あらかわ遊園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あらかわ遊園
Arakawa yuen wheel.jpg
観覧車
施設情報
愛称 荒川遊園地
キャッチコピー わくわくメルヘンランド
事業主体 荒川区
面積 約3万m2
開園 1922年5月
所在地 116-0011 
東京都荒川区西尾久六丁目35番11号
位置 北緯35度45分13秒
東経139度45分31秒
座標: 北緯35度45分13秒 東経139度45分31秒
公式サイト http://www.city.arakawa.tokyo.jp/yuuen/

荒川区立あらかわ遊園(あらかわくりつあらかわゆうえん)とは、東京都荒川区にある遊園地

概要[編集]

東京23区内唯一の公営遊園地である。

1922 (大正11)年開園の老舗遊園地。面積約3万平米 (m2)。荒川区北部の隅田川沿いに所在する。

過去数度の改装を経て現在の構成は1991年以降のもの。低年齢層の子供が楽しく遊べるよう特化しており、アトラクションは定番ものが一通り揃っているが、小学校低学年層に合わせたレベルで激しい動作のアトラクションはない。

100円-200円程度という入園料やアトラクション利用料の安さが特徴で、財布を気にせず気軽に利用できる遊園地である。アトラクション以上に小動物園やピクニック用の広場、遊具施設、水遊び場などが充実しており、園内の装飾やレイアウトも清楚で、全体的に大型の公園に近い趣きがあり、落ち着いた雰囲気を持つ。

沿革[編集]

  • 1922年(大正11年)5月 - 失火で操業停止した旧煉瓦工場跡地に、工場経営者広岡勘兵衛が私立遊園地「荒川遊園」を開園(王子電気軌道株式会社が建設したとの異説あり[要出典])。
    「遊園」と言うものの、当初はアトラクションと呼べるものはごく僅かだった。主要施設は温泉大浴場や演芸場料亭などで、大人が寛ぐ現在のクアハウスのような用途の施設だった。
  • 1932年(昭和7年) - 経営難で王子電気軌道株式会社に売却(前述の通り異説あり)。
  • 1942年(昭和17年) - 陸軍高射砲陣地となり、事実上閉園状態に。
  • 1950年(昭和25年) - 荒川区の区立遊園地となる。
  • 1991年(平成3年) - 大改装し現行の状態に。

所在地等[編集]

  • 所在地: 東京都荒川区西尾久6-35-11
  • 営業時間: 9:00〜17:00
  • 休園日: 火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日〜1月1日)

料金[編集]

  • 入園料
  • 大人: 200円(但し65歳以上は100円)
  • 小・中学生: 100円(春・夏・冬休み期間を除き平日は無料)
  • 未就学児無料
  • 団体割引あり(大人20名以上で1名120円)
  • 施設利用料
  • のりもの券(ほとんどの施設が1回につき大人2枚、子供1枚で利用可能)
00券: 1枚100円
回数券: 6枚500円/12枚1000円
団体券: 4枚300円
団体券は当日のみ、券の切り離しは無効。20名以上で購入可能。
  • 1日フリーパス
高校生以上1200円(65歳以上600円)
中学生以下500円
  • こどもプール(夏季のみ)
大人350円(1日)
中学生以下150円(1日)
大人1300円/1日、800円/4時間、350円/1時間
中学生以下400円/1日、250円/4時間、100円/1時間
釣り餌100円
替え針10円

遊園の営業案内

アクセス[編集]

都電荒川線荒川遊園地前』下車徒歩3分
東京水辺ライン水上バス『荒川遊園』下船徒歩1分
駐車場あり

主な施設[編集]

アトラクション[編集]

円環の直径26m×高さ32m; 約7分で1周。
1周138m; 1回当たり2周。
馬6台, 子馬12台, 馬車2台; 約1分30秒回転
カップ6台
地上5m(最大), 1周232m; 1回当たり約3分
ユウミミ号(1950 (昭和25)年から走る)1周195m; 1回当たり約2分

どうぶつ広場[編集]

4歳 - 10歳対象・定員あり
  • ふれあい広場
ヤギヒツジ
  • ふれあいコーナー
ウサギモルモット
  • 他、展示している動物
ミーアキャットウシニホンザルリスザルハナジカアライグママーラオナガガモ小鳥
ニホンザルハナジカモルモットの餌を販売(のりもの券1枚)

子供プール[編集]

長さ42m×横28m, 深さ25 - 80cm(丸型・変形)

ふれあいハウス[編集]

2011年5月に開設された資料館で、都電関連の資料や園近くを走る都電荒川線の模型を展示する。
また、Nゲージ鉄道模型の運転体験ができる[2][3]

つり広場[編集]

金魚へら鮒の池・貸竿あり

その他[編集]

  • スワンの池
  • いこいの広場
  • ちびっこ広場
  • しばふ広場
  • 水遊び広場
  • ふあふあランド
  • 水辺の広場
  • アリスの広場(水上ステージ)
  • キャンディハウス(売店)
  • ちびっこひろば売店


脚注[編集]

  1. ^ 公式サイト/園内施設ガイド/のりもの広場/ファミリーコースター[1](2011年12月2日閲覧)
  2. ^ 公式サイト/5月20日(金曜)下町都電ミニ資料館オープン![2](2011年12月2日閲覧)
  3. ^ 荒川区役所サイト/おすすめスポット/都電荒川線100周年関連情報/下町ミニ資料館がオープン![3](2011年12月2日閲覧)

外部リンク[編集]