公式サイトを参照。

West Side Park(サファリパーク)[編集]

ドライブスルーサファリ

自家用車で探検できるエリアとなっている[1]

ウォーキングサファリ(野生の国)[12]
  • ベアバレー
  • モンキーマウンテン
  • フライングケージ
  • ウォーキングアベニュー
チャイルズファーム(ふれあいの国)
  • ウマ展示場/乗馬コーナー
スカイサファリ(ゴンドラリフト

「スカイサファリ」は、2001年に開催された「山口きらら博」で使用されたゴンドラを移設して稼働している[9]ゼブラ柄にラッピングされたゴンドラ3両が一組となって運行しているのが特徴である[9]。山頂駅のふれあいの国と山麓駅の野生の国間を結んでいる。リフトの諸元は以下のとおりとなっている。

  • 全長(傾斜長):317メートル[3][9]
  • 高低差:48メートル[9]
  • 最大勾配:24度7分[9]
  • 走行方式:単線固定循環式(時計回り[9] - この方式は日本で唯一ここで採用されている[9]
  • 所要時間:2分52秒[9]
  • ゴンドラ:CWA製(定員12人)[9]

East Side Park(遊園地)[編集]

ディアブロ
フリーフォール(営業終了)
スリルライド
ファミリーアトラクション
  • ジャイアントホイール(観覧車
  • パットパットゴルフ(パターゴルフ
  • バンパーボート
  • バズーカ砲
  • バスターボム(4Dシアター)
  • ミラーナの心理迷宮
  • ショッキングホラーミュージアム(お化け屋敷
  • トレジャーハンター
  • カーニバルコーナー
  • サイバーステーション
    • 南極物語
カート&トレイン
キッズアトラクション
  • あひる艦隊
  • ペガサス(メリーゴーラウンド
  • パオパオ
  • アルバトロス
  • スカイヘリ
  • いもりんす
  • メルヘンボックス
  • グランカルーセルペガサス(メリーゴーラウンド)

アクエリア[編集]

夏期営業のプールエリア[14]。スペースワールドのプール「ミューナ」を移設して再利用されている[15]

プール
  • 流水プール
  • 渚プール
  • キッズプール
  • ロックプール
スライダー
  • サーフィンダウンヒル
  • ロッキーリバーラン
  • ウォータースライダー
  • GOGOスライダー - スペースワールドからの移設。
  • UFOラフティング - スペースワールドからの移設。
  • パイレーツ キッズ アクエリア

アイスパーク[編集]

アイススケート場。冬期のみ営業。56m×26mリンク1面。

付属施設等[編集]

  • オアシス(グッズショップ)
  • レストラン、軽食ブースが計7店舗。
  • わんわんペローズパーク - 入場門前での定期開催。ドッグラン、ドッグショー、ふれあい体験等。
  • 第5駐車場はJAF公認のジムカーナコースであり、定期的にレースが開催される。

アクセス[編集]

公共交通[編集]

[編集]

山陽姫路東インターチェンジから国道372号経由で約5分。
福崎インターチェンジ経由、播但連絡道路船津ランプから約15分。
姫路ジャンクション経由、播但連絡道路花田インターチェンジから約15分。

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m “クセ強い自虐PRが話題 「姫セン知らない」乗り越えファン獲得 姫路セントラルパーク”. 産経ニュース. (2020年6月22日). https://www.sankei.com/article/20200622-MPHM2KX7PVO3DPOY7I4VZMZ2QY/ 2022年3月15日閲覧。 
  2. ^ a b c d “人気チーターの「しばふ」ちゃん コーヒー飲料パッケージに登場”. 神戸新聞NEXT. (2021年5月5日). オリジナルの2021年5月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210505164145/https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/202105/0014298761.shtml 2022年3月15日閲覧。 
  3. ^ a b c d e 国土交通省鉄道局 (監修) 『令和三年度鉄道要覧電気車研究会、2021年10月1日、375頁。ISBN 978-4-88548-134-5 
  4. ^ 令和元年度兵庫県観光客動態調査報告書(確報) (PDF)”. 兵庫県産業労働部観光局観光企画課. p. 14 (2020年). 2022年3月15日閲覧。
  5. ^ 日本一心の距離が遠いサファリパーク…姫センの自虐CMが話題 反響で入場者増”. 神戸新聞NEXT (2019年5月21日). 2019年5月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年3月15日閲覧。
  6. ^ a b “セントラルパークが破たん/RCC申請し再生手続き”. 四国新聞. (2002年8月5日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/economy/20020805000774 2022年3月15日閲覧。 
  7. ^ NIGHT SAFARI
  8. ^ 夜の動物の生態を見学できます
  9. ^ a b c d e f g h i j 中島信 『絶景!日本全国ロープウェイ・ゴンドラ コンプリートガイド』扶桑社、2017年9月10日、142-143頁。ISBN 978-4-594-07781-5 
  10. ^ 兵庫おでかけプラス 名前は「しばふ」に決定 姫センで3月誕生のチーター”. 神戸新聞NEXT (2020年7月19日). 2022年3月15日閲覧。
  11. ^ “名前が「しばふ」に決まったチーター、その理由は…”. 読売新聞オンライン. (2020年8月14日). オリジナルの2020年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200814074428/https://www.yomiuri.co.jp/national/20200814-OYT1T50156/ 2022年3月15日閲覧。 
  12. ^ a b c NMB48・南羽諒がホワイトタイガーに大接近!檻のバスでサファリを巡る「はあさのハッピーあにまる図鑑」”. ウォーカープラス (2022年1月25日). 2022年3月15日閲覧。
  13. ^ 和歌山・アドベンチャーワールドにキングチーター 国内5頭の「激レア」チーター”. 和歌山経済新聞 (2019年3月19日). 2022年3月15日閲覧。
  14. ^ ナイトプールや流れるプール、バブルイベントやスライダーも 姫路セントラルパーク 西日本最大級のリゾートプール『アクエリア』シーズンオープン”. Kiss PRESS (2019年6月3日). 2022年3月15日閲覧。
  15. ^ “閉園のスペースワールド、遊具はどうなる? 象徴のスペースシャトル「残してほしい」の声も 北九州”. 西日本新聞. (2018年3月19日). オリジナルの2019年12月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191231043838/https://www.nishinippon.co.jp/item/n/402207/ 2022年3月15日閲覧。 
  16. ^ 姫センパークマラソン2016[リンク切れ]
  17. ^ 「日本一心の距離が遠い…」姫路セントラルパークの“自虐PR”が話題なので聞いてみた”. FNNプライムオンライン (2019年6月5日). 2022年3月15日閲覧。
  18. ^ a b 自虐ネタで話題のサファリ、休園中にもクセの強いサイト開設”. Lmaga.jp (2020年4月29日). 2022年3月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]